2021年05月04日

東北へのオマージュを込めて 「日本人のへそ」


nihonjinnoheso.JPG

「井上ひさしの劇作の原点がここに」とフライヤーに記されていました。
この前に観た「藪原検校」も初期の作品ですが、この作品が井上さんの劇作家としてのデビュー作(1969年)。

「東北へのオマージュを込めて 10年ぶりの上演」と続いていて、東日本大震災から10年という歳月に・・・私がこの作品を観たのは2011年4月でしたが・・・言葉では言い表せないような思いがこみ上げました。


こまつ座第135回公演 「日本人のへそ」
作: 井上ひさし
演出: 栗山民也
音楽: 宇野誠一郎   振付: 新海絵理子
美術: 妹尾河童   衣装: 前田文子
出演: 井上芳雄  小池栄子  朝海ひかる  久保酎吉  
土屋佑壱  前田一世  藤谷理子  木戸大聖  安福毅  
岩男海史  山﨑薫  大内唯  山西惇
ピアノ: 朴勝哲

2021年4月4日(日) 1:00pm 新歌舞伎座 1階4列センター
(上演時間: 3時間/休憩 15分)



二幕構成で、第一幕は吃音症の患者たちが、教授(山西惇)の指導のもと、治療法として音楽劇を上演するという設定。岩手の田舎で育った少女が集団就職で上京し、クリーニング店をはじめ職を転々とした後、浅草でストリッパー・ヘレン天津(小池栄子)となり、紆余曲折を経て代議士の愛人になるまでを描きます。
第二幕はこの劇を上演していた代議士の邸宅で殺人事件が起こり、その謎解きのミステリー仕立てからオドロキのどんでん返しが・・・。


10年前に観た舞台(こちら)でヘレン天津を演じた笹本玲奈ちゃんの全裸シーンは鮮烈に覚えているのに、最後のどんでん返しに次ぐどんでん返しを完璧に忘れていて、「どうなってるの?私の海馬?!」というのがまずは第一の感想(それか(^^ゞ)

とはいうものの、
むかしある所にカタナ国がありました そこの王様アイウエ王は王子を残して亡くなりました
そこで腹黒カキクケ公は王位に就こうと企みました ところが名僧サシスセ僧が・・・
という冒頭の役者さんたちの合唱(吃音者のための発声練習になっている)や、ヘレン天津が列車に乗って上京する場面で、教授の山西惇さんが遠野から上野まで、東北本線の駅名を順々に唱えていく長台詞は「あー、これこれ」と思いましたので、やはり“耳”に残る記憶は特別なものがあるのねと思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする