2021年05月03日

四月大歌舞伎 「桜姫東文章」 上の巻


sakurahime202104.jpg

清玄と釣鐘権助を片岡仁左衛門さん、白菊丸と桜姫を坂東玉三郎さんが演じての共演は昭和60年(1985)以来36年ぶりだとか。
こちらのポスターは昭和57年(1982)2月南座公演のために撮影された写真をもとに復刻版として制作されたもの。もちろんその公演は観ていませんが、今では伝説となったこの写真はずいぶん前にネット上で見たことがあって「ほぇ~っ」となったことを覚えています。

まさか、その、仁左玉の、桜姫を、この目で、観られる日が、来ようとは!


四月大歌舞伎 第三部
「桜姫東文章 上の巻」

発端  江の島稚児ヶ淵の場
序幕  新清水の場 桜谷草庵の場
二幕目 稲瀬川の場 三囲の場
作: 四世鶴屋南北
補綴: 郡司正勝
出演: 片岡仁左衛門  中村鴈治郎  中村錦之助  中村福之助  
片岡千之助  片岡松之助  上村吉弥  中村歌六  坂東玉三郎 ほか

2021年4月22日(木) 5:45pm 歌舞伎座 1階3列センター
(上演時間: 2時間14分/幕間 15分)



物語: 長谷寺の僧・清玄(仁左衛門)は、稚児の白菊丸(玉三郎)と道ならぬ恋の果て心中をしたものの自分だけが命を取りとめます。それから17年。高僧となった清玄阿闍梨は、満開の桜の下、清玄は17歳の吉田家息女 桜姫(玉三郎)と出会います。生まれつき開かない桜姫の左手が清玄の十念によって開くと、香箱の蓋がぽろりと落ちました。これは17年前、白菊丸が入水の折に左手に握りしめていた清玄の名が記された香箱の蓋でした。
御家没落のため出家を心に決めている桜姫は、1年前強盗に入った釣鐘権助(仁左衛門)に犯されましたが、彼を忘れられず、その子どもまで生んでいました。その釣鐘権助と運命の糸に操られるように再会した桜姫は自ら彼に身を委ね、その密会が明るみに出ると、香箱の蓋の名前から清玄が不義の相手という濡れ衣を着せられることに・・・。


「桜姫東文章」という作品自体は、それをモチーフとしたものを含めて何本か観ましたが、一番印象に残っているのはシアター・コクーンで観た「桜姫 現代劇ver. 清玄阿闍梨改始於南米版」(2019年)。
何てったって、勘三郎さんが演じた「権助」はチンピラみたいな派手なシャツ着た「ゴンザレス」だったのよ。あの時、開演前、舞台上に自分のバッグを落とすという事件もあったなぁ(^^ゞ


続きがあります
posted by スキップ at 23:34| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする