2021年05月02日

四月大歌舞伎 第一部


kabukiza202104.jpg

まずは仁左玉の「桜姫東文章」ありきで、「何?一部は高麗屋さんの勧進帳ですって?!観るー!」となり、「二部はま、いっか」(コラッ!)となって、「ん?一部と三部の間に東宝で星組のロミジュリ観られるやん」で、モリモリとなった7ヵ月ぶりの東京遠征。
久しぶりの歌舞伎座、堪能いたしました。


四月大歌舞伎 第一部
2021年4月22日(木) 11:00am 歌舞伎座 1階2列センター


一、猿翁十種の内 小鍛冶
作: 木村富子
出演: 市川猿之助  市川中車  中村壱太郎  市川笑三郎  
市川笑也  市川猿三郎  市川猿弥  市川左團次
(上演時間: 48分)



名刀「小狐丸」誕生の奇譚を描く舞踊劇。
能の「小鍛冶」を題材に初世猿翁さんが初演された「猿翁十種」のひとつということですが、今回初見でした。
国立文楽劇場の4月文楽公演でもかかっていましたが観に行けず(千穐楽チケット取っていたのに中止になった💦)。


当代随一の刀匠 三條小鍛冶宗近(中車)のもとへ、帝からの勅使 橘道成(左團次)が訪れ、御剣を献上するように命じます。宗近は、神仏のご加護を得ようと氏神の稲荷明神に祈りを捧げるところへ、忽然と童子(猿之助)が現れ、宗近を励まし、自らが剣の相槌を務めると約束して山に消えていきました。
宗近がいよいよ鍛冶場に入り刀を打つ準備を始めると、狐の姿をした稲荷明神の御神体が現れます。「相槌を務める」と約束した童子は実はご神体の仮の姿だったのでした・・・。

猿之助さんの童子実は稲荷明神、中車さんの宗近、左團次さんの道成、壱太郎さんの巫女、笑三郎さん、笑也さん、猿弥さん、猿三郎さんの弟子、後見には寿猿さん、猿四郎さん、左升さんと澤瀉屋さん勢揃い+高島屋さん、成駒屋さんという布陣。
24年ぶりの上演で猿之助さん、中車さんともに今回が初役だそうです。


続きがあります
posted by スキップ at 17:02| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする