2021年05月31日

尽未来際と申したではないか 「青天を衝け」


seitenwotsuke.JPG

大河ドラマ好きの不肖スキップではありますが、「青天を衝け」はとても熱心に観ているというほどではなく、見逃す回も時折あります。
が、今回。


大河ドラマ 「青天を衝け」
第16回「恩人暗殺」
2021年5月30日(日) 8:00pm NHK総合



篤太夫こと栄一(吉沢亮)と従兄弟の成一郎(高良健吾)が平岡円四郎(堤真一)に命じられて一橋家の兵と家臣を募るべく関東に出向く中、京都では新選組による池田屋襲撃事件が起こり、攘夷派志士の怒りは、禁裏御守衛総督である一橋慶喜(草彅剛)と側近の円四郎に向かっていく・・・というストーリー。


堤真一さん演じるべらんめぇ口調で飄々とした平岡円四郎が大好きなのですが、今回のタイトルが「恩人暗殺」であることや、円四郎が志半ばにして暗殺されたことは逃れられない史実でもありますので覚悟はしていました。
それでも、思っていたより遥かに悲しくて切なくて涙ナミダ。

まず、慶喜と円四郎の穏やかなやり取りにヤラレます。

「あなたさまに惚れて惚れて女房にだってやっかまれたぐれぇなんですから」と慶喜に言う円四郎
「私は輝きが過ぎるのだ。でも本来そんなものはない」と慶喜が言えば、
「いやぁ、おかしい。他の誰にも言えない色男のような台詞でございます」と円四郎

「殿は東照大権現様の生まれ変わり。
 殿のつくられる新しい世を心待ちにしているのでございます」と言う円四郎に
「似ておらぬ。ただ、権現様に恥ずかしくない世にせねばとはようやく思う」
と慶喜が応じると
「その心意気でございましょう。この平岡円四郎が尽未来際 どこまでもお供仕ります」
と慶喜の前に正座し手をつき平伏する円四郎
その姿を見てふっと表情をやわらげ
「まったく、そなたにはかなわぬ」と笑顔を見せる慶喜

二人の信頼関係がとても愛おしい。
そういえば2回前くらいに、慶喜が平四郎と出会った頃を回顧するシーンで、慶喜のお膳の世話をする円四郎がお椀からはみ出るくらいギュウギュウにごはんをよそってたの、おかしかったな。
この笑顔の後にどれほどの哀しみが待ち受けているかと思うと、ここですでに涙ナミダ。


命の灯が消えようとしているその刹那
「俺ぁ まだ死ねるか・・・まだ見てぇもんが山ほど・・・死にたくねぇなぁ」
血まみれの右手を天にのばし
「殿 あなたはまだこれから・・・やす・・・」
慶喜と妻、愛する二人に思いを残して息絶える円四郎。

激しい雨に濡れるのをもろともせず、運ばれてきた円四郎の亡骸に
「円四郎よ 尽未来際と 申したではないか」
「尽未来際ともに・・・どうして どうして」
と慟哭する慶喜。


堤真一さんはもちろん、草彅剛さんの名演技もあって、もう号泣です。
昨日は宝塚大劇場で月組「桜嵐記」を観て散々泣いて、帰宅してこの番組の録画を観てまた号泣するという・・・なんていう日だ。
桜田門外の変の前の井伊直弼(岸谷五朗)と徳川家茂(磯村勇斗)にも同様の場面がありましたが、切なさはその比ではなかったです。


歴史上の事象はその一辺だけを見て語るべきではないことは重々承知していますが、やはり「暗殺」という方法で理不尽に命を奪われるのは辛く憤りも感じます。


ちなみに、平四郎が口にした「尽未来際」(じんみらいさい)という言葉
流れから、未来永劫という意味だということはわかるのですが、そういう言い回しもあるんだと思って調べたところ
未来の辺際をつくすという意の仏語で、未来永遠 永遠の未来 未来永劫 また、副詞的に用いて「永久に」の意を表わすのだとか。
夏目漱石の「吾輩は猫である」にも、浄瑠璃の「平家女護島」にも出てくるということですが、どちらも読んだり観たり聴いたりしているのに残っていない私ってば。



来週から円四郎が出ないと思うと・・・早くも円四郎ロス の地獄度 (total 2255 vs 2256 )


posted by スキップ at 22:27| Comment(2) | TV | 更新情報をチェックする

2021年05月26日

それはそれはリュクスな時間 「LUXE」


luxe.JPG

「LUXE」(リュクス)は、フランス語で優雅、豪華、贅を凝らしたという意味。
「氷艶hyoen2019 -月光かりの如く-」のメンバーが再結集してつくり上げるスピンオフ的な“第二幕”

2019年に「氷艶hyoen2019 -月光かりの如く-」に柚希礼音さんが出演することになった時、「柚希さんがスケート滑る、ましてや髙橋大輔さんと一緒に、なんてこの先二度とないよね」と思って観に行ったのですが(こちら)、二度とあった(笑)。

という訳で行ってまいりました人生二度目の横浜アリーナ。


「LUXE」
監修・演出: 尾上菊之丞
構成・脚本・演出: 原田諒(宝塚歌劇団)
主題歌: 平原綾香
音楽監督・作曲・編曲: 玉麻尚一   振付: 宮本賢二  当銀大輔
エアリアル振付・指導: 山中陽子  知念紗耶  衣装: 堂本敦子
空間演出: チームラボ   アーティスティックコンサルタント:  VOGUE JAPAN
出演: 髙橋大輔  荒川静香  柚希礼音  平原綾香  福士誠治  波岡一喜  
鈴木明子  織田信成  村上佳菜子  村元哉中  西岡德馬  田中刑事 ほか

2021年5月16日(日) 12:00pm 横浜アリーナ 
スーパーアリーナ センター北東ブロック 1列
(上演時間: 2時間35分/休憩 20分)



太陽の王(西岡徳間)から王位を譲ると言われた光の王子(髙橋大輔)がこれを拒否して「自分の人生は自分で切り開くもの」と自分探しの旅に出てしまい、王から「時を超え、姿を変えた王子」を追えと言われた、ハッサン(福士誠治)、ネッサン(波岡一喜)が狂言回しとなって、王子が巡る世界各地で華やかなレビューが展開されるという構成。

緑濃きアマゾン、アジア、摩天楼のニューヨーク、情熱のスパニッシュにブラジルのサンバと、次々に場所を変えて、ディズニーっぽい場面や演出もあって、しかもスケート、歌、ダンス・・・各界のスター勢ぞろいという、それはそれはリュクスでこの上なく楽しいショーが展開されました。


Act 1
1. Aurore -夜明け-
2. Fantôme -幻-
3. Magnificence -絢爛-
4. Miroir -鏡-
5. Revés -夢-
Act 2
1. Fascination -夢-
2. Passion -情熱-
3. Brise -風-
4. Carnaval -祝祭-
5. Phénix -不死鳥-
6. Luxe -リュクス-



luxe2.jpeg


続きがあります
posted by スキップ at 22:50| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2021年05月25日

千秋楽を迎えることができた奇跡 星組 「ロミオとジュリエット」 東京宝塚劇場公演千秋楽 ライブ中継


romeo&juliette20210523.JPG

退団者の一人 きらり杏さんがご挨拶の中で
「今回の公演が緊急事態宣言に伴いになってしまった時、もう二度とお客様を前に舞台に立つことはできないかもしれないと覚悟しました」とおっしゃるのを聞いて涙がぶわっと溢れました。
きっと星組生皆同じ覚悟だったと思います。これが最後の舞台となる退団者はなおさら。

そして、トップとして礼真琴さんはどれほどのものを背負ってあの休演期間を過ごしたのだろうと思うと胸が苦しくなりました。
「ですが、今こうして、たくさんのお客様とスタッフの方に支えていただいて無事に千秋楽を迎えることができた奇跡に感謝の気持ちでいっぱいです」ときらり杏さん。
この日を劇場で、観客の前で、万雷の拍手に包まれて迎えることができて、本当に本当によかった。


宝塚歌劇 星組公演
三井住友VISAカード ミュージカル 
「ロミオとジュリエット」 東京宝塚劇場公演千秋楽 ライブ中継
原作:ウィリアム・シェイクスピア
作: ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出: 小池修一郎   演出: 稲葉太地
出演: 礼 真琴  舞空 瞳  愛月ひかる  美稀千種  白妙なつ  天寿光希  
音波みのり  輝咲玲央  夢妃杏瑠  瀬央ゆりあ  綺城ひか理  有沙 瞳  
天華えま  極美 慎  希沙 薫  碧海さりお/英真なおき ほか

2021年5月23日(日) 1:30pm TOHOシネマズ橿原 スクリーン3
(上映時間: 4時間<カーテンコール含む>/休憩 30分)



緊急事態宣言の発出を受けて4月26日からの公演が中止になり、5月12日以降も宣言が延長されると決まった時、自分がチケット取っている大阪の舞台が観られないことより、星組公演が再開できるのか心配で、東京の劇場はどうなるのか何度も何度もニュースを確認して、都知事会見はライブで視聴したくらい。
5月12日に公演が再開してからもいつ中止になってもおかしくない状況で、毎日祈るような気持ちで公式サイトを開いて「今日も公演してる」と胸をなでおろしていました。

そうして迎えた千秋楽は、自宅のTVで配信を観るのではなく、映画館の大スクリーンで観たいと心に決めていて、大阪、兵庫の映画館は休館とわかった時点で、近隣の京都、奈良、滋賀、和歌山の上映館のアクセスと時刻表を調べて、自宅から最も短時間で行けるであろう奈良 TOHOシネマズ橿原で観ることにしました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:28| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年05月22日

音楽を楽しんでくださってありがとう 「やのとあがつま Tour 2021 - Asteroid and Butterfly -」


yanotoagatsuma2021 .jpg

矢野顕子さんと上妻宏光さんのユニット やのとあがつま。
2015年に「二重奏」というプレミアライブ(当時は「やのつま」と名乗っていらっしゃいました→こちら)を聴いて以来大好きで、昨年のライブも楽しみにしていました。

昨年、5月開催予定だったライブが会場変更されて8月に延期されましたが矢野さんが来日できず結局中止。
「今年こそは」ととても楽しみにしていたのに、どんどん雲行きがあやしくなって、ついに秋田と大阪は中止に💦

昨夜、東京でのラストステージを配信で視聴しました。


やのとあがつま Tour 2021 - Asteroid and Butterfly -
出演: ピアノ・キーボード・ヴォーカル:矢野顕子
三味線・ヴォーカル:上妻宏光
シンセサイザー:深澤秀行

2021年5月21日(金) 7:00pm 東京文化会館 大ホール (配信視聴)
(配信時間: 2時間30分/休憩15分) 



矢野さん、上妻さんのボーカルがすばらしいのはもちろん、矢野さんの繊細にして大胆なピアノ、上妻さんの力強くて郷愁を放つ津軽三味線に深澤さんのシンセサイザーが加わって、アレンジも冴え渡り、単に民謡とポップスの融合というだけでなく、より重層的な音の世界が繰り広げられました。

昨年3月にリリースされたやのとあがつまのファーストアルバム「Asteroid and Butterfly」に収められた曲を中心に、日本各地の民謡がラインナップされていますが、ジャズだったりブルースだったり、“民謡だけど民謡じゃない”感満載、さらには、矢野さんの「ROSE GARDEN」に津軽三味線が入るなんて、カッコよくて涙ものでした。


セットリスト
Act Ⅰ
1.会いにゆく
2.おてもやん 
3.弥三郎節
4.あいや節 ★
5.こきりこ節
6.田原坂 ★ 
7.ROSE GARDEN
Act Ⅱ
8.にぎりめしとえりまき
9.毬と殿様
10.津軽じょんがら節 (やのとあがつまバージョン)
11.淡海節 ★ 
12.いけるかも
13.斎太郎節
Encore
14.おはら節 
15.ふなまち唄 PART Ⅲ

★ 上妻宏光ソロ



続きがあります
posted by スキップ at 22:13| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2021年05月21日

祝1周年&10th Anniversary 「歌舞伎家話」 第十回


kabukiyawa10.JPG

歌舞伎座休演中の昨年5月29日 第1回が配信された「歌舞伎家話」(こちら)。
1年経ってもあまり状況が変わっていないのが何とも切ないですが、歌舞伎座をはじめ他の劇場は再開していること(大阪はまだだけど)、ワクチン接種がやっと何とか始まったことが進歩といえるでしょうか。

・・・ということはさておき、歌舞伎家話は今回が10回目で1周年記念ということで、劇団☆新感線のいのうえひでのりさん、古田新太さんをゲストに迎えての特別編。リアルタイムで楽しく視聴しました。


歌舞伎夜話特別編 「歌舞伎家話」 第十回
出演: 松本幸四郎  尾上松也
ゲスト: いのうえひでのり  古田新太

2021年5月22日(金) 9:00pm 配信視聴
(配信時間: 80分)



今回は幸四郎さんが、いつもよりおとなしめ(?)でいろんな話題を振ったり進行役を務めていらっしゃいました。
コクーン歌舞伎出演中の松也くんが少し遅れて登場で、その間に「尾上松也はどうですか?」といのうえさん、古田さんに振って、欠席裁判(笑)。
いつも髪が立ってる(寝ぐせで)とか富樫の台詞間違えたとか言いたい放題でした。
富樫の台詞については、松也くんが「僕は富樫の台詞間違えたことは一度もありません」と後できっぱり訂正して、幸四郎さんも「あ、僕か」とあっさり承認ww

松也くんが登場した時、「コクーン歌舞伎観たよ」とおっしゃっていたいのうえさん。
「祈りのような舞台だったね」とおっしゃっていたのが印象的でした。
幸四郎さんは元より、松也くんも「メタルマクベス」で新感線の公演に出演されたていますので、新感線や歌舞伎NEXTのお話が中心で、知っている話も多かったですが、楽しかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:32| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年05月20日

エスカレーターの上を泳ぐ鯉のぼり


koinobori2021.jpeg

季節を問わずアレルギーが出る不肖スキップですが、GW明けの少し汗ばむようになる時期が一番弱く、毎年この時期にいろんな不調が出ます。
今回はデコルテ部分に原因不明の赤くとても痒い発疹が出まして、仕事帰りに皮膚科へ。

かかりつけの皮膚科はあべのハルカス22階のクリニックフロアにありますが、エレベーター乗り換えの17階でこれを発見。
広いフロアの遠くから見えて、「何あれ?鯉のぼり?」と思って近づいてみるとまさしく鯉のぼりでした。

この1階下、16階はあべのハルカス美術館ですが、今は休館中なので止まっているエスカレーターの上を悠々と泳いでいらっしゃいました。

私のInstagram投稿にいいねをくださったあべのハルカス公式さんの情報によりますと、あべのハルカス7周年と日本一の高さ300mのビルであることにかけた、7色300匹の鯉のぼり「ハルカスこいのぼり」で、この巨大鯉のぼりは長さ15mなのだとか。
画像の左側、階下のフロアに色とりどりの小さな鯉のぼりがたくさん泳いでいます。



koinobori20212.jpeg

前から見たらこんな感じ。


今年はこどもの日の頃もどこにも出かけられず鯉のぼりを見かけることもありませんでしたので何だかうれしくなっちゃって、憂鬱な皮膚科通いも少しテンション上がりました。



せっかくの鯉のぼりなのにたくさんの人に見てもらえないのが切ない の地獄度 (total 2251 vs 2252 )


posted by スキップ at 22:00| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする