2021年04月20日

天の采配再び 「子午線の祀り」


shigosen2021.jpg

2017年に初演された作品。
あの時は世田谷パブリックシアターのみの公演で、チケットを手に入れて観ることができたものの、どうしてもその日に帰阪しなければならいのに上演時間が長くて最終の新幹線に間に合わず、私の3回しかない夜行バス乗車体験の中の1回という思い出の作品(^^ゞ

演出を凝縮し、出演者も31人から17人に減員し、上演時間を短くしての再演です。


「子午線の祀り」
作: 木下順二 
演出: 野村萬斎 
音楽: 武満徹  
美術: 松井るみ  照明: 服部基  北澤真   衣裳: 半田悦子
出演: 野村萬斎  成河  村田雄浩  若村麻由美  
河原崎國太郎  吉見一豊  星智也 ほか

2021年3月14日(日) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階C列下手
(上演時間 3時間10分/休憩 20分)



概要・あらすじは2017年観劇時の感想(こちら)で


「平家物語」に題材をとった木下順二さんの叙事詩劇。
月の引力による潮目の変化が源平の勝敗を決したことから構想された作品で、平知盛を主人公に源義経を対照させて、一ノ谷の戦いで源氏に敗れた平家が屋島を経て壇ノ浦で滅亡するまでの葛藤を、天の視点から壮大なスケールで描いた作品です。
その月の引力こそが天の采配であり、知盛の運命も義経の存在も、さらにはこれから先義経が辿ることになる悲劇も、この天の采配に導かれたものであることが感じられます。


shigosen20212.jpeg

ロビーのモニターに映った開演前の舞台。
劇場内はもちろん撮影禁止ですがこれはOKということでしたので。
初演とは舞台美術もずいぶん変わった印象でした。


冒頭の役者さんたちが客席通路を行く演出はこの状況下なのでもちろんなくて、舞台上に三々五々登場します。
「晴れた夜空を見上げると、無数の星々を散りばめた真っ暗な天球が、あなたを中心にドームのように広がっている・・・」というナレーションもそのままに始まる物語。
短くなった部分がどこ?と思うくらい、完成度が高く研ぎ澄まされた濃密な舞台でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:40| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年04月18日

デパートの中の台湾 「神農生活」


majitreats1.jpeg

台湾の人気ライフスタイルショップ「神農生活」の日本1号店が4月9日、あべのハルカス近鉄本店にオープンしました。

オープン前から興味はあったものの、デパートの10階って用事がないとなかなか足を運びませんし、特に今の状況下ではササっと必要な買物だけすませるという感じなので行けずにいたのですが、行きつけのデンタルクリニックが同じデパートの8階なので、これはよい機会と診療帰りに10階に行ってみました。

10階フロアでは

・ライフスタイルショップ「神農生活」
・台湾の家庭料理を楽しめるレストラン「食習」
・ティーサロン併設の台湾茶セレクトショップ「Oolong Market 茶市場」

の3つのゾーン展開。
「Oolong Market 茶市場」は今回の日本初出店に合わせて新たに立ち上げられたのだとか。
台湾版「DEAN & DELUCA」というコンセプトの「神農生活」には雑貨やグロッサリーなど1000点近くアイテムが販売されているそうです。


majitreats2.jpeg

まずはズラリとお茶が並んだ Oolong Market 茶市場 であれこれ迷いながら、スタッフの方のアドバイスもいただいて台湾茶を購入。
次にお向かいにある「食習」でランチしました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:03| Comment(2) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年04月17日

もう二度と知らなかったことにして見過ごしたくない 「帰還不能点」


kikanfunoten.jpg

タイトルの「帰還不能点」は燃料の残量から計算して、離陸した空港に戻れなくなる限界点のことを指す航空用語。
そんな「引き返すことができない」地点、超えてしまったらもう前に進むしかない限界点は私たちの人生の中にもきっとあったはず。そしてそれがあるのは組織にとっても同じ。たとえば会社。たとえば国家。

物語のラスト。
もう一度「模擬内閣」を再現する9人。
この舞台の冒頭にやった時とは打って変わって活き活きとした表情で。
そのやり取りを観ていて、これが昭和16年(1941)の現実だったらどんなによかっただろうと思ったらぶわっと涙でました。


劇団チョコレートケーキ 第33回公演 「帰還不能点」
作: 古川健
演出: 日澤雄介
舞台美術: 長田佳代子   照明: 松本大介
出演: 岡本篤  今里真  東谷英人  粟野史浩  青木柳葉魚  
西尾友樹  浅井伸治  緒方晋  村上誠基  黒沢あすか
声: 近藤フク

2021年3月13日(土) 1:30pm AI・HALL B列(最前列)センター
(上演時間: 2時間5分)



物語の舞台は1950年の東京。
小料理屋に集まる9人の男たち・・・彼らは1940年に陸海軍や中央省庁、日銀など官民の若手エリートたちを集めて首相直属機関として設立された「総力戦研究所」の一期生でした。同期生であった山崎の三回忌に、その妻が営む店に集まって旧交を温める中、「アメリカと戦争して勝てるわけがなかった」と一人が発言したことから・・・。


冒頭に演じられた「模擬内閣」だけがリアルにその時代のもので、後は終戦して何年か経って、居酒屋に集まった9人が、いわば酒席の余興といった感じで和気あいあいと当時を懐かしみながら振り返る、という趣向だったのが、雰囲気も彼らの表情も一変し、その即興劇が大きく転換する瞬間がとても興味深かったです。
それまで「戦争は止められなかった」「自分たちにはどうしようもなかった」といった諦念に支配されていたのに、「開戦を防ぐために自分たちにできたことは本当になかったのか」と自問し始める彼ら。


続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年04月13日

生まれ変わってもまた宝塚で出会いましょう 「望海風斗ラストデイ」ライブ中継


nozomifutolastday.jpg

宝塚歌劇団雪組トップスター 望海風斗さんラストデイ。
望海さん・真彩さんのトップコンビも、ほかの退団者も雪組の皆さまも、やり切った達成感に満ちた笑顔があふれる千秋楽となりました。


宝塚歌劇雪組 東京宝塚大劇場公演
「fff フォルティッシッシモ-歓喜に歌え!-/シルクロード ~盗賊と宝石~」 千秋楽ライブ中継
2021年4月11日(日) 1:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン1
(上映時間: 5時間30分 <カーテンコール含む>)




宝塚大劇場公演の感想:
「fff フォルティッシッシモ-歓喜に歌え!-」
「シルクロード~盗賊と宝石~」
宝塚大劇場公演千秋楽ライブ中継


2月8日に宝塚大劇場公演千秋楽ライブ中継を観て以来、ほぼ2ヵ月ぶりでした。
作品やサヨナラショーの感想、セットリストは宝塚大劇場公演時に書きましたので繰り返しませんが、東京公演期間中にさらに熟成されたことに加え、ラストデイのパワーが熱量を高め、望海さんはもとより雪組一丸となって渾身の舞台を見せてくれました。


「fff」で運命の女に「ペンじゃなくてパン!」と机に置かれた時に、「パンじゃなくてペン!」と投げつけていたのは千秋楽のアドリブだった模様。

「シルクロード」
盗賊さんが連行される場面では「これからも雪組をよろしくお願いします」と言って2人で「フォーエバー宝塚を歌ってはけていかれました。
彩凪翔さんちょっと噛んじゃって、カーテンコールの時に「最後に噛んじゃいましたね」とおっしゃっていました。

望海さん 「客席のみんなー」 雪組生 「全国のみんなー」は宝塚大劇場の時と同じで、銀橋に出た望海さん 「雪組~!!」と。


ラスト近くの銀橋渡りでセンターに立った彩凪翔さんが歌いながらまるでその光景を目に焼き付けようとしているかのように、劇場中を何とも愛おしそうに、切なさのまじった表情で見渡していらっしゃったのがとても印象的でした。そしてラストは ♪じゃ・あ・ね ですから・・・泣くってものです。

その彩凪さん、最後のご挨拶では、「心が折れそうになった時も支えてくださったのはお客様、夢をもらったのは私の方です」「ファンの皆さまとかけがえのない時間を過ごすことができて幸せでした」とおっしゃっていて、ファンの方たちはたまらないだろうなとウルウル。

真彩希帆さんのご挨拶にも感動。
雪組の上級生、下級生、同期に感謝を述べた後、望海さんへの心からの謝辞。「私は望海さんのお隣だったから自分以上の力を出してここまでがんばることができました。同じ景色を共有させていただいた時間はおばあちゃんになっても決して忘れません」と。
これからについても「希望を持って大きな帆を張って」と、自分の名前と望海風斗さんの名前をさり気なく入れていて、クレバーな人だなと思いました。

オーラスの緞帳前では、望海さんに「大好きです」と公開告白し、「舞台は生き物」と言って「ナマモノかな?」と望海さんにツッコまれ、寂しくなってきちゃった」と突然泣き始めたかと思うと、望海さんに「私も大好きです」と言われて、大きなブーケを頭の上まで上げて顔を隠して照れるという、何というか最後まで「真彩希帆」でした。

そんな真彩さんのことを望海さんは、「一緒に走り続けてくれた相手役に出会った」「サナギが蝶になるように大きく羽ばたいてくれてありがとう」と最大の賛辞を贈っていらっしゃいました。


「私は嘘が苦手、格好をつけるのも苦手、そんな私が男役をやってこられたのはうそを本当にしたかったからです。本物の夢をお届けしたかった」とご挨拶された望海さん。ファンは本当に本物の夢を望海さんから受け取ったと思います。
「18年間宝塚におりますと、たくさんの幸せを感じることができました。ですが、今日が最高に幸せで、あの日見た夢の世界よりもはるかに夢のよう」と本当に幸せそうな笑顔で語る望海さん。
「今日ここに全員そろって千秋楽を迎えられましたこと、うれしく感謝の気持ちでいっぱいです」
「離れていても心はしっかりとつながることはできるのだと、皆様がこの1年で教えてくださいました」とファンへのメッセージも。

こんな状況下、入りや出のパレードもなく、ご本人はもとより、ファンの方たちにとっても寂しいサヨナラ公演となりましたが、劇団も望海さんもその中でできることを最大限ファンに届けてくれたのではないかしら。

「咲ちゃん」「ひらめー」と次期トップコンビを呼び出して、恐縮する2人を前に「この2人と雪組をよろしくお願いします」と紹介。
「一緒に舞台に立てないのが本当に残念だけど、客席から応援するよ」「咲ちゃんの雪組にいられないのが悔しい」「もしかしたらどこかにまじって立っているかもしれない」と(笑)。

「この瞬間がずっと続けば本当に幸せ」とおっしゃっていた望海さん。
「皆さん 生まれ変わってもまた宝塚で出会いましょう!」ということばに万感の思いがこもっているようでした。



別れはいつも寂しいけれど晴れやか のごくらく地獄度 (total 2233 vs 2236 )



 
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年04月11日

来るんですか 来ないんですか 月組 「ダル・レークの恋」


dallake.jpg

去るものあれば来るものありではないけれど、珠城りょうさん去りし後の月組トップコンビに決定した月城かなとさん&海乃美月さん主演公演。この公演上演中はまだ発表前でしたが、もちろん決まっていたでしょうから、プレ・プレお披露目公演といったところでしょうか。

菊田一夫さんが書き下ろし、春日野八千代さん演出・主演で1959年に初演された作品。
月組は3つのグループに分かれての公演(「幽霊刑事」と「美園さくらミュージック・サロン」とこれ)でしたが、月城さんによくぞこの演目持ってきたなと、プロデューサーに感心することしきり。


宝塚歌劇月組公演
グランド・ミュージカル 「ダル・レークの恋」
作: 菊田一夫
監修: 酒井澄夫
潤色・演出: 谷貴矢
作曲・編曲: 太田健  青木朝子  西村耕次  入江薫  鞍富真一
振付: 羽山紀代美  御織ゆみ乃  若央りさ  港ゆりか  百花沙里
殺陣: 清家三彦   装置: 國包洋子   衣装: 加藤真美
出演: 月城かなと  海乃美月  夏月 都  千海華蘭  楓 ゆき  
夢奈瑠音  蓮つかさ  佳城葵  蘭 尚樹  風間柚乃  彩音星凪  
礼華はる  きよら羽龍  詩ちづる/梨花ますみ ほか

2021年3月20日(土) 11:30am シアター・ドラマシティ 9列上手
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



物語の舞台はカースト制度の色濃い時代のインド最北部カシミール。
ベナレス領主マハ・ラジア チャンドラ・クマール(千海華蘭)の孫娘カマラ(海乃美月)は避暑に訪れたダル湖で騎兵大尉ラッチマン(月城かなと)と恋に落ちますが、農民出身のラッチマンとの身分の違いにより周囲に反対され、祖母インディラ(梨花ますみ)の命令もあってラッチマンに心ならずも別れを告げます。そんな折、ラッチマンがヨーロッパで結婚詐欺・宝石泥棒などを働いた犯罪者ラジエンドラだという嫌疑がかかり、クマール一族に呼び出されたラッチマンは、「自分がラジエンドラだ」と認めます。ラッチマンの逮捕で彼とカマラとの交際が明るみに出れば一族の名誉が傷つくと恐れたインディラは、ラッチマンを逃がす代わりにこの国を出て、自分たちとの関係を一切口外しないよう要求します。ラッチマンはその代償として、最後にカマラとの一夜を要求、一族のためその条件を受け容れたカマラをダル湖へと連れて行きます・・・。


身分違いの恋、心と裏腹の愛想づかし、父と息子の確執、実は・・などんでん返し、といかにも古典的なメロドラマ-と感じるのは、今、私が観ているからで、62年前の初演のころは“古典的”ではなかったのかな?
「霧深きエルベのほとり」でも感じたのですが、丁寧な言葉づかいというか時代がかった口調が独特で、これが菊田一夫作品なんだなという感じ。

サイドストーリーとして出てくる、カマラの妹 リタ(きよら羽龍)とペペル(風間柚乃)の恋。
「いや、ラッチマンよりペペルの方がよっぽど胡散臭いやん。姉妹揃ってオトコを見る目ないのね」思ったらその通りだった訳ですが、リタが騙される危機を救うのがラッチマンで、ペペルこそラジエンドラで、ラッチマンはベンガルの領主マハ・ラジアの息子だったという展開は、よくできているというかでき過ぎというか。ラッチマンのスーパーヒーローぶりが際立っています。

しかしながら、“身分違い”という障壁がなくなり、カマラが手のひらを返したように「愛しています」とラッチマンに告白してめでたしめでたしのハッピーエンドとはならず、深く傷ついたラッチマンの心は戻らず、カマラを拒絶して去っていく・・・多分本心はまだカマラを愛しているのだろうけれど彼の誇りがそれを許さないのであろう、という苦い結末は好みでした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年04月10日

上がった幕はいつか必ず下りる 月組 「幽霊刑事」


yureideka.jpg

8月16日に退団する月組トップスター 珠城りょうさんのラスト前 プレサヨナラ公演。
有栖川有栖さんの同名小説が原作で、ミステリーはもちろん、恋あり笑いあり涙あり。
楽しく拝見しましたが、演出がいかにも石田先生だなぁと思って観ていたら、ラスト近くで珠城りょうさん扮する神崎が歌う

人生は舞台
一度上がった幕はいつか必ず下りるもの
自分の去り行く花道を俺は飾れたのだろうか

を聴いて胸がいっぱいになって落涙。
まさかダーイシに泣かされるとか・・・(いや、珠城さんに、です)。


宝塚歌劇 月組公演
「幽霊刑事 ~サヨナラする、その前に~」
原作: 有栖川有栖
脚本・演出: 石田昌也
作曲・編曲: 手島恭子
振付: 平澤智   衣装: 加藤真美
出演: 珠城りょう  鳳月 杏  光月るう  紫門ゆりや  白雪さち花  
輝月ゆうま  晴音アキ  朝霧 真  英かおと  天紫珠李  結愛かれん  
蘭世惠翔  白河りり/京 三紗  汝鳥 伶 ほか

2021年3月11日(木) 3:30pm 宝塚バウホール 5列上手
(上演時間: 2時間45分/休憩 25分)



物語: 巴東署の刑事 神崎達也(珠城りょう)は同僚の刑事 森須磨子(天紫珠李)との結婚を控えていましたが、ある日突然、上司の経堂芳郎(光月るう)に射殺されます。殺された理由に全く心当たりがない神崎は、成仏できず幽霊となってしまいますが、母親(京三紗)もフィアンセの須磨子にも自分の姿が見えない中、イタコの血を引く霊媒体質の警察学校同期の刑事 早川篤(鳳月杏)だけは神崎の姿が見え、声も聞こえます。幽霊刑事と霊媒刑事の2人がタッグを組んで事件の真相解明に乗り出します・・・。


事件の真相解明というミステリーに、神崎と早川の友情、愛する息子や婚約者を突然亡くした母 比佐子や須磨子の思い、神崎と同様にこの世に思いを残して成仏できずにいる雲井光雄老人(汝鳥伶)や聾唖の少女 愛ちゃん(白河りり)の物語、さらには上司の経堂と妻 保美(蘭世惠翔)と殺された新田克彦刑事(紫門ゆりや)の三角関係まであって、盛りだくさんなストーリー。巴東署の神崎を取り巻く人々も多彩です。


続きがあります
posted by スキップ at 14:39| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする