2021年03月31日

春はハナガタ 「三月花形歌舞伎」


minamizahanagata202103.jpg

南座の三月花形歌舞伎は本当に超花形。
座長格の中村壱太郎くんが30歳。尾上右近くん、中村米吉くんが28歳、中村橋之助くんは25歳、さらには福之助くん 23歳、歌之助くん 19歳というアンダーサーティの若手ばかりで南座で16日間の興行が打てたこと、今の時期ならではとも言えますが、役者さんたちにとってはこの上ない経験となったのでは・・・「感無量」という千穐楽の尾上右近くんの言葉が物語っています。

Aプロ、Bプロ、さらにそれぞれ偶数日、奇数日で役替り。
全部観られたらいいのですが、そういう訳にもいかず、まず源九郎狐(右近/橋之助)は尾上右近くん一択でAプロ、トーク「歌舞伎の魅力」(米吉/橋之助)は米吉くんがいいなぁと考えたら行ける日が初日しかありませんでした(^^ゞ


三月花形歌舞伎
2021年3月6日(土) 12:00 南座2列下手



minamizahanagata202103-5.jpg.jpeg

1席おきに空席を設けた南座。空席にはこんな華やかな桜が。
応援の意味もこめて、奮発して一等席にしたのですが、花横は4席空けて10番11番のみ着席。1列も空席でしたので、最前列での観劇となりました。



一、 歌舞伎の魅力
出演: 中村米吉
(上演時間: 25分)


「春の京都の南座で 歌舞伎の魅力語らんと まかり出でたる中村米吉~」という義太夫に乗って花道から登場した中村米吉くん春らしい薄くスモーキーな色合いの和装です。
初日最初の回ということで些か緊張していたのでしょうか。いつもの立て板に水のごときトークというほどではないにしても、相変わらずトークはお得意のご様子です。

まずは義太夫の紹介から、と「義太夫はわかりやすく言えば『音楽付きのナレーション』とおっしゃっていました。何かやってみて、と言われた義太夫さん「今日は初日だ緊張するな~」とひと節。「そんな僕の気持ち、義太夫にしなくてもいいですっ!」とツッコむ米吉くん。その後、義太夫さんは自分で退場のセリフを語りながら引っ込まれましたが、義太夫さんが自分で語りながら退場するというアイデアを出したのは米吉くんだそうです。
ツケ打ちさんも実演付きで紹介。
定式幕が開くと、「義経線本桜」の登場人物と人間関係が書かれた大きなパネルがあって、それにそってこれから上演される「吉野山」「川連法眼館」はもとより、その前段にあたる「鳥居前」についても解説。
さらには、忠信のカツラや静御前の衣装、義経から忠信に授けられた甲冑や静御前に渡された初音の鼓なども紹介。
「この静の衣装は僕のです。この後出てくる壱太郎さんのとはまた違います。忠信も橋之助くんのです」とおっしゃっていました。
確かに、こうして続けて見てみると同じ赤姫の着物なのに全然違っていました。

スッポンや揚幕についても説明して、「揚幕は上がる時に音がして、向こうから誰か役者が出てきますので、皆さん、振り返ってみて下さい」とおっしゃっていましたが、ここは「ハハーン。源九郎狐の出を惑わそうとしているな」とおばちゃんはわかっちゃいましたよ。


minamizahanagata202103-3.jpg.jpeg minamizahanagata202103-4.jpg.jpeg

ラストは花道の出てきて、SNSで盛り上げようということで、「#南座で歌舞伎 とタグつけてたくさんSNSに上げてくだいね」と撮影タイム。
そんなの聞いてないし、開演前に電源切っていたので焦りました💦
みなみーながファンからの質問を持って登場したのですが、写真撮るのに夢中でどんな内容だったか全く頭の中に残っていません。
ちなみに、米吉くん、今回の花形メンバーの中で唯一Instagramをやっていなかったので3月から始めたのだそうですが、ストリーズにも頻繁に投稿して、今や一番活用しているのでは?


続きがあります
posted by スキップ at 16:32| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年03月30日

星組公演デザート&公演ジェラートもコンプリート


宝塚大劇場に行った時は心ばかりの応援の気持ちで、劇場内のレストランやショップにお金を”落とす”ことにしています。
お陰で家人や友人へのお土産にはこと欠きませんが(^^ゞ

2月は劇場内のレストランがクローズしていましたので、ずっと利用できなかったのですが、3月に入って再開。
喜んでランチもデザートもいただきましたよ。


romeo&juliettedesert1.jpeg

フェリエでランチの後にいただいた公演デザート ティラミス
フェリエではレビューランチや公演ランチではなく、三元豚カツカレーと公演デザートをそれぞれ単品でいただくのがマイブームです。
ティラミス食べるの何年ぶりかしらという感じですが、おいしかったです。



romeo&juliettedesert2.jpeg

こちらはボヌールで公演ジェラート デュエロ
甘酸っぱいジェラートでこちらもおいしかったです。
キャトルで見つけた礼真琴さん 2013年新人公演のロミオの舞台写真を買った日でしたので一緒に撮ってみました。
今も若々しいロミオだけど、8年前は本当に若いな。
ロレンス神父はひろ香祐さん。同期の二人。


ちなみに、プログラムはもちろん、Le Cinqや長らく買うのをやめていた舞台写真 グッズ類も心して買うようにしています。



↑ 単に買いたいだけとも言う・・・いやいや お金を落として協力するためです の地獄度 (total 2226 vs 2230 )


posted by スキップ at 23:34| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年03月29日

初日x2 千秋楽x2 コンプリート 星組 「ロミオとジュリエット」


romeo&juliette20210329.jpeg

本日は、宝塚歌劇星組公演「ロミオとジュリエット」千秋楽でした。
千秋楽は当初、ライブ中継で観るつもりだったのですが、「追加でチケット手配できますよ」とお声をかけていただき、幸せなことに劇場で観ることができました。

「2月半ばから3月初旬までは1階席だけ、その後からは2階までお客様がいっぱい入って、どちらもすばらしかった」とカーテンコールのご挨拶で礼真琴さんがおっしゃっていた通り、この状況下で、客席50%に押さえるという苦渋の期間もありつつ、こうして千秋楽まで無事に駆け抜けられたこと、出演者はもちろん、劇団や劇場のスタッフ、すべての関係者のどれほどの努力があったことでしょう。本当におめでとうございます。


この公演は、2月14日の初日(A日程)に始まり、2月25日 B日程初日、3月25日 B日程千秋楽、そして今日の千秋楽(A日程)と、A・B それぞれの初日と千秋楽を観劇することができました。これまでにも役替り公演は数々観てきましたが、両パターンの初日千秋楽をコンプリートできたのは初めてではないかしら。ありがたいことです。

何度観ても泣いてしまうし、むしろ回を重ねるごとに泣くポイントがどんどん増えてきて、公演日程も終盤になると始めから終わりまでずーっとウルウルしている状態に。


それについてはまた改めてきちんと書きたいと思っていますが(書く書く詐欺みたいになってるw)、今日は一つだけ。
ロミオとジュリエットが結婚したことがわかった後の ♪街に噂が で爆泣き

ベンヴォーリオとマーキューシオに責め立てられて、
 「辛くても諦めるんだ」 「出来ない」
 「じゃあ自分の喉を刺すんだ」とナイフを差し出されてても
 「この愛のある限り生き続ける~」
ときっぱり言い切った(歌だけど)ロミオが、♪僕は怖い でもあれほど死の影に怯え「死ぬのが怖い」と言っていたロミオが、この後、何のためらいもなく毒を飲んで一瞬にして死んでしまうのは、ジュリエットがこの世にいないという絶望が彼にとってどれほど深く救い難いものだったのかと涙ナミダ。
ここで泣いたのは、過去の上演含めて今日が初めてでした。
礼真琴ロミオの歌唱の説得力のすばらしさよ。




romeo&juliette2021.jpeg

まだ公演が始まる前に梅田の陸橋で撮った大パネル。
人通りがない時を狙って撮るの大変だった💦



千秋楽は寂しいけれど、東京で一層のパワーアップを楽しみにしています のごくらく度 (total 2226 vs 2229 )


posted by スキップ at 22:48| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年03月27日

2年越し! 「シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.3 人形浄瑠璃 文楽」


rohmbunraku (6).jpg

ロームシアター京都の「伝統芸能の継承と創造を目指すシリーズ」第三弾。
昨年2月上演予定で楽しみにしていたのですが、直前になって中止。
ディスカッションで勘十郎さんと木ノ下さんが「舞台稽古終わって帰ろうというところで中止が決まった。2人で深夜の楽屋口で泣きましたね」とおっしゃっていました。

思えば、その後に続く数々の公演の怒涛の上演中止の、これが最初でした。
「当たり前のことが当たり前じゃない」という言葉に振り回されたような1年が過ぎ、こうして同じ2月に、同じメンバー同じ演目で上演されるなんて、まるで奇跡のようです。


ロームシアター京都開館5周年記念事業
シリーズ 舞台芸術としての伝統芸能 Vol.3 人形浄瑠璃 文楽
スーパーバイザー: 木ノ下裕一
2021年2月28日(日) 1:00pm ロームシアター京都 メインホール 
1階3列センター



当初サウスホールで開催予定でしたが、感染対策のため会場がメインホールに変更となりました。
サウスホールのチケットの座席番号そのままでメインホールに座り、隣に人がいるのが気になる人のために、後方に1席おきに座れる自由席エリアを設けて、どちらに座ってもよいというご配慮。ロームシアターの先行でチケットを取っていましたので、この件について劇場から直接お電話もいただいてご丁寧に説明してくださいました。
このごろの劇場が大抵そうであるように、最前列は空けられていました。


「端模様夢路門松」(つめもようゆめじのかどまつ)
作・演出: 桐竹勘十郎 
太夫: 竹本碩太夫   
三味線: 鶴澤清介  鶴澤清公  鶴澤清允
人形遣い: 桐竹勘十郎(門松)  吉田勘市  桐竹紋吉  吉田簑一郎  
桐竹紋臣  吉田玉翔  吉田玉誉  吉田簑太郎  桐竹勘次郎  吉田玉彦 ほか
(上演時間: 65分)



各演目の前には木ノ下裕一さんが登場して見どころを解説。
この演目の時は桐竹勘十郎さんもご一緒に登場されました。黒衣姿の勘十郎さん、新鮮で何だかキュートでした。

桐竹勘十郎さんが35年以上前、吉田簑太郎時代に作られた新作。
三人遣いの人形に憧れる “つめ人形”(端役としてひとりで遣う人形)の門松が、三人遣いのスター人形になれないか、あれこれ思案を巡らせるお話。バックステージもので、人形浄瑠璃の舞台裏で繰り広げられる人形たちの悲喜こもごもの中にいろんな古典作品のパロディが散りばめられています。
つめ人形達がたくさん登場。狐や犬や猿や馬といった道具部屋在住の動物たち、さらにはや畑の作物まで出てきて、とても可愛く楽しかったです。
勘十郎さんのお人形への愛があふれた演目。


続きがあります
posted by スキップ at 22:57| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年03月25日

美園さくら ミュージック・サロン 食事編


fromsakura4.jpg.jpeg

桜の向こうに夕暮れ迫る宝塚ホテル。
これだけでもテンションあがるのに、ホテルのディナーは元より、夜 外食すること自体が本当に久しぶりで、それがまずうれしかったのと、お料理がどれもおいしかったのでディナーとしても満足のミュージックサロンでした。


メニューは以下のとおり

・鴨のコンフィとじゃがいものテリーヌ
・グリーンアスパラガスのスープにのせた小柱の燻製
・桜香る鯛の蒸気蒸し
・牛フィレ肉のポアレ チーズクルート焼き
・タルト・フロマージュ パッションフルーツ風味
・コーヒー
・パンとバター


サーブの回数を減らすために、鴨のコンフィとスープ、魚料理と肉料理はそれぞれ1つのお皿で供されました。
パンは3個、最初からテーブルにセットされていて布ナフキンがかけてある形。



fromsakura5.jpg.jpeg  fromsakura6.jpg.jpeg

飲物はフリードリンクで、カクテル FROM SAKURA、ノンアルコールカクテル MISONO をはじめ、赤白ワイン、ビール、ウイスキーやソフトドリングなど。
感染予防の観点からドリンクの見ながらショーを観るというのはなくて、食事の間だけの提供でした。
私は白ワイン → FROM SAKURA → MISONO をいただきました。この後、赤ワイン・・・と思ったところで時間切れ(^^ゞ
FROM SAKURA は今イチでしたが、MISONOの方はヨーグルトドリンクっぽくておいしかったです。色も綺麗。


fromsakura7.jpg.jpeg

fromsakura8.jpg.jpeg

fromsakura9.jpg.jpeg

季節感あって見た目も楽しいお料理たち。
家ではこんな手の込んだお料理絶対つくれませんので、ほんとおいしかったです。




fromsakura10.jpg.jpeg

タカホ総力あげて、という感じでスタッフさんとてもたくさん出動されていてクロークもほとんど行列することなくサクサク進みました。
クローク札(正確には、番号のクローク札を渡して荷物受け取る用に持たされる札)が巨大で、雲とか星とか書いてあって、何だか楽しくなって笑ってしまいました。



観て聴いて食べて飲んで、やっぱりミュサロは楽し のごくらく度 (total 2224 vs 2229 )



posted by スキップ at 21:00| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年03月24日

フルさくらワールド🌸 「美園 さくら ミュージック・サロン  FROM SAKURA」


fromsakura.jpg

昨日はお友だちに誘っていただいて、美園さくらさんのミュージック・サロンに行ってきました。
ショーはもちろん、ホテルのディナーというのが本当に久しぶりで、とても楽しみにしていました。


宝塚ホテル開業記念イベント
美園 さくら ミュージック・サロン 「FROM SAKURA」
構成・演出: 齋藤吉正
音楽: 青木朝子   振付: 百花沙里   衣装:大津美希 
出演: 美園さくら  暁 千星  瑠皇りあ  毬矢ソナタ

2021年3月23日(火) 18:30-19:45 ディナー  
19:45-21:00 ショー 宝塚ホテル 1階「宝寿」



宝塚ホテルでこれまで予定されていたランチやディナーを伴うショーは食事がことごとく中止となって、これが新宝塚ホテルがオープンして最初のランチ/ディナーショーになるのではないかしら。
いつもよりテーブル数を減らし、食事の間は隣の人との間にアクリルパーティションが設置され、パンやカトラリーは白いナフキンに覆われて・・・と厳重な対策のもと、こうして開催されたことはとてもうれしく、会場も華やいだ雰囲気でした。


オープニングはポスターと同じコスチュームで登場。
スタイルいい~、脚ほっそーい!
ちょっぴり不思議ちゃんなトークを展開しつつ、美声を響かせて名曲の数々を聴かせてくれました。


fromsakura3.jpg.jpeg

ステージはこんな感じ。
照明によって色が変わる桜が綺麗でした。
時にはパネルの真ん中に三日月が輝くことも。


fromsakura2.jpg.jpeg

各テーブル6名でゆったり。
全部で180席くらいでしょうか。



セットリスト
Chapter 1 優美 
1. Cry Me A River (Arkadia)
2. Arkadia (Arkadia)
3. マルグリットのように (Arkadia)
Chapter 2 理知 
4. ニューヨーク、ニューヨーク (ON THE TOWN)
5. YOU ARE MY LUCKY STAR (雨に唄えば)
6. SINGIN' IN THE RAIN (雨に唄えば)
Chapter 3 思い出
7 私の居場所 (I AM FROM AUSTRIA)
8. スポーツ万歳 (I AM FROM AUSTRIA)
9. I AM FROM AUSTRIA (I AM FROM AUSTRIA)
10. A-EN MOON RISE (A-EN)/暁千星
Chapter 4 GOMAKASIATA 
11. Catch You Catch Me
12. ごらんなさい ごらんなさい (ベルサイユのばら)/暁・瑠皇・毬矢
Chapter 5 真心
13. 愛は誓い (FALSTAFF)
14. 許されぬ愛 (1789)with 暁
15. 神様の裁き (1789)
16. 男たるもの (夢現無双)/瑠皇・毬矢
Chapter 6 冷静
17. 私が踊る時 (エリザベート)with 暁
18. 私だけに (エリザベート)
Chapter 7 感謝 
19. I Have Dreamed
20. SAKURAメドレー (全員)
Encore 
21. Amazing Grace



続きがあります
posted by スキップ at 17:50| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする