2021年02月27日

いかにもブロードウェイミュージカル 花組 「NICE WORK IF YOU CAN GET IT」


nicework.jpg

ブロードウェイミュージカルを!?花組で?!と最初に聞いた時は驚きましたが、歌もダンスもみんな熱演。明るく楽しく華やかなロマンチック・コメディでした。


宝塚歌劇花組公演
ブロードウェイ・ミュージカル「NICE WORK IF YOU CAN GET IT」
Music and Lyrics by George and Ira Gershwin
Book by Joe DiPietro
潤色・演出:原田諒
翻訳: 伊藤美代子
音楽監督・編曲: 玉麻尚一
振付: 麻咲梨乃  本間憲一  当銀大輔
装置: 松井るみ   衣装: 有村淳
出演: 柚香光  華優希  瀬戸かずや  永久輝せあ  鞠花ゆめ  
和海しょう  飛龍つかさ  音くり寿/汝鳥伶  五峰亜季 ほか

2021年2月3日(水) 4:30pm 梅田芸術劇場メインホール 1階16列下手/
2月7日(日) 11:30am 1階11列センター
(上演時間: 3時間10分/休憩 25分)



物語の舞台は1927年 禁酒法時代のニューヨーク。
苦労知らずのプレイボーイ ジミー・ウィンター(柚香光)は、四度目の結婚を明日に控えてSpeak Easyで独身最後の夜を楽しんでいました。酔っ払った彼は酒場の裏でボーイッシュでチャーミングなビリー(華優希)と出会います。ビリーの正体は、酒の密輸を企てるギャングの一味でした。ジミーからロングアイランドに絶対使わない別荘があると聞いたビリーは、仲間のクッキー(瀬戸かずや)、デューク(飛龍つかさ)とともにその別荘に酒を隠します。そこへ、ジミーが婚約者のアイリーン(永久輝せあ)とともにやってきて・・・。

2012年にブロードウェイで初演されたミュージカル。
作品のタイトルとなっている「NICE WORK IF YOU CAN GET IT」をはじめ、「'S Wonderful」「Someone To Watch Over Me」「Do, Do, Do」「Rhapsody in Blue」などナド、ガーシュイン兄弟の聴き慣れた曲が次々出てきて、まるでガーシュイン名曲カタログのようなミュージカルナンバー。
群舞やタップダンス場面も多く、衣装も装置も明るく華やか。

あのアイリーンのバスルームの場面、超楽しい。
振付:麻咲梨乃さんとなっていましたので、宝塚版独自の場面なのかな。
お風呂でぷくぷく動いていた泡がバブルガールズで次々バスタブから出てきたのにはわぁ~♪となりました。その後のアイリーンの歌い踊りながらのナマ着換え(といっても裸からタオル巻いてドレスへ)も楽しかったです。

“ボーイ・ミーツ・ガール”のラブコメディで、すったもんだの挙げ句にみんながハッピーエンドの大団円を迎えるという、いかにも古きよき時代のブロードウェイミュージカルといった趣き。
それを柚香さんはじめ花組メンバーが適役適所でカッコよく可愛く歌い踊り演じて、楽しくないはずがない。

「禁酒法時代」「ロングアイランド」「スピークイージー」といった共通ワードを持ちながら、雪組の「ONCE UPON A TIME IN AMERICA」とのテイストの違いに驚きますが、それがアメリカという国であったり、タカラヅカでもあるのだなぁ、と。


続きがあります
posted by スキップ at 16:25| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする