2021年02月22日

「OSLO」のチケットが買えない


oslo.JPG楽しみにしていた舞台「OSLO」
(公式サイトはこちら
「オスロ合意」を描いて2017年トニー賞を受賞した作品の日本初演。演出は上村聡史さん。


3月3日~7日に予定されている兵庫県立芸術文化センター公演は、当初1月9日(土)に先行販売の予定でした。
が、緊急事態宣言発令によって発売が延期となり「新しい発売日程は決定次第ウェブサイト等でご案内いたします」ということでした。

2月も後半になって、公演が近づいているのに一向に発売日が発表されず、毎日サイトをチェックしていたところ、2月18日にこんな告知が。


当公演は、製作元で先行販売を行っておりましたが、1月の緊急事態宣言発出時点で既に定員の50%を超えていたため、当センターでは販売を自粛し、発売を延期しておりました。宣言解除後の発売を目指しておりましたが、この度緊急事態宣言の期間延長に伴い、新規のチケット発売ができなくなったため、やむなく発売を取り止めさせていただきます。発売をお待ちいただいていたお客様には心よりお詫び申し上げます。
※緊急事態宣言が解除された際の対応につきましては、協議の上、当ページにてご案内いたします。


もう、えええぇ~っです💦
公演は上演される、チケットも販売されている・・・のにチケットが買えない


舞台のチケットを取るにあたっていろいろな手段がある場合、どこで取るかはいつも悩ましいところですが、兵芸先行は先着順で席が選べて.かつよい席が取れることも多いので、好んで利用しています。
特にこの公演は「主催: 関西テレビ放送 兵庫県 兵庫県立芸術文化センター」と主催に名を連ねていましたので安心していました。

製作元の先行で50%超えていたって何よ

昨年からたくさんの舞台が上演中止になって、観たくても観られず、泣く泣くチケット払い戻した公演は多々ありますが、こんなことは初めて。
いや、ビフォーコロナを含めても、どんな人気公演でも観たい舞台のチケットが1枚も取れないことはこれまでありませんでしたので(除・宝塚歌劇の大劇場以外の公演)「公演があるのにチケットが買えない」のは初めての経験です。何てことだ。


さて、大阪・兵庫・京都は2月末で緊急事態宣言が解除されそうな見通しになってきましたが、「緊急事態宣言が解除された際の対応」はどうなることでしょう。



「製作元」の先行でチケットそんなに売ってるのかということもよくわかったよね の地獄度 (total 2217 vs 2221 )

posted by スキップ at 23:32| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする