2021年02月17日

王冠へとつづく道 花組 「PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-」


princeofroses.jpg

宝塚歌劇団花組の聖乃あすかさん バウホール初主演作。
100期生のトップを切ってのバウ主演もなるほどと思わせるセンターに立つ華。
挑むは薔薇戦争です。


宝塚歌劇 花組公演
バウ・ミュージカル 「PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-」
作・演出: 竹田悠一郎
作曲・編曲: 太田健  瓜生明希葉  多田里紗
振付: 御織ゆみ乃  平澤智   殺陣: 清家三彦
装置: 國包洋子   衣装: 加藤真美
出演: 聖乃あすか  高翔みず希  冴月瑠那  華雅りりか  羽立光来  優波慧  
春妃うらら  一之瀬航季  芹尚英  希波らいと  美羽愛  星空美咲/万里柚美 ほか

2021年2月2日(火) 11:30am 宝塚バウホール 3列下手
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



物語の舞台は15世紀のングランド。
ランカスター家(赤薔薇)とヨーク家(白薔薇)が激しく王位を争った薔薇戦争の時代。
ランカスター家の血を引くヘンリー・テューダー(後のヘンリー7世/聖乃あすか)が若くしてヨーク家のエドワード4世(羽立光来)に国を追われながらも、イングランドに残った母の思いや、自分についてきた仲間たちに支えられ、王座奪還のため宿敵・グロスター公(後のリチャード3世/優波慧)に挑んでいく姿を描きます。


ヘンリー・テューダーといえば私にとって、「リチャード3世」の最後に出てくる“若いブロンドのイケメン正義のヒーロー”というイメージですが、そこに至るまでは前半生は謎に包まれた人物とされていて、そのあたりをフィクションを交えて描いた作品です。

ヘンリー・テューダーが叔父のジャスパー・テューダーに連れられ、ヘンリー6世(=ランカスター)と謁見して認められる場面から始まり、それも束の間、エドワード4世(=ヨーク)が国王に返り咲き、ヘンリーは隣国ブルターニュへと亡命して、以降はロンドンとブルターニュの2ヵ所で並行して物語が進みます。
ロンドンではグロスター公が権謀術数と暴虐の限りをつくして王座へとのし上がって行き、ブルターニュで機会を伺うヘンリーの前には、フランス国王の使いを名乗る謎の女性イザベル(星空美咲)が現れ・・・という展開。


続きがあります
posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする