2021年02月13日

二人の男・密室・ゲームのような復讐劇 「スルース ~探偵~」


sleuth.jpg

1970年にロンドンで初演された作品。
ブロードウェイ版はトニー賞を受賞し、映画化もされました。日本でも何度か舞台で上演されていて、直近では西岡徳馬さん主演版(2016年)が記憶に新しいところですが、いずれも未見。

「二人の男」「密室」「ゲームのような復讐劇」
と、フライヤー表面のコピーだけを事前情報に観劇しました。


「スルース ~探偵~」
作: アントニー・シェーファー
翻訳: 常田景子
演出: 吉田鋼太郎
美術・衣装: 大島広子  照明: 原田保
出演: 柿澤勇人  吉田鋼太郎

2021年2月5日(金) 7:00pm サンケイホールブリーゼ 1階G列センター
(上演時間: 2時間/休憩 20分)



物語: 著名な推理小説家アンドリュー・ワイク(吉田鋼太郎)は、妻の浮気相手であるマイロ・ティンドル(柿澤勇人)を自身の邸宅に呼び出します。不倫ヘの追及を受けるものだと思っていたマイロに対し、アンドリューは「妻の浪費家ぶりには困っている」と話し、自宅の金庫にある高価な宝石を盗み出すよう提案します。そうすることでマイロは宝石とアンドリューの妻を手に入れ、アンドリューは宝石にかけられた保険金を受け取り愛人と幸せに暮らすことができるのだ、と。提案に乗ったマイロはアンドリューに言われるまま泥棒に扮して屋敷に侵入し・・・。


若くハンサムで、アンドリューの妻に愛され自信に満ちているマイロは、アンドリューに対してアドバンテージを取っているように見えます。
ところが、アンドリューの提案に乗り、宝石泥棒をするためにアンドリューが用意したピエロの衣装を着たり、あれこれ注文をつけられてその通りに従うマイロはいかにも脇が甘く、「そんなことしてたらアンドリューの思うツボじゃん」と思っていたところ、その通りになって、アンドリューに撃たれ、階段を転げ落ちた一幕ラストで、「あー、やっぱり~」と同時に、「かっきー ここでもう死んじゃったら二幕どうなるの?」と思っていました。

が、物語はそんな単純なものでは、もちろんありませんでした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:31| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする