2021年02月06日

君の最後を俺が奪おう 雪組 「シルクロード」


silkroad.jpeg

「シルクロード」は望海風斗さんと“同期”の生田大和先生が初めて手がけたショー作品。
生田-望海コンビのショーはこれが最初で最後ということになりますね。
作曲家の菅野よう子さんが楽曲提供されたことでも話題となりました。
シルクロードを舞台に繰り広げられるエキゾチックなムードたっぷりのショーです。


宝塚歌劇 雪組公演
かんぽ生命 ドリームシアター
レビュー・アラベスク 「シルクロード~盗賊と宝石~」
作・演出: 生田大和
作曲・編曲: 太田健  高橋恵  菅野よう子
振付: 羽山紀代美  御織ゆみ乃  川崎悦子  桜気涼介  百花沙里
装置: 二村周作  衣装: 有村淳


出演者(一樹千尋さん以外)、観劇日は「fff フォルティッシッシモ-歓喜に歌え!-」と同じ(こちら


盗賊(望海風斗)が一粒の青いダイヤモンドを手に入れますが、それはインドの女神シータの失われた片目といわれる呪われた宝石ホープ・ダイヤモンド(真彩希帆)でした。遙か古より持ち主を変えて彷徨ってきた宝石の記憶を辿って、中東からインド、上海へと時空を超えてシルクロードを旅する物語仕立てのショー。

お芝居の演出家さんがショーを初演出、そのショーはストーリー仕立て、というと上田久美子先生の「BADDY」(2018年 月組)が記憶に新しいところですが、生田先生の作品は、あれほど挑戦的でもなければすごく目新しいこともなくて、宝塚のオーソドックスなショーという印象でした。
ただ、望海さん・・・もっと言うなら望海さん真彩さんのコンビ・・・への愛とリスペクトに満ちていることは、特に組ファンという訳ではない私の目にもよくわかります。


続きがあります
posted by スキップ at 17:25| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする