2021年02月04日

あなたと歌えれば奇跡のシンフォニー 雪組 「fff フォルティッシッシモ - 歓喜に歌え!ー」


fffsilkroad.jpg

雪組トップコンビ 望海風斗さん、真彩希帆さんのサヨナラ公演。
昨年の公演中止を経て、半年遅れで開幕となりました。
宝塚が誇る歌うまスター 望海風斗さんが最後に演じるのは、「楽聖」ベートーヴェン!


宝塚歌劇 雪組公演
かんぽ生命 ドリームシアター
ミュージカル・シンフォニア 「fff フォルティッシッシモ -歓喜に歌え!-」
作・演出: 上田久美子
作曲・編曲: 甲斐正人
振付: 前田清実  AYAKO  
装置: 大橋泰弘   衣装: 有村淳
映像: 上田大樹  
出演: 望海風斗  真彩希帆  彩風咲奈  奏乃はると  彩凪翔  
真那春人  久城あす  煌羽レオ  朝美絢  愛すみれ  朝月希和  
真地佑果  綾凰華  星南のぞみ  諏訪さき  野々花ひまり  
彩みちる  縣 千  彩海せら  有栖妃華  夢白あや/一樹千尋 ほか

2021年1月7日(木) 1:00pm 宝塚大劇場 1階8列下手/
1月10日(日) 11;00am 1階15列下手/1月14日(木) 3:30pm 1階25列上手/
1月21日(木) 3:30pm 2階9列センター/2月2日(火) 3:30pm 1階3列下手
(上演時間: 1時間35分)



fff(フォルティッシッシモ)はff(フォルティッシモ)のさらに上、“最大限に強く”という意の造語。
ベートーヴェンの親友で医師のゲルハルトがこの物語の中で名付けます。
物語の主役はルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。
楽聖とも称される偉大な作曲家の、しかしそれは単なる伝記ものではなく、フランス革命からナポレオンというヨーロッパ激動の時代を背景に、音楽家の命ともいえる聴力を失うなど様々な困難や絶望の中、彼がいかにして至上の喜びを歌う「第九」を完成させたのかを描いています。

音楽の道を突き進むベートーヴェンに、軍事のナポレオン、文学のゲーテという同時代に生きた3人3分野の天才を絡ませ、さらにはベートーヴェンだけに見える、聞こえる謎の女(真彩希帆)を登場させて重層的に展開する物語。

甘く切ないラブロマンスとは一線を画した物語で、謎の女という存在や、実際には会っていないベートーヴェンとナポレオンとの邂逅など、イマジナリーな部分も多く、随所に上田久美子先生のこだわりや細かいプロットが張り巡らされていて、とても演劇的な作品だと思います。
「難しい」という声も漏れ聞こえましたが、私は好き。サヨナラ感が少ないかなと思っていましたが、謎の女の“名前”にベートーヴェンが気づいてからの歓喜の歌に至る一気呵成感。
何より、望海風斗、真彩希帆という稀代の歌い手の、大劇場に響き渡る歌声を堪能できることが、この上ない“歓喜”でした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:44| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする