2021年02月17日

王冠へとつづく道 花組 「PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-」


princeofroses.jpg


宝塚歌劇団花組の聖乃あすかさん バウホール初主演作。
100期生のトップを切ってのバウ主演もなるほどと思わせるセンターに立つ華。
挑むは薔薇戦争です。


宝塚歌劇 花組公演
バウ・ミュージカル 「PRINCE OF ROSES-王冠に導かれし男-」
作・演出: 竹田悠一郎
作曲・編曲: 太田健  瓜生明希葉  多田里紗
振付: 御織ゆみ乃  平澤智   殺陣: 清家三彦
装置: 國包洋子   衣装: 加藤真美
出演: 聖乃あすか  高翔みず希  冴月瑠那  華雅りりか  羽立光来  優波慧  
春妃うらら  一之瀬航季  芹尚英  希波らいと  美羽愛  星空美咲/万里柚美 ほか

2021年2月2日(火) 11:30am 宝塚バウホール 3列下手
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



物語の舞台は15世紀のングランド。
ランカスター家(赤薔薇)とヨーク家(白薔薇)が激しく王位を争った薔薇戦争の時代。
ランカスター家の血を引くヘンリー・テューダー(後のヘンリー7世/聖乃あすか)が若くしてヨーク家のエドワード4世(羽立光来)に国を追われながらも、イングランドに残った母の思いや、自分についてきた仲間たちに支えられ、王座奪還のため宿敵・グロスター公(後のリチャード3世/優波慧)に挑んでいく姿を描きます。


ヘンリー・テューダーといえば私にとって、「リチャード3世」の最後に出てくる“若いブロンドのイケメン正義のヒーロー”というイメージですが、そこに至るまでは前半生は謎に包まれた人物とされていて、そのあたりをフィクションを交えて描いた作品です。

ヘンリー・テューダーが叔父のジャスパー・テューダーに連れられ、ヘンリー6世(=ランカスター)と謁見して認められる場面から始まり、それも束の間、エドワード4世(=ヨーク)が国王に返り咲き、ヘンリーは隣国ブルターニュへと亡命して、以降はロンドンとブルターニュの2ヵ所で並行して物語が進みます。
ロンドンではグロスター公が権謀術数と暴虐の限りをつくして王座へとのし上がって行き、ブルターニュで機会を伺うヘンリーの前には、フランス国王の使いを名乗る謎の女性イザベル(星空美咲)が現れ・・・という展開。


続きがあります
posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年02月16日

ふりさけみれば春日なる三笠の山に

mikasayama.jpeg
奈良へ行ってきました。

前に行ったのは8月で、鹿さんたち、本当に暑そうにしていました。
半年経って季節は巡っても、世界の状況は少しも変わっていないのが切ない。

2月とはいえお天気のよい暖かな休日で、少し人出も多いようでしたが、まだまだのんびりゆったりした奈良。
8月に春日大社の御蓋山浮雲峰遥拝所へ伺いましたので(こちら)、全体のお姿を見たいと思い、お散歩がてらこちらへ。


神山御蓋山展望地


mikasayama1.jpeg

中央に神山御蓋山(三笠山)、左右に若草山と春日山(冒頭の画像)
「天の原 ふりさけみれば 春日なる 三笠の山に いでし月かも」 という阿倍仲麻呂の歌が書かれている表示板そのままの光景です。



ukimido.jpeg

ukimido2.jpeg

浮見堂にも久しぶりに行きました。
別アングルからの2枚目の画像の手前は桜の木。
桜の季節にここから見る浮見堂は本当に綺麗なのですが、今年はお花見できるかなぁ。


bairin.jpeg

お花といえば、丸窓梅林は梅が咲き誇っていました。

bairin2.jpeg

鹿さんも紅梅の下でお花見(カメラ目線だけど(^^ゞ)
鹿さんたちも春を待ち望んでいるようでした。



私は奈良派 のごくらく度 (total 2215 vs 2217 )


posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2021年02月15日

祝 星組ロミジュリ初日☆ いちごジェンヌ💙ロミオ @コーヒープリンセス


coffeeprinces1.jpeg

昨日 2月14日は宝塚歌劇星組公演「ロミオとジュリエット」初日。おめでとうございます。
気合入れて取ったチケット握りしめて行って参りました。

オープニングで「ヴェローナ」のイントロが聞こえてきた途端に涙があふれるという・・・どれほど好きで、どれだけ待ち望んでいたんだと我ながら驚いたのですが、これから何度も観る予定(←)ですので、感想はまた改めたいと思います。


初日をお祝いして、絶対これを食べに行こうと思っていました。


いちごジェンヌ💙ロミオ


コーヒープリンセス&プリンセスアイラッシュ
兵庫県宝塚市武庫川町3-7
tel: 0797-98-2073


宝塚南口駅から歩いて7~8分。
手塚治虫記念館のすぐ近くにあります。


いちごジェンヌに期間限定で💙ロミオと💗ジュリエットが登場。

ロミオ: ピスターシュマカロンとチョコアイス スペードのエースのトランプ
ジュリエット: いちごマカロンにフランボワーズソルベ トランプはハートのエース

その下にはたっぷりいちごにチョコチップ、グラノーラ、ジェノワーズ、ホイップヨーグルトが入っています。

もちろんロミオでしょ、とロミオをいただいたのですが、全部おいしい中、チョコアイスがとんでもなくおいしかったです。
近ごろ流行りのボリューミーなパフェは途中で「もう無理~」となることもあるのですが、これはいろいろな食感が楽しめる上に、ホイップヨーグルトが爽やかで軽い口あたりなので最後までおいしくいただきました。


coffeeprinces2.jpeg

サンドパフェセットという、クラブハウスサンド2/3サイズ+飲物+パフェ というメニューにしましたので
こちらもいただきました。
もちもちの食パンにトロトロたまごのサンドイッチ、おいしかったです。



次はジュリエット食べる~ と思っていたら、2月18日から新作 いちごジェンヌ キャンドル登場ですって。迷う~ のごくらく地獄度 (total 2214 vs 2217 )


posted by スキップ at 23:37| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年02月13日

二人の男・密室・ゲームのような復讐劇 「スルース ~探偵~」


sleuth.jpg

1970年にロンドンで初演された作品。
ブロードウェイ版はトニー賞を受賞し、映画化もされました。日本でも何度か舞台で上演されていて、直近では西岡徳馬さん主演版(2016年)が記憶に新しいところですが、いずれも未見。

「二人の男」「密室」「ゲームのような復讐劇」
と、フライヤー表面のコピーだけを事前情報に観劇しました。


「スルース ~探偵~」
作: アントニー・シェーファー
翻訳: 常田景子
演出: 吉田鋼太郎
美術・衣装: 大島広子  照明: 原田保
出演: 柿澤勇人  吉田鋼太郎

2021年2月5日(金) 7:00pm サンケイホールブリーゼ 1階G列センター
(上演時間: 2時間/休憩 20分)



物語: 著名な推理小説家アンドリュー・ワイク(吉田鋼太郎)は、妻の浮気相手であるマイロ・ティンドル(柿澤勇人)を自身の邸宅に呼び出します。不倫ヘの追及を受けるものだと思っていたマイロに対し、アンドリューは「妻の浪費家ぶりには困っている」と話し、自宅の金庫にある高価な宝石を盗み出すよう提案します。そうすることでマイロは宝石とアンドリューの妻を手に入れ、アンドリューは宝石にかけられた保険金を受け取り愛人と幸せに暮らすことができるのだ、と。提案に乗ったマイロはアンドリューに言われるまま泥棒に扮して屋敷に侵入し・・・。


若くハンサムで、アンドリューの妻に愛され自信に満ちているマイロは、アンドリューに対してアドバンテージを取っているように見えます。
ところが、アンドリューの提案に乗り、宝石泥棒をするためにアンドリューが用意したピエロの衣装を着たり、あれこれ注文をつけられてその通りに従うマイロはいかにも脇が甘く、「そんなことしてたらアンドリューの思うツボじゃん」と思っていたところ、その通りになって、アンドリューに撃たれ、階段を転げ落ちた一幕ラストで、「あー、やっぱり~」と同時に、「かっきー ここでもう死んじゃったら二幕どうなるの?」と思っていました。

が、物語はそんな単純なものでは、もちろんありませんでした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:31| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年02月12日

花籠膳 @象印食堂


hanagozen.jpeg

雪組千秋楽ライブ中継のプレシアターランチ。
なんば駅からあまり離れたくないということで久しぶりにこちらへ。


象印食堂
大阪市中央区難波5-1-6 なんばスカイオ6階
tel: 06-6568-9804


月曜日でしたしこんな状況下なので以前のように開店前から長蛇の列、ということはありませんでしたが、それでもお客様は絶えることなく次々やってきて、相変わらずの人気ぶりでした。


前回は「象印御膳」をいただきましたので、この日は平日限定メニューの「花籠膳」にしました。

鯖の香味醤油焼きとだし巻き玉子
里芋の揚げだし ~和風きのこあんかけ~
れんこんとドライトマトのきんぴら
かぼちゃといんげんの白和え
黒ごま豆腐 ゆず味噌がけ
ごはんのお供
・炙り明太子
・海苔の佃煮わさび風味
・梅干しのオリーブオイル漬け
炎舞炊きごはん
大分県産 龍のたまご
白菜となめこのお味噌汁


ごはんに合うようにつくられたおかずはどれもおいしいし、ごはんのお供も絶品でごはんがすすむススム。
さらには、龍のたまごのたまごかけごはんがたまらないおいしさ。


tamagokake1.jpeg

つやっつやごはんに


tamagokake2.jpeg

ぷっくりたまご
たまごかけごはんおかわりしたいくらいでした。

炎舞炊きの3種類のごはん(白米ふつう炊き・白米しゃっきり炊き・健康応援米 金のいぶき)を好きなだけおかわりできるのですが、もちろん3種類全部食べましたよね。


ちなみに、お弁当のテイクアウトを夕食時にもやっていることを知りまして、早速翌日会社帰りに買って帰りました。

nidanbento1.jpeg nidanbento2.jpeg

象印二段弁当
ごはんには牛肉しぐれ煮がのっている豪華版です。こちらもおいしかったー!



ごはんもおかずもおいしくてつい食べ過ぎてしまうのがタマにキズ(いつも言ってる) のごくらく地獄度 (total 2212 vs 2215 )


posted by スキップ at 22:55| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年02月10日

いつの日か一緒に笑い合える日が来ることを 雪組 「fff/シルクロード」千秋楽 ライブ中継


fffLV .jpg

望海風斗さん宝塚大劇場ラストデイ。
配信もありまたが、だいもんのあの歌声は映画館の大音量で聴きたいと、ライブビューイングを選びました。


宝塚歌劇 雪組宝塚大劇場公演
「fff フォルティッシッシモ-歓喜に歌え!-/シルクロード ~盗賊と宝石~」 
千秋楽ライブ中継

2021年2月8日(月) 1:00pm TOHOシネマズなんば スクリーン1
(上映時間: 5時間5分 <カーテンコール含む>)



舞台を観た感想:
「fff フォルティッシッシモ-歓喜に歌え!-」
「シルクロード~盗賊と宝石~」


舞台の詳細感想は上記に書きましたので、今回は千秋楽スペシャルな部分だけ。
「fff」は、ナポレオン、ゲーテ、そしてベートーヴェンが順番に登場してスポットを浴びる場面からウルウル。
舞台が暗いのか、背景が映らなかったり、ここが観たい!というターンがなかったりというジレンマはありましたが、やはり映像ならではの表情のアップでより物語に深く入り込めることとなりました。何度観ても新しい発見があるのもすばらしい。上田久美子先生、やはりタダモノではありません。
望海さん、真彩さんのすばらしい歌声も映画館のドルビーサウンドで存分に堪能。

ベートーヴェンと謎の女のシーン
「ペンじゃなくてパン」を言われたベートーヴェン、3回フェイントかけてからパン投げていました。
その後の謎の女さん、「コーヒー」と言われて一度無視して、ちょっと自分で笑っちゃっていましたね。

「シルクロード」
盗賊さんが連行される場面は、
「いやだ!行かない!」と座り込む望海さん。
彩凪さん 「清く 正しく 美しく~」 とやおら歌い出す
望海さん 「教えを~ 今に~」 と歌いながら立ち上がる
二人 「たか~ら~づ~か~」 と歌いながら客席に顔を向けてはける

ここ、カーテンコールで望海さんが彩凪さんに「私たち、慎重なんでね。何回もね、練習してね」とおっしゃっていました。

中詰は
望海さん 「客席のみんなー」
雪組生 「全国のみんなー」
銀橋に出た望海さん 「せん!しゅう!らく~!」 
でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする