2021年01月05日

誰が歌う あの日の十二月 宙組 「アナスタシア」 Act Ⅰ


anastasia.jpg

あまりに好きすぎて書きたいことがあふれて、昨年観た舞台の中で唯一年内に感想を書き終えられなかった作品。
初日と千秋楽含めて6回観劇は昨年の最多リピートです。

1997年に公開されたアニメ映画「アナスタシア」に着想を得て2017年にブロードウェイで初演されたれたミュージカル。
ロシア革命で処刑されたロマノフ王朝の末娘アナスタシアが生きていたという「アナスタシア伝説」にもとづいたロマンティックな物語とすばらしい楽曲の数々・・・ブロードウェイミュージカルと宝塚歌劇の底力を改めて知った思い。

大劇場公演中にタイトルロールで絶対的ヒロインの星風まどかさんが専科異動という衝撃の人事が発表され、「え~っ!これが宙組のまどかちゃん最後なのっ?!まかまど見納めなの~っ!!」という意味でも忘れられない作品となりました。
1月8日から東京公演が開幕しますが、可能ならばたくさんの方に観ていただきたい作品です。


宝塚歌劇 宙組公演 三井住友カード ミュージカル
「アナスタシア」
ANASTASIA THE MUSICAL
脚本:TERRENCE McNALLY
音楽:STEPHEN FLAHERTY
作詞:LYNN AHRENS
潤色・演出: 稲葉太地
音楽監督・編曲: 太田健
編曲: 高橋恵
振付: 御織ゆみ乃  若央りさ  平澤智  百花沙里  三井聡
装置: 國包洋子  衣装: 河底美由紀  映像: 石田肇
出演: 真風涼帆  星風まどか  芹香斗亜  寿つかさ  美風舞良  
凛城きら  桜木みなと  和希そら  紫藤りゅう  留依蒔世  
遥羽らら  瑠風輝  優希しおん  天彩峰里  潤花  亜音有星 ほか

2020年11月7日(土) 1:00pm 宝塚大劇場 1階29列下手/
11月8日(日) 3:30pm 1階3列センター/11月15日(日) 11:00am 1階16列センター/
11月24日(火) 1:00pm 1階13列下手/12月4日(金) 1:00pm 1階15列センター/
12月14日(月) 1:00pm 1階11列上手
(上演時間: 3時間5分/休憩 35分)



物語の舞台は20世紀初頭のロシア。
1906年 サンクトペテルブルクの王宮でロシア帝国皇帝ニコライ二世(瑠風輝)の末娘アナスタシア(天彩峰里)がパリへ旅立とうとしている祖母 マリア皇太后(寿つかさ)からオルゴールを贈られる場面から始まって、1917年 美しく成長したアナスタシア(星風まどか)と両親、姉たちが舞踏会で踊る中、突然、銃声が響いてボリシェヴィキたちが乱入してくるロシア革命へと続きます。
そして、10年後。サンクトペテルブルクがレニングラードと名前を変えた1927年。
悪事に手を染めながら革命後の混乱を生き延びてきた詐欺師のディミトリ(真風涼帆)は、ボルシェビキの追跡から元貴族ヴラド(桜木みなと)を助け、ともに行動するようになります。皇族の末娘アナスタシアが生きていて、見つけたものにはマリア皇太后から莫大な報奨金が出るという噂にディミトリたちもアナスタシアに似た人物を探し出し報奨金を騙し取ろうと計画・・・そこへ過去の記憶を失ったアーニャ(星風まどか)がやって来ます。「パリで誰かが私を待っている。パリに行くための出国許可証が必要」というアーニャをディミトリたちはアナスタシアに仕立てようと考え・・・。


プロセニアムに縁どられた舞台。
本のページをめくるように物語が進んで、ラストは本が閉じられて fin. の文字。
この物語が本の中の世界、ファンタジーであることを感じさせてくれます。
ふんだんに使われている映像は、「そうそう、舞台で映像使うならこうでなくちゃ」という効果的な使い方。
ほぼ歌いっ放し。いずれも名曲揃いの楽曲に応える宙組生たちのソロもコーラスも歌唱のすばらしさ。
美しい衣装と適役好演。
すべてがピタリとハマって、とてもクオリティの高い舞台を見せていただきました。
唯一残念だったのは、宝塚歌劇の作品としては主要キャスト以外の役が少なかったことかな。


あれもこれもと書いていたらとりとめなくなってしまいましたので、せっかく素敵なナンバーの数々に彩られていることもあり、プログラムに掲載されている Musical List の曲順に楽曲と場面の感想などを綴りたいと思います。



anastasia2.jpg.jpeg


続きがあります
posted by スキップ at 23:19| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年01月04日

これからも私たちと一緒に夢を見ませんか 月組 「WELCOME TO TAKARAZUKA/ピガール狂騒曲」 東京千秋楽ライブ中継


pigalle20210103.jpg

2021年エンタメはじめは映画館で宝塚歌劇のライブ中継。
箱根駅伝復路9区までテレビ観戦して「なんでワタシ配信にしなかったんだろ」(映画館の大画面で観るのが好きだからです、はい)と後ろ髪引かれながら出かけました・・・後で10区の大逆転知ってますます悔やんだよね。駒澤大学優勝おめでとう!

とはいうものの、ライブ中継はとても楽しくて、観ている間はそんなことすっかり忘れて見入っていたのでした。
「WELCOME TO TAKARAZUKA」は6場45分と短いながらとても洗練された日本物ショーで、その後にやってくる「ピガール狂騒曲」の多幸感。そして千秋楽ご挨拶の感動。よいエンタメはじめとなりました。


宝塚歌劇 月組東京宝塚劇場公演
「WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-/ピガール狂騒曲」 
千秋楽 ライブ中継

2021年1月3日(日) 1:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン3
(上映時間: 3時間30分)



宝塚大劇場にて観劇時の感想
WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-
ピガール狂騒曲
宝塚大劇場千秋楽ライブ中継


上記のとおり感想は大劇場観劇時にさんざん書きましたので、重複は控えるとして、東京公演で新たに追加された場面や新たに気づいたこと、アドリブなどについて。


WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-

🌙 越天楽
初舞台生の口上に代わって、舞音「越天楽」という場面が追加。
雅楽の「越天楽」をアレンジした曲で月城かなとさんによる舞踊です。
疫病退散の祈りが込められた舞ということで、拵えも雰囲気も歌舞伎の三番叟みたいな感じ。

日本物お得意の月城さん、シャープな美貌に赤い装束も映えます。
後から加えられた場面のため出演者を増やせない事情もあるのかと思いますが、ずっと一人でさながら舞踊会のよう。
三番叟のあのシャリーンシャリーンという鈴の音が大好きなのに、気持ちよくを聴きながら意識なくしてしまった私は・・・私は・・・。


🌙 松本悠里さん
雪の場面で赤い振袖の松本悠里さんがせり上がってくると大拍手。
場面終わりで暗転しても、次の場面が始まるまで鳴りやまない拍手が続いていました。
パレード前の最後の踊りにも惜しみない拍手が送られていました。
本当に本当にラストステージだったんだなぁ。


🌙月光
「月光」の場面のフォーメーションの美しさが映像ではうまく捉えられていなかったのが残念でした。
映像収録のカメラってすべて1階に設置だからなぁ。あの場面は2階から観るのが震えるほどよかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 17:45| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

あけまして 2021年


20210101.jpeg

あけましておめでとうございます。
ピリリと冷たい空気の中、年が変わるといろんなことがクリアされてまた1から・・・とはもちろんならず、厳しい状況は変わらずですが、しばしそのようなことを忘れられるような青空が広がっていました。

今年も元旦は家族とお屠蘇とお雑煮、おせちをいただいてゆったり過ごしました。
夜はこちらも恒例「相棒」元旦スペシャルを観ながら飲んだくれて眠くなってしまい、毎年1月1日にアップしているこのブログのエントリができなかったという、この先1年が思いやられる年のはじめ。

少し迷ったのですが、初詣にも行ってきました。
「初詣は無理かも」と思って年末にもご挨拶に伺っていて、「初詣は2月2日までにゆっくりと」という掲示も見ていましたし、やはり密は避けたいと思っていました。
が、いつも元旦にいただいて玄関に飾って家を守っていただいている(と信じている)破魔矢をいただかないと、と「行ってみて混んでいたらやめよう」と思って決行したところ、やはり皆さま自粛されているのか思いのほか空いていて、無事おまいりできました。


202101012.jpeg

住吉大社の御神木
樹齢1000年という千年楠
生命力に溢れていて、見上げると何だか元気が出ました。



昨年の私のキーワードは「余白」でした。
えーっと、これはですね、自分で積極的に目標達成しようとした訳でないのですが、2020年は好むと好まざるとにかかわらず「ステイホーム」という「余白」ができたというか・・・。
ステイホーム中は本当に時間があって、10数年アンタッチャブルだった物入れの整理したのをはじめ、読みかけだったり買ったままだった本を何冊も読んだりクローゼットに眠ったままだった洋服を大量に処分したり、もちろん何もせずだらだら過ごしたり。
そしてステイホーム期間が終わっても、観劇中心だった生活からシフトしていろいろなことに時間を使えるようになりました。
これは2020年という年でよかったと思えることのひとつかな。
2020年年頭にこのテーマを掲げたワタシ、あっぱれ!と何だかほめたい気分(^^ゞ


さて、今年のキーワードは、「時を刻む」としました。
2020年は何年も先になった時、「あの空白の4か月」と考えるような時が止まったと思える期間がありました。
自分自身を振り返ってみても、心の準備もなくこの期間に突入し、ただ戸惑って困惑して、まるで立ち尽くすような日々を過ごしました。

今の状況が2021年にはまったく払拭されるとは思えない中、自分の時間を止めてしまうことだけはやめたいと考えています。
もしかしたら緊急事態宣言がまた発令されて、いろんな”時”が止まってしまうことがあるかもしれません。そんな中でも私は私の歩みを進めたい。たとえとてもとても小さな一歩となっても。
物理的に時を止めることができないのと同じように、心の時も止めないように刻んでいきたいと思います。
その先に、明るい希望が見えてきたら、こんなに幸せなことはありません。


2021年が皆さまにとりまして明るい希望に満ちた年となりますように。
本年もどうぞよろしくお願い申しあげます。


posted by スキップ at 13:35| Comment(4) | diary | 更新情報をチェックする