2021年05月06日

爆誕!望海風斗トート 「エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート スペシャル ver.」


elisagalaspver1 (2).JPGelisagalaspver2.JPG

「エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート」の掉尾を飾る4公演は宝塚の本公演では実現しなかった望海風斗さんがトートを演じるスペシャルバージョン。
しかも、シシィはACT 1が夢咲ねねさん、ACT 2はこれが初役の明日海りおさん、ルドルフに七海ひろきさん、ゾフィには純矢ちとせさん、さらには大月さゆさん、美翔かずきさんと「89期バージョン」にもなっていて、情報公開された時から話題沸騰でした。

上演は中止になってしまったけれど、4公演中3公演無観客ライブ配信という厚遇。
初回だけ観るつもりだったのですが、あまりにすばらしかったので千穐楽も観ちゃいました。


エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート 
スペシャル ver.」

脚本・歌詞: ミヒャエル・クンツェ
音楽:    シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション: ウィーン劇場教会
構成・演出・訳詞: 小池修一郎
演出: 小柳奈穂子
音楽監督: 𠮷田優子   編曲: 甲斐正人
指揮: 西野淳
出演: 望海風斗  夢咲ねね  明日海りお  鳳真由  
宇月颯  澄輝さやと  七海ひろき  純矢ちとせ  
悠真倫  芽吹幸奈  桜庭しおん  大月さゆ ほか

2021年5月3日(月) 5:00pm/5月5日(水) 1:00pm 配信視聴
(配信時間: 2時間50分/休憩 25分)千穐楽はご挨拶含め3時間10分



フルコスチューム '16 宙組バージョンの感想はこちら


まずは望海風斗さんトートに登場からガツーンとヤラレタ感じでした。
「またの名を死」というルキーニ(宇月颯)の言葉に続いて現れたトート閣下。
シルバーメッシュの黒髪ロングヘア、右のおでこから頬にかけて梵字のようなタトゥー、冷たい顔した死神メイクと、フルコスチュームバージョンではないので扮装なしとすっかり油断していた画面の前の私たちを驚愕&狂喜させてくれました。

♪ 天使の歌は喜び 悪魔の歌は苦しみ 人が歌うその歌は 私を燃やす愛
人の命を奪って 弄ぶのさ冷たく ただ一つの過ちは 皇后への愛だ~

「私を燃やす愛」の歌い出しから一気にトートワールドへ。
歌唱力には折り紙つきの望海さんですが、本当に声がよく出ていてわが家のテレビを通してでもびんびん響く歌声。
音程はもちろんブレないし、感情を乗せて緩急自在に歌う姿は圧巻。
「愛と死の輪舞」はどこか一路真輝さんを感じさせる雰囲気があって、そういえばこの曲は宝塚初演にあたり一路さんのために新しくつくられた曲だったなと思い出したり。
「最後のダンス」の高音シャウト部分は先日観た朝夏まなとトートほどインパクトはありませんでしたが、迫力の歌唱で、高低音の音域の広さを再認識しました。「闇が広がる」も迫力たっぷりだったな。

続きがあります
posted by スキップ at 18:27| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年05月04日

東北へのオマージュを込めて 「日本人のへそ」


nihonjinnoheso.JPG

「井上ひさしの劇作の原点がここに」とフライヤーに記されていました。
この前に観た「藪原検校」も初期の作品ですが、この作品が井上さんの劇作家としてのデビュー作(1969年)。

「東北へのオマージュを込めて 10年ぶりの上演」と続いていて、東日本大震災から10年という歳月に・・・私がこの作品を観たのは2011年4月でしたが・・・言葉では言い表せないような思いがこみ上げました。


こまつ座第135回公演 「日本人のへそ」
作: 井上ひさし
演出: 栗山民也
音楽: 宇野誠一郎   振付: 新海絵理子
美術: 妹尾河童   衣装: 前田文子
出演: 井上芳雄  小池栄子  朝海ひかる  久保酎吉  
土屋佑壱  前田一世  藤谷理子  木戸大聖  安福毅  
岩男海史  山﨑薫  大内唯  山西惇
ピアノ: 朴勝哲

2021年4月4日(日) 1:00pm 新歌舞伎座 1階4列センター
(上演時間: 3時間/休憩 15分)



二幕構成で、第一幕は吃音症の患者たちが、教授(山西惇)の指導のもと、治療法として音楽劇を上演するという設定。岩手の田舎で育った少女が集団就職で上京し、クリーニング店をはじめ職を転々とした後、浅草でストリッパー・ヘレン天津(小池栄子)となり、紆余曲折を経て代議士の愛人になるまでを描きます。
第二幕はこの劇を上演していた代議士の邸宅で殺人事件が起こり、その謎解きのミステリー仕立てからオドロキのどんでん返しが・・・。


10年前に観た舞台(こちら)でヘレン天津を演じた笹本玲奈ちゃんの全裸シーンは鮮烈に覚えているのに、最後のどんでん返しに次ぐどんでん返しを完璧に忘れていて、「どうなってるの?私の海馬?!」というのがまずは第一の感想(それか(^^ゞ)

とはいうものの、
むかしある所にカタナ国がありました そこの王様アイウエ王は王子を残して亡くなりました
そこで腹黒カキクケ公は王位に就こうと企みました ところが名僧サシスセ僧が・・・
という冒頭の役者さんたちの合唱(吃音者のための発声練習になっている)や、ヘレン天津が列車に乗って上京する場面で、教授の山西惇さんが遠野から上野まで、東北本線の駅名を順々に唱えていく長台詞は「あー、これこれ」と思いましたので、やはり“耳”に残る記憶は特別なものがあるのねと思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2021年05月03日

四月大歌舞伎 第三部 「桜姫東文章」


sakurahime202104.jpg

清玄と釣鐘権助を片岡仁左衛門さん、白菊丸と桜姫を坂東玉三郎さんが演じての共演は昭和60年(1985)以来36年ぶりだとか。
こちらのポスターは昭和57年(1982)2月南座公演のために撮影された写真をもとに復刻版として制作されたもの。もちろんその公演は観ていませんが、今では伝説となったこの写真はずいぶん前にネット上で見たことがあって「ほぇ~っ」となったことを覚えています。

まさか、その、仁左玉の、桜姫を、この目で、観られる日が、来ようとは!


四月大歌舞伎 第三部
「桜姫東文章 上の巻」

作: 四世鶴屋南北
補綴: 郡司正勝
出演: 片岡仁左衛門  中村鴈治郎  中村錦之助  中村福之助  
片岡千之助  片岡松之助  上村吉弥  中村歌六  坂東玉三郎 ほか

2021年4月22日(木) 5:45pm 歌舞伎座 1階3列センター
(上演時間: 2時間14分/幕間 15分)



物語: 長谷寺の僧・清玄(仁左衛門)は、稚児の白菊丸(玉三郎)と道ならぬ恋の果て心中をしたものの自分だけが命を取りとめます。それから17年。高僧となった清玄阿闍梨は、満開の桜の下、清玄は17歳の吉田家息女 桜姫(玉三郎)と出会います。生まれつき開かない桜姫の左手が清玄の十念によって開くと、香箱の蓋がぽろりと落ちました。これは17年前、白菊丸が入水の折に左手に握りしめていた清玄の名が記された香箱の蓋でした。
御家没落のため出家を心に決めている桜姫は、1年前強盗に入った釣鐘権助(仁左衛門)に犯されましたが、彼を忘れられず、その子どもまで生んでいました。その釣鐘権助と運命の糸に操られるように再会した桜姫は自ら彼に身を委ね、その密会が明るみに出ると、香箱の蓋の名前から清玄が不義の相手という濡れ衣を着せられることに・・・。


「桜姫東文章」という作品自体は、それをモチーフとしたものを含めて何本か観ましたが、一番印象に残っているのはシアター・コクーンで観た「桜姫 現代劇ver. 清玄阿闍梨改始於南米版」(2019年)。
何てったって、勘三郎さんが演じた「権助」はチンピラみたいな派手なシャツ着た「ゴンザレス」だったのよ。あの時、開演前、舞台上に自分のバッグを落とすという事件もあったなぁ(^^ゞ


続きがあります
posted by スキップ at 23:34| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

四月大歌舞伎 第一部


kabukiza202104.jpg

まずは仁左玉の「桜姫東文章」ありきで、「何?一部は高麗屋さんの勧進帳ですって?!観るー!」となり、「二部はま、いっか」(コラッ!)となって、「ん?一部と三部の間に東宝で星組のロミジュリ観られるやん」で、モリモリとなった7ヵ月ぶりの東京遠征。
久しぶりの歌舞伎座、堪能いたしました。


四月大歌舞伎 第一部
2021年4月22日(木) 11:00am 歌舞伎座 1階2列センター


一、猿翁十種の内 小鍛冶
作: 木村富子
出演: 市川猿之助  市川中車  中村壱太郎  市川笑三郎  
市川笑也  市川猿三郎  市川猿弥  市川左團次
(上演時間: 48分)



名刀「小狐丸」誕生の奇譚を描く舞踊劇。
能の「小鍛冶」を題材に初世猿翁さんが初演された「猿翁十種」のひとつということですが、今回初見でした。
国立文楽劇場の4月文楽公演でもかかっていましたが観に行けず(千穐楽チケット取っていたのに中止になった💦)。


当代随一の刀匠 三條小鍛冶宗近(中車)のもとへ、帝からの勅使 橘道成(左團次)が訪れ、御剣を献上するように命じます。宗近は、神仏のご加護を得ようと氏神の稲荷明神に祈りを捧げるところへ、忽然と童子(猿之助)が現れ、宗近を励まし、自らが剣の相槌を務めると約束して山に消えていきました。
宗近がいよいよ鍛冶場に入り刀を打つ準備を始めると、狐の姿をした稲荷明神の御神体が現れます。「相槌を務める」と約束した童子は実はご神体の仮の姿だったのでした・・・。

猿之助さんの童子実は稲荷明神、中車さんの宗近、左團次さんの道成、壱太郎さんの巫女、笑三郎さん、笑也さん、猿弥さん、猿三郎さんの弟子、後見には寿猿さん、猿四郎さん、左升さんと澤瀉屋さん勢揃い+高島屋さん、成駒屋さんという布陣。
24年ぶりの上演で猿之助さん、中車さんともに今回が初役だそうです。


続きがあります
posted by スキップ at 17:02| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2021年05月01日

まぁ様トート降臨 「エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート '16 宙組 ver.」


elisagala2021.jpg

1996年に宝塚歌劇団雪組が日本初演した「エリザベート」。
その25周年を記念したガラ・コンサート。

アニヴァーサリーバージョン:
  歴代出演者が共演する「25周年バージョン」
  上演当時のメンバーを中心に織りなす「花・月・雪・星・宙バージョン」
  夢の競演「スペシャルバージョン」
フルコスチュームバージョン: 「'14 花組 ver.」「'16 宙組 ver.」

という展開です。
公式サイトはこちら


梅田芸術劇場の「アニヴァーサリー25周年バージョン」が観たかった(姿月あさとさんのトート大好きだし、安蘭けいさんの少年ルドルフが観られるなんて)のですが、チケット取れず(涙)。フツーにチケット買えて平和だった2016年や2012年のガラ・コンサートが懐かしいわ(遠い目)。


2016年 ガラ・コンサート モニュメントバージョン
2016年 ガラ・コンサート フルコスチュームバージョン
2012年 ガラ・コンサート ドリームバージョン


東京の2公演をライブビューイングで、と思っていたのにそのLVさえも中止になり(大阪は映画館休業しているので)、ホームシアターで鑑賞となりました。

フルコスチュームバージョンは「'16 宙組 ver.」をチョイス。
現役時代に観た時に、明日海トートより朝夏トートの方が好みだったことと、蘭乃・花乃・実咲のシシィならそりゃダントツ実咲凛音でしょう、という理由です。


「エリザベート TAKARAZUKA25周年 スペシャル・ガラ・コンサート 
'16 宙組 ver.」

脚本・歌詞: ミヒャエル・クンツェ
音楽:    シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション: ウィーン劇場教会
構成・演出・訳詞: 小池修一郎
演出: 小柳奈穂子
音楽監督: 𠮷田優子   編曲: 甲斐正人
指揮: 西野淳
出演: 朝夏まなと  実咲凜音  北翔海莉  望海風斗  蒼羽りく  
純矢ちとせ  悠真倫  芽吹幸奈  矢吹世奈  大月さゆ ほか

2021年5月1日(土) 12:00pm 配信視聴
(配信時間: 2時間50分/休憩 25分)



衣装をつけ、メイクもして物語の最初から最後まで展開する形式は前回と同じ。
いくつかの場面や台詞、群舞など割愛されている部分もありますが、ほぼ本編を丸々観ているような感覚で、何とも贅沢です。


続きがあります
posted by スキップ at 21:41| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年04月29日

永遠に観続けられる 星組 「ロミオとジュリエット」


romeo&juliettetokyo.jpg

4月22日 東京宝塚劇場での観劇をもって私の「ロミオとジュリエット」ナマ観劇は幕となりました。
最後に最前列センターで、フィナーレではスターさんたちの目線もたくさんいただいて、この上なく幸せでした。
あとは5月23日 千秋楽のライブ中継を残すのみ。今は緊急事態宣言下で休演中ですが、5月12日にはどうか無事に再開できますように。満員の観客の前で千秋楽の幕が開くことを心から祈っています。

・・・と書いていたら、5月2日(日)と5月9日(日) 2回の無観客ライブ配信が発表されました。
無観客で演じる生徒さんたちの気持ちを思うと切ないけれど、今私にできる応援はこれしかないので、もちろん!両方!観るわよ!!


宝塚歌劇 星組公演
三井住友VISAカード ミュージカル 「ロミオとジュリエット」
Roméo & Juliette
Le spectacle musical de GÉRARD PRESGURVIC
D’après l’œuvre de WILLIAM SHAKESPEARE
原作:ウィリアム・シェイクスピア
作: ジェラール・プレスギュルヴィック
潤色・演出: 小池修一郎   演出: 稲葉太地
以下、出演者、スタッフは前回アップしたものと同じ。

2021年3月18日(木) 3:30pm(B) 宝塚大劇場 1階13列上手/
3月25日(木) 11:00am(B) 2階3列下手/3:30pm(B) 1階4列センター
3月28日(土) 3:30pm(A) 1階9列上手/
3月29日(月) 1:00pm(A) 2階9列上手/
4月22日(木) 1:30pm(B) 東京宝塚劇場  1階2列センター
(上演時間: 3時間5分/休憩 35分)



宝塚の初日千秋楽含めて2月に4回、3月に5回、4月に1回 計10回観ました。
A日程5回、B日程5回と、特に意図したわけではありませんがバランスよく拝見。
時間とチケットがあるならまだまだ何回でも観たい、というか、永遠に観続けることができます。


すべてはここから始まった 星組「ロミオとジュリエット」
初日x2 千秋楽x2 コンプリート 星組 「ロミオとジュリエット」


観るたびに新鮮な発見も感動もあって、挙げていけばキリがないくらい書くことはたくさんあるのですが(^^ゞ キャストごとにまとめて、場面の感想も交じえつつ書いていきたいと思います(とてつもなく長いです)。


ロミオ: 礼真琴
名曲に彩られた「ロミオとジュリエット」ですが、中でも「エメ」と「僕は怖い」は、ワタシ、2010年に日本初演を観てからずーっと柚希礼音さんの声で聴くのがイチバンでした。
宝塚歌劇でもこの後、音月桂さん、龍真咲さん、明日海りおさんと錚々たるメンバーがロミオ役でこれらの楽曲を歌ってきましたし(礼真琴さんの2013年新人公演も観た)、外部の城田優さん、山崎育三郎さん、古川雄大さんでも観ましたが、「エメ」と「僕は怖い」はいつも柚希さんの声で脳内変換されてきました。
ところが今回、礼真琴さんの歌声が初めてそれを塗り替えてくれた・・・もちろん、2010年梅芸の初演のあの「ロミオとジュリエット」は今でも私の中で別格の宝物であることに変わりありませんが、今回、「礼真琴(と舞空瞳)のエメ」「礼真琴の僕が怖い」として聴くことができました。これは私にとって画期的なことでした。それくらい礼真琴さんの“ロミオの”歌唱はすばらしかったです。「僕は怖い」(リプライズ)なんて一生聴いていられるくらい好き。


続きがあります
posted by スキップ at 22:07| Comment(2) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年04月28日

祝20周年 東京宝塚劇場


tokyotakarazukatheater1.jpeg

2001年1月1日にリニューアルオープンした東京宝塚劇場は今年20周年。
おめでとうございます
1934年1月1日開場の旧・東京宝塚劇場から数えると87年なのだとか。

宝塚歌劇は原則宝塚大劇場で観る私は、こちらの劇場は柚希礼音さんトップ時代に何度か観劇したことがあるくらいで、ラストは2015年5月10日。
柚希さんラストデイをお見送りした1/12,000人としてでした。


tokyotakarazukatheater9.jpeg


特設サイト(こちら)にもこの劇場がオープンした2001年以来すべての公演ポスターが掲載されていますが、劇場ロビーでは公演している組ごとに展示されて、今は星組。
稔幸さんトップ時代の2001年「ベルサイユのばら」(柚希さんが新人公演でアンドレを演じた公演)から現在公演中の「ロミオとジュリエット」まで、いや~、これはテンションあがりました。
休憩時間ほぼずっとこの前に張り付いて、劇場ロビーで照明の加減や人が多くてうまく撮れないのにもかかわらず、写真撮りまくりです。


tokyotakarazukatheater3.jpeg

柚希礼音さん(左上)と礼真琴さん(右中)のロミオが並んでいるなんて、
胸熱ではありませんか。




tokyotakarazukatheater4.jpegtokyotakarazukatheater5.jpegtokyotakarazukatheater6.jpeg

2009年「太王四神記Ⅱ」(左の一番下)から
2015年「黒豹の如く/Dear Diamond!!」(右の一番上)まで
柚希さんトップ時代はどの公演も本当にたくさんの思い出があります。



tokyotakarazukatheater7.jpeg tokyotakarazukatheater8.jpeg

ここからはことちゃんの時代へ。
礼真琴さんはまだ東京宝塚劇場では2公演(「眩耀の谷/Ray」「ロミオとジュリエット」)しか出演していませんが(そして今休演中)、これからこの星組の、宝塚の歴史にたくさんのすばらしい公演を加えていただけることを信じています。




もう少し時間をかけてゆっくり見たかったよぅ のごくらく地獄度 (total 2239 vs 2242 )


posted by スキップ at 18:21| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年04月26日

二代目フューシャ号見参


bicycle2021.jpeg

それまで持っていなかった「自分の」自転車をやむにやまれぬ事情で買ったのが2017年の7月(こちら)。

あれから早や4年。
フューシャ号と名づけた自転車は大活躍してくれて、特に昨年の Stay Home 期間中は徒歩で行けないところはどこへ行くにもほぼ自転車という感じで、結構遠くまでいろんなところへ行きました。

今年に入って、後輪が空気を入れてもすぐ抜けてしまうという状態になって、ついには空気入れて出発して近所のスーパーに着くまで(5分くらい)の間に抜けてしまう事態に。
愛着あるフューシャ号だけに修理できるものならしたいけれど、何せ10,800円の格安で突発的に買った自転車なのでそろそろ寿命かなとも思います。

ということで、少し遠いけれど以前出先で空気が抜けて困った時に親切にしてくれたおじさんの自転車屋さんに行ってみたところ・・・経営者が変わってた💦
若いご主人になっていましたが、やはり親切に見てくださいました。
結局買い替えることにして、今度は白か黒のシンプルなものに、と思っていたにもかかわらず、この赤に目が吸い寄せられて即決。
画像ではわかりにくいですが、他の赤より一段深く濃い赤と車輪部分の漆黒とのコントラストがひと目で気に入りまして。

前かごはこの新車についていて、後ろかごだけ前の自転車から移し替えていただこうとしたところ、あんまりボロボロだったので(前の自転車のその前の家人の自転車についていたかご)「これサービスします」と新しいかごをつけてくださいました。
だから前も後ろもかごは新品よ(笑)。

という訳で二代目フューシャ号であります。

もうフューシャピンクではないのでフューシャ号という名前はそぐわないかもしれませんが、よく働いてくれた1号にも経緯を表して、二代目フューシャ号襲名いたしました。



はー、このGWはまたこのフューシャ号で近所を行き来するのだわ のごくらく地獄度 (total 2238 vs 2241 )

posted by スキップ at 22:14| Comment(0) | shopping | 更新情報をチェックする

2021年04月25日

”今”に息づく 「藪原検校」


yabuharakengyo2021.jpg

1973年に初演された井上ひさしさんの初期の代表作のひとつ。
2007年 古田新太さん(蜷川幸雄さん演出)、2012年 野村萬斎さん(栗山民也さん演出)と観てきて、今回が3度目の観劇です。

「藪原検校を市川猿之助主演で」と聞いた時、あ~、もうぴったりなんじゃない?と思いました。
演出は今や猿之助さんの盟友のひとり 杉原邦生さん。


劇場20周年記念プレ公演 京都芸術劇場 春秋座 芸術監督プログラム
PARCO PRODUCE 2021 「藪原検校」
作: 井上ひさし
演出: 杉原邦生
音楽・演奏: 益田トッシュ
美術: 田中敏恵   照明: 原田保   衣装: 西原梨恵
振付・ステージング: 尾上菊之丞
出演: 市川猿之助  三宅 健  松雪泰子  髙橋 洋  佐藤 誓  
宮地雅子  松永玲子  立花香織  みのすけ   川平慈英

2021年3月21日(日) 1:00pm 春秋座 1階9列上手
(上演時間:3時間15分/休憩 20分)



江戸時代、東北の貧しい生まれの座頭・杉の市が悪事を重ね、金を積んで成り上がりながら、盲人の最高位である検校の地位につく直前にすべてが露見して破滅するというピカレスク譚。

PARCO劇場のある渋谷の路地裏を思わせるような、一面にスプレーで描いた落書きがある壁で囲まれた空間。
張り巡らされた黄色に黒文字で”KEEP OUT”と書かれたポリスラインテープ。
ギター片手に登場したミュージシャン(益田トッシュ)が奏でる音楽はエレクトリックポップ。

・・・何度も上演されてきた作品を新しい演出家がやる時、 “今”を採り入れるってわりとよくある手法だよなぁと思って観ていたのですが、ああ、この黄色いテープは、これまで観た2作にも出てきた、井上ひさしさんの戯曲に記述されているという、盲目の世界を囲むロープなのね!と思い至りました。
そういえば、「薄汚れた戸板に囲まれた空間」もそうだったなぁ、と。

物語の途中はそれらに気をとめることもなかったのですが、あの三段斬りのラストとともに聞こえてきた都会の雑踏の音にまたふと渋谷の路地裏が蘇り、演出の杉原邦生さんの確信犯ぶりにヤラレタ思いでした。
井上ひさしさんが40歳の時に書いたエネルギー溢れる問いかけを、38歳の杉原邦生きんが切れ味鋭く“今”に受け継いだ演出。

杉原さんの手腕の鮮やかさとともに、改めて感じ入ったのは井上戯曲の普遍性。
差別を糧として社会の底辺からのし上がった者が最後には民衆の見世物として処罰される残酷さ。
差別する側、される側、その構造も複雑になり形を変えてはいても、時代を超えてなお、差別がなくなることはないし、差別される側の情念や怒りの炎もくすぶり続けていると言われているようでした。


続きがあります
posted by スキップ at 16:29| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする