2021年07月23日

轟け 轟け 我が心 星組 「婆娑羅の玄孫」


basaranoyashago.jpg

星組別箱3作目は専科の轟悠さん主演作にして最後の作品。
何となく、轟さんはずっと宝塚にいらっしゃるように思っていて、今年10月での退団が発表された時はとても驚きました。
この後、ディナーショーもありますが、私がナマ轟悠さんを観るのはこれが最後です。


宝塚歌劇 星組公演
戯作 「婆娑羅の玄孫」
作・演出: 植田紳爾
作曲・編曲: 𠮷田優子
振付: 山村友五郎  花柳壽輔
殺陣: 清家三彦   衣装: 河底美由紀  
出演: 轟 悠  汝鳥 伶/美稀千種  音波みのり  夢妃杏瑠  
ひろ香祐  紫 りら  天華えま  天希ほまれ  小桜ほのか  
極美 慎  咲城けい  瑠璃花夏  紘希柚葉  稀惺かずと ほか

2021年7月10日(土) 12:00pm シアター・ドラマシティ 15列上手
(上演時間: 2時間35分/休憩 30分)



物語の舞台は江戸の下町。
なめくじ長屋で子供たちに学問や剣術、さらには歌道や茶道を教えるよろず指南所を営む細石蔵之介(轟悠)は、正義感に溢れ腕も立ち、横暴な振る舞いをする旗本に一矢報いるなど長屋の人気者で、人々から「石先生」「石さん」と慕われ敬われていました。実は蔵之介は室町幕府設立の立役者であり、婆娑羅大名と呼ばれた佐々木道誉の子孫で、佐々木家当主の次男として生まれましたが、母の身分が低いため家名を名乗ることを許されずにいたのでした・・・。

轟悠さん退団公演のために植田紳爾先生が書き下ろした渾身の力作。
何てったって、主題歌が「轟く我が心」で、歌詞も ♪轟け 轟け 我が心 この命燃やし尽くすまで ですよ。
サヨナラ公演の香りに満ち満ちていながらも痛快娯楽時代劇といった趣き。
二幕構成で、一幕は長崎からやって来た清国人姉弟(小桜ほのか・稀惺かずと)の敵討ちを蔵之介が手助けして見事成就する物語、二幕は佐々木家の嫡男が急死し、お家断絶の危機を救うため国元に戻るよう請われた蔵之介が、悩んだ末にこれを了承し、住み慣れた江戸を離れて国元へ旅立つまでを描いています。

時代劇ドラマ二話分という感じでしょうか。

江戸の下町に暮らす市井の人々がイキイキと活写され、派手な立ち回りもあれば、勇壮でキレのいい鳶頭や艶っぽい芸妓さんたちの舞が楽しい神田祭、星空の下、七夕の情緒あふれる星祭り、満開の桜のお茶会では元禄花見踊りふうの群舞もあって、日本物レビューのような華やかなシーンがたくさん。
蔵之介の台詞の端々に轟さん自身の思い、後輩たちへの思いが重なり、明るく笑いを散りばめつつ最後はしんみり泣かせるストーリー展開はさすが植田先生お見事です。
幕前のお芝居がやたら多いのも「あー、植田先生だなぁ」と思いましたが💦


続きがあります
posted by スキップ at 23:29| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年07月21日

SNSのお陰で準備万端


今週金曜日(7/23)に2回目のコロナワクチン接種を控えている不肖スキップ。
1回目の接種後は、腕が痛かった以外はこれといった副反応もなく過ごせました(夜とても眠くなりましたが、まぁ、眠いのはいつものことなので)、が、2回目は発熱はじめ副反応がひどいらしいことを聞いていささか不安になる・・・。


発熱って・・・。


たとえワクチンの副反応としても、熱があったら劇場には入れないじゃん(←そこか)


もともと1回目の接種を、接種券が届いてから直近で、週末予定のない金曜日を選んで予約をしたのですが、1回目接種時点で2回目の日程が自動的に決まり、この週末は土日ともに観劇予定を入れてしまっていたのです。
大事をとって土曜日の観劇はキャンセルしたのですが、日曜日の方は何としても行きたいところ。

普段解熱剤や鎮痛剤の類を一切飲まないので、家に買い置きがない・・・買っておいた方がいいかなと少し調べたところ、「タイレノール」とか軒並み売り切れているではありませんか💦
まぁ別にバファリンでもいいんだけど、と思いつつtwitterでつぶやいたところ、twitterやLINEで各方面よりいろいろアドバイスをいただきまして、その中に「私は通院でためたカロナールがあるから安心」とあって、「ん?待てよ。そういえば2年位前にインフルエンザにかかった時処方してもらった解熱剤があったはず」と my 救急箱を調べたら、ありました!


calonal.jpeg

「とんぷく薬」という薬袋にカロナール錠200㎎
いや~ん ウチにもあったじゃない、解熱剤

使用期限も問題なくて、これでひと安心。



さらには、「接種前後に経口補水液が効果的」みたいなことも教えていただいて、それも買っておかねば、と思っていたところ、別のグルメなお友だちがInstagramのストーリーに「これおいしー 経口補水液とは思えない」とタイミングよくアップされていて、早速自宅近くの調剤薬局に出向いて購入。

aquasolida.jpeg

アクアソリタ

経口補水液って苦手なのですが(ポカリスエットやアクエリアスも苦手)、これは飲んでみたら本当においしくて、ゴクゴクイケちゃう。
いいもの教えていただきました。



という訳でSNSのお陰で準備万端(なのか?)となりました。
エンタメばかりではなく、生きていく上で必要なこと、SNSで知ること教えられることが多くてとても助かっているなぁと改めて実感。

アドバイスいただいた皆さま、励ましてくださった皆さま、本当にありがとうございました。




とは言うものの、副反応はないに越したことはない・・・というかそもそもワクチンなんて打たなくてもいい世界に戻りたい の地獄度 (total 2275 vs 2277 )


posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする

2021年07月19日

たとえその先が破滅でも 星組 「マノン」


manon.jpg

星組別箱2作品目は愛月ひかるさん主演によるバウホール公演。
フランスの作家アベ・プレヴォ―の「マノン・レスコー」をもとに、物語の舞台を19世紀スペインに移してミュージカル化した作品で、2001年に瀬奈じゅんさん主演の花組で上演されて以来、20年ぶりの再演です。


宝塚歌劇 星組公演
ミュージカル・ロマン 「マノン」
原作: アベ・プレヴォー
脚本・演出: 中村暁
作曲・編曲: 西村耕次  鞍富真一  青木朝子
振付: 羽山紀代美  若央りさ
装置: 大橋泰弘   衣装監修: 任田幾英   衣装: 薄井香菜
出演: 愛月ひかる  有沙瞳  白妙なつ  大輝真琴  紫月音寧  漣レイラ  
朝水りょう  桃堂純  綺城ひか理遥斗勇帆  天飛華音  水乃ゆり ほか

2021年7月8日(木) 3:00pm 宝塚バウホール 6列下手
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



物語: セビリヤの名門貴族の青年ロドリゴ(愛月ひかる)は、旅先でマノン(有沙瞳)と出会い恋に堕ち、約束された将来を捨て駆け落ちしますが、自由奔放で享楽的な生活を求めるマノンは、お金のために平然とロドリゴを裏切るような行為をします。それでも一途にマノンを愛し続けるロドリゴは、親からは勘当され、賭博に手を染め、親友を裏切り、破滅への道を突き進んで行くのでした・・・。


初見でした。
同じ原作をもとにした作品に「舞音」(2015年月組/植田景子演出 龍真咲・愛希れいか主演)がありましたが、こちらの「マノン」の方が原作により忠実な印象です。

ひと目で恋に落ちたマノンを一途に愛し抜く、というロドリゴですが、生き方の不器用さと世間知らずぶりが際立ちます。
出会ってすぐ、マノンの言うがままにマドリードへ出奔するってどーなん?
当時のスペインの身分制度に詳しくないのですが、マノンを家に連れて行ってきちんと紹介しても結婚は許してもらえないような身分の違いがあるのかな?(宝塚の衣装は豪華なのでマノンだってそれなりにいい家の令嬢に見えるけれども)。
とりあえず、親に当たって砕けてみて、ダメだったら・・・とは考えられないくらい”恋は盲目”だったのかとも思える、驚く親友のミゲル(綺城ひか理)を振り切ってマノンと行くロドリゴの笑顔の屈託のなさよ。

マドリードの暮らしでも、貴族の御曹司でそれまで働くことなんて考えなくていいご身分だったとはいえ、覚悟してそれを捨てたのだから、生きていくためには働くことが必須なのに・・・いくらレスコーにそそのかされたとはいえ、生きていくための糧を稼ぐ手段が賭博って何よ?とツッコミたくもなります。

ミゲルが「あの時 マノンにさえ出会わなければ」「マノンと行くのを止めてさえいれば」と後悔する台詞はとても切ない。
将来を約束されていた、自他ともに認めるエリート青年がたった一人の女のために、破滅へと転落していく人生。


続きがあります
posted by スキップ at 23:46| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年07月17日

すべてことちゃんの声が塗り替えてくれた 星組 「VERDAD!!」


verdad.jpg

この公演の情報が公開された時、「観たいのは山々だけど、ショーだけを観に舞浜くんだりまで行ってられない」と、同時期に星組別箱公演2作品が関西で上演されることもあって、きっと配信もあるだろうしと観に行くつもりはありませんでした。

ところが、7月2日に初日が開いて、ご覧になった皆さまのレポやセットリストを見て、「これは観ておかないと絶対後悔するやつでは?」となりまして、「やっぱ行こう」と決心したのが7月4日。その時点で行ける日は7月9日のみ(しかも仕事休んで(^^ゞ)。
まずはチケットを探し、行けるとなったらアクセス調べて新幹線手配完了したのが7月6日というバタバタぶりでした。

が、そうまでしても観に行って本当によかった。
この舞台を見逃さないでよかったと、心から思いました。


宝塚歌劇 星組公演
REY’S Special Show Time 「VERDAD!!」—真実の音—
作・演出: 藤井大介
作曲・編曲: 𠮷田優子  青木朝子  手島恭子
振付: 羽山紀代美  平澤智  SHUN  ASUKA  百花沙里  珠洲春希
装置: 新宮有紀   衣装: 加藤真美   映像: 桜葉銀次郎
出演: 礼真琴  舞空瞳  天寿光希  瀬央ゆりあ  音咲いつき  
夕渚りょう  湊璃飛  天路そら  蒼舞咲歩二條華  希沙薫  
碧海さりお  彩園ひな  紅咲梨乃  奏碧タケル  都優奈  
鳳真斗愛  侑蘭粋  星咲希  碧音斗和  綾音美蘭

2021年7月9日(金) 11:00am 舞浜アンフィシアター Bブロック7列/
3:30pm Lブロック15列/7月10日(土) 3:30pm 配信視聴
(上演時間: 2時間35分/休憩30分)



“VERDAD”(ヴェルダッド)とはスペイン語で“真実”を表す言葉。
REY’S Special Show Timeの“REY”は礼真琴の礼であるとともに、王という意味もあって、魂のこもった“真実”の歌・踊り・演技を追求し続け、常に前へと進んでいく礼真琴の魅力を詰め込んだ“REY(王)”のスペシャルショーということ。

二幕構成で、一幕では星組のこれまでのショー作品から名曲を散りばめたザ・タカラヅカなショー、二幕はポップスやロック、ディズニーやミュージカルナンバーとバラエティ豊かで盛だくさんのショーとなっていました。


何はともあれ、礼真琴のショースターぶりが際立った公演でした。

歌もダンスも抜群に上手いのは周知のことですが、キレッキレに踊りながら歌って声も音程もリズムも全くブレることなく、表現力豊かな歌唱、あふれる声量に加えて、曲ごとに声そのものがあんなに変わるなんて。
二幕の「The Phantom of the Opera」のファントムで低音響かせた直後に、続けてWickedの「Defying Gravity(自由を求めて)」を多分原曲キーの女性ヴォイスで歌うのを聴いた時は震えました。「え?ことちゃん、声帯いくつ持ってるの?」という感じ。

「ロミオとジュリエット」の感想でも書いたのですが、「エメ」や「僕は怖い」は私にとって柚希礼音さんの声でインプットされているように、好きな曲は初めて聴いた人や強く印象に残った人の声で脳内再生されます。
「セ・マニフィーク」や「セ・シャルマン」は鳳蘭さん、「アマール・アマール」は安奈淳さん、「ひとかけらの勇気」は安蘭けいさん、といった具合。
今回、それらの曲すべてを、礼真琴さんが、礼真琴さんの声で塗り替えてくれました。

それは宝塚の楽曲だけにとどまらず、二部で歌われた数々のナンバーも同様です。
「Let it Go(ありのままに)」なんてずっと松たか子さんの声だったし、「僕こそミュージック」はアッキーか芳雄くんの声だったのに・・・今は私の中ではことちゃんの声で再生されます。
本当にすばらしいというか、凄まじいほどの歌唱力。そして心地よい声。


続きがあります
posted by スキップ at 16:02| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2021年07月16日

創作精進料理 @観心寺KU-RI


kuri1.jpeg

観心寺を訪れたもう一つの目的はこちら。

月・火・水 ランチのみの営業で1日限定20食 完全予約制。
毎月1日に2ヵ月先の予約を電話で受け付けるというハードルの高さです。

お料理がおいしかったのはもちろん、約400年前の江戸時代初期に建てられた建物がほぼそのまま残っているという室内は、どこを切り取ってもとても素敵な空間でした。


観心寺 創作精進料理「KU-RI」
大阪府河内長野市寺元475
tel: 050-3746-8600


kuri2.jpeg

観心寺の山門より少し手前に入口があります。
元は、観心寺の子院 槙本院の台所として建てられたものだそうです。



kuri3.jpeg

kuri4.jpeg

建物に入るとまず目に飛び込んでくるめちゃカッコいい楠木正成公の肖像


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

観心寺で「桜嵐記」に思いを馳せる


kanshinji1.jpeg


宝塚歌劇月組公演「桜嵐記」を巡っては、訪ねてみたい場所がいくつかあるのですが、まずはこちらへ。
楠木家の菩提寺です。


観心寺
大阪府河内長野市寺元475
tel: :0721-62-2134


こちらのお寺はずいぶん前(多分高校生か大学生ぐらいの時かなぁ)に父に連れられて訪れたことがありますが、秋で紅葉が綺麗だったことと、山門前の茶店のわらびもちがとてもおいしかったことだけしか覚えていないという体たらくです。

楠木家の菩提寺であることは元より、南朝や楠木正成公、後醍醐天皇、後村上天皇のことも全く眼中になく、「昔はものを思はざりけり」をまた発動しております。



kanshinji2.jpeg

山門を入る前、駐車場のところに凛と立つ楠木正成公像



kanshinji3.jpeg

山門



kanshinji4.jpeg

山門を入ってすぐ右手にある後村上天皇御旧跡(旧惣持院跡)


続きがあります
posted by スキップ at 23:21| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2021年07月11日

ミッキーとランチ @シェフ・ミッキー


chefmickey1.jpeg

舞浜でのランチはせっかく夢の国(の入口)にいるのだからそれっぽいところで、とディズニーリゾートのホテル内レストランでと考えました。
マメに調べるタイプの人間ではないし、そんな時間もありませんでしたが、ディズニーランドのレストラン予約って一括検索できるのね、便利!(そこからw)

という訳でマチソワの間のランチはこちらへ。


シェフ・ミッキー
ディズニーアンバサダーホテル
千葉県浦安市舞浜2-11
te; 047-305-1111


都合のいい時間に予約可能なレストランがここだけだったのですが、後で調べたらなかなか予約が取り難いレストランなのだとか。
まぁ、ディズニーにほぼ興味ないと言っていい私でさえ「ミッキーと写真撮れるレストランだ!」と知っているくらいですからね。
こんな時期だからか、ランチタイムを少しずれた時間のせいか、たまたまキャンセル出たのか、はたまたビギナーズラックだったのか。

小さなお子様連れのファミリーやいかにもディズニーフリークらしき耳つけたお嬢さんたちのグループやカップルばかりの中、「VERDAD!!」の公演Tシャツ着て一人テーブルに座る不肖スキップの場違い感はなはだしく。


続きがあります
posted by スキップ at 22:16| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2021年07月10日

舞浜直行直帰


ambassadorhotel.jpeg

昨日は舞浜アンフィシアターへ宝塚歌劇星組「VERDAD!!」を観に行きました。
当初、この公演は観る予定はなかったのですが、7月2日に初日が開いていろいろな方のレポを読んでいるうちに「これは観ておかないと絶対後悔するやつ」となりまして、それからチケット探し始めたので、マチソワ2枚のチケットを手に入れ、乗り継ぎを調べ、新幹線を手配し終えたのが4日前という慌ただしさでした。


大体「舞浜」って・・・。

まだディズニーシーがなかったころ、東京ディズニーランドに一度だけ行ったことがあるのですが、どうやっていったかも忘れてしまったくらい大昔のことっていうくらい、ディズニーランドには興味もご縁もない不肖スキップ。
学生時代、カリフォルニアでホームステイしていたころはディズニーランドが大好きで、アナハイムに何度も行ったことを思うと、人って変わるのね、と我がことながら感慨深いです。


という感慨はさておき、今回も新幹線は結構やきもきさせてくれました。

今週、大雨で熱海はじめ各地で大変な被害が出て、新幹線も運休してしまったり、一抹の不安を抱えていたのですが、昨日朝の大阪はスカッと晴れて、「そうよ、私は晴れ女なのよ」と自信を取り戻しつつ新幹線に乗車しました。
ところが、掛川あたりまで来たところで急に列車が止まり、「昨日の大雨の影響で熱海駅付近で安全確認のため運転を見合わせます」とアナウンスが。
舞浜までの乗り継ぎと駅から劇場までのアクセス調べて、ぴったりの時間の新幹線を選んでいるので、少しでも遅れたらアウトなのですが、全く動く気配はなくて「詰んだー」と覚悟しました。
この電車に乗れればギリギリ開演に間に合う、という京葉線の時刻を調べて、他にアクセスないかと思案しているところで動き始めました。
すごく長く感じましたが15分くらいだったでしょうか。
その後も静岡でまた停まったり、ノロノロ運転になったりして、東京駅には予定の25分遅れで到着。

ここから京葉線ホームまで猛ダッシュ(聞きしに勝る遠さでした💦)。
標準乗り換え時間15分のところ、10時10分に東京駅について、10時18分発の電車に乗れまして、10時31分 舞浜駅着。
11:00開演に楽々間に合いました。


そして帰りですよ。


続きがあります
posted by スキップ at 22:42| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする

2021年07月07日

忘れないためのレクイエム 「未練の幽霊と怪物」


mirenno.JPG

昨年全公演上演中止となって、そのクリエイションの一部を演奏付きのリーディング形式でオンライン配信されました。
その時のアフタートークで「この公演は延期しても必ず実現します」とおっしゃっていたとおり、今年上演されることになりました。

舞台中央に平面の白い舞台が切ってかり、そこから下手に向かって同じく白い橋掛かりができていて、「あぁ、そうだ。能の上演形式にのっとった舞台だった」と思い出しました。
昨年のクリエイションは、どちらも能で言う後ジテが登場する前の部分までの上映でしたが、今回はフル上演。
その後ジテがとんでもなくすばらしかったです。


未練の幽霊と怪物 -『挫波(ザハ)』『敦賀(つるが)』-
作・演出: 岡田利規
音楽監督・演奏: 内橋和久
舞台美術: 中山英之
出演: 森山未來  片桐はいり  栗原類  石橋静河  太田信吾/
七尾旅人(謡手)
演奏: 内橋和久  筒井響子  吉本裕美子

2021年7月4日(日) 2:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階F列(4列目)下手 (上演時間: 2時間5分/休憩 15分)



昨年のクリエイション配信の感想はこちら


「ついえた『夢』を幻視する、レクイエムとしての音楽劇」とフライヤーに書いてあるのを、今初めて気づきました。
音楽劇だったのか・・・。

この独特なタイトルの由来は、「社会とその歴史は、その犠牲者としての未練の幽霊と怪物を、ひっきりなしに生み出しています」(岡田利規さん)というところからかな。
それらを見ないことや忘れてしまうことはできるけれど、「直視しないこと忘却することに、抗うために、能という演劇形式が持つ構造を借りて上演します」ということです。


挫波:
東京五輪招致のため、2012年新国立競技場の国際コンペで選ばれたイラク出身の天才建築家 ザハ・ハディド。その圧倒的なデザインで脚光を浴びながら、後にその採用を白紙撤回され、それからほどなく没した彼女をシテとして描きます。
ワキ(観光客):太田信吾/シテ(日本の建築家):森山未來/アイ(近所の人):片桐はいり

敦賀: 
夢のエネルギー計画の期待を担い、1985年の着工以来一兆円を超す巨額の資金が投じられたものの、一度も正式稼動することなく、廃炉の道をたどる高速増殖炉もんじゅ。もんじゅを臨む敦賀の浜を訪れた旅行者が出会うのは・・・。
ワキ(旅行者):栗原類/シテ(波打ち際の女):石橋静河/アイ(近所の人):片桐はいり


「挫波」が先と思い込んでいて(昨年のクリエイション配信が「挫波」→「敦賀」の順だったので)、最初に登場した観光客が「栗原類くんそっくり。似た人を2人選んだのかな」と思っていたらホンモノの栗原類くんでした(笑)。

どちらも諸国遍歴する観光客や旅行者(ワキ)、亡霊(シテ)、里人(アイ=狂言方)という構成。
舞台奥に3人のミュージシャン(囃子方)が並び、上手に謡手の七尾旅人さん。
3人の真ん中が内橋和久さんなのかな。
様々な楽器を駆使して、聴いたことのないような哀愁を帯びた音色を響かせ、場面ごとに世界観の広がりを見せてくれました。
七尾旅人さんのヴォーカルは語りふうでもありラップになったり、即興的な雰囲気でした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:48| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする