2019年05月15日

数多の夢 瑠璃色の伝説となり 月組 「クルンテープ」


image1 (11).jpg

続いてショーです。
美園さくらさんを迎えた新しいトップコンビのお披露目と、美弥るりかさんのサヨナラ。
幸福感と寂しさとが場面場面を彩っていました。


宝塚歌劇 月組公演
レビュー・エキゾチカ  「クルンテープ 天使の都」
作・演出: 藤井大介
出演者は「夢現無双」(こちら)と同じ

2019年3月23日(土) 11:00am 宝塚大劇場 1階23列上手/
4月4日(木) 11:00am 1階19列下手/4月11日(木) 11:00am 1階5列センター
(上演時間: 55分)



「クルンテープ」はタイの首都。タイの人々は敬愛を込めてこの街を「天使の都」と呼ぶのだとか。そんなタイをテーマにしたエキゾチックレビュー。
開幕してから2曲も楽曲が差し替えられたり僧侶の衣装が変更されるなどえバタバタした感じでしたが、煌びやかで衣装も豪華で楽しいショーでした。

僧衣を纏った僧たちが登場して、少年デプチャイ(蘭世惠翔)がドラを鳴らしてショーがスタートするオープニングからエキゾチックムードたっぷり。
蘭世惠翔さん、折々に登場して目立っていました。少年っぽい雰囲気がよくお似合い。やはり明日海りおさんに面ざしが似ていますね。


プロローグでみんなが歌い継ぐ主題歌の歌詞が
「千の星に飛び交う 蝶のように」 (暁千星)
「満天の星が 月の城へと誘う」  (月城かなと)
といった具合に歌う人の名前が織り込まれているのですが、
美弥るりかさんが 
♪美しすぎた 幻のような 数多の夢 瑠璃色の伝説となり この地に眠る 
と歌った時にはウルウル。藤井大介、やってくれるゼ。

3/23に観た時、横通路から2列目の席だったのですが、プロローグの客席降りで目の前に来た綺麗な男役さんが近すぎて誰かわからず(笑)、少し離れて見て「れいこちゃんやん!」となった訳ですが、月城さん、ちゃんと戻ってきてくれて、2列目の私たちにまで手をのばしてハイタッチしてくれました


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

ダイジェスト版 宮本武蔵 月組 「夢現無双」


mugenmuso.jpgレポの順番が逆になってしまいましたが、宙組の前に月組公演も観ました。

新トップ娘役 美園さくらさんのお披露目とともに、絶大な人気を誇る二番手 美弥るりかさんのサヨナラ公演となりました。


宝塚歌劇 月組公演
グランステージ  「夢現無双」 
-吉川英治原作「宮本武蔵」より-
脚本・演出: 齋藤吉正
出演: 珠城りょう  美園さくら  美弥るりか  
光月るう  夏月都  紫門ゆりや  白雪さち花  
千海華蘭  輝月ゆうま  晴音アキ  月城かなと  夢奈瑠音  叶羽時  
蓮つかさ  海乃美月  暁千星  風間柚乃  天紫珠李  結愛かれん ほか

2019年3月23日(土) 11:00am 宝塚大劇場 1階23列上手/
4月4日(木) 11:00am 1階19列下手/4月11日(木) 11:00am 1階5列センター
(上演時間: 1時間35分)



吉川英治さんのベストセラー小説が原作。
子どもの頃から剣の腕が立つ暴れん坊だった作州宮本村の郷士・新免武蔵(珠城りょう)が僧・沢庵(光月るう)の教えに導かれ、名を宮本武蔵と改めて剣の道を極めるため剣術と心身修行の旅に出て、様々な人々と出会い、悩み苦しみながら成長し、やがて宿命のライバル 佐々木小次郎(美弥るりか)と巌流島で決闘を果たすまでを描きます。


ダイジェスト感満載の作品でした。
関ヶ原の戦い、朱実母娘との出会い、沢庵和尚の教え、吉岡清十郎とのいきさつ、吉岡一門との一乗寺下り松の決闘、本阿弥光悦と吉野太夫との触れ合い、柳生石舟斎宗厳の教え、そして佐々木小次郎、さらには本位田又八の逸話もオン・・・原作は8巻から成る長編小説で、大河ドラマで1年かけてやるような作品を1時間35分で上演するのに、すべてのエピソードを盛り込もうとして、総花的で平板になってしまった印象。どれも同じ比重でさらさら流れていく感じ。そして最後の巌流島があっけない・・・もう少しどこかにポイント置いて緩急つけた脚本にできなかったのかなぁと思います。せっかくの「宮本武蔵」なのにもったいない。


image1 (12).jpg


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年05月12日

「オーシャンズ11」 フォトコレクション


宙組「オーシャンズ11」のオープニングの文字
文字色が変わっていくのを次々撮っていたらこんなことに。


image2 (13).jpg

image1 (19).jpg

image1 (18).jpg

1列目で観た時、銀橋に文字色が反射して虹のように綺麗だったので銀橋も入れて撮ったのですが、あまりよく写っていませんね。


image2 (12).jpg

2階席から撮ったもので、文字色はあまりよく出てきませんが銀橋はこちらの方が綺麗に。


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年05月11日

お前がキングで俺がジョーカー 宙組 「オーシャンズ11」


oceans112019.jpg2011年 星組 柚希礼音主演で世界初演、2013年 花組 蘭寿とむ主演で再演、2014年には香取慎吾くん主演版も上演されたハリウッド映画原案のミュージカル。

初演の星組版大好きな私ですが、今の宝塚でやるなら、宙組が一番ぴったりと思っていました。


宝塚歌劇 宙組公演
ミュージカル 「オーシャンズ11」
脚本・演出: 小池修一郎
作曲・編曲: 太田健
出演: 真風涼帆  星風まどか  芹香斗亜  
桜木みなと  寿つかさ  純矢ちとせ  澄輝さやと  凛城きら  
蒼羽りく  和希そら  遥羽らら  瑠風輝  優希しおん  鷹翔千空 ほか

2019年4月21日(日) 3:00pm 宝塚大劇場 1階1列上手/
4月25日(木) 3:00pm 2階1列下手/4月28日(日) 11:00am 1階9列センター/
4月30日(火) 1:00pm 1階14列上手



抽選に当たったり、お友だちが手配してくれたりしたチケットが日程集中してしまって、約40日間ある公演の初日から10日ほどの間、4月中に手持ち4回分全部観てしまったという・・・もったいないことです。


2011年星組 ①  
2013年花組
2014年香取慎吾くん版


ラスベガスの豪華ホテルPARADISOを舞台に、天才詐欺師ダニー・オーシャン(真風涼帆)が、盟友のラスティー(芹香斗亜)はじめ10人の仲間たちとともにホテル王ベネディクト(桜木みなと)の金庫破りに挑み、ベネディクトの恋人となっていた妻 テス(星風まどか)の愛も取り戻すというエンタテインメントミュージカル。

もう、「オーシャンズ11」大好き
大劇場ロビーのピアノが♪FATE CITY や ♪JUMP!、♪JACKPOT を奏でているだけでテンション上がります。
ダニーやラスティーがカッコイイのはもちろん、役も多くイレブンそれぞれに活躍の場面もがあるので下級生ファンもうれしいんじゃないかな。

ストーリーや楽曲、装置などはこれまでの感想に散々書いてきたので省略(笑)。
基本的には2013年の花組版を踏襲していて、舞台装置や衣装、台詞などをマイナーチェンジしたという印象。
一番変わったのは、ラスティーの比重が大きくなったことでしょうか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:15| Comment(2) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

岸和田城 初登城


image2 (14).jpg

4月に浪切ホールに松竹大歌舞伎を観に行った際、
少し時間があったので岸和田城に行ってみました。
浪切ホールにはこれまでも何度か行ったことがありますし、
岸和田には友人も住んでいますが、岸和田城には今回初登城。

南海電車の岸和田駅の一つ先、各停しか止まらない蛸地蔵という駅から歩いて5分くらいのところにあります。手前には岸和田高校。友人が通っていた学校です。



image2 (15).jpg

現在の天守は江戸末期に焼失したものを昭和29(1954)年に復興再建したものということですが、こう言っては失礼ながら、とてもちゃんとしたお城なのに少し驚きました。



image2 (16).jpg image1 (20).jpg

お堀に囲まれていて、小さいながらも美しい天守。
満開の時期は過ぎていましたが、桜もまだたくさん咲いていて、思いがけずお花見がてら、ゆったりとした時を過ごしました。



image1 (22).jpg

お城の近くにはだんじり会館。
岸和田らしいw



あんまりのんびりしすぎて浪切ホールまで急ぎ足で歩く羽目になりました の地獄度 (total 2047 vs 2048 )

posted by スキップ at 23:34| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2019年05月06日

2019 GW総括


image1 (2).jpg


「来年のゴールデンウィークは10連休」と昨年初めて聞いた時には
「ええ~っ! じゅうれんきゅうううぅ?!」と驚いたものでしたが、
その日はすぐにやって来て、風のように去っていきました。

諸般の事情により遠出を控えている状況ですので、これといったイベントもなく過ごしたゴールデンウィークでしたが、ひょっとしたら夏休みより長い連休なので一応総括を。
(GWといえば毎年国内外の旅行に行っていたころがなつかしい



エンタメ系:
観劇    5本 (宝塚歌劇 3本・ストプレ 1本・講談 1本)

宝塚のうち2回が宙組「オーシャンズ11」 何度観ても楽しい。
全部違う日に観たので、これで10日のうち半分を過ごしたことになります。


グルメ系:
ランチ(仔羊を丸ごと)    1回
ディナー(お鮨)        1回
昼間からバー2軒はじご←  1回

GWの始まりがトォルトゥーガの極上仔羊ランチだったのですが、連れていってもらったお鮨もとてもおいしかったし、京都のバー2軒はどちらもいい感じだったし、グルメ充実のGWでした。


なつかしい系:
元上司のお宅訪問       1回
友人母娘の久しぶりの来訪  1回

閑静な高級住宅街にある元上司のお宅で緑あふれるお庭を眺めながら奥さまもご一緒に歓談。街中の喧騒とは一線を画した静かで穏やかな時間を過ごしました。

30年以上のお付き合いになる友人がお嬢さんを伴って久しぶりにわが家へ。
生まれた時から知っているお嬢さんが綺麗なおねえさんになっていて感慨深い。
同じく彼女たちをずっと知っている家人もうれしそうでした。


メンテナンス系:
歯科検診と眼科検診    各1回
整体 1回

3ヵ月に1回 検診と歯のお掃除をしていただいている歯科
持病があって1年に1回 経過観察している眼科
どちらも4月の予約日に都合が悪くなって行けなかったものですが、GWに診療していて助かりました。

腰痛持ちなので予防のためにも隔週整体でカラダを調整していただいています。
ほんと、年取るとメンテナンスに時間もお金もかかりますワ。


気がすすまない系:
仕事       1回
HDDの整理   がんばった
部屋の片づけ  少々

海外とのやり取りで少し気になることもあって(自宅でもできるのだけれど)、5月2日は短時間自主出勤。
会社行けばそれなりに仕事はあるもので、静かなオフィスでサクサク働きました。

長期休暇の恒例 残り容量少なめになったハードディスクの整理。
パパッと観て削除するものは消し、観なくても保存するものはせっせとBDに移し、を粛々とやりました。
そしてこれも長期休暇になると「やるぞ!」と思う部屋の片づけ
・・・なかなかはかどりませんな。ちょっとだけ断捨離。



始まる前は長いと思っていた10日間も終わってみればあっという間。
もちろんのんびりもできましたが、明日からまた日常に戻れてほっとするような気持ちも。


冒頭の画像は、友人が訪ねてくれた5月5日に一緒にいただいたかしわ餅。
昨年ご近所にオープンした和菓子屋さんがこの季節だけ出していらっしゃるものです。
こうして季節のものを気心知れた友と味わえる幸せを感じつつ。




でもやっぱり連休は小出しにしてくれる方がウレシイ の地獄度 (total 2047 vs 2047 )


posted by スキップ at 22:19| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

知らない人でいこう 出会い直そう  「世界は一人」


sekai.jpg知らない人でいこう 出会い直そう
お互い ちょっとした嘘を背負って 出会い直そう
知らない人でいこう 出会い直そう
知っていたお互いの諸々 全て忘れて 出会い直そう

この切ない歌詞と旋律が今も耳に残ります。


そんなふうに出会い直すことができたら、どんなに幸せだろう。
でも、海の底に積み重なった汚泥が消え去ることはないし、汚染された水が澄むことは二度とないんだ。


パルコ・プロデュース  「世界は一人」
作・演出: 岩井秀人
音楽: 前野健太
出演: 松尾スズキ  松たか子  瑛太  
平田敦子  菅原永二  平原テツ  古川琴音
演奏: 前野健太と世界は一人
    (Vo,Gt. 前野健太  B. 種石幸也  Pf. 佐山こうた  Drs. 小宮山純平)

2019年3月30日(土) 6:00pm シアター・ドラマシティ 8列下手
(上演時間: 2時間15分)



ハイバイの岩井秀人さんが、シンガー・ソングライターの前野健太さんと組んで初めて手がけた音楽劇。
かつて製鉄業で栄え、今はうらぶれた北九州の海辺の町で育った3人の幼なじみの辛い人生を辿る物語です。
鉄パイプの枠組みだけの舞台装置を役者さんたちが回しながら、物語は過去と現在が交錯して進みます。


ガキ大将的存在だった良平(瑛太)は、宿泊教室でおねしょをした布団を気弱な吾郎(松尾スズキ)のしたことにして誤魔化しますが、「お前がおねしょしたこと知ってるぞ」という差出人不明の手紙を受け取って引きこもりとなってしまいます。

裕福な家庭ながら母親にネグレクトされて育った美子<みこ>(松たか子)は友人に誘われてやった盗みがバレて補導され、精神を病んで自宅マンションの5階から飛び降り自殺を図りますが死に切れず寝たきりとなります。数年後、奇跡的に意識が回復して退院した時には母はマンションを売り払い行方不明となっていました。

両親に愛されて育った吾郎ですが、祖母の介護をきっかけに家庭は崩壊し、東京へ出た吾郎はお人好しで気弱な性格が災いして、人を騙したり陥れたりして稼ぐような悪徳ブローカーの仕事に手を染めてしまいます。

ある日東京で偶然再会した吾郎と美子は互いに知らない人のふりをして会話し、一夜を共にします。
やがて結婚して地元に戻った二人に藍(平田敦子)という娘が生まれますが、美子が溺愛して過干渉となり、藍は外の世界を激しく怖がるようになります。
そんな折、引きこもり立ち直りつつあった良平が藍を誘拐して・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 23:13| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

令和エンタメはじめは神田松之丞さんの講談


miraimatsuri.jpg  otomatsuri.jpg

令和最初のエンタメは私にとって人生初体験の講談。
今、絶大な人気で講談会のチケットは即完という神田松之丞さん。
テレビでちらっと見たことはあるのですが、一度ナマで聴いてみたいと興味を持っていました。

南座新開場記念の京都ミライマツリにお出ましということで、ダメもとで申し込んだら運よく当選。
初体験の講談は南座で、神田松之丞さんの語りをたっぷり三題楽しませていただきました。


南座新開場記念
京都ミライマツリ2019  音マツリ
「神田松之丞 講談会 in 南座」

2019年5月3日(金) 11:00am 京都南座 1階6列センター
(上演時間: 3時間15分/幕間 30分・15分)


演目
一、 源平盛衰記より扇の的 (30分)
二、 怪談乳房榎(1時間)
三、 中村仲蔵 (1時間)


はじめての講談でついていけるかな?と思っていたのですが、配られたプログラムを見て、どれも知っているお話でしたのでひと安心・・・というか一層期待高まる


開演すると松之丞さん、花道からご登場。
客席からはわ~っという歓声と盛大な拍手。
花道七三で立ち止まって振り向き、二階三階へも手を振っていらっしゃいました。

幕が開くと、緋毛氈で富士山のような形に高い台がつくられ、その上に釈台。
背景は松羽目です。
二演目目からは緋毛氈ではなく濃いグレーの台に背景は金の扇でした。

ご挨拶の後、このたびの真打昇進と伯山襲名をご報告。
師匠である神田松鯉さんから「松之丞」という名前をいただいた時のエピソードから伯山襲名に至るまでのお話をおもしろおかしく語ってくださいました。
お話がうまいのはもちろん、ちょっと上から目線?な客席いじりも絶妙で、ゲラゲラ笑いながらなるほど人気があるはずだなと納得。何と言っても勢いがあります。



image1 (4).jpg


続きがあります
posted by スキップ at 23:29| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

令和元年5月1日

image2 (4).jpg  ↑ 書きたかっただけ


今年はお正月が2回あるみたいだな~な感覚だったのですが、昨日今日の喧騒を見ていると、やはり年号が変わる=時代が変わるということは大きなことなんだなぁと改めて思いました。
今から思えば昭和から平成に変わった時は新元号が何になるかも含めて、そこまで「時代が変わること」を意識していなかったのかもしれません。

「平成を振り返る」的なTV番組をチラ見して、あれも平成だったのか、これも平成に起こった事件か、この曲も平成の曲か、と驚くことしばしば。
30年という時の重なりを感じますし、この30年を自分が生きてきたことを実感します。
会社に平成生まれの新人くんたちが入社してきた時、「平成生まれなのっ?!」と驚いたものですが、その彼ら彼女らももう30歳。立派な会社の中堅です。

私は昭和生まれですが、もちろん戦争含めて昭和の始まりからすべてを経験した訳でも幼いころの記憶が鮮明な訳でもありません。
そういう意味では「平成」という時代の30年間は、一つひとつの事象をきちんと認識して経験した時代ということになります。多分最初で最後(令和が終わるまでは生きていない設定←)。

1989年から2019年。
日本でも世界でも、本当に様々なことが起こりました。
私個人にも小さいことから大きなことまで、幸せなことうれしいこと楽しいこと、悲しいこと苦しいこと辛いこと、大切な出会いも切ない別れも、それはそれはたくさんのことがありました。
それでも今こうして、とりあえず健康体でこんなブログを書いていられる令和の幕開けに感謝。

さて、令和のスタート。

昨日、平成最後の観劇となった宝塚宙組「オーシャンズ11」で、芹香斗亜さん扮するジョンソン先生が「平成令和 続けて平和」と言っていて、アドリブなのだけどけだし名言と思いました。

天皇陛下の退位礼正殿の儀のおことばのとおり、
新しい令和の時代が平和で、人々が安寧で幸せであることを心から願っています。
よい時代となりますように。皆さますべてに。もちろんワタシにも。



image1.jpg

画像は昨日乗った阪堺電車につけられていた祝令和のヘッドマーク



posted by スキップ at 20:29| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする