2017年06月27日

The Final Year  市川染五郎 午餐会


gosankai.jpg来年1月 十代目松本幸四郎を襲名する染五郎さん。
「市川染五郎」という名前でのこのような催しはこれが見納めでしょうか。
これまでディナーショーは何度か参加しましたが「午餐」というのは私の記憶では初めてかも。


市川染五郎 午餐会
2017年6月25日(日) 12:00pm
帝国ホテル大阪 「孔雀」の間 12-B

ランチ: 12:00-13:00
ショー: 13:15-14:45


送られてきたチケットは200番台でしたし、受付でもらったテーブル番号は12番で「どうなの?」と思いながら案内されて席に着くと、最前列ステージ正面のテーブルのしかもステージに一番近い席でした。かえって緊張するわ(笑)。


gosan6.jpg

目の前がこんなステージ(ズームなしで撮ったもの)。


gosan3.jpg  gosan4.jpg

テーブル配置はこんな感じ。
23テーブルで満席ではなかった様子でしたので200名強といったところでしょうか。


ステージ両側に大きなスクリーン。
開演時間となって会場の照明が落ちると、まず弁慶の映像が映し出され、阿弖流為や鏡獅子の弥生や・・と染五郎さんのいろんなお役のスライドショー。
四月歌舞伎座で演じられた「伊勢音頭」の福岡貢の血だらけの画像もあって「おお、新しい!」と思っているところへ「SOMEGORO ICHIKAWA THE FINAL YEAR」というクレジットが出て超クール。これは昨年まではなかったものです。襲名までいよいよあと半年だなぁと実感しました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

晴れたり挑んだり蝶が舞ったり


sora2017.jpgsochokai20171.jpgsochokai20172.jpgkennokai2017.jpg

例年八月は通常の歌舞伎興行の他に、若い役者さん個人の自主公演や勉強会も数多く開催される月です。
今年は尾上松也さん主宰の「挑む」が初めて大阪でも開催されることとなり、関西の歌舞伎ファンにとっては喜ばしいことですが、8月1週目の週末のカブり方が尋常ではないのよ。

私が観たいと思っているものだけでも

あべの歌舞伎 晴の会;  8/3(木)~8/6(日) 近鉄アート館
挑む Vol.9: 8/4(金)~8/6(日) ABCホール
双蝶会: 8/5(土)~8/6(日) 国立劇場小劇場

見事な8月6日千穐楽並び。
こういう公演は期間が短いこともあって重なってしまうと悩ましいところです。
しかも一つは東京だし・・・。

というか、「双蝶会」は昨年第二回が終演した時点で今年の日程出ていましたので、スケジュールに仮入れしていましたし、それに合わせて別の舞台のチケット取ってもいたのですが、そこに「晴の会」と「挑む」が重なってくるとは・・・。


この他に、尾上右近くんの「研の會」もありますが、これは8月下旬なのでまぁ許す(←何様?再び)。

いやしかし、どれもハズせないなぁ。

 
晴れたり挑んだり蝶が舞ったり忙しい の地獄度 (total 1235 vs 1243 )



posted by スキップ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

銀座でちょいシャン @bubbles ginza


bg8.jpg

髑髏城の七人 Season 花 千穐楽を楽しんだ後は打ち上げよ!ということで、
ファザコンサリーちゃんが予約してくれていたこちらへ。


bubbles ginza  champagne cafe (バブルズギンザ シャンパンカフェ)
東京都中央区銀座2-8-8
tel: 03-5524-3377

仕事帰りの軽く一杯をシャンパンで楽しむ"ちょいシャン"・・・カジュアルにシャンパンを楽しんでもらうというコンセプトなのだそうです。


bg6.jpgニューヨークのカフェバーをイメージしたという店内にはカウンター7席、テーブルが8席くらいかな。
都会的で洗練されたインテリアに照明も少し落とされていて、大人な雰囲気です。
入口もこじんまりしていて隠れ家バーといった趣き。
イケメンのバーテンダーさんお一人でシャンパンはもちろんお料理も。

シャンパンがズラリと並ぶメニューを見ていて、こちらに目が吸い寄せられました。


「シャンパンアンサンブル」


日替わりのおすすめシャンパン3種が楽しめるというものです。
「いいじゃん、いーじゃん!」ということで2人ともこちらを(冒頭の画像)。

この日は、
ニコラ・フィアット、アヤラ ロゼ・マジュール、ローラン・ペリエ  というラインナップでした。
いろんなシャンパン少しずついただけるの、うれしい。
どれもおいしかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

劇団☆新感線 「髑髏城の七人」 Season 花 千穐楽


dokurohana2.jpg


「今日は場あたり」なんていう出演者のツイートもあって、「Season 鳥」の開幕が近づいてきたなぁと感じますが(楽しみだ!)、まずはこちらを。


ONWARD presents
劇団☆新感線 「髑髏城の七人」 Season 花 Produced by TBS 
作: 中島かずき
演出: いのうえひでのり
美術: 堀尾幸男   照明: 原田保 
衣装: 竹田団吾   音楽: 岡崎司 
殺陣指導: 田尻茂一  川原正嗣 
アクション監督:  川原正嗣 
映像: 上田大樹 
出演: 小栗旬  山本耕史  成河  りょう  青木崇高  清野菜名  
     近藤芳正  古田新太  河野まさと  逆木圭一郎  
     村木よし子  礒野慎吾  吉田メタル  保坂エマ ほか

2017年6月12日(月)千穐楽 2:00pm IHIステージアラウンド東京 12列下手
(上演時間 3時間35分)


1回目(4/8)の感想はこちら
ライブビューイング(5/15)の感想はこちら
千穐楽(6/12)カーテンコールレポはこちら


間にライブビューイングを挟んではいるものの、ナマの舞台を観たのは4月8日以来なのでほぼ2ヵ月ぶり。
役者さん個々の力量も、舞台そのものの熱量もとても進化し高揚していて、やはり舞台はナマモノ。
千穐楽らしいお遊びやアドリブはほとんどなかった印象ですが(河野さん三五がちょっと遊び入れてたかな)、気迫に満ちた中にも、それが空回りすることなく自然体で、とてもよい千穐楽でした。

古田贋鉄斎の登場(もちろん退場も)で拍手が起こっていました。
これは4月8日に観た時にはなかったことです。
クライマックス近くでは・・たとえば兄さのシーンとか・・いろんな場面で拍手起こっていましたが、登場で、というのは古田さんだけでした。流石の存在感ですな。


続きがあります
posted by スキップ at 23:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

夜の六本木で蕎麦を食す @HONMURA AN


映画館で「THE SCARLET PIMPERNEL」ライビュ観ている時、お蕎麦(それもせいろ)がとても食べたくなって(←フランス革命とかイギリス貴族のお話なのに、我ながらこの思考回路 理解不能であります)、終映後「久しぶりに室町砂場にでも行こうかしら」と調べてみたところ日曜日はお休み。
さてどうしよう・・・と考えて、「そうだ!ここは六本木。HONMURA ANがあるなじゃないか!」と思いつきました。検索してみたら六本木ヒルズからすぐ近く・・・これはGO!でしょう。


HONMURA AN
東京都港区六本木7-14-18
tel: 03-5772-6657


ニューヨークにお店があったころ「NYでおいしい蕎麦が食べられる」と和食好きの上司が出張のたびに通っていました。
10年位前に帰国して六本木のお店を改装オープンされたと聞いていましたが、伺うのは初めてでした。


ha3.jpg

知らなければお蕎麦屋さんとはわからないような入口。
店内のインテリアもモダンでスタイリッシュでした。

六本木という土地柄のせいか、NY時代からのつながりでネットやSNSなどに情報があがっているからなのか、お客様はやたら外国の方が多く、店員さんも英語ペラペラで、隣のテーブルのカップルに説明しているのを聞いていると、「なるほど、英語ではそんなふうに表現するのか~」とおもしろかったです。

夜8:00近くということもあって、日本人客含めて皆さん、少し飲みながら一品料理を何種類か食べて、締めに蕎麦、という感じでした。


ha4.jpg ha2.jpg  

私がいただいたのはこちら。
シンプルに生ビールと鴨せいろ。
のどごしよくてちゃんと香りのするお蕎麦。
つけ汁は結構濃厚で関西人の舌にはやはり少し辛いと感じましたが、お蕎麦とよく合っておいしかったです。
鴨がすごく薄切りで「これ鴨なの?」というくらい柔らかかったです。

ha5.jpg




そば湯までおいしくいただきましたがお代は六本木価格かな のごくらく地獄度 (total 1233 vs 1240 )



posted by スキップ at 22:19| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

生まれ変わってもパーシーに 星組 「THE SCARLET PIMPERNEL」 千秋楽ライブ中継


splv.jpg


宝塚大劇場で4回観た星組の「スカーレット ピンパーネル」。
できれば千秋楽ライブ中継も観たいと思っていました。

が、この日は柚希礼音さんのバースディイベントに参加することにしていて、一度は「無理~」とあきらめたものの、午後3時30分上映開始なので、ちえちゃんの会が3時に終わるとして(これはあくまで予想なので当日までわからなかったのですが)、会場から近い映画館ですぐ移動すれば間に合うはず、という読みがまんまと当たって、無事観ることができました。


宝塚歌劇星組公演
ミュージカル 「THE SCARLET PIMPERNEL」 千秋楽ライブ中継
原作: バロネス・オルツィ
脚本: ナン・ナイトン
作曲: フランク・ワイルドホーン      
潤色・演出: 小池修一郎
出演: 紅ゆずる  綺咲愛里  礼真琴  七海ひろき  万里柚美  美稀千種  壱城あずさ ほか

2017年6月11日(日) 3:30pm TOHOシネマズ六本木ヒルズ SCREEN 7
(上映時間 3時間20分)


宝塚大劇場で観た感想   


宝塚大劇場で最後に観たのが4月15日。
ほぼ2ヵ月ぶりの観劇でしたが、一人ずつの力量も舞台全体の熱量もとてもいい方向に昂まっている印象でした。
大劇場ではなかなか視線が届かない細かい表情まで観ることができるのはライブビューイングならでは。

東京公演も1ヵ月以上を経て集大成となる訳ですが、さすがにすっかりこなれて手の内の作品という感じです。
ただ、こなれ過ぎかなぁと思わないでもありませんでした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

ロムデュタン シニエ ア・ニュ


rs25.jpg

せっかくGINZA SIXに行くのだからピカイチのレストランでランチを、と選んだのがこちら。

L'homme du Temps signé ànu (ロムデュタン シニエ ア・ニュ)
東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 13F
tel: 03-6263-9773


広尾の人気フレンチ à nu retreouvez-vous(ア・ニュ ルトゥルヴェ・ヴー)の姉妹店。
シェフを勤めるのはア・ニュのスーシェフだった簑原祐一さん。
若干30歳の気鋭のシェフです。

テーブル席もあるのですが、今回はカウンターで。
チェリー材のカウンターに壁には川邊りえこさんの「人」という書がモダンな空間。
器はラリック、カトラリーはデコラティブはクリストフル。
目の前で簑原シェフがお料理を仕上げて説明しながらサーブしてくださるので、いろいろお話できて楽しい。




rs20.jpg

まずはシャンパーニュよね。
ソムリエの方におススメいただいたイングリッシュ・スパークリング。
イギリスのスパークリングワインをいただくのは初めてでした。
キリッとしていてとても私好み。
それにしても会社サボって平日昼シャン。サイコーですな。


ランチはシェフのお任せコースのみ。
エクレア・アミューズ・前菜1・前菜2・お魚料理・お肉料理・ワゴンデセール(好きなだけ)・食後のお飲物
という構成です。

どのお料理もこだわりぬかれた食材をふんだんに使って、素材を活かしつつとても繊細に調理されています。
この頃ではフレンチのコースってもう前菜2品くらいでもうおなかいっぱい、となっちゃうことも多いのですが、バターやクリーム類は控えめでスモールポーション、何よりもどのお皿もおいしくてオドロキもいっぱいつまっているので、次々完食です(^^ゞ



続きがあります
posted by スキップ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年06月17日

恐れ入りました GINZA SIX


gsix1.jpg

4月20日に銀座6丁目に開業して話題沸騰の GINZA SIX
興味シンシンで前回の上京時にも行こうかと思っていたのですが、時間がそれほど余裕なかったことと、オープン以来とても混雑しているらしいことを聞いて、もう少し落ち着いてから・・と考え、今回満を持して(?)行って参りました。


GINZA SIX
東京都中央区銀座6-10-1


せっかくだからランチを・・とレストランを予約したのですが、それ以外は下調べもせず^^;
レストランの予約は11:00なので少し前に行ってザッと見学してお土産でも買おうと、ホテルからタラタラ歩いて到着したのが10:25分ごろ。
ビルの前の行列(冒頭の画像)を見てビビリながら「あら、10時30分オープンだったのね」とそこで気づいたり。

それにしてもオープンして2ヵ月近く経って、平日(月曜日)の午前中にもかかわらず、こんなに開店待ちの行列ができるなんて、ほんと恐れ入りました。見くびっておりましたワ。



gsix4.jpg gsix5.jpg

GINZA SIXといえばこれ、な草間彌生さんのオープニング展示インスタレーション見つけて「おー!」と写真撮ったり、物見遊山でショップ除いたりしながら地下へお土産を買いに降りて、あの行列の訳を知ることになりました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

福島の白いカフェ fouet° (フエ°)


image2.jpg

ABCホールで「天の敵」を観る前に予定外に少し時間ができて、福島区在住の友人に連絡したところお茶しようということになりました。
ホテルプラザがなくなり、朝日放送(というかABCホール)が移転してJR福島駅の北側エリアにはほとんど行かなくなってしまいましたが、久しぶりにこちらへ。


cafe fouet° (フエ)
大阪市福島区福島7-10-9
tel: 06-6455-0565
(11:30-20:00 日祝休)


以前は a Terre (ア・テール)という名前だったかな。
オープンしたころ、白い一軒家のカフェって、すごく話題になったよね。


fouet.jpg


JR福島駅の北側 阪神高速の高架下沿いに5分ほど歩いたところにあります。

店名の「fouet(フエ)」はフランス語で「泡立て器」の意味で、fouet°の「 °」は泡立ったクリームがポンッと飛び出した感じを表現したのだそうです。


外も真っ白だけど中のインテリアも冒頭の画像のとおり白を基調としていてお洒落。
自分が撮った写真ながらインテリア雑誌のグラビアみたい。
とても大阪とは思えない雰囲気です。

a Terreの時代からキッシュとベーグルサンドが評判のカフェですが、少し甘いものが食べたい気分だったのでチョコレートパフェにしました。


image3.jpg

こちらのチョコパフェはちょっと変わっていて、ブラウニーが入っています。
あまり甘すぎず、ボリュームもほどほどでいい感じ。


中途半端な時間帯だったせいか、元々席数はそれほど多くないところへ混み合ってもいなくて、お店全体がゆまったりした雰囲気。
ソファ席もあってゆったり居心地よくいつまでもいてしまいそうでした。



次回は「キッシュとスープのセット」なんていうのにもトライしてみたいな のごくらく地獄度 (total 1231 vs 1235 )


posted by スキップ at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする