2017年09月03日

林檎殺人事件 「鎌塚氏, 腹におさめる」


kama2017.jpg三宅弘城演じる「完璧なる執事」鎌塚アカシが活躍する倉持裕作・演出の「スクリューボール・バトラー・コメディ『鎌塚シリーズ』」。
2回目から毎回楽しみに観ていて今回が第4弾です。

今回は、殺人事件とその犯人探しがテーマになっていて、これまでとは少し毛色が違ったテイスト。


M&Oplaysプロデュース 「鎌塚氏, 腹におさめる」
作・演出: 倉持裕
美術: 中根聡子  
舞台監督: 幸光順平
出演: 三宅弘城  二階堂ふみ  眞島秀和  谷田部俊  
玉置孝匡  猫背椿  大堀こういち

2017年9月3日(日) 1:00pm サンケイホールブリーゼ 1階D列センター
(上演時間 2時間5分)



第2弾: 鎌塚氏, すくい上げる
第3弾: 鎌塚氏, 振り下ろす


物語の舞台は綿小路公爵家。
当主の綿小路サネチカ(大堀こういち)と娘で推理好きのチタル(二階堂ふみ)の2人暮らし。
チタルの亡き母の弟 鬼集院ヤサブロウ(眞島秀和)はサネチカが姉を殺したのではないかと疑い、この家を乗っ取ろうと目論んでいます。
そんな中、離れでサネチカが背中に包丁が突き刺さった遺体で発見され、チタルは執事の鎌塚アカシ(三宅弘城)とともに犯人探しに乗り出します・・・。


楽しかったです。
殺人事件の犯人探しを軸にして謎解きのおもしろさもありつつ、ラストは離れにまつわる父と娘、娘と叔父、母と娘のハートウォーミングな家族の物語に収束するあたり、前作「鎌塚氏、振り下ろす」のレイジロウのエピソードを思い出したりも。

綿小路公爵家のリビング、離れ、中庭と展開する舞台装置。
離れの外の中庭で、犯人がどうやって足跡もつけずに高い窓から飛び降りて逃げたのか、庭師の毛呂ヨシミ(谷田部俊)と女中の太田代テマリ(猫背椿)が言わずにいたその時の行動をまじえつつトリックが明かされる場面、おもしろい上によくできてたなぁ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:06| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

「髑髏城の七人 Season 鳥」 千穐楽!


image1 (2).jpg

劇団☆新感線「髑髏城の七人 Season 鳥」 6月27日に開幕して75ステージ目の千穐楽 見届けて参りました。
ライブビューイング含めて4回観劇しましたが、何度観ても楽しく惹き込まれる舞台・・・というか、まだまだ観ていたかったです。それでも、こうして終わりを迎えて同じものを二度と観ることができないのがナマの舞台。
目一杯の拍手で送り出しました。


ONWARD presents 劇団☆新感線 「髑髏城の七人」Season 鳥 千穐楽
2017年9月1日(金) 2:00pm IHIステージアラウンド東京 5列センター



舞台の感想は改めて総括したいと思いますが(「風」を観る前までにはがんばる所存)、取り急ぎ千穐楽レポを。


舞台編
アドリブというとやはり贋鉄斎がらみ(笑)。
千穐楽だからとう訳ではなく、通常の日ネタですが。

贋鉄斎が被雷するシーンの最後の方で「僕が悪いんだ、僕が悪いんだ」と言いながら槌を振るう捨之介に
「お前はワシントンか!」
-ワシントンって(笑)。
さすがなるし~ 博識だよね~と思いました。

捨 「ええ、ワシントン?」
贋 「トントントントン」
捨 「ワシントン」
贋 「おい💢」
というやり取り。


続きがあります
posted by スキップ at 23:14| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

上機嫌に 「魔都夜曲」


mato.jpg舞台は1939年の上海。
エキゾチシズムと退廃。
華やかさと暗闇。
時代の光と影。


cube 20th. presents 
音楽劇 「魔都夜曲」
作: マキノノゾミ
演出: 河原雅彦
美術: 松井るみ 
音楽: 本間昭光  バンドマスター: 立川智也
出演: 藤木直人  マイコ  小西遼生  壮 一帆  
松下洸平  秋夢乃  高嶋菜七  コング桑田  
春風ひとみ  山西 惇  村井國夫  橋本さとし ほか

2017年8月11日(金) 1:00pm サンケイホールブリーゼ 1階K列下手
(上演時間 2時間45分)



物語: 1939年 上海は欧米や日本など列強各国が租界(行政自治権や治外法権を持つ外国人居留地)を設け、外国人が多く住み、「魔都」と呼ばれる゙異国情緒が溢れる華やかな都市となっていました。一方でアヘン売買が゙蔓延、現地の中国人たちは貧しい生活にあえいでいました。る者も少なくなかった
そんな上海に遊学している白河清隆(藤木直人)は、ある日、中国人の父と日本人の母を持つ兄妹 周志強(チョウ・チーチャン/小西遼生)と周紅花(チョウ・ホンファ/マイコ)と出会い、友情を育んでいきますが、清隆はいつしかホンファに惹かれていきます・・・。


ブリーゼのロビーに入るとスモークをたいたように煙っていて、それは舞台から客席へと流れていました。
私が会場に入った時には舞台上ですでに生バンドの演奏が始まっていて、ほどなく歌手(秋夢乃)が登場。華やかにパンチ溢れるヴォーカルを聴かせてくれて、気分は一気に上海のジャズクラブへ。
上海の街角から始まって、白河清隆の邸宅へと移りますが、主な舞台は新田日出夫(橋本さとし)が支配人を務めるクラブ「ル・パシフィーク」。

ここのお客になる条件は「この店では上機嫌でいること」。

冒頭のバンドも歌手も、このクラブの出演者たちで、クラブのショーとして楽曲が入るので、あまり唐突感がなく、「音楽劇」としては流れが自然だなぁと思いました。
秋夢乃さんは存じ上げませんでしたが四季ご出身ですばらしい歌唱を聴かせてくれますし、コング桑田さん、春風ひとみさん、橋本さとしさん、小西遼生さんと歌うまさんが揃っているので音楽だけでも楽しい。
お医者さん役の村井國夫さんがル・パシフィークのステージで歌を披露してくださったのもとてもうれしく耳福でした。相変わらずいい声だ。
劇中、効果的に使われる唱歌(「旅愁」だったかな?ふけゆく~ 秋の夜~という曲)や 李香蘭が歌う「蘇州夜曲」も印象的でした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:52| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

空の上は魔界


日・月と東京へ行ってきました。
8月27日(日)は歌舞伎座 八月納涼歌舞伎を三部通しで観劇、
28日(月)は国立劇場で尾上右近くんの自主公演「研の會」を観て帰ってきました。

今回上京時は飛行機を利用したのですが、またやっちゃったよね~


着席して「JAL SHOP」開きながら、今回は特にほしいものはないなぁと思っていたら
CAさんお気に入り商品のページにこの時計が。


image1.jpg

アビステのホワイトラウンドフェイスウォッチです。
「昨年も大人気だったのに買いそびれてしまって、今年はデザインそのままで文字盤がさらに大きく見やすくなって絶対”買い”です」というCAさんのコメント読んで、「そうなの?」と再度商品ページ見てみたらなかなかいい感じ。

前回も腕時計買ったしなぁ(5月20日でした)と少し迷ったのですが、夏場は汗かくからカジュアルな時計が何本あっても重宝するのよね~、真っ白な時計って久しく持ってないし・・と思って、試しにCAさんに聞いてみたところ(月末なのでその月の人気商品は完売していることが多い)、CAさんも「もう売り切れだったかも・・」とおっしゃって確認してくださったら1本だけ残っていて、これはと(笑)。



image2 (8).jpg

JAL機内販売限定なので文字盤の上に✈マークが入っています。
歌舞伎座や国立劇場でお目にかかった方はお気づきになったかもしれませんが、東銀座に向かう京急電車の中でパッケージから出して時刻合わせて長さも調節して装着。
上京の間中、ずっとこの腕時計つけていました。
確かに文字盤見やすくてgood



・・・にしても、全く空の上は魔界じゃ の地獄度 (total 1266 vs 1270 )



posted by スキップ at 23:15| Comment(0) | shopping | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

あきらめの夏 再び


あちこちお気楽そうに出かけているように見える不肖スキップではありますが、
今年は諸般の事情によりいろんなことをあきらめなければならない夏です。
確か前にもこんなこと書いたなぁと検索してみたら2012年8月に「あきらめの夏~」というタイトルでブログ書いていました。5年前か~(遠い目)。

同じような状況・・・というか5年前より少しばかり深刻ではありますが、行けるものは
いろんなことをやり繰りしてできるだけ行こうとしている中、あきらめたものもかなりあって、
未練がましいのですが、自分の備忘録のためにアップしておきたいと思います。


◆エンタメ
・文楽 in Hyogo
・佐渡裕オペラ「フィガロの結婚」
・夏休み文楽公演 一部 二部 三部
・僕だってヒーローになりたかった
・附け打ちの會
・宝塚歌劇宙組「神々の土地/クラシカルビジュー」(2回のうち1回)
・ワーニャ伯父さん(最前列だったのに
・花組芝居「いろは四谷怪談」(30周年記念だったのに


チケットはお譲りできたものもあれば、ギリギリでどうにもならなかったものも。
この夏は文楽全然観られなかったのがイタイなぁ。
それに反して歌舞伎は全部観られたのは自分の中の優先順位というのはあるものの
不思議な巡り合わせです。
あと、8月いっぱい有効のTOHOシネマズの招待券も利用できなかったなぁ


◆その他のお楽しみ
・2泊3日のプチバカンス
・エステ
・エクステ
・整体

そして、いろんな夜の飲みのお誘いは特別なものを除いてほぼ全滅


Darling' can't you see?
I'll try to make it shine~

と、いつか晴れる日がくることを祈りつつ。



言葉もないままに あきらめの夏~ の地獄度 (total 1266 vs 1269 )


posted by スキップ at 23:14| Comment(2) | diary | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

〆は鯛めし @たるたる


image2 (7).jpg

先日、会社の同僚に誘われて食事に行ってきました。
わが社でも指折りのイケメンと(一部で)名高い彼が選んでくれたお店はこちら。


小料理 たるたる
大阪市北区豊崎3-6-8
tel: 06-6372-1006


何度かお伺いしている中津の和食の名店 沁ゆうき の結城良介さんの奥様がやっていらっしゃるお店で、以前から興味あったのですが伺うのは初めて。
さすがイケメンはこじゃれたお店知っとります。


image2.jpg

まずはカンパイ
ナギサビールというクラフトビールなのですが、アメリカンスィート(左)とペールエール(右)
違うホップを使用していて色も味も違います。色の違いもわかる?


こちらのお料理はコースのみ。
ラストに沁ゆうきの名物料理「天然鯛の土鍋ごはん」がつく鯛めしコース、ごはんがスペシャルブレンド米の銀しゃりコース、そこから食事を抜いたたるたるコースの3コース。
ごはんいらないかな?とも思ったのですが、沁ゆうきではいつもあれこれ食べすぎ、飲み過ぎでおなかいっぱいになって鯛めしまで行きついたことがないので、「鯛めし行っときましょ」となりました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

ハッピーバースディ 天魔王さま 「髑髏城の七人」 Season 鳥


image1.jpg

8月20日は森山未來くんのお誕生日 (勝地涼くんもだけど)
天魔王さまの生誕祭を客席からお祝い申しあげたく、この日のチケットを取りました。


ONWARD presents
劇団☆新感線 「髑髏城の七人」 Season 鳥 
Produced by TBS 
作: 中島かずき
演出: いのうえひでのり
出演: 阿部サダヲ  森山未来  早乙女太一  松雪泰子  粟根まこと  福田転球  
少路勇介  清水葉月  梶原善  池田成志  右近健一  山本カナコ  村木仁 ほか

2017年8月20日(日) 2:00pm IHIステージアラウンド東京 6列上手
(上演時間 3時間35分)


1回目の感想はこちら
ライブビューイングの感想はこちら


Season 鳥はライブビューイング含めて3回目の観劇ですが、ますます進化していて、笑いと切なさの振り幅もより大きく深く、心持っていかれる場面もしばしば。
特に未來天魔王と太一蘭兵衛の交錯が好き過ぎて、次の「風」を比べずに観ることができるかしら?レベル。
・・・のあたりは、千穐楽観た後、たっぷり語りたいと思います(^^ゞ

進化といえば、なるし~贋鉄斎がますまずフリーダムになっていました。
捨之介が訪ねて来る場面で、気絶した贋鉄斎をあんまりマジ殴りするので鎚の柄が曲がっちゃって2本目登場。
「殴りやすい」と笑顔 でつぶやくサダヲ捨之介に
「どS芝居やめろ」
「ここは下北じゃねぇんだ」
「オメエが自由に芝居つくれる空間じゃねぇ」
と言いたい放題。
サダヲ捨「ちゃんとやって!!」と言い残して去っていきました。

斬鎧剣が完成して無界の里へ向かう時には鉄機兵たちに
「今日は8月20日。パンツゼロの日。ノーバンでスースーするのどうですか」と言ってたり。

今回は6列目の上手ブロックだったのですが、前が通路でとても見やすいのはいいとして、前方で円周の周の部分により近いせいかステージアラウンド4回目にして初の乗り物酔い気分。
前半ちょっとめまい&軽いはき気感じつつの観劇となりました。
ま、二幕冒頭の天魔王vs蘭兵衛シーンからは舞台に入り込んじゃってそんなのは全く気にならなくなりましたが。


続きがあります
posted by スキップ at 23:20| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

髑髏城から桜の森へ (IHIステージアラウンド東京からの道)

本日は東京へ。
日帰りで、「髑髏城の七人 Season 鳥」と納涼歌舞伎第三部「桜の森の満開の下」を観てきました。濃密な2作品、たっぷり楽しみました
今回、髑髏城から桜の森まで、つまりIHI ステージアラウンド東京から歌舞伎座までの移動は都営バスを利用してみました。4月にステージアラウンドデビューした時にアップした、Twitterのお友だちが紹介してくれたルートです。
これまでの「IHIステージアラウンド東京への道」とは逆に、「IHIステージアラウンド東京からの道」です。


05-2-1.jpg

これ、路線図。
(都営バスの路線図ってほんとにわかりにくいと思うの。)
7月に羽田空港からリムジンバス初体験しましたが(こちら)、都営バスに乗るのも実はこれが初めて。大阪でもバスに乗ることってそんなにないからなぁ。

都05-2 東京駅丸の内南口行き。
右下にチラリと見える13番 新豊洲駅前から左上の05番 銀座四丁目まで。
ほぼ一直線なのね。所要時間は15分くらいでした。
劇場からバス停までも歩いて10分かからないくらいでしたので、バスの待ち時間含めても、5時35分に終演して5時55分には歌舞伎座の前にいたという素早さです。


ステアラ→東京都心 やっぱこれじゃね?(バスの時間さえ合えば) のごくらく地獄度 (total 1264 vs 1266 )


posted by スキップ at 14:23| Comment(0) | エンタメ et. al | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

10歳にも10年分の人生がある 「子供の事情」


kodomo.jpg放課後の教室。
そこで楽しそうに話したり遊んでいる子供たちがいるまま、教室が奥へ奥へと遠ざかって行くきます。

それが二度と戻ることのない自分の小学生時代と重なって
夏休みが終わってしまう、あの何ともいえない切なさとも似て
不意に涙があふれました。
それまでケラケラ笑いながら観ていたのに。


シス・カンパニー公演
「子供の事情」
作・演出: 三谷幸喜 
音楽・演奏: 荻野清子 
美術: 松井るみ 
照明: 服部 基
出演: 天海祐希  大泉洋  吉田羊  小池栄子  林遣都  
青木さやか  小手伸也  春海四方  浅野和之  伊藤蘭

2017年8月5日(土) 1:30pm 新国立劇場中劇場 1階5列(2列目)センター
(上演時間 2時間35分)



物語の舞台は世田谷区立楠小学校4年3組の教室。
時は昭和46年(1971)4月。
この4月のある日、このクラスに転校生が現れてからの1年間を描いています。

皆が塾や習い事で忙しい中、いつも放課後残っているのはいつも同じ顔ぶれ。
クラスで一番頼りにされているアニキ(天海祐希)
クラスで一番勉強家(でも成績はよくない)ホリさん(吉田羊)
クラスで一番の問題児ゴータマ(小池栄子)
いつもゴータマにくっついているおばあちゃんと二人暮らしのジゾウ(春海四方)
恐竜博士のドテ(小手伸也)
人の言うことを何でもオウム返しするリピート(浅野和之)
しっかり者の学級委員ソウリ(青木さやか)
みんなのことを観察してあだ名をつけているホジョリン(林遣都)

彼ら8人は自分たちを「スーパーエイト」と呼んでいます。
ここに、子役として芸能活動をして放課後に特別授業を受けているヒメ(伊藤蘭)も加わって、ゆるいながらも緊張感もある子供らしいパワーバランスの人間関係が形成される中、転校生のジョー(大泉洋)が現れて、その人間関係に微妙な変化をもたらします。

半ズボンはいた林遣都くんが、「こんにちは。三谷幸喜です」と言って、「これは僕が10歳の頃の話です」と続けますが、プログラムの三谷さんのコラムによると、「ホジョリンは僕自身ではありません。他の登場人物たちもモデルは一切いません。描かれるエピソードはすべて僕が頭の中で考えたことです」ということでした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする