2019年06月01日

4月文楽公演 「仮名手本忠臣蔵」


bunraku201904.jpg今年の国立文楽劇場は開場35周年記念とで「仮名手本忠臣蔵」の通し上演。
とは言っても、

4月文楽公演: 大序より四段目まで
夏休み文楽特別公演: 五段目より七段目まで
11月文楽公演: 八段目より十一段目まで

と3回に分けての上演です。
特設サイトもできていてなかなかの気合の入れよう。
2012年に昼夜通しで全段上演(感想はこちら)した気概もほしいところではありますが、忠臣蔵フェチといたしましては、ほぼ1年かけてじっくり楽しませていただく所存。


国立文楽劇場開場35周年記念
4月文楽公演 第1部  
通し狂言 「仮名手本忠臣蔵」
大  序  鶴が岡兜改めの段/恋歌の段
二段目  桃井館力弥使者の段/本蔵松切の段
三段目  下馬先進物の段/腰元おかる文使いの段/殿中刃傷の段/裏門の段
四段目  花籠の段/塩谷判官切腹の段/城明渡しの段

配役はこちら

2019年4月10日(水) 11:00am 国立文楽劇場 1列センター
(上演時間: 4時間18分/幕間 25分・10分)



幕開き前から能管と締太鼓の演奏。
これから荘厳な物語が始まるという予兆たっぷり。
幕が開くと鶴ヶ岡八幡宮の兜改めで人形が正面を向いてずらりと並んでいます。
大序と二段目は人形遣いさん全員黒衣。
衣装もそれほど見慣れていなくて(もちろん配役把握していない)、誰が誰だかわかりません状態なのですが、高師直だけ「!!」となりました。桐竹勘十郎さん、やっぱり特徴あるなー。

二段目の「桃井館力弥使者の段」は文楽、歌舞伎を通して初めて観た・・・と思います。
(前回の通し上演では「桃井館本蔵松切の段」だけだった。)
父の塩谷判官から若狭之助への使者として訪問した力弥。
家老である加古川本蔵の妻 戸無瀬は娘 小浪の力弥への恋心を察して、仮病を使って小浪に対応させる・・・という筋立て。
これが八段目の「 道行旅路の嫁入」の戸無瀬、小浪の必死の旅路に繋がるのね~と。


続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

あなたに出会う前に戻れたら 「空ばかり見ていた」


sorabakari.jpg「この人の舞台は無条件に観たい」と思っている役者さんが何人かいて、その中のひとりが森田剛くん。
「もうお別れしました」と決めている演出家が何人かいて、岩松了さんはそのうちのひとり。

岩松了さんの作・演出で森田剛くんにあて書きした舞台ならどうなの?と散々逡巡して自分の心に問うてみた結果、「森田剛くんの舞台なら観たい」が勝利を収めまして、観に行くことにしました。


Bunkamura30周年記念
シアターコクーン・オンレパートリー2019
「空ばかり見ていた」
作・演出: 岩松了
美術: 愛甲悦子
照明: 沢田祐二
出演: 森田剛  勝地涼  平岩紙  筒井真理子  宮下今日子  新名基浩  
大友律  髙橋里恩  三村和敬  二ノ宮隆太郎  豊原功補  村上淳

2019年4月6日(土) 6:30pm 森ノ宮ピロティホール W列下手
(上演時間: 2時間50分/休憩 20分)



物語の舞台は政府軍と反政府軍による内戦が繰り広げられているらしい現代の日本。
山奥にある小学校の廃校跡をアジトにする反政府軍は戦闘で仲間を失い、残っているのは7人。
反政府軍の兵士 多岐川秋生(森田剛)は尊敬するリーダー吉田満(村上淳)の妹 リン(平岩 紙)と恋人同士ですが、ある日、秋生の留守中にリンが暴漢に襲われるという事件が起こります。リンの怪我は大事には至らず回復に向かいますが、命の保証のない日々の中、秋生は結婚に踏み切ることができません。内戦の行方が見通せず苛立ちがつのる兵士たちに、捕虜になった政府軍の兵士カワグチ(豊原功補)、生命保険会社の外交員 田中(筒井真理子)、さらには頻繁に息子を訪ねてくる兵士の母 登美子(宮下今日子)などが絡んで物語は展開します。


「反政府軍のアジト」という設定を事前に知っていて、その上でイメージしていたのとは違った作品でした。
上空をヘリコプターが舞う音が聞こえてはいるもの、リアルな戦闘は遠い場所で起こっているらしく、司令部も遠い街にあるようです。兵士たちに死と直面しているような危機感はさほど感じられなくて、何気ない日常生活が描かれていきます。


続きがあります
posted by スキップ at 22:56| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

1+1は2であると言えること 「良い子はみんなご褒美がもらえる」


yoiko.jpg反体制分子は精神的に狂っているのだから病院で治療するか抹殺するしかないという社会。

「自分自身に正直に生きるということは 1+1は2 であると言えることだ」というアレクサンドルの言葉が胸に響きます。


俳優とオーケストラのための戯曲
「良い子はみんなご褒美がもらえる」
作: トム・ストッパード
作曲: アンドレ・プレヴィン
翻訳: 常田景子
演出: ウィル・タケット
指揮: ヤニック・パジェ
出演: 堤真一  橋本良亮  小手伸也  シム・ウンギョン  外山誠二  斉藤由貴
川合ロン  鈴木奈菜  田中美甫  中西彩加  中林舞  松尾望  宮河愛一郎

2019年5月11日(土) 5:00pm フェスティバルホール 1階2列センター
(上演時間: 1時間15分)



舞台上手下手に二階建てのパイプセット。
中央に4段ほどの階段が設えられ、その向こうに指揮者と35人のオーケストラ。
6人のアンサンブルが民衆だったり体制側の軍人だったり、シーンによって変わる役割をダンスで表現する抽象的な舞台。

トム・ストッパードさんの作品は何作か観たことありますが、真っ先に浮かぶのは「アルカディア」
あの難解だけど繊細な世界観が好きだったのでこの作品も楽しみにしていたのですが、さらに難解だったなー。


舞台は1970年代のとある独裁国家(ソビエトと思われる)の精神病院の一室。
体制への誹謗罪で捕えられた政治犯 アレクサンドル・イワノフ(堤真一)と、自分はオーケストラを連れているという妄想に囚われた男 アレクサンドル・イワノフ(橋本良亮)が同室になります。
この2人に、バイオリン奏者でもある医師(小手伸也)、アレクサンドルの息子サーシャ(シム・ウンギョン)と教師(斉藤由貴)がからんで物語は進みます。信念を貫くためにハンストをして抵抗するアレクサンドルに手を焼いた大佐(外山誠二)は・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 21:15| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

Maternité par Pablo Picasso


maternite.jpg

ピカソつながりで私のお気に入りのピカソの作品をご紹介。

「Maternité」

1963年作のリトグラフ。
ピカソは1973年に91歳で亡くなっていますので、その10年前 81歳 かなり晩年の作品ということになります。

これを見つけたのは、MoMAのミュージアムショップ。
私が最後にニューヨークに行った年なので2001年。911の1ヵ月前でした。
赤ちゃんを抱いたお母さんのやさしい表情とやわらかな色調が一目で気に入って、ニューヨークから連れて帰ってきました(もちろんレプリカです)。


image1 (14).jpg帰国してからこのリトグラフに合うようにフレームをオーダー。
今も寝室の壁にかけていて、ハードな1日を過ごした日も、何だかなーな日も、夜部屋に戻ってこれを見ると穏やかな気持ちになれる、私の癒しの空間です。




は~、もう18年も前なのか
またNY行きたい のごくらく地獄度 (total 2056 vs 2056 )



posted by スキップ at 20:18| Comment(0) | shopping | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

20世紀に乾杯! 「ピカソとアインシュタイン」


piccaso1.jpg  piccaso.jpg

舞台はパリのバー ラパン・アジール。
時は1904年 20世紀が始まったばかり。
1905年 「特殊相対性理論」を発表したアルベルト・アインシュタイン
1907年 「アヴィニョンの娘たち」を描いたパブロ・ピカソ
この若き天才2人が、もし本当に出会っていたら?という物語。


「ピカソとアインシュタイン ~星降る夜の奇跡~」
作: スティーヴ・マーティン
演出: ランダル・アーニー
翻訳: 香坂隆史
ドラマターグ・演出補: 池内美奈子
美術: 伊藤雅子
照明: 日下靖順
出演: 岡本健一  川平慈英  村井良大  三浦翔平  
水上京香  吉見一豊  間宮啓行  香寿たつき  松澤一之

2019年5月12日(日) 5:30pm 森ノ宮ピロティホール F列上手
(上演時間: 1時間30分)



1997年と2000年に岡本健一さん、川平慈英さん主演で上演された作品の19年ぶりの再演だとか。
「奇しくも日本が平成から新元号に変わる、時代の幕開けに本作が上演」とフライヤーに書いてありました。ふむふむ 20世紀初頭と日本の新元号をかけたのか(何で?←心の声)


今回の配役は
ROSE  ピカソ:岡本健一  アインシュタイン:川平慈英  
      シュメンディマン:村井良大  訪問者:三浦翔平
BLUE  ピカソ:三浦翔平  アインシュタイン:村井良大  
      シュメンディマン:川平慈英  訪問者:岡本健一

という2パターン。
岡本健一さんが演じるピカソが観たかったのでROSEの方をチョイスしました。


モンマルトルに現存するラパン・アジールのつくり込んだ舞台装置。
このバーの店内だけで進む物語は、いかにもいかにも翻訳劇な雰囲気のウィットに富んだ会話のやり取りで進みます。

主人フレディ(間宮啓行)とその恋人でウェイトレスのジェルメーヌ(香寿たつき)をはじめ、店に集う人々-老人のギャストン(松澤一之)、画商のサゴ(吉見一豊)、発明家シュメンディマン(村井良大)、そして物理学者を目指す青年 アインシュタイン(川平慈英)はみんなひと癖ある人々。
そこへ美しい娘 シュザンヌ(水上京香)が一夜を共にした若い画家を探してやってきます。シュザンヌは彼が描いたデッサンを持っていましたが、現れた当の本人ピカソ(岡本健一)は女たらしで彼女のことをすっかり忘れ、また彼女を口説き始めます・・・といった展開の中、やがて自分たちが求める真理について語り合い始めるピカソとアインシュタイン。
芸術と物理学、道は違っていても2人はこの新しい20世紀を自分たちが切り拓く、と意気投合します。そこへ未来からの訪問者(三浦翔平/どう見てもエルビス・プレスリーなんだけど)が現れて2人を祝福。「20世紀に乾杯!」と、ともに祝杯をあげるとあたり一面星降る夜に・・・。

といった会話劇のちファンタジーな展開。


続きがあります
posted by スキップ at 23:23| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

JUST BE WHO YOU WANT TO BE 「キンキーブーツ」


kinkyboots.jpg

「他人をありのまま受け入れて」
「誰に?いつから?」
「やってみて。いつでも、誰にでもよ」

ドンとローラの会話に込められたこの作品のメッセージ。

他人をありのまま受け入れるということは自分自身もありのまま受け入れるということ。
JUST BE WHO YOU WANT TO BE


ブロードウェイミュージカル 「キンキーブーツ」  Kinky Boots
脚本・歌詞: ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞: シンディ・ローパー
演出・振付: ジェリー・ミッチェル
日本版演出協力・上演台本: 岸谷五朗
訳詞: 森雪之丞
出演: 小池徹平  三浦春馬  ソニン  玉置成実  勝矢  ひのあらた  
飯野めぐみ  白木美貴子  施鐘泰  森川次朗  佐久間雄生 ほか

2019年5月22日(木) 2:00pm オリックス劇場 1階14列センター
(上演時間: 2時間25分/休憩 25分)



物語: イギリス ノーザンプトンで代々続く靴工場 Price & Sonの息子チャーリー(小池徹平)は父の急死で工場を継ぎますが、大手取引先からの契約解除で工場は経営難。そんな時、ロンドンでドラァグクイーンのローラ(三浦春馬)と出会います。ローラたちがショーで男性の体重を支えるようにできていないブーツを履いて踊っていることからインスピレーションを得て、工場をドラァグクイーンのブーツ専門工場として再生させる過程でチャーリー自身も自分と異なる者たちや自分自身も受け容れる軌跡が描かれます。


2013年にブロードウェイで初演されたミュージカル。
2016年日本初演。
その時もチケットを取ろうとしていたのですがどうしてもスケジュールが合わず断念。開幕するととても評判がよくてやっぱり観ればよかったぁと後悔したものです。
3年を経て同じキャストで再演ということで、とても楽しみにしていました。
実際に観て、そりゃこれ評判いいはずだワ、となりました。


楽しい!
ダンスも歌もたっぷり。
シリアスな場面もありながら、センスよくショーアップされた舞台。
歌詞もメロディも挑戦的で魅力的なシンディ・ローパーの楽曲。
華やかでパンチ効いていて彩鮮やかな衣装。
華やかなドラァグクイーン、ひたむきな靴工場の従業員。
もちろん役者さんたちすばらしい。


実話に基づいた作品ということですが、物語しては奇をてらったところはなくて、出会い→同調→葛藤→決別→和解&ハッピーエンドという流れで、こうなるんだろうなというふうに進みます。
チャーリーとローラの友情、二人それぞれが抱える父親への葛藤、そして社会的マイノリティ(と思われている人たち)と周囲の問題を扱っていてメッセージも込められているのですが、押しつけがましさも説教臭くもありません。
シリアスなシーンも華やかなショーも、場面場面が歌やダンスで彩られてショーアップされ、盛り上がったり心に染みたり。


続きがあります
posted by スキップ at 21:37| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年05月25日

大変遅ればせながらBluetooth


image1.jpg

私が今使っているスマートフォンは iPhone XR
機種変更する時に、「イヤホンジャックはありません」と言われ、「へ??!」となりました。
聞けば、iPhone7以降、イヤホンジャックは廃止されたとか(機種変前はiPhone6だったので知らなかった)。
「じゃあイヤホン使いたい時はどうするんですか?」とお聞きしたところ、
「Lightningコネクタ接続の変換アダプターを買っていただくか、あとはBluetoothで飛ばすかですね」と言われて、「うへ~、面倒くさ」と思ってそのまま放置。
いつも音楽が手放せないというタイプの人間ではないので、長時間の移動で音楽を聴く時にはiPodを利用、iPhoneで動画を自宅以外見る時にはもっぱらミュートでという日々でした。


4月にKen's Barに行った後、平井堅さんの歌がもっと聴きたくてSingle Collectionのベストアルバムを購入。
iTunesにインポートしてiPodとiPhoneを同期したらやっぱりiPhoneでも聴きたくなって、重い腰をあげてBluetoothのワイヤレスイヤホンを購入することにしました。

「よく電車の中で耳に差し込んでいるのを見かけるコードのないあれね」と思っていたのですが、調べてみたら、それは「完全ワイヤレス」というもので、他に「ネックバンド型」「左右一体型」というのがあるのを初めて知りました(遅っ)。

あまりあれこれ比較研究する人間ではないので、まぁ、あまり落とす心配のないネックバンドか左右一体型くらいがいいかなという感じでwebで見ていて、これが目にとまって「いいじゃん!」となり、即決。

SONY のワイヤレスイヤホン MDR-NWBT20N  ビビッドピンク です。

完全にビジュアルで選んだものですが、同機種で他のカラーのものよりこのビビッドピンクだけがお値段高かったので人気デザインなのかな。
一応、ノイズキャンセリングもついていて、使い心地は快適。
今は通勤電車の中でもCD4枚分の平井堅さんの歌声を満喫中であります。




こんなことならもっと早く買えばよかった のごくらく地獄度 (total 2054 vs 2053 )




posted by スキップ at 14:58| Comment(0) | shopping | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

EVERYBODY JUMP! 「芹香斗亜お茶会」


image1 (4).jpg


image1 (2).jpg


とても楽しくてセンスがいいと評判の芹香斗亜さんのお茶会。
ご縁があって、今回初めて参加することができました。
いや~、ほんと、とても楽しかったです。

近ごろには珍しくレポ禁ではない芹香さんのお茶会。
終了直後からTwitterにたくさんレポがあがっていますが、これは自分のための備忘メモということで。


TOA SERIKA TEA PARTY
2019年5月19日(日) 7:30pm 宝塚ホテル 宝寿の間
(終了時間 9:50pmぐらい)



冒頭の画像はウェルカムボードのビフォーアフター。
アフターですごく増えているのはみんなお茶会の中で使った小道具たちです。
終わって出てきたらこんなふうに綺麗に飾りつけられていました。スタッフさん凄い。

これまでそんなに多くのお茶会に参加してきた訳ではありませんが、芹香会スタッフさんの優秀さ、企画力がとても印象的でした。スタッフTシャツ着てインカムつけて進行もとてもスムーズ。
終了時間の頃に阪急電車今津線が人身事故でストップしていたらしいのですが、その情報もちゃんと司会の方が伝えてくださってホスピタリティも完璧。


芹香斗亜さん(以下、キキちゃん)がカッコいいのはもちろん、かわいさ炸裂でした。
神戸ご出身の関西人だけど、シュッとしてるので普段あんなに関西弁とは思いませんでした。
「無理や!」とか「これでええやん」とか、つぶやく言葉が自然でとても可愛くて温かい。

宝寿の間にぎっしりの上に部屋の外まで席が用意されていました。1,300人弱といったところでしょうか。
この人数にはキキちゃんも驚いたご様子で、第一声が「うわぁ~ すごい人や・・・なんか、きのこの山がいっぱい並んでるみたい」でした。

受け取ったプログラムとチケットが鮮やかなフューシャピンクでそれだけで気分がアガリます。
入場前に4つの箱が用意してあって、「ポスター」「ポラロイド風写真、スチール」「雑誌」など、抽選会で当たる景品の自分が欲しいものの箱に自分で自分の半券を入れる方式。お茶会といえば抽選はつきものですが、こんなの初めて。


キキちゃん、なーんと、「JUMP!」を歌いながら入場です。黒スーツに紺のシャツ、金髪でめちゃカッコいい。
「ええ~っ 歌ってくれるのおぉ?!」とさらにテンションあがる不肖スキップ。

センターテーブルに立って、「きのこの山」発言があり、司会の方が、「ラスティーの株主総会へようこそお越しくださいました」・・・株主総会だったのか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:43| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

溢れ出す情熱を君に 星組 「ESTRELLAS」


image1.jpg

私が観たのは5月6日でしたが、前日から「鎌足」が開幕していて、梅田芸術劇場で全国ツアー公演、地下のシアター・ドラマシティで「鎌足」と同じ建物の上下で星組のトップ 紅ゆずるさんと二番手 礼真琴さんが主演公演上演・・・これ、最初で最後だなぁと感慨深かったです。


宝塚歌劇星組 全国ツアー公演
スーパー・レビュー 「ESTRELLAS (エストレージャス) ~星たち~」
作・演出: 中村暁
出演: 礼真琴  音波みのり  万里柚美  白妙なつ  大輝真琴  漣レイラ  
紫藤りゅう  朝水りょう  小桜ほのか  桜庭舞  極美慎/愛月ひかる ほか

2019年5月6日(月) 4:30pm 梅田芸術劇場 2階1列センター
(上演時間: 55分)

「アルジェの男」の感想はこちら


今年の1月~2月 大劇場で上演されたショーで、歌にダンスに礼真琴さんほぼ出ずっぱりで大活躍。
その時点bでこのショーが全ツの演目と発表されていたのですが、「主演の紅さんのところに礼さんが入ると礼さんポジションは誰ができるの?と心配にもなります」と当時の感想にも書いていました(こちら)。


紅→礼 とそのままそっくり入れ替えるのではなく、いくつかの場面は礼真琴さんのまま残して、紅さんのポジションに愛月さんが入ったり、とフレキシブルな対応で改編によるストレスフリーの楽しいショーに仕上がっていました。
さすが中村暁先生、わかってらっしゃる。

中でも「Back!」
大劇場公演の時から大好きなシーンですが、最初にバーァン!と跳ぶところで、「あんなに高くジャンプしてたっけ?」とオドロキ。目にとまらぬ速さの振りで怒涛のダンスの連続で、それなのに全く息ぎれもせずいい声で歌う礼真琴さんすごいとしか言いようがありません。周りの流星たちも今回6名で少数精鋭となり、みんなダンス巧者で全体のレベル感高騰ぶりハンパなく。この場面永久に観ていたいくらいです。

いやしかし、Back!からの愛月ひかるさんのHot Stuff、紫藤りゅうさんのSunnyはさんで、リベルタンゴもチャンピオーネもラップもって、ほんと、礼真琴さん踊りまくり歌いまくり。あんなに激しいダンスしながら歌っても息切れひとつしない・・・どころかずっとイケボで響き渡る歌声。素晴らしいのひと言。


続きがあります
posted by スキップ at 22:34| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする