2018年06月13日

タイトルは問題提起 「凸し凹る」


凸凹.jpg森山未來くん好きとしては「談ス」シリーズは2014年の初演から気になっていました。
でもなぁ、ダンス・・特にコンテンポラリーなんて、観てもよくわからないしなぁ、と腰が引けてこれまで避け気味。

第三弾となる今回も見送るつもりでチケットは取っていなかったのですが、別のお芝居を観に行った兵芸で、サイドながら最前列の一番センターブロック寄りの席が出ていて、そりゃ出来心で買ってしまうというものでしょうよ。
(兵芸は通常、左右のサイドブロックはB列から始まってA列はないので、追加席が販売になったものと思われます。)


談ス・シリーズ 第三弾
「凸し
 凹る」

構成: 大植真太郎 
振付・出演: 大植真太郎  森山未來  平原慎太郎

2018年5月27日(日)  3:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階A列下手  (上演時間: 60分)



開演前
「俺です」と始まるアナウンス。
ラストの方でわかったのですが、平原慎太郎さんだった模様。
携帯電話の電源を切る、録音、撮影は禁止などいつもの前説をユーモラスに。
「カビやキノコの栄養体を構成する糸状の細胞列を何というでしょう」
・・・へ?菌糸かな?(←ここでこのワード思いついた自分エライ、と自画自賛)。
「菌糸です」
次の質問の答えが「近視」その次も・・・「あー、『禁止』にかけてあるのね」とここでわかる。
「問題です。この公演タイトルは何と読むでしょう?」 で開演です。


続きがあります
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

情熱の嵐よぉ~ 星組 「Killer Rouge」


image1 (6).jpg

さてさて星組ショーです。
“Killer”は「素晴らしい」や「カッコイイ」、「魅了する人」等を意味する英語のスラングなのですって。プラス“紅”の“Rouge”。
台湾公演を意識してか、開演前の幕はこんな漢字仕様でした。


宝塚歌劇 星組公演
タカラヅカ・ワンダーステージ 「Killer Rouge (キラー ルージュ)」
作・演出: 齋藤吉正
出演: 紅ゆずる  綺咲愛里  礼真琴  万里柚美  美稀千種  
七海ひろき  如月蓮  天寿光希  音波みのり  夢妃杏瑠  
十碧れいや  瀬央ゆりあ  有沙瞳/華形ひかる ほか

2018年4月29日(日) 3:00pm 宝塚大劇場 1階16列上手/
5月24日(木) 11:00am 1階9列下手
(上演時間: 55分)


「ANOTHER WORLD」の感想はこちら


タイトル通り、とにかく「紅かった」という印象。
紅ゆずるさんが大きな紅い龍と登場するオープニングから、ずーっと紅くてキラキラしていてにぎやか。
何だか目も耳も忙しくてあっという間にフィナーレという感じでした。
齋藤吉正先生らしいとも言えるし、星組らしいと言えるのかもしれません。


ストーリー仕立ての場面がいくつかあって、ひとつは紅頭巾CHANGとオオカミ。
綺咲愛里さん赤ずきんちゃんを礼真琴くんオオカミが「好きだ~、メロメロ~」とか歌いながら口説く、みたいな展開ですが、王子やらピーターパンやティンカーベルやと出てきてメルヘンの世界のよう。有沙瞳さんが何の役?と思っていたのですが、マッチ売りの少女だったのね。
歌詞はともかく(笑)、曲はみんな耳馴染みのいいメロディ・・・K-POPだということでした。台湾公演仕様かな。
他の場面でも聞き覚えのある曲が結構出て来て、私はあまり詳しくありませんが、歌謡曲やアニメソングだったみたいです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:38| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

ぶち生かす! 星組 「ANOTHER WORLD」


anotherworld.jpg千秋楽はもう終わってしまいましたが、宝塚大劇場 星組公演は落語噺を題材にしたミュージカルと台湾公演へ持っていくショーの2本立て+104期生初舞台お披露目。

RAKUGO MUSICALって・・・と思っていたところへ、歌劇の殿堂入場券つきとかフルールのたこ焼き券つきとかいろんな企画チケットの案内が来て、チケットの売れ行き悪そうだし、どーなん?とおそるおそるという感じで観に行ったら・・・これがとてもおもしろくて楽しかった!
ゆるくてベタなのだけど、アハハと声を出してよく笑いました。

という訳でまずはお芝居の感想を。


宝塚歌劇 星組公演
RAKUGO MUSICAL 「ANOTHER WORLD」
作・演出: 谷正純
出演: 紅ゆずる  綺咲愛里  礼真琴  万里柚美  美稀千種  七海ひろき  
如月蓮  天寿光希  音波みのり  夢妃杏瑠  十碧れいや  瀬央ゆりあ  有沙瞳
/汝鳥伶  華形ひかる ほか

2018年4月29日(日) 3:00pm 宝塚大劇場 1階16列上手/
5月24日(木) 11:00am 1階9列下手
(上演時間: 1時間35分)



物語: 大坂の両替商 誉田屋の若旦那・康次郎(紅ゆずる)は高津神社の境内で菓子屋 松月堂のいとさん・お澄(綺咲愛里)に一目惚れし、恋患いで死んでしまいます。あの世に来た康次郎はそこで出会った江戸のお大尽 徳三郎(礼真琴)や誉田屋出入りの職人 喜六(七海ひろき)たち一緒に、同じくあの世へ来ているお澄を探して旅します。ようやく巡り合った2人でしたが、閻魔大王(汝鳥伶)がお澄に横恋慕して・・・。


「地獄八景亡者戯」「朝友」「死ぬなら今」といった死後の世界を舞台にした落語噺を散りばめているということですが、元の落語を知らないのでどれくらい潤色されているのかわかりませんし、知ってたらもっとおもしろかったかもしれません。康次郎とお澄の出会いのエピソードとして語られる「瀬をはやみ~」だけは、朝ドラ「わろてんか」を観ていたので「崇徳院だ!」とすぐわかりました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:45| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

レモンリコッタパンケーキ @J.S. PANCAKE CAFE


image1.jpg

バタバタ慌ただしくしていてランチを食べそこねた夕刻。
おなかすいたなぁ、何食べよう?となった時に と頭に浮かんだのがパンケーキ。
すごくパンケーキ好きという訳ではないのですが、数日前に観た中村歌昇くんのインスタグラム(こちら)のおいしそうなパンケーキが心に残っていたのでした。

それほど時間に余裕もなかったので駅近のこちらへ。


J.S. PANCAKE CAFE
大阪市天王寺区悲田院町10-48 天王寺ミオプラザ館 2F
tel: 06-6773-3016

JOURNAL STANDARD が展開するパンケーキ専門カフェ。
大阪には2店舗あります。
こちらのお店がオープンしたのは5年位前で、オープン当初に比べたら落ち着いてきましたが、今でも週末には行列ができる人気のカフェ。
雨の平日 中途半端な時間帯でさすがに行列はありませんでしたが、席は結構埋まっていました。


image1 (2).jpg

インテリアはナチュラル系で肩が凝らない程度におしゃれ。


続きがあります
posted by スキップ at 22:58| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

花組 「あかねさす紫の花/Santé!!」」 ライブ中継


akanesasu.jpg「あかねさす紫の花」が花組で上演されると発表された時、「大海人皇子はみりおとして、中大兄皇子はぜひちなっちゃんでお願いしたい。絶対ちなっちゃんに似合うはず!」と思っていました。

役替りとはいえ願い通りに 大海人皇子: 明日海りお 中大兄皇子: 鳳月杏 というキャストが発表され、前のめりになったものの「これだけ観に博多遠征するのもなぁ~」と思っていたら、そうだ!ライブビューイングがあったじゃないか。


宝塚歌劇 花組博多座公演 ライブ中継
万葉ロマン 「あかねさす紫の花」
作: 柴田侑宏 
演出: 大野拓史
レビュー・ファンタスティーク  「Santé!!」~最高級ワインをあなたに~
作・演出: 藤井 大介
出演: 明日海りお  仙名彩世  柚香光  高翔みず希  花野じゅりあ  
瀬戸かずや  鳳月杏  桜咲彩花  和海しょう  乙羽映見 ほか
2018年5月12日(土) 15:30 TOHOシネマズ梅田 スクリーン2
(上映時間: 3時間)



「あかねさす紫の花」

日本史の授業にも出てくる「大化の改新」で有名な中大兄皇子と大海人皇子兄弟が女流歌人・額田女王を巡って繰り広げる愛憎劇。
柴田侑宏先生が万葉集の大海人皇子と額田女王の相聞歌からインスピレーションを受けて書いた作品。
弟(大海人皇子)の妻である額田女王の美しさにある日突然目覚めた兄(中大兄皇子)が権力にモノを言わせて奪う、しかも額田王の実姉である自分の妻は中臣鎌足に払い下げるという、中大兄極悪な話です。

何度か再演を重ねていて、脚本や演出が改訂されていますが、今回は大海人主演編と中大兄主演編のA・B 2パターンでどちらも明日海さんが主役を演じます。
私が観たのはAパターン。やはりこの作品は大海人と額田の悲恋が中心で、明日海さんも大海人皇子がお似合いだと思います。


akanesasuA.jpg  akanesasuB.jpg

パンフレットもA・B 2種類作成するというリキの入れよう(全部 明日海さん)



続きがあります
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年06月03日

しがねぇ恋の情けが仇  コクーン歌舞伎 「切られの与三」


kirarenoyosa.jpgラストシーン。
飛行機雲が一筋の線を描いていく青空の下、一人ぽつんと座る与三郎。
「しがねぇ恋の情けが仇」と空に向かってつぶやきます。
この台詞、与三郎が「源氏店」でお富に向かって言い放つ言葉で、もちろんその場面にも出てきましたが、全く違って聞こえました。


渋谷・コクーン歌舞伎 第十六弾 「切られの与三」
作:  瀬川如皐 「与話情浮名横櫛」より 
補綴: 木ノ下裕一
演出・美術: 串田和美
出演: 中村七之助  中村梅枝  中村萬太郎  笹野高史  真那胡敬二  
中村鶴松  中村歌女之丞  片岡亀蔵  中村扇雀  武谷公雄 ほか

2018年5月10日(木) 1:30pm シアターコクーン 1階B列(5列目)下手
(上演時間: 3時間5分/幕間 10分・15分)



2年ぶりのコクーン歌舞伎。
今年は中村勘九郎さんが大河ドラマの撮影のため出演されず、中村七之助さん主演ですが、なーんと、その七之助さんに立役をあてるという変化球投げてきました串田さん。

木ノ下歌舞伎の木ノ下裕一さんが補綴としてコクーン歌舞伎に初参画されるのも話題です。
入場するとロビーに串田さんと木ノ下さんが並んで立っていらっしゃいました。


image1 (4).jpg


「与話情浮名横櫛」は歌舞伎でもよくかかる演目ですが、「木更津海岸見染の場」と「源氏店の場」の見取りがほとんど。2016年7月の松竹座や2013年5月の明治座では、「赤間別荘の場」が間に入っていました。
明治座といえば染五郎さん(当時)の与三郎にお富は七之助さん。なつかしい~

今回のコクーン歌舞伎では、「源氏店」でハッピーエンドで終わるのはなく、その後の与三郎の流転の人生が描かれています。
これが初めて見聞きするお話で、原作を読んだことがないのでどれくらい潤色されているのかわかりませんが、「ほぇ~、そんな展開?」と驚きつつとてもおもしろかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:32| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年06月02日

スパイラル・アフタヌーンティ @コンラッド大阪


image1 (6).jpg


久しぶりにファザコンサリーちゃんがご来阪ということで、
コンラッド大阪でアフタヌーンティをご一緒しました。


40スカイバー&ラウンジ
コンラッド大阪 40階
大阪市北区中之島3-2-4
tel: 06-6222-0111 


1年前くらいにもサリーちゃんが大阪に来た時、「コンラッドのアフタヌーンティ行こう!」と計画したことがあったのですが、その頃は開業したばかりで大人気で予約が取れず・・・1年経ってのリベンジとなりました。


こちらのアフタヌーンティは2種類。
よく見かけるオープンな木の箱に入ったコンラッド・アフタヌーンティ(この季節は抹茶アフタヌーンティ)とこちらのスパイラル・アフタヌーンティ。
スイーツは好きだけどそればっかりはどうも、と思っている私たち 2人ともスパイラル・アフタヌーンティ即決でした。


image2 (5).jpg image2 (8).jpg

逆光だけど別アングルからのショット。
右はロビーからアトリウムに降りる白い螺旋階段。コンラッド大阪のアイコニックスポットです。
スパイラル・アフタヌーンティはこの螺旋階段からインスピレーションを得たのだとか。


続きがあります
posted by スキップ at 22:48| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

香林堂があったじゃないか


image1 (4).jpg匂いには結構敏感でいい香りに包まれていたいけれどフレグランスや芳香剤のような強い香りは苦手、という面倒くさい私は自室ではお香を焚くことが多いのですが、玄関まわりにもほのかに漂うお香を焚きたいと思っていました。

とはいうものの、生活雑貨店などで販売されている人工的なお香が苦手なので、「松栄堂に行かなきゃなぁ」(京都の香老舗 松栄堂の大阪店が本町ガーデンシティにあって時々買っている)と思っていたところ、いつもお世話になっている整体の先生が、「お隣に有名なお香屋さんがありますよ」と教えてくださったので、先日帰りに寄ってみました。


薫香司 香林堂
大阪市天王寺区逢阪2-1-14
Tel: 06- 6779-0026

四天王寺西門前 交差点を渡ってすぐのところにあります。
古くて小さなお店ですが有名店らしく、遠くからお香を買いに来られたり、中国から香木を買い求めにいらっしゃったりもするのだとか。大女将さんは香道の先生もされている方だそうです。
本町の松栄堂のようには全然こじゃれて綺麗ではなくて、お店の中には所せましといろんなお香が並んでいます。それらは全部こちらで調香、製造されているということで、香木もごろごろ置いてありました。


お香はとても高価なものから庶民的なものまで、お値段も種類もたくさんありますが、気さくで楽しい若女将さん(といっても結構ご年配のご婦人)にご相談していろいろ教えていただき、まずはお試しということで、ガラスのびんに入ってたくさん並んでいたコーンタイプのお香の中から、大好きな白檀、沈香林、花香林の3種類を選んで10~20粒ずつ買ってみました。


image2 (4).jpg  image2 (3).jpg

これがねー、どれもとてもいい香りなのです。右は私が普段愛用している香炉。
朝玄関ホールで焚いておいて、夜帰宅するとドアを開けた途端ふわりとお香の香りが漂って、疲れも癒される感じ。
ここなら整体の帰りにいつでも行けるし、大阪には香林堂があったじゃないか!という気分。




次回はお線香も買ってみるつもり のごくらく度 (total 1916 vs 1922 )


posted by スキップ at 23:40| Comment(0) | shopping | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

「髑髏城の七人」 5 season 総括


image1 (2).jpg

2017年3月30日に開幕して、2018年5月31日にて大千穐楽を迎える「髑髏城の七人」。
1年2カ月・・・あっという間だったような気もしますが、小栗旬くんの捨之介を観たことが遠い昔のようにも感じます。
Season 花から始まって、鳥 風 月 そして極。5シーズンのスキップ的総括。



まずは観劇回数とアップしたレポの本数。

dokurototal.JPG


尻すぼみ感アリアリ(笑)。

この企画が発表された時、前のめりになって、「花鳥風月 全部観る。千穐楽も全部行って、おせんべい4枚集めるわよ!」(当初は4 Season しか発表されていなかったので)と意気込んでいたワタシ、どこへ?

IHIステージアラウンド東京という劇場が何度行っても好きになれなかったこと(東京の人は「遠い」とおっしゃるけれど、私のような遠征組にとっては東京の劇場はどこも遠いのでそれが問題ではない)や、昨年後半は諸般の事情でやむなく観劇取りやめざるを得なかったということもありましたが、最大の理由は「もうおなかいっぱい」かな。

「花鳥風月の4パターンで。それぞれ設定や脚本、キャストも変えて上演」ということでしたが、キャストが変わるのは当然として、設定が大幅に変わったのは「鳥」と、番外編の「極」だけで、他の3 Seasonは特に大きな乖離はないように思いました・・・しいていえば「風」の捨天 一人二役復活が目を引いたくらい。

もちろん新しいキャストで新鮮な発見や驚きがあったり、その役者さんにあて書きされた脚本や演出の細かな変化は楽しめましたが、大筋として「髑髏城」なのですから、役替りで同じ作品を何度もリピートしているような感覚で、さすがに飽きるわな(^^ゞ

とはいえ、たとえば「アカドクロ」や「アオドクロ」なら、何度でも観たい!と思いましたし、作品は違いますが、「朧の森に棲む鬼」を松竹座で上演した時なんて「毎日通ってもいい」というくらいの勢いでしたので、やはり作品やキャストの求心力が私の中でそこまで燃え上がらなかったということになるでしょうか。


そんな 5 seasonの「髑髏城の七人」 独断と個人的好みで選んだ my best



続きがあります
posted by スキップ at 23:27| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする