2017年07月25日

ロベール・トマ 二度目なのにヤラレタ! 「罠」


wana.jpg2009年に加藤和樹さん初主演作として上演され翌年再演。
今回が7年ぶり三度目の上演ということですが、私は初見でした。

「ラストまで犯人が分からない・・・謎が謎を呼ぶ推理劇の決定版!」というキャッチコピー。
「演劇界のヒッチコック」と呼ばれたロベール・トマの名作サスペンス劇です。

「罠」
作: ロベール・トマ   訳: 平田綾子   
演出: 深作健太
美術: 朝倉摂
出演: 加藤和樹  白石美帆  渡部秀  初風緑  山口馬木也  筒井道隆

2017年7月15日(土) 5:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階F列センター  (上演時間 2時間)



物語は新婚3ヵ月のカップルが滞在するフランス郊外の山荘の一室で展開します。
妻のエリザベートが行方不明になり、夫のダニエル(加藤和樹)はカンタン警部(筒井道隆)に捜索を依頼しますがなかなか見つかりません。
そこへ、マクシマン神父(渡部秀)に付き添われて戻って来たエリザベート(白石美帆)は全く見知らぬ別人でした。ダニエルは、激しく抵抗しますが状況証拠は彼女が妻だと裏付けるものばかり。ただ一人真実を証明してくれるはずの絵描きメルルーシュ(山口馬木也)も殺されてしまい、ダニエルは精神的に疲弊しエリザベートとマクシマンにより病院へ送られることになって・・・。


これ、雰囲気が昨年観た「一人二役」に似てるなぁ似てるなぁ、と思いながら観ていました。
メルルーシュを除いて周りの人たちが全部共犯っぽいところとか、主役が陥れられてじわじわ精神的に追い詰められていくところとか、同じ展開じゃんと思っていて、ふと気づきました。
あの作品もロベール・トマだったことに。


続きがあります
posted by スキップ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

ギャツビーだけどギャツビーじゃない 「グレート・ギャツビー」


gatsby.jpg井上芳雄さん主演でこの作品を上演すると発表になった時かなり話題沸騰で、その他のキャストの情報公開まで時間がかかったこともあってか「デイジーは誰だ?」的な憶測でネット上が賑わっていたことも、今となっては懐かしい。


ミュージカル 「グレート・ギャツビー」
原作: F・スコット・フィッツジェラルド
音楽: リチャード・オベラッカー
脚本・演出: 小池修一郎
音楽監督: 太田健
振付: 桜木涼介
美術: 松井るみ
出演: 井上芳雄  夢咲ねね  広瀬友祐  畠中洋  蒼乃夕妃  AKANE LIV  
田代万里生  本間ひとし  渚あき  イ・ギトン  音花ゆり ほか

2017年7月5日(水) 1:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階7列(4列目)下手
(上演時間 2時間50分)


物語: 舞台は1920年代のアメリカ・ニューヨーク。禁酒法の時代。
謎多き大富豪・ギャツビー(井上芳雄)の邸宅の隣に引っ越して来たニック(田代万里生)は、夜ごと行われるギャツビー邸のパーティに招かれます。ニックのまたいとこ・デイジー(夢咲ねね)は、裕福な家の息子トム(広瀬友祐)と結婚し一児の母となっていますが、トムにはマートル(蒼乃夕妃)という愛人がいて夫婦関係はぎくしゃくしていました。そのデイジーこそ、ギャツビーが5年前に別れた忘れられない恋人でした。やがてニックの手引きで二人は再開し・・・。


始まりはプールサイド。
バスローブ姿のギャツビーが登場。それを脱いで水着になった(この時代の水着を芳雄くんが着ているの見てちょっと笑いそうになっちゃったんだけど)途端に銃声が響いてギャツビーがプールに転落。
映し出された水面が血で真っ赤に染まっていく・・・というオープンニング。
ギャツビーの死から回想に入っていく展開です。

1991年に今作と同じ小池修一郎さん脚本・演出、杜けあきさん主演で宝塚歌劇で上演、2008年には瀬奈じゅんさんのギャツビーで再演されていますが、どちらも観ておらず、小池先生演出版は今回初見。
「デイジーを思い続けるギャツビーの一途な愛の物語」という印象です。
ビジュアルもとても綺麗。
王道の純愛悲劇をザ・プリンスの井上芳雄が演じているに尽きる、とでも言いましょうか。


gatsby2.jpg




続きがあります
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

ちぎさんのためなら 首が飛んでも動いてみせまさぁ 「早霧せいなラストデイ」 ライブ中継


chigilastday.jpg


カーテンコールラスト。
緞帳前に二人で現れた早霧せいなさんと咲妃みゆさん。
「じゃあ、アメリカ国行こうか」という早霧さんに全力で「はいっ!」と応える咲妃さん。
「冗談だから・・・では、咲妃からひと言」と振られて何か言おうとする咲妃さんに「皆様にだからねっ!」と念押しする早霧さん。
息を吸い込んだ咲妃さん。
「ちぎさんのためなら 首が飛んでも動いてみせまさぁ!」
と笑顔で言い放った咲妃さんの首を手刀で斬るマネをする早霧さん。
「一段と熱くなったところで」と早霧さんが言い、笑顔で手をふる2人。
最後まで「ちぎみゆ」でした。


宝塚歌劇 雪組公演 千秋楽ライブ中継
ミュージカル・コメディ 「幕末太陽傳」・Show Spirit 「Dramatic “S”!」/
「早霧せいなサヨナラショー」
出演: 早霧せいな  咲妃みゆ  望海風斗  彩風咲奈  鳳翔大  香綾しずる  
彩凪翔  星乃あんり  永久輝せあ  真彩希帆/汝鳥伶  悠真倫 ほか

2017年7月23日(日) 1:30pm TOHOシネマズ泉北 スクリーン5
(上映時間: 4時間15分)



早霧せいなさんは2015年1月のトップお披露目公演からラストとなったこの公演まで、5公演連続観客動員100%超えを達成した人気トップスターで、予想していたとはいえライブ中継も聞きしにまさるチケット難。
先行にハズれ、一般発売では決済まで行ったところでフリーズしてしまい、となっていたところへ上映館が追加になってやっと手に入れたチケット握りしめて行ってきました(この追加販売も大阪は1館だけで瞬殺だったので取れた自分をほめたい)。

「なんの因果で泉北くんだりまで・・」と思いましたが、自宅からは思いのほか近くて、駅から駅までは30分ほど・・・梅田に行くのと変わらないのでした。


本編については大劇場で観た時に感想を書きましたので(こちら と こちら)、詳細は省くとして、「千秋楽スペシャル」がチラホラ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年07月22日

「四畳半」という名の宝石箱 「京のよすが」


image2.jpg

夏のご挨拶が届く季節ですが、今年いただいた中で箱を開けて「わぁ」となったのがこちら。


京都 亀末廣さんの「京のよすが」です。別名「四畳半」。
茶室に見立てて四畳半に区切った秋田杉の箱の中に干菓子や有平糖、半生菓子など和菓子がぎっしり詰まっていて、目にも鮮やか。
和菓子の宝石箱やぁ~。

季節によって内容が変わるそうで、この夏のものはあじさいや赤い団扇なども入って季節感たっぷり。
小さいもの一つずつ形も洗練されていて綺麗。
目で舌で楽しみに味わうことができます。


image1.jpgお店の銘の焼印が入った箱。
ずーっと杉の香りが続いています。





どれもおいしいけれど賞味期限が短くて食べきれません のごくらく地獄度 (total 1245 vs 1254 )



posted by スキップ at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年07月21日

シネマ歌舞伎「阿弖流為」 市川染五郎舞台挨拶つき


cinemaaterui.jpg歌舞伎NEXT 「阿弖流為」がシネマ歌舞伎となって二度目の上映。

元々観ようと思っていたのですが、市川染五郎さんが大阪松竹座ご出演の合間をぬって舞台挨拶されるということで、絶対この回!と張り切ってチケット取りました。
発売時間(日付が変わる深夜零時)にアクセスしたのですが、あれよあれよという間に席はなくなっていって完売していました。
昨年の公開時には東京以外にもあちこちで舞台挨拶あったのに、大阪はなかったですからねー。


シネマ歌舞伎「阿弖流為」
2017年7月14日(金) 11:30am なんばパークス シアター10


歌舞伎美人の舞台挨拶レポはこちら


「阿弖流為」本編については舞台観た時しつこいくらいに感想アップしましたし、シネマ歌舞伎も昨年2度観ていますので感想省略(笑)。

シネマ歌舞伎「阿弖流為」の感想はこちら
舞台の感想とりまとめはこちら


何度観ても泣いてしまう両花道の阿弖流為と田村麻呂の名乗りのシーン。
「我が名を問うか」から始まる立烏帽子こと荒覇吐と阿弖流為の対峙シーン。
ラストの阿弖流為と田村麻呂の最期の一騎打ちのシーン。
心震える場面が次々と。
ラストの一騎打ちで田村麻呂の「おまえわざと・・」、それに対する阿弖流為の「滅びることで礎となる身だ」の二つの台詞がカットされているのは今でも納得していませんが。

舞台の映像化には消極的な私ですが、いや~、これ映像に遺してくださってほんとありがとうという気持ち。
昨年シネマ歌舞伎観た時のBlu-ray希望!と書いたのですが、舞台挨拶の時に来年1月 DVD & BD 発売と発表がありました


染五郎さんチャコールグレーのスーツにエンジ色のシャツと黒いネクタイ。
手にはぬいぐるみの熊子を持って登壇です。

以下は染五郎さん舞台挨拶の備忘メモ


続きがあります
posted by スキップ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

天の采配 「子午線の祀り」


shigosen.jpgとても興味があって観たいと思っていた舞台。
昨年のリーディング公演にも何とか行けないかと画策してみたのですが叶わず。
今回もスケジュールが合わず一度はあきらめたのですが、当初7月3日に「髑髏城の七人」を観た後、そのまま旅行に出る予定だったのが諸般の事情により中止となり、それならせっかく東京にいるのだからもう1本、と探したところ「『子午線の祀り』プレビューやってるじゃん!」とテンションあがりました。

が、チケットはすでに完売。
”大人の手段”を使おうにもそもそもマーケットに出るチケットの数が少なく、ピンポイントの日程ではなかなか見つからずにいてあきらめかけていたところ、世田谷パブリックシアターから「補助席発売」のお知らせが
「やはり神様は私にこの舞台を観ろとおっしゃってくださっている」と張り切って発売時間にアクセスしたところ戻り?が出たのか完売だったS席が買えたというおまけつきです。


世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演
「子午線の祀り」
作: 木下順二 
演出: 野村萬斎 
音楽: 武満徹  
美術: 松井るみ  照明: 服部基   衣裳: 半田悦子
出演: 野村萬斎  成河  村田雄浩  若村麻由美  河原崎國太郎  
嵐市太郎  星智也  今井朋彦 ほか

2017年7月3日(月) 6:30pm 世田谷パブリックシアター 1階M列(9列目)上手
(上演時間 3時間50分)



「平家物語」に題材をとった木下順二さんの叙事詩劇。
平知盛を主人公に、源義経を対照させて、一ノ谷の戦いで源氏に敗れた平家が屋島を経て壇ノ浦で滅亡するまでの葛藤を、天の視点から壮大なスケールで描いた作品です。
1979年に宇野重吉さん総合演出で初演されたそうですが、今回は2004年-2005年の観世榮夫さん演出版で知盛を演じた野村萬斎さんが演出も手掛けた舞台。


物語: 兄 平宗盛(河原崎国太郎)に代わり平家を指揮する知盛(野村萬斎)は、主戦論を唱える四国の豪族 阿波民部重能(村田雄浩)と対立していました。一方、源氏方でも、源義経(成河)と兄頼朝から遣わされた目付役の梶原景時(今井朋彦)の間に軋轢が生じていました。
平家の滅亡を予感しながらも後白河法皇の過酷な要求を拒絶し、徹底抗戦の道を選ぶ知盛。
ついに源平両軍は壇の浦の決戦の日を迎え・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

三坪のパン屋さん さんツボンヌ


image1 (3).jpg

自転車に乗ってウロウロする効用がひとつ。
わりとご近所なのですが、以前から気になっていたパン屋さんに初めて行くことができました。

さんツボンヌ
大阪市住吉区東粉浜3-25-1
tel: 06-6624-9623
10:00から18:00頃まで (売り切れたら閉店)

住吉大社の近く、阪堺電車阪堺線の通り沿いにあります。
パリの街角にあるお店のようで、車で前を通り過ぎるたびに「可愛いお店だな」と気になっていました。


古民家をリフォームしてお母様とお嬢様でやっていらっしゃるお店だそうです。
ケーキ屋さんのようにショーケースに入っていて対面で注文するスタイル。
店名も今回初めて知ったのですが、ツボンヌということからもフランスパン系がお得意な印象。
1つずつのパンは小ぶりでお値段もリーズナブル。
見ているとあれこれ買いたくなって困ります。

image1 (4).jpg image3.jpg image2 (3).jpg


そしてやっぱり買い過ぎたよね~ の地獄度 (total 1242 vs 1252 )


posted by スキップ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

That's 新感線 「髑髏城の七人」 Season 鳥


seasontori1.jpgオープニングの無界屋のシーンで極楽太夫率いるべっぴんさんたちが歌い踊るのを観て、「これよ これよ~」と胸踊りました。
いのうえ歌舞伎もRXもおポンチも、ぜーんぶひっくるめて、「これが新感線」「新感線はこうでなくっちゃ」を見せていただいた感じです。

派手で楽しくてそれでいてドラマはしっかり立ち上がり。
キャストが違うとはいえ同じホンをこうも変えてくるなんて。
中島かずき&いのうえひでのり おそるべし!


ONWARD presents
劇団☆新感線 「髑髏城の七人」 Season 鳥 
Produced by TBS 
作: 中島かずき
演出: いのうえひでのり
美術: 堀尾幸男   照明: 原田保 
衣装: 堂本教子   音楽: 岡崎司   作詞: 森雪之丞
振付: MIKIKO 
殺陣指導: 田尻茂一  川原正嗣   アクション監督:  川原正嗣 
映像: 上田大樹 
劇中歌: 神田沙也加  滝和祥  金子鉄心(笛)
出演: 阿部サダヲ  森山未来  早乙女太一  松雪泰子  粟根まこと  福田転球  
少路勇介  清水葉月  梶原善  池田成志  右近健一  山本カナコ  村木仁 ほか

2017年7月3日(月) 1:00pm IHIステージアラウンド東京 10列センター
(上演時間 3時間30分)

Season 花 の感想はこちら (      


歌やダンスの他にSeason 花ともこれまでの髑髏城とも違っていた点は
・捨之介に天魔王を憎む明確な意志(そこに至る理由)があること
・天魔王が蘭兵衛こと蘭丸への、ひいては信長への屈折した思いを明言したこと
だと思います。

外枠の部分では、兵庫に息子がいた、なんていうのもありますが。
そして歌&ダンスが加わった分、カットされているシーンが散見。
冒頭の沙霧を助ける場面に兵庫&荒武者隊が登場しないとか、天魔王が捨之介に夢見酒をしみ込ませた鎧・仮面をつける場面はあっさりなくなっていました。

歌では松雪泰子さんの活躍が目立っていました。
右近健一さんや山本カナコさんの歌声を聴いているといかにも新感線の公演を観ているという気分になりますし、「劇団員も歌えるキャスト揃えてきたな」とも思います。
末來くんも夢見酒のシーンで相変わらず素敵なヴォーカル聴かせてくれていました。
カッチョイイダンスも披露してくれていましたが、もう少し観たかったな。
太一くんは歌わず・・・歌えるのに。蘭兵衛のキャラ的にNGだったのかな?


続きがあります
posted by スキップ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年07月15日

新車購入


bike.JPG

自宅が駅近なこともあって、普段自転車に乗ることはあまりない不肖スキップ。
my 自転車は持っていなくて、必要な時は家人のものを拝借、という感じだったのですが、このところ諸事情あって否が応でも自転車に乗らなければならない機会が増えました。

先日、後輪に違和感があり、その時は空気抜けたのかなと思ってセルフ空気入れで対応。
数日は調子よかったのですが、一昨日の夜、乗っていてもガタピシ音がするしカックンカックン動いて明らかに異常。
昨日朝、自宅近くの自転車屋さんに行ってみましたがまだオープンしていなくて、仕方なく「確か目的地の近くにも自転車屋さんあったはず」といつもは全速力で通り過ぎる道を目をこらして左右見渡しながら15分位カックンカックン走って自転車屋さん見つけた時にはすごくうれしかったよね


見ていただいたところ、ただのパンクではなくタイヤがバーストしてしまっていて交換が必要とのこと。
それなりに費用がかかるし、第一修理を待つ時間がない(どれくらい時間がかかるのかも聞かなかったけれど)・・・ということで、店頭にズラリと並んでいた新車を衝動買いです。

といってもお買い得品で税込10,800円。そこらへんのお芝居のチケット代より安い
あれこれ比べたり試乗してみたりするのは面倒という人間なので即決です。
色は12色位あった中からフューシャピンクを選びました。
せっかくカワイイ色なのに前の自転車から乗せ換えた後ろカゴや前カゴの盗難防止カバーが生活感にじみ出ていますね。
おかげで残りの道のり+帰り道も快適にぶっ飛ばしましたとさ。



ついでにiPhoneケースも新しいのこーたった(←何がついでなんだか) の地獄度 (total 1241 vs 1251 )



posted by スキップ at 23:30| Comment(2) | TrackBack(0) | shopping | 更新情報をチェックする