2019年12月20日

新作歌舞伎 「風の谷のナウシカ」


kabukinausicaa.jpg宮崎駿さんが1982年(昭和57)に連載開始して13年をかけて完結した大作漫画。
1984年(昭和59)には宮崎駿さんご自身の監督で映画化もされています(単行本全7巻のうち2巻目まで)。
そのどちらも未読未見。絵本だけの予習で、配役もナウシカの菊之助さん、クシャナの七之助さん以外は把握せず、些か不安を抱えて臨みました。



あの壮大な世界観を理解できたかどうかはさておいて、ストーリーや登場人物に混乱することはなく、舞台作品として、歌舞伎の演目として、とても楽しくおもしろく観ることができました。


新作歌舞伎 「風の谷のナウシカ」
昼の部:  序幕  青き衣の者、金色の野に立つ/二幕目  悪魔の法の復活/
三幕目   白き魔女、血の道を征く
夜の部:  四幕目  大海嘯/五幕目  巨神兵の覚醒/
六幕目  浄化の森/大詰  シュワの墓所の秘密
原作: 宮崎駿
脚本: 丹羽圭子  戸部和久
演出: G2
協力: スタジオジブリ
美術: 中嶋正留  照明: 千原悦子  音楽: 杵屋巳太郎
作曲: 新内多賀太夫  振付: 尾上菊之丞
衣装: 松本勇  映像: 上田大樹
出演: 尾上菊之助  中村七之助  尾上松也  中村歌昇  坂東巳之助  尾上右近  中村種之助  中村米吉  中村芝のぶ  市村橘太郎  嵐橘三郎  片岡亀蔵  
河原崎権十郎  市村萬次郎  中村錦之助  中村又五郎  中村歌六 ほか
声の出演: 市川中車  中村吉右衛門  

2019年12月18日(水) 11:00am 新橋演舞場 1階3列下手/
4:30pm 1階4列センター
(上演時間: 昼 3時間35分/幕間 35分・20分  夜 4時間/幕間 35分・20分・10分)



あらすじを書くととてつもなく長くなるので省略。
大枠としては、「火の7日間」と呼ばれる戦争を経て産業文明が滅び、大地のほとんどが、瘴気(しょうき)という毒を発する森 腐海に覆われた世界で、トルメキア王国と土鬼(ドルク)諸侯国連合帝国の戦争が激化する中、トルメキアと古くから盟約を結ぶ辺境の小国「風の谷」の族長の娘 ナウシカが立ち上がる、という物語です。

「火の7日間」やその後の汚染された世界はもちろん核戦争を連想させますし、世界が荒廃してもなお止むことのない国と国、人間同士の争いや「巨神兵」の復活などとても意味深。
文明の破壊と再生、自然への畏怖と敬意、戦争に対する批判と共生への道など、他の作品にも共通する宮崎駿さんの世界観が脈打つ物語。

余談になりますが、王蟲の台詞に「全であり個、個であり全」というのがあって、「それ、この間『終わりのない』の感想に書いたやつ!」とハッとなったのですが、後で調べたら、ナウシカの名前は「オデュッセイア」に登場する王女ナウシカアー Nausicaä から取ったということ。「終わりのない」の原典はその「オデュッセイア」。こういう演劇的世界観の繋がり、ゾクゾクします。


nausicaa.jpeg


続きがあります
posted by スキップ at 23:44| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年12月18日

2019 Tokyo Last 2


20191218.jpeg

本日は東京へ
・・・というより新橋演舞場に行ってきました。

8:10am 関空発のフライトで羽田空港から新橋演舞場へ直行。
新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」を通しで観て、昼夜の間に銀座に出てランチ兼ねたお茶した以外はずっと演舞場にこもり切り。
9:07pm 品川発の新幹線で帰阪しました。


画像は飛行機の窓から見えた雪化粧した富士山。
(翼の下あたりの白くこんもり見えるもの)
大阪は雨上がりの曇り空でぼんやり霞がかかっているようなお天気でしたが、空の上はこんなに青空。


舞台は楽しく、時間が過ぎるのを忘れるほどでしたが、さすがに座り飽きた感じ(笑)。
そして問題は、2019年も残り10日あまりというのに、これがラスト東京ではないということです。



しかも今週2回上京 の地獄度 (total 2047 vs 2051 )


posted by スキップ at 23:53| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする

2019年12月16日

リュクスな空間 MARIEBELLE the LOUNGE


mariebell1.jpeg

建て替えのため2015年12月をもって休館していた大丸心斎橋本館が今年9月 4年ぶりにグランドオープンしました。
各階に魅力的なショップがたくさん並ぶ中、「ここ行きたい!」とイチバンに引き寄せられたのがこちら。


MARIEBELLE the LOUNGE
大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋店 本館2F
tel: 06-4256-1306


NYのチョコレートブランド MARIEBELLE 初のエクスクルーシブストア。
”創業者マリベル・リーバマンのラウンジに招かれたかのような”空間で、あたたかいおもてなしと、他では味わうことのできない上質なひとときを演出していただけるのだとか。
京都本店とはまた違ったコンセプトのようです。

冒頭のソファだけでもテンションあがります。


mariebell2.jpeg

クリスマスツリーの向こうに見えるのはこのラウンジのシンボル バカラのシャンデリア。



mariebell4.jpeg

本当に外国の邸宅のような雰囲気。




mariebell5.jpeg

mariebell6.jpeg

ランチメニューから「キッシュベーコンスピナッチ」をいただきました。
焼きたてで熱々ふわふわのキッシュはもちろん、付け合わせの焼き野菜がとてもおいしくて感激。


mariebell7.jpeg

デセールにはアイスホワイトストロベリー。
フローズンタイプのチョコレートドリンクです。
イチゴとホワイトチョコにカカオビネガーの酸味が効いてさっぱりした甘さでとてもおいしい。

デパートのフロアの一角とは思えないリュクスな空間で、おいしいランチとチョコレートドリンクをゆっくりいただいて、なんて贅沢な時間なんでしょ。


mariebell3.jpeg



ショップ併設なのでもちろんおいしそうなチョコレートがあふれていて、たくさん買いたくなってコマル のごくらく地獄度 (total 2047 vs 2049 )



posted by スキップ at 22:43| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

これは僕の物語だ 「終わりのない」


owarinonai.jpgホメロスの「オデュッセイア」といえばトロイア戦争の英雄オデュッセウス(トロイの木馬を考案してギリシアを勝利に導いた人ね)の故郷への凱旋の長く苦難の旅を描いた叙事詩ですが、イキウメの前川知大さんがこの「オデュッセイア」に着想を得た新作。

主人公は18歳の男子高校生。
舞台は現代の日本のキャンプ場、ではなく・・・。


世田谷パブリックシアター+エッチビイ 「終わりのない」
脚本・演出: 前川知大
原典: ホメロス 「オデュッセイア」
監修: 野村萬斎
美術: 土岐研一   照明: 佐藤啓   音楽: かみむら周平
出演: 山田裕貴  安井順平  浜田信也  盛隆二  森下創  
大窪人衛  奈緒  清水葉月  村岡希美  仲村トオル

2019年11月23日(土) 5:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階H列下手   (上演時間: 2時間)



オープニング 暗転があけると舞台天井から人が吊り下がっていてまずは驚きます。
どこか浮遊感のあるその姿は、「吊られている」のではなく、「水の中で溺れている」のだとわかるのにそれほど時間はかかりません。

川端悠理(山田裕貴)は9歳の時に海で溺れた経験のある、引きこもりがちの高校3年生。
有名なプロダイバーである父・士郎(仲村トオル)、物理学者の母親・楊(村岡希美)に幼馴染の春喜(大窪人衛)とりさ(清水葉月)を加えた5人で訪れた湖畔のキャンプ場で両親から離婚を切り出され、ショックと孤独感に苛まれて湖で泳ごうとして溺れ、意識を失います。
目を覚ますと、そこは32世紀の宇宙船 オデュッセウスの中。
アンドロイドのダン(浜田信也)から、君は人類の移住先を探すこの調査チームの一員 ユーリだと告げられます。混乱した悠理は宇宙へと逃げ出し、ブラックホールの向こうにある地球そっくりの星にたどり着きます。そこでは少数の人類(森下創)が何とか生きのびていました・・・。

少し傾斜のかかった円形のステージ。
そこが小道具や照明、そして時折放つ光で、キャンプ場から宇宙船の中、そして見知らぬ星へと、悠理とともに時空を超えて自在に行き来します。
SFの顔をしていて、とてもメッセージ性の強い作品。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年12月14日

星を継ぐもの 「ロックオペラ モーツァルト」 ライブ中継


rokumolv.JPG

星組「ロックオペラ モーツァルト」ライブ中継を観てきました。
いつもの公演だと宝塚大劇場で観て、東京公演千秋楽のライブ中継まで1ヵ月以上ありますので「久しぶり」という感じですが、この公演は大阪の初日が11月20日、千秋楽が11月27日でまだあまり間がなく、「この間観たばかりなのに」という感じですが、その分、記憶が鮮明なうちにスクリーンでいろいろ確認できたり、また新たな発見があったりで楽しかったです。

宝塚歌劇星組 東京建物 Brillia HALL公演
「ロックオペラ モーツァルト」 ライブ中継
The Musical ≪Mozart, l'opéra rock≫
潤色・演出: 石田昌也
音楽監督・編曲: 玉麻尚一
出演: 礼真琴  舞空瞳  凪七瑠海  悠真倫  万里柚美  
音波みのり  輝咲玲央  紫藤りゅう  小桜ほのか  極美慎 ほか

2019年12月14日(土) 3:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン6
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



大阪公演レビュー:
礼真琴さん 星組トッププレお披露おめでとう!
さぁ 自分の力を試す時 星組 「ロックオペラ モーツァルト」
星組 「ロックオペラ モーツァルト」 キャスト編


公演についての感想は大阪で観た時にほぼ書きましたので、ライビュを観て感じたことを少し。

「僕ならここにいますよ」
とヴォルフガングが登場して ♪新しい生き方を今 始めよう~ と「道を開けろ僕が通る」を歌い踊り始めるとウルウル。
「ああ、ことちゃん、トップスターだ」と改めて思いました。

ライブ中継の映像やアングルはほぼ観たいところを捉えられていて満足。
お気に入りの咲城けいくん侍従の立ったまま居眠りもヨーゼフ二世陛下の向こうにちゃんと映り込んでいました(笑)。
冒頭や酒場の群舞やフィナーレの男役群舞は、劇場の肉眼ではなかなか捉えにくい人たちも大写しになったりするのがうれしいところです。
会場がそうなのか映画館の音響のせいなのか、すごく音が響きすぎる印象だったのが少し残念だったなー。
たまに台詞までエコーかかっているように聞こえたりして。


続きがあります
posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

ざっくり予習  「風の谷のナウシカ」


nausicaa.jpeg

私は基本的に舞台を観る時に予習や下調べはしない派。
事前にあらすじも読みませんし、劇評や他の人の感想、つぶやきもできるだけシャットダウンして、まっさらな状態で観たい方です。




「風の谷のナウシカ」ですよ。


ジブリ作品といえば、きちんと観たことがあるのは「千と千尋の神隠し」だけという不肖スキップ。
ナウシカが人の名前ということもおぼろげに知っていた程度です。



観た人から漏れ聞くところによると「予習必須」「登場人物だけでも頭に入れておいた方がいい」という声。
うーん、これはいくら何でも予習した方がいいのかも・・・と不安になる。

だがしかし

原作本7巻読むなんて気力も時間もなくてとても無理。
何だか細かい字がぎっしりとかいう噂も聞きますし。
少し前にオンエアされた映画を録画したものがありますが、それは予習には too much のような気もします・・・量的にというよりイメージが刷り込まれ過ぎるという意味で。

そこで

先日図書館に行った時に「そうだ!」と思い立って児童書コーナーへ。
ありましたわよ、絵本。
「これ、大人でも借りられますか?」とお聞きしたら問題ないということで連れて帰ってきました。
そしてもう読んだ(笑)。
だって上下2冊一気に読んでも15分くらいだったもん。



nausicaa2 - コピー.jpeg

nausicaa1.jpeg

こんな感じでとってもわかりやすく書かれています。
まぁ、観劇にあたってどこまで役に立つかわかりませんが、少なくとも王蟲や巨神兵というワードは把握しました(そこ?)




Wiki ちょっと覗いてみたら情報ぎっしりすぎてクラクラして閉じたよね。今不安しかない の地獄度 (total 2044 vs 2047 )


posted by スキップ at 23:44| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

後に続く者を信じて走れ 「組曲虐殺」


kumikyoku2019.JPG愛の綱を肩に希望を目指して走る人よ
いつも駆け足で森を駆け抜けて
山を駆け登り、崖を駆け降りて
海を掻き分けて、雲にしがみつき
後に続く者を信じて走れ 

井上芳雄くん@小林多喜二が瞳に涙いっぱい溜めて歌う ♪あとに続く者を信じて走れ〜 に心揺さぶられる。
それは多喜二の言葉であるとともに、これが最期の戯曲となった井上ひさしさんの思いが重なるよう。


こまつ座&ホリプロ 「組曲虐殺」
脚本: 井上ひさし 
演出: 栗山民也 
音楽: 小曽根真
美術: 伊藤雅子   照明: 服部 基
音響: 山本浩一   衣裳: 前田文子
出演: 井上芳雄  上白石萌音  神野三鈴  
   土屋佑壱  山本龍二  高畑淳子  
ピアノ演奏: 小曽根真

2019年11月9日(土) 5:30pm シアター・ドラマシティ 3列上手
(上演時間: 3時間15分/休憩 15分)



井上ひさしさん没後10年のメモリアルイヤーの掉尾を飾る作品。
2009年初演、2012年に再演された井上ひさしさん最後の戯曲です。
昭和5年5月から昭和8年2月まで、言葉の力で社会を変えようとしたプロレタリア作家 小林多喜二が治安維持法など時の趨勢に追い詰められ、29歳で拷問死するまでを描いています。

前回(大阪公演は2013年1月)観てとても印象深く、再演されることがあれば絶対また観たいと思っていました。
初演、再演は同じキャストで、今回は2人がキャスト変更されての上演です。
田口瀧子: 石原さとみ → 上白石萌音
山本正:  山崎一 → 土屋佑壱

2013年1月に観た感想はこちら


事のなりゆきを知らずに観た6年前とはまた違って、いろんな台詞、場面が心に刺さります。
瀧子ちゃんの「小林多喜二くん 絶望するな!」の背中バァーンで涙ぶわっとあふれたり。

続きがあります
posted by スキップ at 00:00| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年12月11日

矢野顕子 さとがえるコンサート2019


satogaeru2019.JPG今年もこの季節がやってきました。
矢野顕子さんの「さとがえるコンサート」。

バンド構成は昨年と同じで、全国5か所の会場ごとにゲストが参加されるというのも昨年同様。
大阪のゲストはORIGINAL LOVEの田島貴男さん。田島さんのナマ歌聴くの初めて。楽しみ~♪

ちなみに他会場は、埼玉県三郷市:Seihoさん、神戸:松崎ナオさん、名古屋:上妻宏光さん、東京:小田和正さんというゲストラインナップでした。


矢野顕子 さとがえるコンサート2019
出演: 矢野顕子(vo. pf.)
佐橋佳幸(g)  小原礼(b)  林立夫(ds)
ゲスト: 田島貴男

2019年12月2日(月) 7:00pm サンケイホールブリーゼ 1階E列センター
(演奏時間: 2時間50分/休憩 20分)



「今年は新しいアルバムのリリースがなかったので何でも好きな曲をやれます」とMCでご本人もおっしゃっていた通り、懐かしい、しかもポピュラーな(メジャーなというべきかな)曲が並んだベストアルバムのようなセットリストでした。


SET LIST
Act Ⅰ
1. 電話線
2. 東京は夜の7時
3. Welcome to Jupitor
4. クリームシチュー
5. Watching You
6. 愛を告げる小鳥 (新曲)
7. 春咲小紅
8. すばらしい日々 (奥田民生)
Act Ⅱ
9. 川べりの家 (松崎ナオ)
10. 気球にのって with 田島貴男
11. のすたるぢや with 田島貴男
12. David
13. SUPER FOLK SONG
14. Paper Doll (山下達郎)
15. ごはんができたよ
16. GREENFIELDS
17. ひとつだけ
Encore
18. 朝日のあたる道 with 田島貴男
19. ラーメン食べたい



続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2019年12月09日

私はまだ変われるから 「FACTORY GIRLS 〜私が描く物語〜」


factorygirls.JPG

いつか私が終わるとしても 
誇りをこの胸に歩き続けよう 
世界はまだ変われるから 
私はまだ変われるから

出演者全員で歌うエンディング。
これはサラの物語であり、ハリエットの物語であり、アビゲイルの、ルーシーの、マーシャの物語であり、そして、私たちの物語です。


A New Musical「FACTORY GIRLS 〜私が描く物語〜 」
音楽/詞: クレイトン・アイロンズ & ショーン・マホニー
日本版脚本・演出: 板垣恭一
音楽監督 :  大崎聖二
美術 : 乘峯雅寛
出演: 柚希礼音  ソニン  実咲凜音  清水くるみ  石田ニコル  
原田優一  平野良 猪塚健太  青野紗穂  谷口ゆうな  能條愛未  
戸井勝海  剣 幸 ほか

2019年10月26日(土) 5;00pm 梅田芸術劇場 1階6列上手/
10月27日(日) 12:00pm 1階9列上手
(上演時間: 3時間/休憩 20分)



物語の舞台は19世紀半ば、産業革命中のアメリカ。マサチューセッツ州ローウェル。
家族の借金返済のため、この町の紡績工場に女工として働きに来て、機械のように働く工場労働の厳しい現実に直面し、劣悪な労働環境の改善に行動を起こすサラ(柚希礼音)。
ローウェルで働く女性たちの自己啓発のための冊子「ローウェル・オウファリング」の編集長として女工たちの憧れの存在でありながら、発行人の州議会議員のスクーラー(戸井勝海)とサラはじめ女工たちとの間で苦悩するハリエット(ソニン)。

ハリエットと出会い、文章を書くことに新たな自分を発見するサラと、彼女の文才を認め、深い友情で結ばれるハリエット。
過酷になる一方の労働環境に疑問を持ち、働く女性の尊厳を求めて、ともに働く女工たちのリーダーとなって立ち上がるサラ。
女性の地位向上のために、彼女のやり方で、たった一人で孤独な戦いに挑み続けるハリエット。
様々な思惑が渦巻く中、いつしかすれ違う2人の生き方
この2人を軸に、社会と戦う女性たちの姿を描いた舞台。


続きがあります
posted by スキップ at 23:38| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする