2017年08月07日

ハッピーじゃないとエンドじゃない アゲイン 星組 「オーム・シャンティ・オーム」


omumeda.jpg私の2017年初観劇舞台でした。
星組新トップ 紅ゆずるさんプレお披露目公演として上演された作品です。
大劇場・東京宝塚劇場でのお披露目公演「スカーレット ピンパーネル」を無事勤め、堂々の梅田凱旋です。


宝塚歌劇 星組公演
マサラ・ミュージカル 
「オーム・シャンティ・オーム -恋する輪廻-」
脚本・演出: 小柳奈穂子
出演: 紅ゆずる  綺咲愛里  七海ひろき  美稀千種  
天寿光希  白砂なつ  十碧れいや  麻央侑希  
星蘭ひとみ ほか

2017年7月29日(土) 12:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階17列下手/
8月6日(日) 4:30pm 1階20列センター
(上演時間 2時間55分)



1月東京国際フォーラムで観た感想はこちら



初演でムケーシュ役だった礼真琴さんが「阿弖流為」にまわったのをはじめ振り分けが違うので配役の変更がいくつかあるのですが、主な役替りは

ムケーシュ: 礼真琴   → 七海ひろき
カプール父: 壱城あずさ → 天寿光希
パップー:   瀬央ゆりあ → 麻央侑希
ガイ父:    如月蓮   → 瀬稀ゆりと
ドリー:    夢妃杏瑠  → 星蘭ひとみ

といったところでしょうか。
如月蓮さんはどちらの公演にも出演されず病気休演。心配です。


この作品はおろか「マサラ・ミュージカル」のことも知らないまま観た1月とは違って、ストーリー展開もわかっていましたが、やっぱり楽しい。
紅さん、綺咲さん、星組によく合ったミュージカルだと思います。
今回は客席も一緒に踊るというフィナーレも加わって(私は苦手だけれども)、楽しささらにアップです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:15| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年08月06日

わが名は阿弖流為 星組 「阿弖流為 –ATERUI–」


aterui2017.jpg「阿弖流為」と聞くだけで胸がきゅんとなるくらいなのですが、その「阿弖流為」を宝塚で、それも礼真琴くん主演で、と発表された時、「そんなことあるの!?」と思いました。

大好きなこの作品を大好きな宝塚歌劇で、大好きな礼真琴くんで観られる日が来るなんて。


宝塚歌劇 星組公演
「阿弖流為 -ATERUI-」
原作: 高橋克彦 「火怨 北の耀星アテルイ」
脚本・演出: 大野拓史
出演: 礼真琴  有沙瞳  瀬央ゆりあ  万里柚美  
壱城あずさ  音波みのり  夏樹れい  漣レイラ  
ひろ香祐  綾鳳凰華  天華えま ほか

2017年7月19日(水) 4:00pm シアター・ドラマシティ 10列下手
(上演時間 2時間30分)


物語の舞台は8世紀の日本。
大和朝廷は「蝦夷は鬼、人には非ず」と東北地方に住む“まつろわぬ民”蝦夷を蔑み、服従させようと征伐に乗り出す中、故郷を守るために立ち上がった蝦夷の若き指導者・阿弖流為(礼真琴)は、母礼(綾凰華)や飛良手(天華えま)たち仲間と力を合わせ朝廷軍を打ち破っていきました。やがて朝廷は坂上田村麻呂(瀬央ゆりあ)を征夷大将軍に任じ・・・。


「阿弖流為」といえば、2015年に上演された歌舞伎NEXT「阿弖流為」(オリジナルは2002年に上演された劇団☆新感線の「アテルイ」)が記憶に新しいところですが、この作品は高橋克彦さん原作の「火怨 北の燿星アテルイ」を舞台化したもの。以前、大沢たかおさん主演でNHK BSでドラマ化されたものです。

いずれにしても大好きな作品だけに期待とともに「大丈夫かな」という不安もあったのですが、それは見事に払拭されて、ちゃんと宝塚の「阿弖流為」になっていて、礼真琴の阿弖流為が舞台に息づいていました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:52| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年08月05日

祝 高麗屋三代襲名記念展


image2 (4).jpg

本日は東京へ行ってきました。

当初より「子供の事情」と「双蝶会」を観て日帰りの予定でしたが、後から発表されたこちらの記念展、開催期間が短いにもかかわらず私の遠征日にドンピシャとハマっていてとなって、予定の新幹線を早めて上京したのでした。


高麗屋三代襲名記念展
2017年8月3日(木) ~ 2017年8月9日(水) 
10:30~19:00(最終日は17:00まで)
和光ホール


36年前、初代松本白鸚、九代目松本幸四郎、七代目市川染五郎の三代同時襲名の折にも同じ和光ホールで記念展が開催されたのだとか。
会場はそれほど広くなくて展示品の数も多い訳ではありませんが、初代からの松本幸四郎の浮世絵に始まり、高麗屋の家系図、3人がそれぞれ代々譲り受けて楽屋でつかっていらっしゃる鏡台なども展示されていて充実の内容。
幸四郎さん、染五郎さん、金太郎くんコーナーはそれぞれ自分でお選びになった思い入れのある展示物なのだそうです。

冒頭の押隈のパネルだけ写真撮影OKで、3人が出席されたオープニングセレモニーの映像もこちらで公開。
3人それぞれのインタビューや押隈にサインを入れる様子も見ることができます。


image1 (2).jpg 
image2 (3).jpg image3 (2).jpg



続きがあります
posted by スキップ at 23:55| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2017年08月02日

明日を信じて 月組 「All for One」 新人公演


allforoneshinko.jpg宝塚歌劇の新人公演は入団7年目・・研7と呼ばれる学年までが出演することができます。
今年 研7になったのは2011年に初舞台を踏んだ97期生。
月組の蓮つかささん。
97期生ラストチャンスで新人公演初主演です。

新人公演はとても人気があってチケットがなかなか取れないのですが、今回は思わぬご縁があってチケットを取っていただくことができました。
ありがとー


宝塚歌劇 月組公演
三井住友VISAカード シアター
浪漫活劇(アクション・ロマネスク)
「All for One」 ~ダルタニアンと太陽王~  新人公演
脚本・演出: 小池修一郎
新人公演担当: 指田珠子
出演: 蓮つかさ  結愛かれん  輝生かなで  朝霧真  暁千星  
海乃美月  佳城葵  礼華はる  麗泉里  風間柚乃  美園さくら ほか  

2017年8月1日(火) 6:00pm 宝塚大劇場 2階12列下手
(上演時間 2時間)



本公演の感想はこちら


1本立てで二幕 2時間30分のものを2時間弱に再構成されていますので、プロローグの三銃士とダルタニアン登場シーンをはじめ、いくつかの場面、ダンスシーンや楽曲、そしてフィナーレなどがカットされていましたが、つながりに特に不自然な感じはなく、うまくリバイスされているという印象でした。
何より、若い出演者が皆とても熱演、好演で、このままバウホールなどで若手公演として上演できるのではないかと思いました。
そして、やっぱりこの作品、おもしろいと再認識。


蓮つかさくん、まずは新公初主演 本当におめでとう。
れんこんくんのあの声で開演アナウンスが流れた時、客席から歓声と拍手が起こりました。

シャープな美貌(高校時代にはミス日本宮城代表に選ばれたとか)で本公演で銃士隊の中にいても目立つ存在ですが、華奢で少年のような雰囲気のダルタニアン。
珠城りょうさんの包容力あふれるダルタニアンとはまた違ったヒーロー像を描き出していました。ハスキーな声で滑舌が時折舌っ足らずなのかな?と気になることがありましたが(高泉淳子さんが少年役をやる時の発声に似てると感じたな)で台詞もしっかり、のびやかな高音を響かせる歌はもっとしっかり。センターに立つ華も輝いていました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:43| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

劇団☆新感線 「髑髏城の七人」 Season 鳥 ライブビューイング


torilv.jpg


5月15日に Season 花で劇団☆新感線史上初のライブビューイングやった時、この後4シーズンともやる気だな、と思っていたら案の定(笑)。
Season 鳥は舞台もとても楽しかったし、まだこの後2回観る予定もありますが、この際ライビュも制覇しておきましょうということで。
にしても、毎回月曜日なのね、ライビュ。

ONWARD presents 劇団☆新感線 「髑髏城の七人」
Season 鳥 Produced by TBS  ライブビューイング

2017年7月31日(月) 6:30pm なんばパークスシネマ スクリーン7
(上映時間 3時間30分)



舞台を観た感想はこちら



Season 花のライビュ観た時の感想(こちら)に、「カメラワークやアングルはそれほど凝っているとはいえない・・・」と書いたのですが、今回は結構進化していた印象です。

舞台をストレートにとらえるばかりでなく、表情のアップにもそれなりの意図があるように感じました。
2回目ということもあって初回の反省点を活かしたのかスタッフの技量なのか定かではありませんが、昼夜ともに観た友人が「ソワレの方がカメラワークよかった」と言っていましたので、スタッフによっても違いがあるのでしょうか。
髑髏城で沙霧が捨之介に斬りかかった時、じっと座っているサダヲ捨之介が目をつぶっている映像には「ほぅ」と思いました。ここの捨之介は客席に背を向けているので、いくらオペラグラス駆使しても決して観ることはできない表情です。

先日、シネマ歌舞伎「阿弖流為」を観た時、舞台挨拶で染五郎さんが、「舞台ですとお客様はそれぞれの視点で自由にご覧いただけますが、映像の場合は『ここを見てください』という視点でナビのように進みます」とおっしゃっていたのを改めて実感しました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:26| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年07月30日

一人はみんなのために 月組 「All for One」


allforone.jpg宝塚で三銃士モノといえば、2011年雪組「仮面の男」の悪夢を思い出しますが、そこはエース 小池修一郎先生。
「三銃士」からは外れることなく、銃士たちが活躍する冒険活劇で王室ものでラブコメ。
まさしくロマンチック・アクション・ミュージカル。
楽しかったぁ


宝塚歌劇 月組公演
三井住友VISAカード シアター
浪漫活劇(アクション・ロマネスク)
「All for One」 ~ダルタニアンと太陽王~
脚本・演出: 小池修一郎
出演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  宇月颯  暁千星  憧花ゆりの  
綾月せり  夏月都  早乙女わかば  海乃美月 風間柚乃/一樹千尋  沙央くらま ほか

2017年7月17日(火) 1:00pm 宝塚大劇場 1階3列センター/
7月28日(金) 1:00pm 1階9列上手
(上演時間 3時間)



物語の舞台は17世紀フランス。
若き国王ルイ14世(愛希れいか)の剣術指南に銃士隊のダルタニアン(珠城りょう)が任命されますが、ルイ十四世はバレエに夢中で剣術には興味を示さず、不興を買って指南役を解任されてしまいます。ルイにスペイン王女マリア・テレサ(海乃美月)との縁談が持ち上がる中、ダルタニアンは酒場でルイーズという娘に出会います。マザラン枢機卿(一樹千尋)によって銃士隊が解散に追い込まれる中、再び王宮に呼ばれたダルタニアンは、そこでルイ十四世の重大な秘密を知ることになるのでした・・・。


image1.jpg


この演目が発表された時、「ルイ十四世には重大な秘密が・・」というところで、「あー、ルイ十四世が女だったという設定なのね。そして多分ルイ役やちゃぴなのね」と思ったものです。
そしてその通りだった訳ですが、それを知っていてもやはり楽しい。

実際、物語上でも「ルイは女」であることは結構早い段階で観客には明らかにされ、母のアンヌ、マザラン枢機卿、乳母のマドレーヌと本人だけしか知らないこの秘密を、ダルタニアンが知ることになり、ルイの従姉妹で彼に思いを寄せるモンパンシェ公爵夫人にバレて・・・という展開。
まぁ、その秘密のバレ方もワンパターンではあるのですが(笑)。

そんなルイ十四世の秘密を軸に、王家乗っ取りを画策するマザラン枢機卿 vs 王家を守護する銃士隊 という活劇部分がしっかり描かれていて、そこにダルタニアンとルイーズの恋模様、マザランの甥ベルナルドの横恋慕、生まれてすぐ行方不明になった双子の男の子(本当のルイ十四世)も都合よく見つかって・・という盛りだくさんの内容ながら、すっきり整理されていて混乱することなくテンポよく物語は進み、歌はもちろん、群舞や殺陣もまじえて華やかな展開。小池先生、さすがの作劇です。

それから、小池先生といえばやはり盆やセリといった舞台機構の使い方が本当に上手い。
「眠らない男・ナポレオン」の時にもありましたが、舞台上で芝居が進行している時に上がったままの大セリが下りて来て、その動いているセリ上では銃士隊の面々が隊列組んで踊ってる、なんてゾクゾクします。
大詰、階段のある王宮を大セリで回しながら銃士隊、護衛隊入り乱れての大立ち回りなんて迫力も楽しさも満載です。

  
続きがあります
posted by スキップ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年07月29日

ディープな天満に潜入 「百足家」


image1 (9).jpg

今日は梅田芸術劇場で星組「オーム・シャンティ7・オーム」観劇(楽しかった!)の後、ご一緒したお友だちの案内で天満へ。
天満&天神橋筋商店街には安くておいしいお店がたくさんあって、お鮨屋さんやお好み焼き屋さんには以前行ったことがあるのですが、今回は酒豪の彼女のお気に入りの立ち呑み屋さんへ連れって行っていただきました。


image2 (8).jpg角打ち料理 百足家
大阪市北区天神橋5-4-9
tel: 06-6232-8253


JR天満駅からも地下鉄天神橋筋6丁目駅からも歩いて10分足らずの場所にあります。
メインストリートから何度か曲がったので今度一人で行けるかどうかはギモンですが。
普段は15:00オープンのということですが、この日は16:00 私たち一番乗りでした。
でも常連さんらしきお客様が続々と。
開店1周年を迎えたばかりということですが、人気の立ち呑み屋さんです。

友人の分も含めて飲んだお酒が冒頭の画像。
初めて飲む日本酒ばかりでしたがどれもおいしかったです。
昼サイコー!



image1 (8).jpg image2 (7).jpg
image2 (6).jpg image1 (7).jpg

お酒はもちろん、お料理もとてもおいしい。
左上からマグロの顔面・自家製さつま揚げ・大羽イワシフライ・夏野菜トマト煮込み
マグロの顔面は部位によって味や歯ごたえが全然違うのにオドロキ
さつま揚げはふわふわだし、イワシフライの上のタルタルソースの美味しさに感動
イタリアンシェフのご経験もあるというマスターのトマト煮込みは本格的

・・・とおなかも心も大満足の天満の昼下がりでした。



image1 (6).jpg image2 (5).jpg

帰り道 商店街で見かけたものたち。
やっぱ天満、ディープだワ。



おいしく楽しく飲んだくれ のごくらく度 (total 1250 vs 1258 )

 

posted by スキップ at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年07月27日

1日10食限定ガレット @DAMMANN lumière


image1 (5).jpg

本日は松竹座七月大歌舞伎千穐楽を昼夜通し観劇。
どちらも2回目でしたが、さすがに千穐楽 気迫漲る舞台はどれもすばらしかったです。

昼夜の間に、少し買物があって高島屋へ行ったのですが、少しおなかもすいていたのでそうだ!と思い立ってこちらへ。

DAMMANN lumière (ダマンリュミエール)
大阪市中央区難波5-1-5 高島屋大阪店2階

大阪を代表するフレンチのひとつ リュミエールの唐渡泰シェフとフランスの老舗紅茶ブランド ダマンがコラボレーションしたティーサロン。
うめだ阪急となんば高島屋の2店舗のみにあります。


こちらのサロンといえば、紅茶やスイーツはもちろんのこと、1日60食限定の週替わりワンプレートランチが人気で(メニューはこちら)、週末はいつも行列になっていてまだ入ったことありませんでした。
が、今日は平日だし、3時30分という中途半端な時間だし・・・と行ってみたら案の定並ばずに入れました。

ランチはちょっとヘビーかなと思ったので、1日10食限定の「野菜と半熟卵のガレット」をいただきたいと「まだありますか?」と聞いてみたらOKでした。さすが平日です。

冒頭の画像がそれ。
「野菜と半熟卵とサーモンのガレット」の方が正しいんじゃない?(笑)
ガレット生地は見えませんが、結構しっとり目でやわらかなガレットでした。
付け合わせの野菜が彩り豊かでどれもおいしくて満足。

ティーセットで、紅茶は2種類のうち「セイロンO.P.スペリュール」をチョイスしました。
「ややストロングな味わいとコクの中に、柔かな酸味が溶けて後口を爽やかににしています」だそうです。



やっぱ何ごとも平日やね のごくらく地獄度   (total 1249 vs 1258 )




posted by スキップ at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年07月26日

久しぶり~ 「喰海」


image1 (2).jpg

日ごろtwitterで交流させていただいている大好きなお姉様が東京から松竹座や文楽を観に大阪にいらっしゃったので、関西人2名でおもてなし。
久しぶりにこちらに伺いました。


喰海 (クウカイ)
大阪市北区堂島1-3-29 日宝新地レジャービル1F
tel: 06-6348-9156

このブログにアップするのは初めて訪れた2011年(こちら)以来ですが、それからもよく行っていて、お気に入りのお店のひとつ。
ここしばらくは間があいてしまって久しぶりでした。

冒頭の画像は、このお店に行きますよと決めた時から「マッコリ飲む~」と宣言していた通りに。
もちろん生ビールジョッキキメた後ですし、この2合入りのマッコリ、この後何回おかわりしたことか



image1 (4).jpg

こちらでは必ずいただく季節のナムル盛り合わせ。
相変わらずおいしかったです。
一つずつ素材ばかりでなく味付けも違っているのがすごい。
ビールにもマッコリにもよく合って、いくらでも食べられちゃいそうです。



image1 (3).jpg image2 (3).jpg
image2 (2).jpg image1.jpg

少し前だということと飲んだくれたこともあって、今となってはお料理の名前は忘却の彼方。
チヂミが新しょうがと何かだったのは覚えています。すごくおいしかったもん。
右下の夏野菜のマリネもとてもお気入り。毎日食べたいくらい。


歌舞伎や文楽のみならず諸々話で盛り上がり、よくしゃべって大いに笑いました。
松竹座七月大歌舞伎昼の部を観た日でしたので、お手洗いに勘三郎さんの大阪平成中村座「夏祭浪花鑑」のフライヤーが貼ってあるのを見て泣きそうにもなったり。
あれこれ忙しく楽しい一夜でした。



image2.jpgこの後さらにミナミに繰り出していつものバーで飲んだれ。
「さっき前を鴈治郎さんと染五郎さんと松也が通ってな・・・」とマスターから聞いてとなった大阪ディープナイトでございました。



もちろん午前様で翌日は二日酔いですが何か? のごくらく地獄度 (total 1248 vs 1257 )




posted by スキップ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | 更新情報をチェックする