2018年06月27日

ルーツを巡る旅①  小学校


image2 (10).jpg

私は小学5年生の2学期まで、福岡で育ちました。
松本幸四郎さんが博多座の口上で「私の母は博多の人間ですので私の体には博多の血が半分流れています」とおっしゃるのを聞いて、「それ、私もだわ」と少しうれしくなりました。
私が過ごしたのは博多のような都会ではなく、筑豊地方の小さな町でしたが。

大阪に来てン十年、一度も帰ったことがないその町に、ふと思い立って行ってみたくなりました。
これまで博多は幾度となく訪れているのにこんな気持ちになったのは今回が初めてで、何だか不思議な気分でした。

行き方も全くわからなかったのですが、あれこれ調べて一番わかりやすいかなと思ったこのルートで。


image1 (16).jpg

博多駅からJRで福北ゆたか線という電車に乗って新飯塚まで。45分くらい。
福北ゆたか線って福岡市・北九州市・筑豊地区を結ぶ線ということから名づけられたのだとか。
新飯塚駅から西鉄バスで目的の町まで35分くらい。

多分このあたりだろうというところでバスを降りたのですが、もちろん町の景観は変わっているし、第一記憶が全くありません。
冒頭の画像のように、遠賀川の支流が流れるのどかな田舎町です。


当時の住所は覚えていましたので、何となくこっちかな?という方に歩いて、それらしき名前のバス停を見つけて、多分このあたりだ、と少しうれしくなったり。
おぼろげに覚えている大きな病院や、高校などを眺めながら歩いてみましたが、やっぱり住んでいた場所まではわかりませんでした。


image1 (14).jpg

夕刻までに大阪に帰らなければならない事情があって、そんなに長居はしていられないとバス停に向かおうとしている時にこの坂道を発見。

「そうだ!小学校は坂道の上にあった。絶対ここだ!」
と直感して坂道を上りました。


image1.jpg

そうそう、道は砂利道だったけど、横の塀はこんなだった。
この上に小学校が




・・・なかった。





image2 (8).jpg  image1 (13).jpg  

私が通っていた小学校はすでに廃校になっていて、跡地の標と創立二十五周年の記念碑とだけが残されていました。
ちょっぴり残念でしたが、ここが小学校だったという記憶は間違っていなかったことがわかって、やったゼ!な気分でもありました。




image2 (9).jpg  image1 (3).jpg

飯塚に戻って、遠賀川にかかるこんな橋も渡ってみました。
欄干が全くなくて、これでよく川に落ちる人がいないものだわ。




ふるさとは遠きにありて思うもの のごくらく地獄度   (total 1929 vs 1935 )


posted by スキップ at 23:47| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

日傘とクラシック  恒例スカイショッピング


飛行機に乗るの久しぶりだからスカイショッピングも久しぶり~(?)
今回はJALではなくANAなのでそれほど前のめりではなかったのですが、ANA SKY SHOPのページをパラパラとめくっていてこちらを発見。


parasol.jpg

parasol2.jpg

アンテプリマのANAオリジナル レース柄 晴雨兼用遮光傘です。
ラベンダー系のパステルカラーのレース柄、裏面は濃いネイビー。

日頃から愛用している my エース日傘の骨が1本折れてしまって、なかなか修理に行く時間がない中、他の何本かの日傘で代用していたのですがどうもしっくりいかず。
先日「朝イチ」の日傘特集で、「表面は白、裏面(中)は黒がベスト」と言っていて、まさにエース日傘は理想的だったのに、と不自由な思いをしていたところへこれです。

晴雨兼用って遮光率やUV遮蔽率が劣るような気がしてこれまで避けていたのですが、これはどちらも99%以上なので安心。
即 購入です。
少し小ぶりですが軽くて持ちやすく、他の傘持って行っていたにもかかわらず、福岡2days パラつく雨の中も照りつける日差しの中も、ずっとこの傘で過ごしました。


私は機内ではオーディオプログラムのクラシックを聴くことに決めているのですが(そしてたいていの場合は聴きながら爆睡する)、今月のANAの「旅するクラシック」はW杯にちなんで「サッカーシーンを彩る名曲集」。
エルガーの「威風堂々」に始まって、ヴェルディのアイーダ「凱旋行進曲」、ショスタコーヴィチ「黄金時代」、プッチーニのトゥーランドットから「誰も寝てはならぬ」、ハイドンの「皇帝」と好きな曲ぞろいで、次は?次は?と楽しみでちっとも眠れませんでした。



まさに「誰も寝てはならぬ」だわ のごくらく地獄度 (totla 1928 vs 1934 )



posted by スキップ at 22:29| Comment(0) | shopping | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

これ、食べてみたかったのよ 「元祖博多めんたい重」


image1 (3).jpg


福岡空港に9時15分着のフライトでしたので、博多座昼の部開演までビミョーに時間があって、一度ホテルにチェックインしようかしら、とも考えたのですが、そうだ!これを食べに行こう!と思い立ちました。


元祖博多めんたい重
福岡市中央区西中洲6-15
tel: 092-725-7220


地下鉄の中洲川端駅から天神方面に歩いて5分位のところにあって、外観が結構目立つので遠くからでもすぐわかります。
博多座へも歩いて10分ちょっと。開演前のタイミングにいい感じで、我ながら流れるようなスケジューリング・・・自画自賛・・ただ食い意地が張っているだけとも言う。



image2 (4).jpg  image1 (7).jpg


大人気で行列もできていると聞いていましたが、思い立ったのが2日前で電話して予約を尋ねてみたら、その日(6/23)はもういっぱいで予約は締め切りましたとのこと。でも私が10時ごろ、と伝えると「そのお時間なら並ばずにすぐにご案内できると思います」というご親切なお言葉を信じて突撃しました。


・・・全然並んでなかった。
朝から行列できることもしばしばということですが中途半端なブランチタイムだったのが幸いしたのでしょうか。



続きがあります
posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年06月24日

雲の上はいつも青空



image1 (4).jpg

「雲の上はいつも青空」っていうタイトル、以前にも書いたことあるなぁと調べたら、2009年6月に書いていました。

この週末は福岡へ行ってきました。
昨日の往路は飛行機で、出発する大阪も到着した福岡も雨模様でしたが、雲の上はいつもと変わらずこんな青空。
今週はいろいろと凹むこともあったのですが、雲の上のこの青空を見るといつも、小さなことでクヨクヨしなくてもよい、と言ってもらっているような気分になります。

なかなかツラい時に「はよぅ 博多座行きたい」と楽しみにしていた六月博多座大歌舞伎を昼夜通しで観て、昼夜の間には櫛田神社におまいりをして、夜は博多座で偶然お会いした染友(もう幸友か?)さんと天神で飲んだくれ・・・とはいえ、彼女はアルコールNGなので飲んだのは私だけですが。
今朝はがんばって早起きして「ルーツを巡る旅」に出かけました。

雨の予報だったお天気も、土曜日の朝のうちだけ少しパラついた程度でほぼ傘いらず。
というか、今日は日傘が必要なくらいよいお天気で、晴れ女ぶりを発揮したのでした。

夕刻には大阪に戻らなければならない事情があって、駆け足のような1日半でしたが、心身ともにリフレッシュできた福岡の週末でした。



博多はほんなこつよかとこばい のごくらく度 (total 1926 vs 1932 )




posted by スキップ at 23:42| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

コバトパン工場が梅田に!


image2.jpgコバトパン工場といえば天満橋にある人気のコッペパン専門店。

私も何度か伺ったことがありますが、外観もとても可愛いお店で、フィリングの種類も豊富な大好きなパン屋さん。
しかしながら、それほど遠くないとはいえ私にとって“わざわざ感”のある場所にあって、なかなか普段使いという訳にはいきません。

そのコバトパン工場が期間限定で阪神百貨店に出店しているとインスタグラムで情報をキャッチして、早速行ってきました。
(阪神百貨店といえばこのたびのリニューアルでパン売場が食パンパラダイスになっていて、その件についてはまた改めてレポしたいと思います。





image1 (3).jpg image1.jpg
 

定番のあん塩バターと阪神百貨店限定の季節のフルーツ。
具材にあわせてプレーン、黒糖、胚芽の3種類のコッペを使用しているということで、これは黒糖とプレーンかな。

もう一つ買ったコンビーフたまごは胚芽でした。
どのパンもこぶりサイズで、生地はふんわり。
フィリングもどれもおいしくて、3個くらいは余裕でイケちゃいます。



8月には芝川ビル購買部がオープンすると教えていただいて、芝川ビルなら会社からすぐ近くじゃん!と大いにテンションあがりました のごくらく度 (total 1925 vs 1932 ) 


posted by スキップ at 23:01| Comment(2) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

江戸切子で梅雨を乗り切る


image1 (9).jpg


地震の次は大雨ですか、と何だかなぁな毎日(・・・なんてことを言うと罰があたりそうですが)。
ここはひとつ気分転換でも、と絵手ぬぐい額を替えることを思い立ちました。

自宅の玄関ホールに飾っている絵手ぬぐい額は季節ごとに入れ替えているのですが、「ひなまつり」や「鯉のぼり」など短期限定のものを含めて、春夏秋冬どの季節も複数枚揃ってしまって近ごろではそれらを使い回していましたので、久々の新作です。


先日京都で買った江戸切子柄。
これと七夕柄と迷ったのですが、期間限定感が少ないと思ってこちらを。
元々江戸切子のグラスは好きで何点か持っていますが、涼やかな藍色に赤が入っているのがひと目で気に入りました。


この涼やかグラスを眺めながら、梅雨を乗り切りたいと思います。



見ていると冷酒が飲みたくなってコマル のごくらく地獄度 (total 1924 vs 1932 )


posted by スキップ at 22:05| Comment(0) | 絵てぬぐい | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

京都モダンテラスで吉田パン工房のトーストを食す


image1 (8).jpg

今年3月にオープンした関西のパン好きの間では超話題の吉田パン工房
元々はレストランへの卸専門のパン屋さんでしたが、土曜日と日曜日だけ店舗で販売されるようになりました。
グルメ本はじめいろんなメディアでも紹介されたこともあってか、9:00のオープン前から長蛇の列ができて1時間位で完売してしまうという人気ぶり。すごく興味があって食べてみたいと思ってはいるものの、無理ムリ~とハナから諦めていました。

が、待てよ。
卸専門ということはこのパンを食べられるレストランが京都にはあるってことじゃない・・・

と少し調べてみたら、京都モダンテラスの朝食にこちらのパンが使われいる、ということがわかりました。
「モダンテラスかぁ~、ロームシアターの上ね。2月に『アンチゴーヌ』観に行ったのになぁ。またいつか行く機会はあるだろうけど・・・え?ロームシアター?今度の土曜日行くじゃん!」となったのでした。


京都モダンテラス
京都市左京区岡崎最勝寺町13
ロームシアター京都 パークプラザ 2 階
tel: 075-754-0234


朝食は11:00までとwebサイトで調べて、張り切って出かけました。
入口で「ただ今はランチタイムの時間となっております」と言われて時計を見たら10時40分。
「え?!朝食 11時まででは?」
「ラストオーダーが10時30分となっております」
・・・聞いてないし

そこを何とか、とか粘ってみたものの頑として受け付けてくれず。
くぅ~、東山駅を降りて、まだ少し時間があるからとローソンで別のお芝居のチケット発券したりしたことが悔やまれる。

「朝食で吉田パン工房のパンがいただけると聞いて伺ったのですけど・・」
とまだ未練がましく言うと
「ランチメニューの中でライスつきのものをパンに替えていただくと吉田パン工房のトーストをお出ししております」
ということで、「じゃあ、それ」と手を打ちました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

大丈夫です


本日午前7時58分に発生した地震につきまして、メールでLINEでTwitterで、たくさんの方から温かいお言葉を頂戴いたしました。どうもありがとうございました。お心遣い感謝申しあげます。
家族も私も自宅も無事であることをご報告いたしますとともに、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申しあげます。


昨日の日曜日は出勤でしたので、今朝は遅めのシフトでゆっくり起きて朝食の準備をして、さぁ食べましょうとダイニングテーブルについた時にそれは起こりました。
大きな揺れとスマホの緊急災害速報のけたたましい警告音がほぼ同時。
「何これ。地震?すごく大きいんだけど」と久しぶりに体験する大きな揺れに怖さを感じましたが、「テーブルの下にもぐった方がいいかしら」と思案しているうちに揺れは収まりました。
時間は短かったですが、体感としては阪神淡路大震災の時より揺れは大きかった印象です。

すぐTVをつけるとやはり結構大きな地震だった模様。
連絡をくれた北摂地方に住む友人の中には、食器類がたくさん割れてしまったり、たまたまお風呂に入っていて(!)浴槽のお湯が嵐の海のようにユサユサ揺れた、なんていう人もいて、わが家はこれといった被害がなかったことに感謝。
・・・そういえば、阪神大震災の時は、多分家の中で一番重い‘’家具‘’であろうピアノが動いていたことに、後になって気づいた、なんていうこともありましたが。

公共交通機関がほぼ全滅な中、最寄り駅の阪堺電車は幸いなことに動いていましたので、とりあえず出勤。
「大阪の交通機関ほぼ全線運転見合せの中、ダイヤ乱れながらも満員の乗客積んで走らせている阪堺電車 愛おしい」とTwitterでつぶやきながら。

天王寺駅に着いたのが午前9時30分ごろ。
普段平日のこの時間ではありえないほどたくさんの人であふれていました。
みんなスマホ片手に情報を調べたり連絡したり。学校が休校になったためか、高校生らしき制服姿の人たちもたくさんお見かけしました。
この時点で天王寺からの交通機関はすべて止まっていましたので、予想通りタクシー乗場もバス停も長蛇の列。
やっぱりね、とあきらめてここからテクテク徒歩で出勤。1時間くらい歩いて汗だくになりましたが、これくらいですんだのはやはり幸運な方だったと思います。
オフィスではエレベーターが止まっていた他は特に目立った被害はなく、通常通り勤務することができました。

帰宅時も、まだ交通機関は乱れていて大変な目にあっている方も多い中、御堂筋線がダメなら谷町線があるさ、と地下鉄にも乗れて、無事自宅まで戻ってきました。


こんなに大きな地震だったことが信じられないような静かな夜を過ごしていますが、とはいえ、「不安な夜の安全な過ごし方」なんていうネットニュースを見たりして、何となく落ち着かない夜ではあります。



地震はいつも突然やってくる(当たり前) の地獄度 (total 1923 vs 1930 )


posted by スキップ at 22:57| Comment(4) | diary | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

キセキのピアス


image1 (2).jpg

20数年前に香港で買ったピアスです。
画像ではわかりにくいですが、24金とプラチナのバイカラーで、当時の私としてはかなり高価な思い切った買い物でした。

とても気に入って日常使いしていたのですが、時折落としたり紛失したりすることが。
でも、他のピアスは片方なくしたらそのままになることが多いのに、このピアスだけは不思議なことになくすたびにまた戻ってきて、いつしか私の中で「奇跡のピアス」と呼ぶようになりました。

特に印象的だったのは4年位前。
朝、自宅を出る時につけたピアスがオフィスに到着すると耳になくて、1日中凹んでいたところ、夜遅く最寄り駅に帰り着いた時になぜかふと気が向いて反対側のホーム(朝 出発したホーム)に行って何気に足元を見てみたら、夜のライトにきらり~んと光るものを見つけた時には、「やっぱりキセキのピアスだ!」と大喜びしたものです。

ところが、それからしばらくしてまた片方紛失してしまって・・・多分その前からポストが緩んでいたものと思いますが、気づいた時には耳の裏側にポストだけが張り付いているというおかしなことになっていました。
その時はどこを探しても見つからず、奇跡もこれまでかとがっくりしつつあきらめたのでした。

そして今日です。

ジェルネイルが1本取れてしまって、次にサロンに行くまでの応急処置にネイルエナメルしておきましょうとドレッサー横に置いてあるチェストの一番下の「ネイルケアグッズ引き出し」を久しぶりに開けて、どの色にしようか探していると、引き出しの底にきらり~んと光るものが。
一瞬「えっ!?」とわが目を疑いました。
もしかして女々しく取っておいた片方のピアスがここに落ちたの?と思って、今度はそのチェストの一番上の「アクセサリー引き出し」を開けてみたら、ちゃんともう片方がありました。

うわっ、帰ってきたんだ!!

どうしてこんなところに・・・と思わずにはいられませんが、
「やっぱりキセキのピアスだわ」 と笑顔になったのは言うまでもありません。



何年ぶりの再会かしら。今度の旅は長かったわね~ のごくらく地獄度 (total 1923 vs 1929 )



posted by スキップ at 23:13| Comment(2) | diary | 更新情報をチェックする