2017年11月30日

吉例 顔見世大歌舞伎 夜の部


image1 (2).jpg   image2.jpg

「あら、今日は歌舞伎座に櫓があがってるのね」と思ったら、顔見世だからなのだと気づきました。
祝樽も飾られて、新春のような雰囲気。
やはり顔見世は「芝居の国のお正月」なのだと再確認した次第です。

吉例 顔見世大歌舞伎 夜の部
2017年11月12日(日) 4:30pm 歌舞伎座 3階2列センター



一、仮名手本忠臣蔵
 五段目  山崎街道鉄砲渡しの場   同 二つ玉の場 
 六段目  与市兵衛内勘平腹切の場
出演: 片岡仁左衛門  片岡孝太郎  市川染五郎  坂東彦三郎  
片岡松之助  上村吉弥  坂東彌十郎  片岡秀太郎 ほか
(上演時間 1時間35分)


仁左衛門さんの勘平を観るのはもう何度目だろうというくらいよく観ているのですが、「一世一代」とは銘打っていないものの今回で最後、と漏れ聞くとやはりまだまだ観ていたいと思わずにはいられません。
特に六段目、勘平は着物を着替えたり腹を切ったり、ドキドキしたり嘆いたり覚悟したり、物理的にも精神的にもいろいろな所作や約束事が多いと感じるのですが、歌舞伎の様式美ともいうべき動きの中に、繊細な心理描写、細やかに変化する表情で勘平が息づいています。

続きがあります
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2017年11月29日

吉例 顔見世大歌舞伎 昼の部


201711kaomise.jpg松本幸四郎さん、市川染五郎さん、松本金太郎くんが今の名前で出演する最後の舞台となった11月歌舞伎座の吉例顔見世大歌舞伎。
それだけも「観ておかなきゃ」というところなのに、藤十郎、菊五郎、吉右衛門、仁左衛門、そして幸四郎と、五枚看板が揃う盛大な顔見世。
ちょっと無理して予定外の上京を1日組み込みました。

吉例 顔見世大歌舞伎 昼の部
2017年11月12日(日) 11:00am 
歌舞伎座 1階2列センター



一、湧昇水鯉滝  鯉つかみ 
市川染五郎本水にて立廻り相勤め申し候
補綴: 戸部和久
振付: 尾上菊之丞
美術: 前田剛
出演; 市川染五郎  中村児太郎  大谷廣太郎  
中村吉之丞  市川高麗蔵  大谷友右衛門 ほか
(上演時間 1時間10分)


「鯉つかみ」を初めて観たのは2011年4月のこんぴら歌舞伎(感想はこちら)。
金丸座独特の機構を活かした染五郎さんの創意工夫あふれる演目で本当に楽しかったことを今でもよく覚えています。
以来、愛之助さんが何度か演じられていましたが、「『鯉つかみ』は染ちゃんのもの」と頑なに観ることをせず。

今回は金丸座では使えなかった本水使用で、大滝の中迫力の立ち回り。
ビニールシートは配布された「水かぶり席」だったのですが、思ったほどには水が飛んでこなくて、「あーよかった」とシートをはずしたところを狙ったかのように染五郎さん志賀之助がパシャッと水を蹴り上げて・・・ヤラレました。でも水に濡れてもうれしいのはなぜ?(笑) この演目を近くで観たくて一等席を取った甲斐もあったというものです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:39| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2017年11月27日

天に向かって 「高麗屋三代襲名披露祝賀会」


image1.jpg

来年1月 37年ぶりとなる高麗屋三代襲名。
その襲名披露祝賀会に末端の後援会員である私にもご招待状が届きました。
お祝いしたい気持ちはもちろん、「こんなこと、私が生きている間にもう二度とない」と喜んで出席させていただきました。


高麗屋三代襲名披露祝賀会
2017年11月26日(日) 6:00pm 帝国ホテル東京 孔雀の間 (8:00pm閉宴)



すでにたくさん報道されている通り、歌舞伎界はもとより、政財界や芸能界からたくさんのお客様が出席されて、大変華やかな宴でした。
受付を終えて入場の列に並んでいる時から「あれ菊ちゃんだ」「中車さんだ」「梅枝くんご夫妻だ」「愛之助さんだ」「ノリカもいる?」「隣にいる」「歌昇くんだ、やっぱりオトコマエ~」とミーハー心炸裂で忙しい(^^ゞ



司会は葛西聖司さん。
松竹の大谷会長、迫本社長、俳優協会を代表して坂田藤十郎さんがご挨拶された後、
市川染五郎さん、松本金太郎さん、松本幸四郎さんの順にご挨拶。


image1 (14).jpg


続きがあります
posted by スキップ at 07:22| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

街はクリスマス


image1 (9).jpg

今日は今シーズン第一弾のクリスマスパーティ
・・・というか忘年会でした(いずれにしても早っ!)。
ハロウィンが終わると即クリスマス、というのが定番ですが、街は本当にすっかりクリスマス。
御堂筋イルミネーションも始まり、花屋さんの店頭にも真っ赤なポインセチアやシクラメンがあふれていてとても華やかです。


去年から家でクリスマスツリーを飾ることをやめにしましたので、
この季節は街のあちこちに飾られるクリスマスツリーが楽しみ。


image2 (7).jpg

リッツ・カールトン大阪のツリー。
リッツのツリーは毎年オーセンティックで古きよきアメリカを思わせる雰囲気で
大阪のホテルのツリーの中では一番好き。



image3 (3).jpg

対照的なのがこちら グランフロント大阪のツリー
毎年テーマが決まっていて昨年は真っ白だったのですが、今年は Winter in Red
華やかな紅い薔薇が印象的ですが、その大きさも相当なもので画像では伝えきれないのがザンネン。



こうして今年も終わっていくのねぇ~ の地獄度 (total 1841 vs 1843 )

posted by スキップ at 23:15| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする

2017年11月24日

始まりは未来へ  スーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」


onepiece2017.jpg

2015年に初演されて大評判となり、2016年に松竹座、博多座と続演されてたスーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」。
大きな期待を集めて再演となった今年、初日が開いて4日目の10月9日 思いもよらない事故で主演の市川猿之助さんが休演する事態となってしまいました。

このニュースが流れた時、歌舞伎ファンは猿之助さんのお怪我の具合をとても心配したけれど(それは今ももちろん心配でならないけれど)、公演が続けられるのか、とか代役をどうするのか、といった声はほとんど聞こえてきませんでした。
「右近くんがルフィやるのね」と誰もが思っていたから。


スーパー歌舞伎Ⅱ 「ワンピース」
原作: 尾田栄一郎
脚本・演出: 横内謙介
演出: 市川猿之助
スーパーバイザー: 市川猿翁
美術: 堀尾幸男   照明: 原田保   
映像: 上田大樹  衣装: 竹田団吾
出演: 尾上右近  市川右團次  坂東巳之助  中村隼人  坂東新悟  
市川弘太郎  市川寿猿  坂東竹三郎  市川笑三郎  市川猿弥  
市川笑也  市川男女蔵  市川門之助  市川右近  市川猿/
平 岳大  嘉島典俊  浅野和之 ほか

2017年11月23日(木) 11:00am 新橋演舞場 1階5列下手/
11月24日(金) 11:00am 3階3列センター
(上演時間 4時間10分/幕間 30分・25分)



image2 (6).jpg

猿之助さん直筆のメッセージ


この公演は、市川猿之助さんがルフィ/ハンコックを演じる通常公演とは別に尾上右近くん主演の「麦わらの挑戦」という特別マチネが上演されることが発表されていました。
11月23日はその「麦わらの挑戦」の千穐楽となる日で、その日に合わせてチケットを取り、翌日、猿之助さん主演の通常パターンも観て帰ろうと目論んでいたのですが、毎日が「麦わらの挑戦」になっちゃったので同じものを2回観ることに・・・とはいえ、座席が違えば見え方も違いますし、1回目と2回目では感じ方が変わるとこもあって、2回観ても全く興味つきることはありませんでした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:57| Comment(2) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

そば切り岳空


image2 (2).jpg

「谷町六丁目にステキなお蕎麦屋さんがあるから」とランチに連れて行っていただいたお店。
今年1月にオープンした新しいお店ですが、すぐに評判の人気店になって、ウェイティングになったり、閉店時間前に終了してしまうことも多々あるそうです。


そば切り岳空
大阪市中央区谷町7-1-54
tel: 06-6773-9478
営業時間: 11:30~14:00 17:30~20:00
(お蕎麦がなくなり次第終了)


image2.jpg地下鉄谷町六丁目駅から歩いて5分位。
空堀商店街の東通り アーケードを抜けたあたりです。
古い町家を改装されたということですが、それと知らなければお蕎麦屋さんとは気づかないようなモダンでシャープな印象の外観です。

L字型の白木のカウンタ−10席のみ。
塗り壁にダウンライトというシックでモダンな内装です。
オトコマエの若いご主人ととってもチャーミングな美人奥様で切り盛りされています。

お蕎麦のメニューはシンプルで、もり蕎麦・おろし蕎麦・鴨せいろ・焼き野菜せいろ・ねぎせいろ の5種類。
基本的にあたたかいものをいただきたかったので、焼き野菜せいろと、こちらの名物でもある炙り〆鯖寿司を。

蕎麦粉はすべて国産の石臼挽き蕎麦粉で毎日開店直前に打っていらっしゃるのだとか。
透明感のある白めのお蕎麦に粒が入って、口に入れるとふわりと蕎麦の香りが広がります。
のどごしのよいお蕎麦と少し濃いめのつけ汁の相性もよく、とてもおいしくいただきました。
これ、一枚盛りにしたのですが、二枚でもあっさりイケちゃいそう。


image1 (5).jpg  image1 (3).jpg

絶品の炙り〆鯖寿司。
そば湯もこんな小じゃれた器で供されます。



image2 (3).jpg

カウンターの向こうには美味しそうな日本酒や蕎麦猪口が棚に飾られていて、前菜三種盛りや蕎麦焼味噌、クリームチーズ味噌漬けといったお酒に合いそうなメニューも並んでいますので、ぜひ夜に一献傾けながらいただきたいお店です。




おなかいっぱいであきらめた出汁巻きもこの次は絶対食べる のごくらく度 (total 1840 vs 1842 )


posted by スキップ at 23:26| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

1分1秒でも長くこの黒燕尾を 「朝夏まなとラストデイ ライブ中継」


manatolastday.jpg

「宙組の朝夏まなとです」
という開演アナウンスが聞こえた時からすでにウルウル。
やっぱり私、こんなにも朝夏まなとさんが好きだったんだと観ている間じゅうずっと感じたラストデイでした。


宝塚歌劇宙組 東京宝塚劇場公演千秋楽
朝夏まなとラストデイ ライブ中継
「神々の土地」
「クラシカル ビジュー」
「朝夏まなとサヨナラショー」

2017年11月19日(日) 1:30pm 大阪ステーションシティシネマ スクリーン4
(上映時間 4時間30分/休憩30分)



宝塚大劇場で2回観て、大劇場千秋楽ライブ中継も観ましたので詳細は控えます。
それぞれアップした感想は以下に。

「神々の土地」
「クラシカル ビジュー」
「宝塚大劇場千秋楽ライブ中継」


「神々の土地」は本当に名作だと思います。
そこにサヨナラがオンされて、ラストの雪原のシーンなんて、この朝を最後に二度と会うことのないドミトリーとイリナにまぁくんとうららちゃんが重なってダダ泣きでしたが、サヨナラ公演ということを抜きにしても何回も観たい作品だったし、観れば観るほど好きになりました。
物語の展開も、凍りつくような雪原、大階段に真っ赤な絨毯を敷きつめた宮廷といった絵画的に美しい舞台装置も、上田久美子先生の演出が冴えわたっています。


お芝居ですっかり涙腺がゆるんでしまったので、「クラシカル ビジュー」も「サヨナラショー」も、「あれ?こんなに泣くショーだったっけ?」というくらい涙ナミダで観ていたのですが、やはり、ショーの黒燕尾の美しさにつきます。
終演後の記者会見で朝夏さんは「1分1秒でも長く、この黒燕尾を着ていたかった」と話されたとか。
特別な飾りのないシンプルな黒燕尾が長い手足に映えて、とても端正な朝夏さんの黒燕尾姿が大好きでした。
私は、私たちは、「1分1秒でも長く、その黒燕尾を見ていたかった」です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:27| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

極は極楽の「極」 それはすでに「髑髏城の七人」ではない


やーっと情報公開された 劇団☆新感線 「髑髏城の七人 Season 極」

shuratenma.jpg

「修羅天魔 ~髑髏城の七人 Season 極」
作: 中島かずき/演出: いのうえひでのり
出演: 天海祐希  福士誠治  竜星涼  清水くるみ  
三宅弘城  山本亨  梶原善治  古田新太 ほか
2018年3月17日(土)-5月31日(木) IHIステージアラウンド東京



花鳥風月の後、「極」があると発表された時、「ごく」と読み仮名つけられていたにもかかわらず、「それって極みってことじゃない?」「極めつけの髑髏城ってことだよね」という観測が乱れ飛びました。
私もそう思っていて、きっと最後に古田新太が極めつけの一人二役見せてくれるはず、と期待していたのでした。

「天海祐希さんが出る」という噂も根強くあって、だから今回の発表でもそれほど驚きはなかったものの、天海さん主演と聞いて最初に思ったのは「へ?!何の役?」・・・主役が極楽太夫とはね。
Season 極の「極」は極楽太夫の「極」という訳ですか。


「修羅の道を行く極楽太夫と天魔王の愛憎劇」ということで「修羅天魔」というカッコいいサブタイトルがついています。
極楽太夫のキャラクターもこれまでとは違っているそうで、「スナイパーで凄腕の狙撃手」というのは殺陣がお得意とは言えない天海さんを考慮してのことでしょうか。
中島かずきさんは「スピンオフでもアレンジでもなく、完全新作の、もうひとつの『髑髏城の七人』の物語です」とおっしゃっていますが、捨之介も蘭兵衛も出ない「髑髏城」は果たして「髑髏城の七人」といえるのか?というのが個人的な感触。
夢三郎とかいう新キャラも加わるらしいですが。


「信長がキーワードになる」という物語自体はとても興味そそられますし、ビジュアルも超ステキ。
「阿修羅城の瞳」や「朧の森に棲む鬼」で描かれた大人の男女の愛憎劇も大好物で期待も高まります。
・・・なので、あえて「髑髏城の七人」にこだわらず、もうタイトル「修羅天魔」でいいじゃん。


チケ取り考えると頭イタイ の地獄度 (total 1838 vs 1842 )

posted by スキップ at 22:58| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

きっと人生なんて、うまくいかないことばっかりだ 「わろてんか」


warotenka.jpg朝 家を出る時間が早いのでこれまで「朝ドラ」とは無縁の生活だったのですが、今期の「わろてんか」は録画して毎日見ています。
大阪が舞台で、吉本せいさんがモデルだということもあって、大阪市内の地下鉄いろんな駅にこのポスターが掲出されているのも影響しているかしら。
大阪弁ビミョーな役者さんもいて、「あのイントネーションはないわな」とツッコミ入れながらも、明るく笑いにあふれたドラマを楽しく拝見。

登場人物の一人 高橋一生さん演じる伊能栞さん。
佇まいも人となりも立ち位置も、いささかカッコよすぎる感はありますが、その栞さんが今日のオンエアで言った言葉
「きっと人生なんて、うまくいかないことばっかりだ」

藤吉さん(松坂桃李)の、「お金持ちのご子息で帝大出。栞くんは思い通りにならないことなんかない思てた」という言葉に応えてのものですが、「そうだよなぁ。思い通りにならないことに折り合いつけて、それでも生きていかなきゃならないのが人生だよなぁ」といたく共感。

この後、「でもたった一つだけでいいから、これだけはやり遂げたぞっていう生きた証が欲しいよな」と、いかにも朝ドラらしい希望に満ちた言葉が続くのですが、そのあたりはまぁ、どうでもよろし(笑)。


個人的にはてんの京都の実家の藤岡家の人々がとても好きでしたので(てんの子供時代を演じた新井美羽根ちゃんも大好き)、舞台が大阪に移ってあまり出番がなくなったのがさびしいですが、風鳥亭を開業したてんちゃんと藤吉さん、これからの展開も楽しみです。



とはいえ、毎日見るのは結構大変 のごくらく地獄度 (total 1838 vs 1841 )
posted by スキップ at 22:10| Comment(0) | TV | 更新情報をチェックする