2020年10月12日

紅降臨 「紅ゆずるトークショー」


yuzuruktalkshow.jpg2021年4月に上演予定の「アンタッチャブル・ビューティー ~浪花探偵狂騒曲~」のプレイベントとなる紅ゆずるさんのトークショー。
昼夜2回のうち夜の部のビデオメッセージゲストが私のツボ過ぎて情報知るなり「行く!」となりました。
Web松竹先行、一般ともチケットは瞬殺で相変わらずの人気ぶりです。


紅ゆずる トークショー in 大阪松竹座
出演: 紅ゆずる
進行: 古川圭子(毎日放送アナウンサー)
ビデオメッセージ出演: 松本幸四郎  柚希礼音  山本耕史
2020年10月10日(土) 6:00pm 大阪松竹座 1階6列センター
(上演時間: 1時間30分)



開演とともに舞台スクリーンにレーザーで、「紅」 「降臨」の文字。
大ゼリに乗った紅さんのシルエットが浮かび上がり、片手を腰にモデル立して盆で回りながら登場という派手なオープニング。
これはご自分で考えた演出だと後のトークでおっしゃっていました。
「トークショーなのにいったいどうしたの?という演出ですが、せっかくの松竹座だし、やりたいと言ったらやりましょうかと言ってくれて・・・松竹座の人、ほんといい人!」と。

黒地にアールデコっぽいペイズリーのような柄の入ったロングワンピース。
スカートの部分は段々になっていてかわいい。黒のピンヒールでした。
昼の部とは衣装が違っていて、ご本人曰く「衣替え」とのこと。
「ナマ紅のスカート姿どう?」とおっしゃっていましたが、スラリとした長身によくお似合いでした。
ただ今伸ばし中という髪はハーフアップ。
「私はずっと光を浴びていなかった影の女。今日は光合成したいと思います」という紅さん。スポットライトを浴びて輝くばかりの美しさでした。

司会の古川アナウンサーは個人的に紅さんのFCに入っていたくらいのガチヲタ。
ちちんぷいぷいの中で「青い星の上で」を紹介された時も話題になった方です。


キーワードトーク

箱に入った紙を引いて、書いてあるキーワードをテーマにトーク。
出てきたワードは、「大阪弁」「髪型」「歴女」「イヤリング」「粉もん」でした。
「歴女」では何度も屯所跡に行ったほど新選組大好きという話になって、宝塚時代「新選組やるか」という話もあったけれど、新選組ファンがどれだけ熱烈か知っているのでそれはご辞退したとおっしゃっていました。

トップ時代かな?
もし実現してたら近藤 土方 山南 沖田 斎藤…星組でどんな配役だったかと妄想膨らみました。

これまでピアスは一度もしたことがない紅さん。
「イヤリング」では、「最近イヤリングとイヤカルス」とイヤカフに心踊らせてます・・・だからと言って送ってと催促してる訳じゃないですよ・・・別に送ってくださってもいいですけど」(笑)

ビデオメッセージは一人ずつ映写されるとその人について紅さんがコメントする形。
どの人の時も本当にうれしそうに微笑みながら見ていらっしゃった姿が印象的でした。


松本幸四郎さん

「紅さんは来年松竹座で初舞台ですが僕は何度も松竹座に出た先輩とて上から(笑) 。コンパクトで客席との距離感が近い劇場。道頓堀の熱気に負けないようパワーを発揮して…」

昼の部のメッセージ(幸四郎さんは昼夜出演)はかなり「ヘンな人」ぶりだったと聞きましたので、「お、夜の部は真面目路線でいくのか?」と思いきややっぱり不思議ちゃんワールド炸裂。
「(負けないよう)何かを出して、何かを出して」と頬のあたりから両手を広げて前に出す仕草を何度もした挙句、「紅さんは背が大きいのに高いヒールを履くし、前のめりだし真似はしたくないですけど」と急にトーンが下がって黙る・・・からの突然「わいざいま〜」と手を振ってお別れ(終わりかい!)。
この「わいざいま~」って何言ってるかよくわからなかったのですが、塚地さんがYou Tubeでやってるグラリオサ音子のギャグだと後で紅さんが解説してくれました。「何で私がこんなこと説明せなあかんのよ」と言いつつ(笑)

幸四郎さんを「おにいに」と呼んで慕っている紅さん。
「ほんとに素晴らしい人なんですけどほんとにヘンなんです。皆さん酔っ払ってると思われるかもしれませんが酔ってないんです」
「昼の部でも話したんですけど、小学生の時、近所の耳鼻咽喉科で幸四郎さん(当時染五郎さん)を目撃して、『なーなー芸能人?』とつきまとい、処方箋薬局にまで追いかけて行って、最後車に乗った幸四郎さんに『無視かよー!』と捨て台詞吐いて・・・、二番手時代に雑誌(演劇界)で対談した時、『ワタシ、この人知ってる』となりまして」
「宝塚舞踊会の時は『船弁慶』の化粧や立ち居振舞いを教えていただきました」

公演もよく観に来てくださる幸四郎さんは舞台観ても紅さんのことではなく「あの場面のこれはどういう意味だったの?」と舞台転換のことを訊いたりして、役者さんとしての視点なのかなと。
スカピンのDVDとか写真も買ってくださって、汐風幸さんが幸四郎さんの楽屋を訪ねたら「紅子が飾ってある」
「この人おもしろいとひたすら言ってた」と汐風さんに聞いて「楽屋に写真飾らんといて」と電話したそうです。
「天然という衣を纏った二枚目。でも舞台では大変身」ともおっしゃっていました。


柚希礼音さん

「手のかかるやんちゃ坊主だった」「マッチ棒みたいな少女が」と紅さんの下級生時代を懐かしむ柚希さん。
宝塚を卒業してコロナ禍となって、「ゆっくりリセットする時間ができたかな」という視線が温かい。
「トップと二番手としてこんなにも向き合うのかというくらい言いたいことを言い合い、喧嘩してしばらく口をきかない時期もあったけれど、ゆずるちゃんとは一生親友です」と言い切る柚希さん。
一番笑ったのは「青い星の上で」の話。
「Our song for you 一緒にできて本当にうれしかった。どんな動画送ってくれるか楽しみにしていたら、ゆずるちゃん 顔うっすっ!」   

これに対して紅さん
「(男役卒業して)化粧に戸惑っていた時期なのと、家がすごく日当たりよくて全部飛んだ」
「送る前にマネージャーと一緒にちゃんと確認してこれでよし!と送ったのに全員並んだら、うっすっ!」
「スッピンですか?とか言われたけど、あんなトップが集結するとこでスッピンなんかで出る訳ない」

「私がバシバシ言いたいことを言っても柚希さんはちゃんと受け止めてくださる方。喧嘩してた頃は、博多座で柚希さんと『愛のボレロ』を私が娘役で踊っていた時で、振付の先生から『なんか格闘技みたいね』と言われて。柚希さんと4時間話し合って仲直りして、その後はすばらしい『愛のボレロ』になって、やっぱり人と人の関係性が舞台に出るな、と」
周りからはは「4時間で仲直りできるんやったらもっと早くして」と言われたそう(笑)。

「柚希さん在団中は3日会わなかったことはないので退団の時はこの世の終わりくらい寂しかった」と紅さん。
「先日『ビリー・エリオット『』を観劇したとき、柚希さんから『髪伸びへんな~。私も何年もなっても伸びへんねん』←いやいやそれ、何年も経ちすぎでしょ』と紅さん

これを聞いた古川アナ。ニコニコしながら「いいですね~。お2人の会話を横のテーブルでずっと聴いていたい」ととおっしゃっていて、心でぶんぶん肯きました。


山本耕史さん

紅さんのことを「さゆちゃん」と呼ぶヤマコーさん。
初めて会ったのは2011年に対談した時で、とお人柄が伺えるような真面目で誠実なお話ぶり。
・・・だったのですが、当方電池切れであまり内容よく覚えていない(こらぁ~!!!!)

紅さんは、「山本耕史さんに言われたことで印象に残っているのは、『これから先生にお稽古見ていただきます』と言ったら、『それじゃあダメだ。見ていただくんじゃなくて、何かを盗むつもりでやらない』とおっしゃったこと」「本質を見抜こうとするより、自分を素直に出せばいい、と」

「今の紅さんのコメント含めて、山本耕史さんはイメージ通りの方」と古川アナ。
それに比べて、こうしろ・・(以下略)。

そもそも、スーツにネクタイ(撮影の衣装らしいですが)で立ってコメントするヤマコーさんに対して、幸四郎さんはいつもの紺シャツ、第一ボタンはずしてソファに座ってコメントなので推して知るべし



yuzuruktalkshow1.jpg.jpeg

来年4月の「アンタッチャブル・ビューティー」はキャストもまだ決まっていないそうですが、「言葉も多分ネイティブ大阪弁で、思いっきり笑える舞台にしたいので、楽しみにしていたください」とおっしゃっていました。
ラストは舞台上に投影された手書きメッセージでお見送り。最後までチャーミングな紅さんでした。



shochikuza20201010.jpeg松竹座はこの紅ゆずるトークショーが再開第一弾のイベント。私も9ヵ月ぶりの松竹座でした。
来年の初春は中止になっちゃったけれど、またここで歌舞伎が観られますように。




紅さん 相変わらずのトーク力で楽しい夜でした のごくらく度 (total 2161 vs 2162 )


posted by スキップ at 23:18
"紅降臨 「紅ゆずるトークショー」"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。