2018年11月03日

月組総力結集 「エリザベート」


elisabeth2018.jpgただ今絶賛東京公演中。
「エリザベート」は1996年の日本初演以来、上演回数1,000回以上を誇る宝塚歌劇の代表作の一つ。
今回が10演目。10人目のトートです。

・記念すべき10作目
・上演期間中に観客動員250万人を迎え
・長らく月組トップ娘役をつとめた愛希れいかさんのサヨナラ公演

とただでさえ話題満載なのに、今公演期間中に台風21号・24号の影響でなんと23年ぶりに公演が中止になったり、さらには、美弥るりかさん休演のため、フランツ、ルキーニといった大役が代役となるなど、とてもドラマチックで忘れられない公演となりました。


宝塚歌劇月組公演
三井住友VISAカード ミュージカル
「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」
脚本・歌詞: ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲: シルヴェスター・リーヴァイ
オリジナル・プロダクション: ウィーン劇場協会
潤色・演出: 小池修一郎
出演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  憧花ゆりの  光月るう  夏月都  
紫門ゆりや  白雪さち花  千海華蘭  輝月ゆうま  晴音アキ  月城かなと  
蓮つかさ  海乃美月  暁千星  美園さくら  風間柚乃  天紫珠李  蘭世惠翔 ほか

2018年8月25日(土) 11:00am 宝塚大劇場 1階2列センター/
9月6日(木) 11:00am 1階4列センター/9月29日(土) 11:00am 1階9列上手
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



「エリザベート」という作品自体の感想は、これまでに宝塚版、東宝版ともに散々書いてきましたので、繰り返しては書きませんが、「やっぱりエリザ好きだな」というのがまずは、の感想。
大劇場ロビーの自動演奏のピアノが♪闇が広がる を奏でているのが聞こえるだけで気持ちアガリます。

楽曲のよさはもちろん、自由を求め、死に惹かれたエリザベートという女性の人生にハプスブルク家・・というよりヨーロッパの王族そのものの落日を重ねたストーリーも何度観ても深さを感じますし、彼女を取り巻く人々それぞれの思いが切ない。

今回の月組版で最も印象的だったのは総合力でしょうか。
専科から誰も特出せず、マックスパパもゾフィもすべて組子が演じていましたし、あまり役が多くないとはいえ、すべての役が手堅い。
合唱も「え?月組こんなにコーラスよかったっけ?」と思うほど。
1回目観た時は2列目センターだったこともあってか♪ミルク の迫力たるや凄まじかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:56| Comment(2) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

行ってらっしゃい!台湾  星組 「Thunderbolt Fantasy/Killer Rouge」


thunderbolt.jpg10月20日から11月5日まで開催される第三回宝塚歌劇台湾公演のプレビュー。
お芝居は、台湾で知らない人はいないと言われている伝統的な人形演劇を現代的にアレンジした作品の初ミュージカル化なのだそうな。


宝塚歌劇星組公演
異次元武侠ミュージカル
「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀」
脚本・演出: 小柳 奈穂子
タカラヅカ・ワンダーステージ
「Killer Rouge/星秀☆煌紅」
作・演出: 齋藤吉正
出演: 紅ゆずる  綺咲愛里  礼真琴  万里柚美  美稀千種  七海ひろき  
如月蓮  天寿光希  夢妃杏瑠  麻央侑希  有沙瞳  天華えま ほか

2018年9月5日(水) 12:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階15列下手
(上演時間: 3時間5分/休憩 30分)



「Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 (とうりけんゆうき)」

かつて「魔界」と「人間界」との戦いで人間たちが使った「天刑劍」(てんぎょうけん)という神剣を守る丹衡(桃堂純)、丹翡(タンヒ/綺咲愛里)兄妹が剣を奪おうとする玄鬼宗の蔑天骸(ベッテンガイ/天寿光希)一味に襲われ、兄の丹衡が殺される中、凜雪鴉(リンセツア/紅ゆずる)に導かれるように、捲殘雲(ケンサンウン/礼真琴)、殤不患(ショウフカン/七海ひろき)たちは仲間を加えながら蔑天骸の居城のある魔脊(マセキ)山に向かいます・・・。
といった物語。

原作を全く知らず、例によって予習も全然しないまま臨みましたが、ストーリーに置いていかれるということはなく楽しんで観ることができました。
登場人物とか剣の名前はややこしくて聞き慣れないものばかりで全然覚えられなかったけれども。



image1 (13).jpg

上下同じ画像?と思ったら、下がオリジナルの人形で上がジェンヌさん(紅・綺咲・礼・七海)。
再現率ハンパない。ビジュアル完璧です。



続きがあります
posted by スキップ at 22:29| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

楽し! 「エリザベート展」


elisabethex.jpg本日は宝塚大劇場にて月組「エリザベート」観劇。
1回目のルドルフは暁千星さんで今回は風間柚乃さん。
風間さん 歌もうまいし熱演だったけど、私はやっぱりありちゃんルドルフが好きだーとなりました
・・・といった感想はまた改めるとして、終演後、宝塚歌劇の殿堂で開催中の「エリザベート」展を見てきました。

大人気で入館制限しているとも聞き及び、終演後自分最速で行ったらすぐ入れましたが、その時点で係の方が「最後尾」というプラカード持って待ち構えていらしたので、やはり行列はできるようです。
(ま、12月までやってるから慌てなくてもいいのだけど、やっぱ「エリザベート」上演期間中に見たいじゃん。)



宝塚歌劇の殿堂
第14回企画展「エリザベート展」



image2 (8).jpg

image1 (9).jpg


歌劇の殿堂 通常展示フロアから階段上がってすぐこれ
1996年初演 雪組の一路真輝さんからただ今上演中の月組 珠城りょうさんまで歴代トートがずらり。階段上がってテンションも上がるというものです。


この次のパネルのところから列になっていて、なかなか進まないなぁ~と思っていたら、映像コーナー入場待ちの列でした。
全く予備知識なかったので映像コーナーのことも知らなかったのですが、すぐ入れ替えの時間が来たので入場してちゃっかり2列目センターに着席。途中退席も自由なのですが立ち見の方もいらっしゃいました。

この映像 30分の上演ですが、とても見応えあっておもしろかったです。
「愛と死の輸舞」「最後のダンス」「私だけに」「闇が広がる」など、「エリザベート」の名曲の数々を、現在上演中の月組を除く9回の各組 1996年雪組から2016年宙組まで年代順に映像で歌い継ぐ、という趣向。
9人のトートやシシィ(花總まりさん2回なので8人)の個性や歌唱の違いも興味深く。


続きがあります
posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年08月24日

パララ パララ パララ~♪ 雪組 「凱旋門/Gato Bonito!!」


gaisenmon.jpg  gatobonito.jpg

先に感想アップした花組公演の前に、こちらの雪組公演も観ました。
明日、月組「エリザベート」を観劇予定で、観てしまうと完璧に上書きされてしまうのが明らかなので、取り急ぎまだ書けていなかった感想を。


宝塚歌劇雪組公演 
かんぽ生命 ドリームシアター
ミュージカル・プレイ  「凱旋門」
-エリッヒ・マリア・レマルクの小説による-

Based on ARC DE TRIOMPHE by Erich Maria Remarque
脚本: 柴田侑宏 
演出・振付: 謝珠栄
ショー・パッショナブル  
「Gato Bonito!!」 ~ガート・ボニート、美しい猫のような男~
作・演出: 藤井大介

出演:望海風斗  真彩希帆  彩風咲奈  梨花ますみ  舞咲りん  
奏乃はると  彩凪翔  朝美絢  永久輝せあ  綾凰華  
星南のぞみ  彩みちる  縣千/轟悠  美穂圭子(「凱旋門」のみ)

2018年6月9日(土) 3:00pm 宝塚大劇場 1階23列上手/
6月21日(木) 11:00am 1階6列上手
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



ミュージカル・プレイ  「凱旋門」

物語の舞台は第二次世界大戦前夜、各国から亡命者が流入しているパリ。
ドイツから亡命してきた外科医ラヴィック(轟悠)は、友人でロシアからの亡命者ボリス(望海風斗)に助けられながらあてどなく仇敵を捜す失意の日々を過ごす中、イタリアから来た女優志望のジョアン(真彩希帆)と出会い恋に落ちます・・・。

2000年に雪組で初演された作品。
18年の時を経ながら、同じ人が同じ役で主演って、何となくタカラヅカマジックな気配。


続きがあります
posted by スキップ at 23:49| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

あなたこそ我らのメサイア  花組 「MESSIAH/BEAUTIFUL GARDEN」


messiah.jpg宝塚歌劇花組公演は天草四郎を描いたミュージカルと華やかなショーの2本立て。
トップスター明日海りおさんの人気と夏休みが重なったこともあってか平日でも連日立ち見が出る人気公演となっています。


宝塚歌劇花組公演
ミュージカル  「MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−」
作・演出: 原田諒
ショー・スペクタキュラー  「BEAUTIFUL GARDEN −百花繚乱−」
作・演出: 野口幸作
出演: 明日海りお   仙名彩世  柚香光  高翔みず希  
花野じゅりあ  瀬戸かずや  鳳月杏  桜咲彩花  水美舞斗  
城妃美伶  聖乃あすか  華優希  舞空瞳/一樹千尋 ほか

2018年8月12日(日) 3:00pm 宝塚大劇場 2階9列センター/
8月16日(木) 11:00am 1階15列センター
(上演時間: 3時間/休憩 30分)




ミュージカル  「MESSIAH(メサイア) −異聞・天草四郎−」

物語: 倭寇の頭目 夜叉王丸(明日海りお)は、嵐に見舞われ船が難破して天草・大矢野島に流れ着きます。
隠れキリシタンの住むこの村で、渡辺小左衛門( 瀬戸かずや)に救われ、小左衛門の妻の父 益田甚兵衛( 一樹千尋)に「益田四郎時貞」と名付けられてともに暮らし始めます。
肥前島原藩主松倉勝家(鳳月 杏)による厳しいキリシタン弾圧と過酷な年貢の取り立てに苦しみ、いつか死んでハライソに行けると信じながらも「神はおられぬのでしょうか」と絶望する民衆。
「神などいない。死んでハライソに行って何になる。あなたたちの心にこそ神はいる。自分たちを救うのは自分だ。生きたまま幸せになるのだ」という四郎の言葉に勇気づけられた人々は「あなたこそ我らのメサイア(救世主)」とともに戦う道を突き進みます・・・。


天草四郎は劇団☆新感線の傑作「SHIRO」をはじめ様々な物語や舞台で採り上げられていますが、この作品は史実をふまえながらも「天草四郎」という人物を、キリシタンでも何でもない倭寇(海賊)の青年として描いた原田諒先生のオリジナル・ミュージカルです。

人々が四郎の言葉に勇気づけられ、「ともに進もう 戦おう メサイア メサイア」と大合唱する迫力。
戦いのシーンの刀を手にした群舞の美しさ、カッコよさ。
原城で次々と倒れていく人々が大階段で折り重なるようにつくる十字架。それを浮かび上がらせる照明。


image2 (4).jpg

こちらは開演前の画像ですが、江戸城の襖絵などの舞台美術も素敵でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年08月14日

君のSORA 和希そら  宙組 「ハッスル・メイツ!」


hussle.jpg1月 東京国際フォーラムの「WEST SIDE STORY」ですばらしいアニータを演じてくれた和希そらさん。
7月の梅田公演でそのアニータが観られないのは残念でしたが、バウホール初主演。
おめでとー


宝塚歌劇宙組公演
バウ・Song & Dance Entertainment
「ハッスル・メイツ!」
作・演出: 石田昌也
出演: 和希そら  美風舞良  松風輝  
瀬戸花まり  穂稀せり  瑠風輝  華妃まいあ  
天彩峰里  鷹翔千空 ほか  

2018年8月12日(日) 11:00am 宝塚バウホール 8列下手
(上演時間: 2時間10分/休憩 25分)



今年誕生20周年を迎えた宙組。
その20年の軌跡を名曲と名場面のショー形式で振り返りながら、宙組の輝く未来へと繋いでいくという作品です。

子どもの頃から宝塚歌劇を観ているワタクシですが、しばらく離れている期間があって、そRを「私の宝塚暗黒時代」と呼んでいます。
宙組はその暗黒時代に誕生した組。
だから20年の歴史のうち前半の10年くらいは観ていなくて(なぜか姿月・花總コンビの最初の公演は観ている)、宙組の軌跡を振り返るといってもあんまり知らないしなぁ・・と思っていたら、ほとんど知っている曲ばかりでした。宙組の名曲は宝塚の名曲ということですね。
そんな名曲、名シーンの数々を楽しみながらも、最も強烈に印象に残ったのは、

和希そら できる子!!


続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする