2020年12月03日

星組ぃ~ パッショーーン! 星組 「Ray -星の光線-」


ray2.jpeg光、光線、熱線を意味する“Ray”、そして礼真琴の礼でもあり“麗”がテーマでもあるショー。
今年2月から宝塚大劇場で礼真琴さん、舞空瞳さんトップお披露目公演として「眩耀の谷」とともに上演されましたが、東京公演は中止期間を経て7月31日に開幕、9月20日に千秋楽を迎えました。
それから2ヵ月後にこの公演がスタート。今年ほぼ1年「Ray」をやっていた訳で、礼真琴さんが千秋楽のご挨拶でおっしゃっていたように「Rayはずっと私たちとともに走り抜けてくれました」という公演となりました。

全国ツアー仕様で人数が少なくなり、場面の変更もあってリバイスされましたが、相変わらずスピーディで全員踊りまくり。
歌にダンスにひと際輝きを放つ“ショースター 礼真琴”を堪能できる、見応えある楽しいショーとなっていました、


宝塚歌劇 星組公演
Show Stars 「Ray -星の光線-」
作・演出: 中村一徳
作曲・編曲: 竹内一宏  甲斐正人  青木朝子  竹内聡
振付: 御織ゆみ乃  平澤智  KAZUMI-BOY  Bryant Baldwin  西川卓  珠洲春希



出演者、観劇日は「エル・アルコン-鷹-」と同じ(こちら
今年2月に観た感想はこちら



☆プロローグ
向こうを向いてる舞空さんを礼真琴さんが強引に抱き寄せる、という振りがありましたが、ここ、大劇場では瀬央ゆりあだった役まわりが綺城ひか理さんになっていました。綺城さんが舞空さんに話しかけて2人で笑い合っていると、ことちゃんが「お前は俺の女だゼ」みたいに自分の方に抱き寄せる、という一瞬のシーン。ことちゃんの漢度が増してさらに男っぽく強引でカッコよくなっていました。

側転は天飛華音さんと御剣海さん。そして3連続側転してラストは片手でキメる紫りらさん。

この後の礼真琴さん・舞空瞳さん2人が残ってのデュエット → 礼真琴さんソロに変更
新曲 「星のメッセージ」
明るいポップロック調の曲ですが
  会えない夜が続き 涙流したけど
  これからはそばにいるよ 離しはしない
という歌詞に、ここに至るまでの状況を思って胸熱。
からの、♪アイ シテル 君の許へ 星の光で綴る 愛のメッセージ
なんてステキな歌詞をあのイケボで聴ける耳が幸せ。


続きがあります
posted by スキップ at 23:54| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年12月01日

海へ還った鷹 星組 「エル・アルコン-鷹-」


elhalcon.jpg2007年に安蘭けいさん主演の星組で上演された「エル・アルコン-鷹-」
悪役フェチの不肖スキップ、ダークヒーロー ティリアン・パーシモンが大好物でして、それをこれまた大好きな礼真琴さんが演じるとあっては見逃す訳には参りません・・・とチケ取りに精を出した結果、11月20日初日から11月28日千秋楽まで8日間13公演中、ライブ配信含めて5日間5公演観るという次第に・・・観なかった日が3日だけってどーなん?(笑)


宝塚歌劇 星組公演
グランステージ 「エル・アルコン-鷹-」
~青池保子原作「エル・アルコン-鷹-」「七つの海七つの空」より~
原作:青池保子
脚本・演出: 齋藤吉正
作曲・編曲: 寺嶋民哉  青木朝子
振付: 御織ゆみ乃  若央りさ  百花沙里  
殺陣: 清家三彦
出演: 礼 真琴  舞空 瞳  愛月ひかる  白妙なつ  音波みのり  大輝真琴  
輝咲玲央  夢妃杏瑠  ひろ香祐  紫 り  音咲いつき  綺城ひか理  有沙瞳  
天華えま  桜庭舞  二條華  天飛華音  咲城けい  水乃ゆり/万里柚美 ほか

2020年11月20日(金) 3:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階8列センター/
11月23日(月) 4:30pm 2階4列上手/11月26日(木) 1:00pm 2階1列下手/
11月27日(金) 11:30pm 1階9列下手/11月28日(土) 1:00pm ライブ配信視聴
(上演時間: 1時間35分)

  

予習のつもりで観た2007年版DVDの感想はこちら
(天華えまさんエドウィンだけ配役予想当たってる)


物語の舞台は強大な勢力を誇るスペインに対してイギリス、フランスが覇権を争う熾烈な戦いを繰り広げていた16世紀後半のヨーロッパ。
イギリス海軍中佐ティリアン・パーシモン(礼真琴)は、いつの日かスペインの無敵艦隊を率いて世界の七つの海を制覇するという野望を抱き、イギリス海軍で名声を高める一方、スペイン側と通じ夢の実現に向け次々と策を練っていました。一方、ティリアンに陥れられ死刑となった大商人グレゴリーの息子ルミナス・レッド・ベネディクト(愛月ひかる)は父の復讐のため海賊となってティリアンを追います。また、ティリアンは、フランス貴族の称号を持つ女海賊ギルダ・ラバンヌ(舞空瞳)と激しい攻防を繰り広げながら、愛と憎しみの狭間で2人の想いは複雑に絡み合います・・・。


率直なところ、脚本・演出はあまりうまくできているとは思えない、というのは初演を観た時と同様。
長編漫画のダイジェストのようになっていて、ティリアンやレッドの心の声という名の説明台詞がやたら多くて若干興覚め。
映像使っている割には幕前が多くて、「ヨシマサ、しっかりしてくれよ」と思いましたが、思えば齋藤吉正先生、これが大劇場演出デビューだったのでしたね
出演者が35人と通常公演の半分程度の上に、盆や大セリも使わない演出は迫力にも欠けますが、これは“全ツ仕様”だから仕方のないことでした。


が、それを補って余りある礼真琴ティリアンの魅力炸裂。

まず、開演アナウンスの超低音ヴォイスにヤラレます。
初日に第一声聴いた時、「ティリアンやん!」と思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:51| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年11月03日

もしもこの世界が劇場なら 月組 「ピガール狂騒曲」


pigalle01.jpeg

シェイクスピア喜劇の最高傑作と言われる「十二夜」の世界を、ベル・エポック(輝かしき時代)と謳われた古き良き時代のパリ・ピガールに置き換え、ミュージック・ホール ムーラン・ルージュを舞台に、その創設者で支配人の シャルル・ジドレール、作家のウィリー、画家のロートレックなど実在の人物をからませ、華やかなレビューシーンも織り交ぜて描いた明るく楽しい祝祭劇。

これ、何回でも観たくなるやつです。


宝塚歌劇 月組公演 
ミュージカル 「ピガール狂騒曲」 ~シェイクスピア原作「十二夜」より~
作・演出: 原田諒
作曲・編曲: 玉麻良一
振付: 羽山紀代美  麻咲梨乃  AYAKO  百花沙里  
装置: 松井るみ   衣装: 有村淳


出演(松本悠里さん以外)、観劇日時は「WELCOME TO TAKARAZUKA」と同じ (こちら
千秋楽ライブ中継レポはこちら
 

1900年 万国博覧会が開催された年のパリ。モンマルトルの丘の麓の歓楽街ピガールが物語の舞台。
母を亡くしたジャンヌ(珠城りょう)が借金取りのギャング一味から逃れるため髪を切り男装してジャックと名乗り、ミュージック・ホール ムーラン・ルージュに仕事を探しに来ます。支配人のシャルル(月城かなと)は経営不振を打開するため新作レビューを打ち、人気作家ウィリー(鳳月杏)の妻ガブリエル(美園さくら)を主役に据えようと考えており、ジャックにガブリエルの出演承諾を得ることができたら秘書として雇うと告げます。ウィリーのゴーストライターに嫌気がさし離婚を申し出たガブリエルは交渉に来たジャックにひと目ぼれし・・・。


ジャンヌが男装して女性であることを隠してムーラン・ルージュで働く
ジャンヌには瓜二つの兄がいる(双子ではなくて腹違いだけど)
という2点が「十二夜」からのプロットですが、思った以上に「ちゃんと十二夜」でした。
そして、主役とはいえこの男装する女性=ヒロインに、現在の5組トップの中でも最も男らしくてたくましい珠城りょうさんをもってくるというのが何と言ってもすごい(笑)。

♪もしもこの世界が劇場なら 人は誰もが道化役者 
という主題歌の歌詞が「この世は舞台 男も女も役者にすぎない」というシェイクスピアの言葉を思い起させます。シャルルが「恋はまことに影法師、いくら追っても逃げて行く・・・」とシェイクスピアの言葉を引用したりもして、原田先生のシェイクスピアへのリスペクトを感じます。

ムーラン・ルージュの主であるシャルルを通じて、舞台への愛を込めているところもとても好き。
バックステージものにもなっていて、華やかなレビューシーンはもとより、レッスン風景や化粧前なども描かれ、舞台好きの心をくすぐります。
レビューの場面で、舞台奥が鏡になって客席の私たちが映し出される演出は蜷川幸雄さんのシェイクスピア劇を思い出しました。

ジャンヌと兄のヴィクトールを演じ分けた珠城さんはもちろん、シャルル、ウィリー、ロートレックという3人のイケおじをはじめ、個性豊かで芝居巧者の月組の面々がイキイキと物語の中を闊歩して、やりすぎず程よく散りばめられるアドリブはとても楽しく、キャッチーな楽曲、センスよい衣装、素敵な舞台装置、そして多幸感に満ちたハッピーエンディングと何回観ても楽しくて幸せな気分になる舞台。
つまり、私はこの作品が大好き、ということです。 
唯一惜しむらくは、ガブリエル以外に娘役にこれといった役がないことかなぁ。


続きがあります
posted by スキップ at 22:35| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年11月01日

宝塚は揺らぎません 月組 「ピガール狂騒曲」 千秋楽ライブ中継


pigallelv.jpg

「ピガール狂騒曲」の感想を書いていたらやっぱり千秋楽ライブ中継も観たくなりまして、元々他の観劇とかぶっていたためあきらめてチケットも取っていなかったのですが、あれこれ頭をひねって調整して、ピガールの方だけ劇場から一番近い映画館で観ることにしました。いや、当日なのにチケット取れてほんとよかったよ (2列目だったけど💦)。

そして本編もさることながら、終演後の珠城りょうさんのご挨拶がすばらしかったので、まずはこちらのレポから。


宝塚歌劇 月組公演
ミュージカル 「ピガール狂騒曲」 千秋楽 ライブ中継
2020年11月1日(日) 2:20pm TOHOシネマズ梅田 スクリーン8
(上映時間: 2時間10分)



お芝居のアドリブ千秋楽スペシャルで私が気づいたところは以下のとおり

・ミス(天紫珠李)がいつもは「ガオ~」なのに「ガルルルル~」と激しかった → ジャックちょっととまどってた
・レッスンの場面 ヴァネッサ(夏月都)が箒を手にピケターンみたいにくるくる回転しながらミシェルの周りを回っていて、ミシェルが「あなたたちの誰より一番高度なことしたわよ」と褒められていた
・フローレンス(紫門ゆりや)に採寸されるジャック 「はなせ!はなしたまえ!はなすのだ!眼鏡のきみ!」って言ってた
・シャルル ロングトーンのお願い~の後、ジャックが「しつこいのはキライなんですっ」と1回断っていた
 →シャルル ちょっと「えっ!?」っていう感じになってて可愛かった
・シャルル ミシェルに「できるまでずっとライブビューイングで観てるからな」って言ってた
・マルセル(輝月ゆうま)のチケットネタ 「本日は満席です」とエドモンに言われて「チーッ!お前たち、映画館にいくぞォ~」ですって
・ウィリーとロートレックの墓場ネタ 「11月20日に決着をつけよう」「のぞむところだ」に、「そんなに先延ばしにするんですね」と冷静にツッコむジャック(11月20日は東京公演初日)。
・ウィリー 橋を渡ってはけながら「あいつ女だったのか!だからあんなに可愛いのか!」←


続きがあります
posted by スキップ at 23:39| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年10月30日

それがぁ それが~ タカラヅカ 月組 「WELCOM TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-」


wecometotakarazuka.jpg本来なら4月に初舞台を踏むはずだった106期生のお披露目公演。
そして、入団64年目 現役最長キャリアの専科 松本悠里さんの退団公演ともなりました。

元々は東京オリンピックに合わせて企画された作品で、坂東玉三郎さんが初めて宝塚歌劇の監修をされたことでも話題の日本物レビューとシェイクスピアの「十二夜」を原作にしたパリが舞台の明るく楽しいミュージカルコメディの二本立て。
宝塚歌劇公演再開のラストバッターとなった月組。下級生をA B2つのチームに分けて、人数を減らしての上演ですが、そんなことは感じさせない華やかな舞台を繰り広げています。


宝塚歌劇 月組公演
JAPAN TRADITIONAL REVUE
「WELCOME TO TAKARAZUKA -雪と月と花と-」
監修: 坂東玉三郎  
作・演出: 植田紳爾
作曲・編曲: 𠮷田優子
振付: 花柳壽應  山村友五郎  花柳壽輔  
出演: 珠城りょう  美園さくら  月城かなと  光月るう  夏月都  紫門ゆりや  白雪さち花  千海華蘭  鳳月杏  輝月ゆうま  晴音アキ  夢奈瑠音  蓮つかさ  海乃美月  佳城葵  暁千星  蘭尚樹  風間柚乃  天紫珠李  結愛かれん/
松本悠里 ほか


2020年9月27日(日) 11:00am 宝塚大劇場 1階7列センター/
10月9日(金) 1:00pm 1階24列センター/10月25日(日) 11:00am 1階3列上手/
10月29日(木) 11:00am 2階1列センター
(上演時間: 45分)



日本人の精神性の原点ともされ、日本の四季折々の美しさを愛でる「雪月花」をテーマにした日本物レビュー。
日本舞踊を洋楽に乗せて、というのは宝塚の日本物ではよくある手法ですが、今回はテーマ曲以外は全場面クラシック音楽。それがとてもよく雪月花のテーマとも呼応してハマっていて、ここ数年観た中ではとびきりセンスのいい日本物となっています。

そして

あなたの夢はなんですか みんなあなたに叶えましょ ~
それが それが 宝塚 それが それが 宝塚
WELCOME WELCOME TAKARAZUKA WELCOME WELOCOME TAKARAZUKA
と、1曲だけのテーマ曲が繰り返し歌われるので、めちゃくちゃ耳に残ります(笑)。


続きがあります
posted by スキップ at 22:15| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年10月22日

男役 凪七瑠海集大成 「パッション・ダムール -愛の夢-」


passiondamour.jpg専科の凪七瑠海さんの初コンサート。
3歳のころから宝塚歌劇を観ていて、岡田敬二先生のショー「ル・ポァゾン」が大好きという凪七さんが、雪組の精鋭16名とともに彩るロマンチック・レビューの世界。


宝塚歌劇 
凪七瑠海コンサート ロマンチック・ステージ
「パッション・ダムール -愛の夢-」
作・演出: 岡田敬二   
作曲・編曲: 𠮷﨑憲治  甲斐正人  植田浩徳
振付: 羽山紀代美  御織ゆみ乃  若央りさ  百花沙里
出演: 凪七瑠海/千風カレン  天月翼  沙羅アンナ  
叶ゆうり  星南のぞみ  彩みちる  希良々うみ  
眞ノ宮るい  汐聖風美  縣 千  有栖妃華  一禾あお  
莉奈くるみ  壮海はるま  愛陽みち  紀城ゆりや

2020年10月19日(月) 2:30pm 宝塚バウホール 15列センター
(上演時間: 1時間50分/幕間 30分)



岡田敬二先生のロマンチック・レビューの中から“男役の美学”を表現したシーンを選んで構成、凪七さんが八変化するというコンサート。
全部の作品や楽曲を知っているという訳ではありませんが、いかにも宝塚の王道レビューという雰囲気。
大劇場のショーだと展開がスピーディで場面ごとの出演者も多く、目が足りないと感じることが多々ありますが、17名の出演者で曲も全体的にゆったりしたものが多く、楽しく拝見。時間短めだけどコンサートとしてちょうどよかったな(NZMは長すぎて・・以下自粛)


凪七さんの八変化は
冒頭の真紅のスパニッシュスタイルから、宝塚人生で初めてというムチを持ったガウチョスタイル→淡いブルーの王子様→キリリとスーツを着こなしたジゴロ→白燕尾→ハードボイルド→軍服の学生王子→黒燕尾でボレロ という展開。
クラシカルな雰囲気のショーに凪七さんの持ち味がよくハマって、のびやかで力強い歌唱、シャープなダンス、甘いマスクに品よくスマートな所作、細身のシルエットにどの衣装もよく映えて、まさに正統派男役 凪七瑠海の集大成といった趣き。センターに立つ姿がよく似合って、カチャ、どうしてトップになれなかったのかなあと思うことしばしば。


続きがあります
posted by スキップ at 16:18| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする