2017年12月14日

仔猫でジゴロ 月組 「Arkadia -アルカディア-」


arkadia.jpg「ありちゃん カワイイ」と、いつも月組公演をご一緒するお姉さまがたに評判の高い月組の御曹司 暁千星くん。
もちろん私も大好きでずっと注目しています・・というか、注目していなくてもありちゃんは群舞でもすぐ目に入ってくるくらい華があります・・が、「ありちゃんはいつ大人(のオトコ)になるんだろう」とずっと思っていました。
「1789」でフェルゼンやった時も、「激情」でエスカミリオやった時も、「All for One」でポルトスやった時も。

やっと会えたよ、ちょっぴり大人なありちゃんに。


宝塚歌劇 月組公演 「Arkadia -アルカディア-
作・演出: 樫畑亜依子
出演: 暁千星  美園さくら  光月るう  夏月都  白雪さち花  
貴澄隼人  晴音アキ  輝生かなで  風間柚乃  結愛かれん ほか
 
2017年12月7日(木) 2:30pm 宝塚バウホール 9列上手
(上演時間 2時間30分/休憩 25分)



物語: 1970年代のフランス。
雨の中、行く宛もなく道端に倒れ込んでいた青年は、ナイトクラブ「アルカディア」の花形ダンサーであるダリア(美園さくら)に拾われ、家に泊めてもらってミネット(暁千星)と名付けられてアルカディアでで働くようになります。やがてダンスの才能を見い出され、トップダンサーとなりますが・・・。


宝塚のオリジナル作品って基本あて書きですが、これはまさしく「暁千星のために作品」という感じ。
ダンサー 暁千星と、少年っぽさを残すありちゃんの魅力を織り交ぜたミネットの成長物語になっていました。
物語としては、ミネットの出生の秘密・・というか母親との確執や母親とミネットの実の父、そしてその父と今の妻との関係などが明らかになるあたりから「どんな人間ドラマだよ」という雰囲気になって、そんな中で人間として成長するミネットとダリアの恋物語もあり、と結構盛りだくさんで、おもしろかったけれど特に二幕はいささか急ぎ足感がありました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:40| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年11月19日

1分1秒でも長くこの黒燕尾を 「朝夏まなとラストデイ ライブ中継」


manatolastday.jpg

「宙組の朝夏まなとです」
という開演アナウンスが聞こえた時からすでにウルウル。
やっぱり私、こんなにも朝夏まなとさんが好きだったんだと観ている間じゅうずっと感じたラストデイでした。


宝塚歌劇宙組 東京宝塚劇場公演千秋楽
朝夏まなとラストデイ ライブ中継
「神々の土地」
「クラシカル ビジュー」
「朝夏まなとサヨナラショー」

2017年11月19日(日) 1:30pm 大阪ステーションシティシネマ スクリーン4
(上映時間 4時間30分/休憩30分)



宝塚大劇場で2回観て、大劇場千秋楽ライブ中継も観ましたので詳細は控えます。
それぞれアップした感想は以下に。

「神々の土地」
「クラシカル ビジュー」
「宝塚大劇場千秋楽ライブ中継」


「神々の土地」は本当に名作だと思います。
そこにサヨナラがオンされて、ラストの雪原のシーンなんて、この朝を最後に二度と会うことのないドミトリーとイリナにまぁくんとうららちゃんが重なってダダ泣きでしたが、サヨナラ公演ということを抜きにしても何回も観たい作品だったし、観れば観るほど好きになりました。
物語の展開も、凍りつくような雪原、大階段に真っ赤な絨毯を敷きつめた宮廷といった絵画的に美しい舞台装置も、上田久美子先生の演出が冴えわたっています。


お芝居ですっかり涙腺がゆるんでしまったので、「クラシカル ビジュー」も「サヨナラショー」も、「あれ?こんなに泣くショーだったっけ?」というくらい涙ナミダで観ていたのですが、やはり、ショーの黒燕尾の美しさにつきます。
終演後の記者会見で朝夏さんは「1分1秒でも長く、この黒燕尾を着ていたかった」と話されたとか。
特別な飾りのないシンプルな黒燕尾が長い手足に映えて、とても端正な朝夏さんの黒燕尾姿が大好きでした。
私は、私たちは、「1分1秒でも長く、その黒燕尾を見ていたかった」です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:27| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

夜空にあまたの星 星組 「ベルリン、わが愛/Bouquet de TAKARAZUKA」


berlin.jpg宝塚の大劇場公演は、初日開いてすぐ1回観て、終盤にもう1度観るというのを基本としています(もっと何回も観る公演もありますが)。

今回の星組公演、諸般の事情により、最初の方に取っていたチケットを手放してしまったので、公演の前楽がmy 初日、しかもA席から、1回だけの観劇となりました。


宝塚歌劇星組公演
ミュージカル 「ベルリン、わが愛」
作・演出: 原田諒
タカラヅカレビュー90周年
「Bouquet de TAKARAZUKA 」 (ブーケ ド タカラヅカ)
作・演出: 酒井澄夫
出演: 紅ゆずる  綺咲愛里  礼真琴  七海ひろき  壱城あずさ  如月蓮  
天寿光希  音波みのり  夏樹れい  瀬央ゆりあ  有沙瞳/凪七瑠海 ほか

2017年11月5日(日) 3:00pm 宝塚大劇場 1階28列センター
(上演時間 3時間/休憩 30分)



「ベルリン、わが愛」

1927年のベルリン。
フリッツ・ラング監督(十碧れいや)の映画「メトロポリス」のワールドプレミアが開かれていますが、観客の評判は散々で失敗に終わり、制作会社UFAは倒産の危機に瀕します。
ハリウッドでは映画はサイレントからトーキーの時代に入り始めた時代。助監督のテオ(紅ゆずる)は自分が新作トーキー映画をつくる、とプロデューサーのカウフマン(七海ひろき)に申し出ます。テオは絵本作家の友人エーリッヒ(礼真琴)に脚本を依頼し、折しも公演中のジョセフィン・ベイカー(夏樹れい)に出演交渉する中、コーラスガールのレーニ(音波みのり)と彼女の友人ジル(綺咲愛里)に出会います。やがて完成した「忘れじの恋」は大成功を収めますが、宣伝指導者ゲッベルス(凪七瑠海)を中心としたナチス
はプロパガンダとして映画を利用しようとしていました・・・。


「メトロポリス」のワールドプレミアの観客の反応で、昨年コクーンで「メトロポリス」観た時のビミョーな感じ思い出したり、ナチスやゲッべルスと聞くだけで「国民の映画」や「テイキングサイド」「ホロヴィッツとの対話」が心に浮かんだり、私がこれまで観た舞台といろいろリンクする面の多い作品でした。


冒頭のワールドプレミアの場面。
幕が上がると大階段を客席に見立てて、ドレスアップした観客がこちら向きにぎっしり座っている演出、よかったな。
あちらこちらの席から一人、また一人と立ち上がって言葉を発するたびに、「お、かいちゃん、そこにいたのか」「しーらん、シブいな」「ぽこくん、イケメン監督だな」とか発見して、楽しいったらありゃしない。


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

はいからさんが と・お・る 花組 「はいからさんが通る」


haikarasan.jpg大和和紀さん原作の「はいからさんが通る」は少女フレンドに連載されていたことも知っていますし、テレビアニメになったことも、南野陽子さん主演で映画化されたことも、何より「花村紅緒」「伊集院忍」という名前に記憶もあって、矢絣に袴、髪にはリボンという紅緒のファッションも既視感ありありなので、てっきりどこかで観た、あるいは読んだことがあると思っていました。

が、今回舞台を観て、全く知らなかったことがわかりました。
忍さんがハーフだということも、初めて知った次第です。


宝塚歌劇 花組公演
ミュージカル浪漫 「はいからさんが通る」
原作: 大和和紀
脚本・演出: 小柳奈穂子
出演: 柚香光  華優希  鳳月杏  桜咲彩花  
水美舞斗  城妃美伶  聖乃あすか/英真なおき ほか

2017年10月12日(木) 4:00pm シアター・ドラマシティ 11列下手
(上演時間 2時間30分/休憩 25分)


舞台は大正7年の東京。

お転婆な女学生 花村紅緒(華優希)はある日、陸軍少尉の伊集院忍(柚香光)と出会いますが、彼は祖父母の代から決められた許嫁で、旧華族の伊集院家に行儀見習いに入ることになります。最初は反発していた紅緒ですが、次第に忍に惹かれるようになり・・・。


いや~、楽しかったです。
明るく元気で勝気で活発な女の子、彼女を取り巻く男たちはみんな彼女を好きになって、しかも揃ってイケメンという、いかにも少女マンガの王道ラブコメ。
ハッピーエンドとわかっていても、原作を知らなかったせいもあり、最後までストーリーに惹き込まれ楽しく拝見しました。
後で原作ファンの友人に聞いたところ、内容はほぼ原作に忠実のようでした。

忍が上官の印念中佐(矢吹世奈)の個人的な恨みから転属、さらにはシベリアへ出兵することになり、現地で戦死したらしいところまでが一幕、二幕は青江冬星(鳳月杏)の出版社で働き始めた紅緒の前に忍そっくりのミハイロフ侯爵が現れ、彼の秘密を追って・・とテンポよく展開するストーリー。
紅緒の忍に対する心情の変化ばかりでなく、人間としての成長も描かれていて、好感。
登場人物みんな二次元から飛び出して来たの?という華やかさ。
♪はいからさんが と・お・る という主題歌もキャッチーで今も脳内をグルグル。


続きがあります
posted by スキップ at 22:53| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

またねー 宙組宝塚大劇場公演千秋楽ライブ中継


kamigamitakarazukalv.jpg

11月19日のラストデイライブビューイングは「絶対観る!」と決めていたのですが、宝塚大劇場千秋楽は「平日だしなぁ~」と思っていたところ、9月19日に観た「神々の土地」がすばらしくて、どうしてももう一度観たくなって急遽大劇場ライビュ参戦です。


宝塚歌劇宙組 宝塚大劇場公演千秋楽 ライブ中継
「神々の土地」
「クラシカル ビジュー」
「朝夏まなとサヨナラショー」

2017年9月25日(月) 1:00pm TOHOシネマズなんば スクリーン7
(上映時間 4時間15分/休憩 30分)



「神々の土地」は観るたびに一層好きになる作品。
シベリアの大地を覆う雪のような静謐な雰囲気の舞台。
ドラマチックで切ない。
ドミトリーやイレネばかりでなく、オリガにもアレクサンドラにもフェリックスにもソバールにも、それぞれ信念を持つ生き方があって、登場人物一人ひとりが愛おしい・・・あのラスプーチンでさえも。

「クラシカル ビジュー」も楽しかったです。
記憶があいまいだった部分も映像で観るとしっかり補填されて。
劇場で観るとオペラあげたりいろんな人観たり忙しい(笑)ので聞き逃がしてしまう歌詞もしっかり吟味できるのも映像ならでは。

朝夏さんと真風さんのダンスであのリフトがカットされていて、ショーの感想にも書いたように転倒の影響かな?と心配したのですが、黒燕尾で銀橋ジャンプは軽々としていましたし、前楽でもリフトなかったらしいのでサヨナラショーもあって体力温存ということだったのでしょうか。


そして「サヨナラショー」

とてもよかった。
このショーに出てきた作品は全部観ていたこともあって、ここ最近のトップスターサヨナラショーの中ではピカイチに楽しかったです。
ダンスも歌も一流の朝夏さんはショースターでもあり、改めて、朝夏まなと好き~と思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:12| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年09月24日

あなたは宙の太陽 宙組 「クラシカル ビジュー」


classicalbijou.jpg

さて、宙組ショーです。
お芝居の方の感想にショーの主題歌「クラシカル ビジュー」の「太陽色のダイヤモンド」を使っちゃったしなぁと思っていたら、ちゃーんと朝夏さんのための曲がもう一つ。
黒燕尾の後、ステージに残った朝夏さんのために純矢ちとせさんが歌う曲です。

宙の彼方から 限りない愛を抱いて
惜しみなく世界を照らし続けるその光は
強く優しく私たちを明日へ導く
あなたは宙組の太陽


宝塚歌劇宙組公演
レヴューロマン 「クラシカル ビジュー」
作・演出: 稲葉太地
出演: 朝夏まなと  真風涼帆  愛月ひかる  寿つかさ  純矢ちとせ  澄輝さやと  
凛城きら  蒼羽りく  桜木みなと  伶美うらら  和希そら  星風まどか ほか

2017年8月24日(木) 3:00pm 宝塚大劇場 1階16列センター/
9月19日(火) 1:00pm 1階14列下手


「神々の土地」の感想はこちら


「色とりどりの煌めきを放つ宙組メンバーを、あまたの宝石(ビジュー)になぞらえた場面で構成するレヴュー」ですって。

画像は開演前の幕。
宙組カラーの紫に始まって、色とりどりに変化していきます。
私が撮ったのはこれだけですが、この他にピンクと黄色、全部で6色あったと思います。


続きがあります
posted by スキップ at 22:50| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする