2020年09月30日

君は希望 君はノゾミ 雪組 「NOW! ZOOM ME!!」


nowzoomme1.jpg当初4月30日~5月10日 文京シビックホール、5月23日~5月28日 神戸国際会館こくさいホールにて開催が予定されていた望海風斗さんのプレサヨナラ公演となるコンサート。ラミン・カリムルーさん、井上芳雄さんのゲスト出演も発表されていてとても楽しみにしていましたがあえなく中止

5ヵ月を経て、会場もホームグラウンドの宝塚大劇場、東京宝塚劇場に移しての開催となりました。
無事開催できて、本当によかった。


宝塚歌劇 雪組公演
望海風斗 MEGA LIVE TOUR 「NOW! ZOOM ME!!」 
Bバージョン
作・演出: 齋藤吉正
作曲・編曲: 手島恭子  長谷川雅大  
振付: 若央りさ  AYAKO  港ゆりか  百花沙里
出演: 望海風斗  沙月愛奈  彩凪翔  煌羽レオ  愛すみれ  
諏訪さき  野々花ひまり  星加梨杏  彩海せら ほか

2020年9月17日(木) 11:00am 宝塚大劇場 2階7列上手
(上演時間: 3時間5分/休憩 35分)



オープニングから(もっと言えば開演前から)いかにも齋藤先生といった映像を多用した演出。
二幕構成で、一幕は懐かしのJポップやバブル時代のダンスなどが登場、二幕にはパロディコーナーもあって、楽しい内容になっていました。
SNS上などでは雪組ファン中心に絶賛の嵐なのですが、私は正直のところそこまで・・・という印象。
齋藤先生は昨年の明日海りおさんの「恋スルARENA」もそんな感じだったと聞いていますが(観てない)、何となくお祭り騒ぎがお得意なイメージ。
せっかく稀代の歌うまと言われる望海さんのコンサートなのですから、もっと望海さんの歌寄り、リサイタル的なものが観たかったし聴きたかったなと思いました。
一幕はバブルの歌コーナーが長すぎて「いつ終わるのか」と思ったし、二幕のパロディもおもしろいけどあそこまで引っ張らなくてもいいんじゃない?という感じ。
思うに、当初は2時間くらいの予定だったのが、会場変更となったため大劇場仕様で2時間30分の上演時間となり、それぞれのコーナー長くして、結果間延びしたんじゃないかなと想像します。

映像が多用されていましたが、2階席後方A席以降からは上半分が見切れてしまって見えない事案が発生。
今回のように演出としての映像が結構大きいなパートを占めるのであれば、劇場全体からの見え方も考慮してしかるべきだと思います。サイドにモニター設置するなりできたのでは?


とはいえ、普段宝塚の舞台では聴けないような楽曲がふんだんに盛り込まれ、バブルの曲はみんな知ってるし(逆に若いファンの人たちは知らない曲ばかりじゃないのか心配になる)、望海さんの大劇場に響き渡るヴォーカルやピアノの弾き語りまで聴くことができて耳福でした。
セットリストはたくさんあがっているのと曲目が多すぎる(60曲くらい?)ので省略。



nowzoomme2.jpg.jpeg


続きがあります
posted by スキップ at 14:25| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年09月20日

この土地に生きる人々のために 星組「眩耀の谷/Ray」東京千秋楽ライブ中継


genyorayraku.jpg

3月9日に宝塚大劇場の千秋楽を終え、3月27日に東京宝塚劇場で初日を迎えるはずだった宝塚歌劇星組公演。
コロナ禍の影響で4ヵ月におよぶ中止期間を経て7月31日に初日を迎えたものの、感染者が出たため、8月7日から20日まで休演。その後は1人も欠けることなく、今日、無事に千秋楽迎えました。2月7日の宝塚大劇場初日からほぼ8ヵ月。よくぞこの日を迎えられたと、感無量です。


宝塚歌劇 星組公演 東京公演千秋楽 ライブ中継
幻想歌舞録 「眩耀の谷 ~舞い降りた新星~」

作・演出・振付: 謝珠栄
Show Stars 「Ray -星の光線-」
作・演出: 中村一徳
出演: 礼真琴  舞空瞳  愛月ひかる  万里柚美  美稀千種  
白妙なつ  天寿光希   音波みのり  大輝真琴  輝咲玲央  
夢妃杏瑠  漣レイラ  ひろ香祐  瀬央ゆりあ  綺城ひか理  
有沙瞳  天華えま  小桜ほのか  極美慎  天飛華音/華形ひかる ほか

2020年9月20日(日) 3:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン1
(上演時間: 4時間/休憩 35分・中断含む)



宝塚大劇場公演観劇時の感想
「眩耀の谷 ~舞い降りた新星~」
「Ray -星の光線-」


宝塚大劇場で観た時に感想はアップしましたので(上記ご参照)くり返しは避けますが、最後に大劇場で観たのが2月27日。7ヵ月ぶりに観た「眩耀の谷」も「Ray」も新鮮でとても楽しくおもしろく、やはりこの公演好きだなーと思いました。

東京公演は舞台上の人数削減のため、下級生をA、B 2グループに分けて公演されましたが、そんなに人数が少ないという印象は受けませんでした。さすがにショーのロケットや、大劇場の時は研1生まで全員出演した黒燕尾などは人数少なく感じましたが。

「眩耀の谷」の途中で舞台機構トラブルによる中断がありました。
宝塚大劇場で2月1
3日に観た時にも「Ray」の途中、中断しましたが同じような感じ。
神の使いが現れて礼真が「何という不思議な・・・」と後を追って行ってそのまま暗転。
最初は中継のトラブルかと思いましたが、間もなく「舞台機構の不具合により・・」とアナウンスが入りました。
15分から20分くらいだったでしょうか。
再開して幕が開くと、一つ前の「訓練」の場面で、舞台上に兵士たちが並んでいて、「さあ、始めるぞー!」と、礼真。
会場は大拍手が起こっていた模様。まるでアドリブのようにぴったりの台詞じゃん!と思いました。


この中断について、OGの桜一花さんがシャレたツイートされていました。




続きがあります
posted by スキップ at 23:42| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年09月17日

新たな時代を駆け抜けよう 雪組 「Music Revolution! -New Spirit-」


honoo1.jpg宝塚でショーを観るのは2月27日の星組「Ray」以来。
上演時間55分ですが、体感5分ぐらいでしょうか。
あ~、やっぱりショーは楽しいとなりました。

昨夏、「壬生義士伝」と伴演されたショーですが、New Spirit とタイトルに加えられたとおり、今回の公演用にリバイスされたもの。同じショーなの?と思うくらいいろんな場面が変わっていました。


宝塚歌劇 雪組公演
ネオダイナミック・ショー
「Music Revolution! -New Spirit-」

作・演出: 中村一徳
作曲・編曲: 竹内一宏  甲斐正人  青木朝子  竹内聡
振付: 御織ゆみ乃  平澤智  KAZUMI-BOY  西川卓  珠洲春希

2020年9月2日(水) 4:30pm 梅田芸術劇場メインホール 1階18列センター


出演者は「炎のボレロ」と同じ(こちら


Music Revolution! 革命の歌声で
Music Revolution! まだ見ぬ世界へ
Music Revolution! 新たな時代を
Music Revolution! 駆け抜けよう~

と聞き慣れたテーマ曲と見慣れた衣装で始まるプロローグは大きな変更はなし。
その後は

・革命と独立    → キューバの輝き 
・Jazz Sensation!   → ブエノスアイレス
・Classic World   → そのまま
・Dance Revolution! → 曲変更:カノン → ピアノ協奏曲第一番
・Music is My Life  → New Spirit!

という感じかな。
もちろん場面ごとの出演者は違っていますし、楽曲の変更もありますが。


彩風・朝美・縣 という1 2 3が明確でそれぞれが大劇場の公演時よりポジションアップしたパートを受け持っていました。
そしてちゃんと「彩風咲奈のショー」になっていました。
こうしてみると、新たな時代を 駆け抜けよう~ という歌詞も、彩風さんのプレスタートにぴったりですね。
それとともに、縣千くん奮闘公演かといった趣きも。めちゃがんばってる(というか、がんばらされている)印象。

娘役は彩みちるさんの活躍がより顕著で、潤花さんとツートップという感触。
フィナーレのデュエットダンスも彩風・潤・彩のトリプルダンスでした。
パレードのエトワールで美声を響かせた有栖妃華さんが、クラシックの場面のG線上のアリアのソロ、デュエダンのカゲソロ、ロケットのセンターと活躍が目立ちました。


以下は印象に残った場面メモ


続きがあります
posted by スキップ at 21:46| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

俺はいつも一生懸命生きてゆく 雪組 「炎のボレロ」


honoo2.jpeg

当初は5月2日から全国ツアーとして予定されていた公演。
コロナ禍で8月17日~25日 梅田芸術劇場公演へと日程変更されたものの、お稽古中に出演者1名の感染が明らかになって再び中止。梅芸前に掲示されたこのポスターが全部外された時にはどうなることかと思いましたが、日程を再変更して無事開幕できて、本当によかったです。


宝塚歌劇 雪組公演
ミュージカル・ロマン 「炎のボレロ」

作: 柴田侑宏   演出: 中村暁
ネオダイナミック・ショー 「Music Revolution! -New Spirit-」
作・演出: 中村一徳
出演: 彩風咲奈  潤花  奏乃はると  真那春人  久城あす  朝美絢  
叶ゆうり  星南 のぞみ  彩みちる  縣千  有栖妃華  音彩唯 ほか

2020年9月2日(水) 4:30pm 梅田芸術劇場メインホール 1階18列センター
(上演時間: 3時間/休憩 30分)




ミュージカル・ロマン 「炎のボレロ」
作: 柴田侑宏
演出: 中村暁
作曲・編曲: 寺田瀧男  吉田優子
振付: ANJU



1988年に星組 日向薫さんトップお披露目公演として上演された作品。
いつも感心しますが、宝塚のプロデューサーの人って、過去の作品が全部頭の中にあって、「この全ツにはあの作品を」とひらめくのかしら。よく再演されている作品ならまだしも、32年ぶりの再演ってどうやって思いつくのでしょう。


物語の舞台は1860年代 フランス傀儡政権下のメキシコ。
祖国を守るためフランス軍に抵抗し殺され、領地や財産も奪われた大農園主 カルザス伯爵の息子アルベルト(彩風咲奈)が新政府の官房長官ブラッスール伯爵(久城あす)に復讐するために故郷に戻って来たところから始まります。
フランス軍情報部大尉ジェラール(朝美絢)が彼を捕えようとつけ狙う中、アルベルトは祖国を取り戻すために闘う共和派の仲間たちと行動を共にします。ある日、アルベルトはカテリーナ(潤花)という女性と出会いますが、彼女は体制側のドロレス伯爵(奏乃はると)の令嬢で、ブラッスール伯爵の息子 ローラン(叶ゆうり)の婚約者でした・・・。


いかにも古き良き時代の宝塚作品という趣き。

俺はいつも一生懸命
力の続く限り
俺はいつも一生懸命
生きて生きてゆく

とアルベルトが歌う歌詞も、ストレート過ぎてちょっと気恥ずかしくもなりますが、物語の中に溶け込むと特に違和感もなく。

少し前にスカイステージでオンエアされた初演をチラリと観たのですが、退屈して途中で寝落ち・・・ハッと目が覚めると何だかみんな笑顔のハッピーエンドで、「あれ?悲劇の予感だったのに」と思ったものですが、ナマの舞台はさすがに退屈なんてするヒマはなく、最初から最後まで楽しく拝見しました。

オープニングの太陽の祭りをはじめモニカ(彩みちる)が働く酒場の場面、太陽と月のコンテストの場面、アルベルトとカテリーナのボレロなど華やかなダンスシーンもふんだんに盛り込まれ(振付は今回全場面 ANJUこと安寿ミラさんで刷新)、ゆったりした感じの美しい主題歌と「ベサメムーチョ」などの耳慣れたラテン音楽、衣装も華やかで、まさに宝塚の王道恋物語。


続きがあります
posted by スキップ at 17:25| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

祝公演再開! 花組 「はいからさんが通る」


haikarasan2.jpeg

8月2日 公演当日の朝、中止となって、さらに中止期間の延長もあって、やっと今日、宝塚大劇場花組公演が再開されました。
自分でチケット取っていた日は中止となってしまいましたが、たまたまチケットお願いしていた日が今日で、運よく再開第1回目の公演を観ることができました。お願いした時はまさかこんなことになるとは思ってもみないことでした。


7月24日に観た感想はこちら


銀橋や花道を使わない演出に変更になっていましたが、舞台の皆さまは変わらずキラキラ輝いていて、客席も、7月に観た時以上に熱い拍手でジェンヌさんたちの熱演を讃えていました。

終演後、高翔組長が「8月2日より休演しておりました」とおっしゃるのを聞いて、改めてその休演期間の長さを感じました。
そして、柚香光さんのご挨拶。

感染予防対策へ観客の協力、今日の観劇のお礼を述べた後、
「8月2日から1ヵ月公演を中止させていただきましたが、休演期間中もたくさんの励ましのお手紙をいただきありがとうございました。
 今日から3日間 残る4公演 心して勤めさせていただきます。
 こうしてまたまた舞台に立てて、皆さまとお会いできて、本当にうれしいです。
 本日は本当に、ありがとうございました!」

目に涙をため、涙声になるのを必死でこらえて凛とご挨拶する柚香光さん。
これを泣かずに聴ける人がいるでしょうか。
ワタシを含め、周りの方々もほぼ全員泣いていました。



haikarasan3.jpeg


花組公演再開本当におめでとうございます。
9月5日千穐楽まで、どうか無事に駆け抜けることができますように。
そして、10月10日からの東京公演は、1日だって公演中止なんてことにはなりませんように。



51日間の公演で32日休演って気の毒すぎる・・・トップお披露目なのに の地獄度 (total 2142 vs 2143 )


posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

若き日二人で夢見た帝国 宙組 「壮麗帝」


soreitei.jpg「この奇跡の時間が皆さまの心に残りますように」
とカーテンコールの桜木みなとさん。

本来は3月28日~4月4日 日本青年館ホール、4月11日~4月19日 シアター・ドラマシティで公演が予定されていて、桜木みなとさん初めての東上主演公演となるはずでした。それが東京公演は全公演中止、大阪もわずか5日間、8公演だけの開催となりました。
それでも、この公演が無事上演されて、客席から観ることができる幸せ。

ナマの舞台を観ることが”奇跡”ではなくなる日常が1日も早く戻って来ますように。


宝塚歌劇 宙組公演
オリエンタル・テイル 「壮麗帝」
作・演出: 樫畑亜依子
作曲・編曲: 手島恭子
振付: 御織ゆみ乃  平澤智   擬闘: 清家三彦
出演: 桜木みなと  遥羽らら  和希そら  花音舞  凛城きら  
秋音光  天彩峰里  鷹翔千空  風色日向/ 悠真倫 ほか

2020年8月15日(土) 12:00pm シアター・ドラマシティ 25列下手
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



物語の舞台は16世紀初頭のオスマン帝国。
9代皇帝セリム一世の息子スレイマン(桜木みなと)は、奴隷のイブラヒム(和希そら)を気に入り小姓に起用します。ある日二人でお忍びで出掛けた街で、ルテニア(ウクライナ)から奴隷として売られてきた娘アレクサンドラ(遥羽らら)と出会います。スレイマンは美しく才気あふれるアレクサンドラに惹かれ、ヒュッレム(幸福なる喜ばしい者)という名を与え寵愛する中、イブラヒムはスレイマンの右腕的な存在に成長し大宰相となってスレイマンの妹 ハティージェ(天彩峰里)を妻に迎えます。皇帝として目覚ましい活躍を見せる一方で、ハレムの慣習に背いてヒュッレムただ一人を寵愛し、奴隷上がりのイブラヒムを重用するスレイマン。それぞれの存在が、様々な思惑渦巻く宮廷に争いの火種を生み、固い絆で結ばれたスレイマンとイブラヒムの関係にも亀裂を生み・・・。

スレイマンもイブラヒムもヒュッレムも実在の人物。
「オスマントルコ」は世界史の授業で聞き覚えがあったものの詳しいことは知らなかったのですが、勉強になりました。ハレムについても何となく男性が女性に囲まれているイメージはあったものの、ほ~、そういうことだった(日本の大奥的な?)のかと改めて認識できて、ほんと、少女のころに観た「ベルサイユのばら」に始まって、宝塚はワタシの世界史の知識を広げてくれるなぁ。


続きがあります
posted by スキップ at 17:54| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする