2019年10月14日

この場所で起こる奇跡を信じている 「紅ゆずるラストデイ」 ライブ中継


bennylastday.jpg星組トップスター 紅ゆずるさんラストデイ。

紅さんの宝塚愛にあふれた、そしてファンはもちろん、組子やスタッフやたくさんの人々の、紅さんへの愛に満ちた温かいとてもよい千秋楽でした。


宝塚歌劇 星組東京宝塚劇場公演千秋楽 
「紅ゆずるラストデイ」 ライブ中継
ミュージカル・フルコース 「GOD OF STARS-食聖-」
スペース・レビュー・ファンタジア 「Éclair Brillant」
紅ゆずる サヨナラショー

出演: 紅ゆずる  綺咲愛里  礼真琴  万里柚美  美稀千種  
如月蓮  白妙なつ  天寿光希  音波みのり  麻央侑希 
瀬央ゆりあ  有沙瞳  極美慎  舞空瞳/汝鳥伶  華形ひかる ほか

2019年10月13日(日) 1:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン1
(上映時間: 4時間50分 <カーテンコール含む>/休憩 30分)



宝塚大劇場公演の感想:
「GOD OF STARS-食聖-」
「Éclair Brillant 」


お芝居とショーの感想は大劇場公演の時に書きましたので、今日は千秋楽スペシャルで気づいたところを。


◆「GOD OF STARS-食聖-」

・食聖コンテストでホン・シンシン(紅ゆずる)が登場して最初の台詞「今日の俺、超端正!」
 「超端正」 後でどこかでもう1回言ってたなぁ。
・「ここは少林寺ではなく小さい寺と書いて小林寺」と管長(大輝真琴)に言われたホン
 「聞いてないし、映ってないし!」とツッコんでいました。映像の不具合で「小林寺」の文字が映ってなかったのだと、中継組はその時初めて知りました。
「機転の利くクソジジイ!」とも言っていて、口は悪いけど褒めることも忘れないホン(笑)。
・管長と小林寺の皆さんはラスト一列に並んでラインダンスしながら横に動いてはけて行かれました。

・ラスト
アイリーンとたくさんの子どもたちに囲まれたホン
「俺はまだまだ稼ぐぜー」の後に、「リー・ロンロン これからがんばれーっ!」と叫ぶ。
それまで笑って観ていたのに、一気に涙腺が緩みました。
これを聞いた時の礼真琴くんの表情も見たかったな。


続きがあります
posted by スキップ at 15:49| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年10月04日

悲しみ痛み 笑顔で隠して 花組 「シャルム!」


image1 (2).jpg

「シャルム」はフランス語で魅力、色香、魔法、呪文といった意味。
パリの地下都市を舞台に繰り広げられるレヴューです。

サヨナラ公演をそれほど強く意識していないショーで、結構淡々と楽しんで観ていたのですが、男役黒燕尾群舞のラスト、明日海さんが柚香光さんの背中をやさしく押し出すところでまずひと泣き。
その後、明日海さんが一人残って歌う「ケサラ」でダダ泣きです


宝塚歌劇花組公演
三井住友VISAカード シアター
レヴューロマン  「シャルム!」
作・演出: 稲葉太地
作曲・編曲: 太田健  高橋恵
音楽指揮: 西野淳
出演: 明日海りお  華優希  柚香光  高翔みず希  芽吹幸奈  瀬戸かずや  
水美舞斗  乙羽映見  城妃美伶  綺城ひか理  飛龍つかさ  帆純まひろ  聖乃あすか ほか

2019年9月15日(日) 11:00am 宝塚大劇場 1階5列センター/
9月29日(日) 3:00pm 1階19列センター
(上演時間: 55分)



「A Farly Tale -青い薔薇の精-」の感想はこちら


妖艶な「孔雀一夜」、光る骸骨が踊る舞踏会やフレンチカンカン、一転して正統派の夜の大舞踏会、レジスタンス・・と続く場面を楽しく観ていました。
「La Mer 光」で、全員が白い衣装で歌い踊って、「おー、退団公演っぽくなってきた」と思い、大階段が出てきて、娘役に囲まれた明日海さんからの華優希さんとのデュエットダンス(ブルーに金の入った衣装 ステキでした)、そして黒燕尾に突入。

大階段に並ぶ黒燕尾の男役たちの一番後ろからスックと現れる明日海さんの凛々しいこと。
星組の紅ゆずるさん同様、明日海皆と同じシンプルな黒燕尾でした。
このダンスが振付もカッコよくて見惚れていたところ(振付: ANJU先生)、ラストに水美舞斗、瀬戸かずや、柚香光の順で一人ずつ明日海さんと絡む・・・からの冒頭に書いた柚香さんの背中を押す・・・からのケサラです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:11| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年10月03日

あなたがいたから生きてこられた 花組 「A Fairy Tale -青い薔薇の精-」


afairytale.jpg花組トップスター 明日海りおさん退団公演。
宝塚のオリジナル作品は基本あて書きですが、植田景子先生が最後に明日海さんにあて書きした役は、青い薔薇の精でした。


宝塚歌劇花組公演
三井住友VISAカード シアター
Musical 「A Fairy Tale -青い薔薇の精-」
作・演出: 植田景子
作曲・編曲: 吉田優子  斉藤恒芳  瓜生明希葉
音楽指揮: 西野淳
装置: 松井るみ   衣装: 有村淳
出演: 明日海りお  華優希  柚香光  高翔みず希  瀬戸かずや  水美舞斗  
乙羽映見  城妃美伶  綺城ひか理  飛龍つかさ  帆純まひろ  聖乃あすか ほか

2019年9月15日(日) 11:00am 宝塚大劇場 1階5列センター/
9月29日(日) 3:00pm 1階19列センター
(上演時間: 1時間35分)



物語の舞台は19世紀半ばのイギリス。
花が咲かなくなった薔薇園の再生を依頼された植物研究家のハーヴィー(柚香光)は、深い霧の夜、その枯れ果てたウィングフィールドの屋敷の庭で”青い薔薇の精”エリュ(明日海りお)と出会い、薔薇が咲かなくなったのは、かつてこの薔薇園の持ち主の娘 シャーロット(華優希)と恋をして自然界の掟に背いたためだと聞かされます・・・。


女の子が母親におとぎ話を読んでもらっているシーンからスタート。
そこへ

A Fairy Tale
幼い頃 聞いた おとぎ話
A Fairy Tale
心に残る 優しい記憶
~ おとぎ話の 終わりはいつも Happy Ending

と主題歌が重なります。
ま、主人公が妖精さんですからね。
盛大なおとぎ話でした。


明日海さんの青い薔薇の精はミステリアスで超絶美しく、いかにもこの世のものではない感を漂わせていて、こんな役できる人、他にいないだろうなと思わせるハマりっぷりでした。
花が咲き乱れるウィングフィールドの庭は蜷川さんのシェイクスピア劇を思わせるようで、枯れてしまって鬱蒼としてからも雰囲気があったし、ロンドンのヴィッカーズ商会のセットもよかったし、いかにも19世紀の英国といった趣きの衣装も素敵でした。

ただなぁ~
やっぱりおとぎ話ではないリアルな物語が観たかったなぁというのが正直なところ。
架空の話とはいえ、「ポーの一族」とは違うと思うのです。

エリュはじめ精霊たちがシャーロットとハーヴィー以外の人間には見えないというところも物語に入り込めない一因かな。人間たちの様子をだまって少し遠くから見ていたり、回想シーンだったりの登場なので、いささか影が薄い印象も。


・・・と思って観ていたところ、
ラスト。50年の時を経てエリュと再会したシャーロットの台詞。

続きがあります
posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年10月02日

0番に立つ者


image1.jpg

阪急電車宝塚駅を降りて、宝塚大劇場へ向かう階段のところに掲出されている宝塚歌劇のプロモーション。
大劇場へ行く時、いつもこれを見て、「あー、まだこれだった」とうれしい気持ちになります。

これ、ポスターモデルが誰かということはクレジットされていませんが、ファンなら誰でも知っていますし、この立ち姿と横顔を見ただけでもわかる・・・柚希礼音さんです。

0(ゼロ)番に立つ柚希礼音。



image2.jpg

柚希さんが宝塚を退団したのは2015年。
もう4年も前で、このポスターもいつ“代替り”してもおかしくありません。
だから、自分のブログにこの画像を遺しておきたいと思いました。

0番は、舞台中央前面の床に立ち位置を決めるために記された番号の中で、舞台の真ん中を示す番号。
宝塚に限らず、どんな舞台にも共通する舞台用語ですが、特に宝塚の場合、「0番」はトップの立ち位置、つまり0番に立つ人 イコール トップスターを意味します。

宝塚歌劇の舞台は「0番」を中心に作られていて、群舞などの美しいフォーメーションは0番に立つトップスターを中心に、各出演者が互いの立ち位置を細かく調整し、より美しく見える隊形を作り上げていくのだそうです。

自分の技量や情熱のすべてを注ぐばかりでなく、組子たちの先頭に立って、組を背負って、宝塚を代表して「0番」に立つトップスター。

柚希さんは本当に「0番」が似合うスターでしたが、先日 明日海りおさんのサヨナラショーを観て、明日海さんもまた「0番」に立つべく選ばれし者だなぁと感じた次第。

柚希さんが退団を決めた100周年の年にトップスターに就任した明日海さんが105周年に宝塚を去る。
こうして宝塚は常に新しい「0番に立つ者」を生み出し続けていくのですね。



次のトップオブトップは誰かなぁ のごくらく地獄度 (total 2113 vs 2114 )

posted by スキップ at 23:00| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年10月01日

振り向けばいつもHappiness! 「明日海りお サヨナラショー」


miriosayonara.jpg

昨日は宝塚大劇場花組公演千秋楽。
トップスター 明日海りおさんが宝塚大劇場の舞台に立つ最後の日でした。
画像がレポがたくさんあがっていましたが、とてもよい千秋楽だったようで、明日海さんの笑顔が本当に清々しく晴れやでした。
私のナマ明日海さん観納めは前楽の9月29日。


宝塚歌劇 花組公演
明日海りお サヨナラショー
2019年9月29日(日) 6:15pm 宝塚大劇場 1階19列センター
(上演時間: 30分)



ショーに先だって、高翔みず希組長が明日海さんとの思い出エピソードを。
明日海さんとの思い出は何と言っても100周年大運動会。
運動会が開催されたのは明日海さんのトップお披露目公演「エリザベート」の宝塚公演が終わり、東京へ出発する前日でした。
朝、テレビの占いで「今日ラッキーなのはかに座」と聞いて、高翔さん、明日海さんとものかに座なのでともに喜び合ったのだとか。
が、綱引きで明暗が分かれ、花組は最下位に・・・大阪城ホールで泣いていたみりおちゃん思い出します。

そのまま東京公演の舞台稽古に臨んだ稽古後。
組子たちを元気づけようと、楽屋のお風呂を明日海さんと同期の望海さんの2人で銭湯風に改装してくれていたのだそうです。
のれんや飾りつけをして、ちゃんと効能書も貼ってあって、冷たい飲物が用意され、2人が歌う ♪いい湯だな が流れるという凝りよう。
「舞台では一番忙しいはずのトートとルキーニが準備したのかと思うと涙が出ました」と高翔組長。


そしてこの後、組長が読み上げた明日海さんのメッセージがウィットに富んでいて楽しくて、泣き笑いです。
本当に可愛らしくて聡明な人なんだなぁと改めて思いました。

舞台のスクリーンに初舞台の映像が流れ、それから年代順に演じた役が映し出されて、明日海さんのメッセージが入ります。
印象に残ったコメントをいくつか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:36| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2019年09月17日

君といれば、そこが楽園 宙組 「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」


ritzhotel.jpg宙組98期生で新人公演主演4回。身長174㎝。
ぴかぴかのエリート 瑠風 輝さん。
満を持してのバウホール初主演です。


宝塚歌劇宙組公演 バウ・ロマンス
「リッツ・ホテルくらいに大きなダイヤモンド」
原作: F・スコット・フィッツジェラルド
    「The Diamond as Big as the Ritz」
脚本・演出: 木村信司
出演:瑠風輝  夢白あや  悠真倫  美風舞良  
松風輝  実羚淳  瀬戸花まり  水香依千  
若翔りつ 鷹翔千空  亜音有星 ほか

2019年9月12日(木) 2:30pm 宝塚バウホール 5列センター
(上演時間: 2時間10分/休憩 25分)



アメリカの大学生 ジョン・T・アンガー(瑠風輝)は成績優秀、スポーツ万能で学校中の人気者。友人のパーシー・グレイブス(鷹翔千空)はそんなジョンを羨ましさと憧れを持つ複雑な表情で見つめていました。
ある日、ジョンはパーシーに誘われ、夏休みをパーシーの実家で過ごすことにします。「僕の家は世界一の金持ちなんだ」というその家は、巨大なダイヤモンドの原石の中に建てられた、贅を尽くした黄金の楽園のような場所でした。その館でジョンはパーシーの妹キスミン(夢白あや)と出会い、恋に落ちます。やがて次第に楽園の秘密が明らかとなって ・・・。


「富がもたらす熱狂、狂乱を主題とした壮大な夢物語」というフィッツジェラルドの原作は未読。
時代設定は明確にされていませんが、アメリカの「狂騒の20年代」と思われ、「アメリカ as No.1」「アメリカ万歳!」といったアメリカ賛美の華やかで力強いダンスシーンから始まります。

歌、ダンス、お芝居がバランスよく構成された舞台で、パーシーの両親が召使いたちと歌い踊るシーンや牢獄に閉じ込められた飛行士たちの群舞など華やかな見どころもたくさん。
楽曲もよくて、メイン3人(瑠風・夢白・鷹翔)がともに歌える人たちなのでストレスフリー。
要所要所で聴かせる「宙組の重層的なコーラス」も健在でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする