2018年02月01日

きみもおいでよ 花組 「ポーの一族」


poe.jpgたとえば「11人いる!」や「トーマの心臓」「11月のギムナジウム」といった萩尾望都さんの漫画は子どもの頃、夢中になって読んだ記憶があるのに、一番の代表作とされる「ポーの一族」だけはなぜか抜け落ちていて、読んだことがありません。
演目が発表され、明日海さんや柚香さんのビジュアルが公開されると、騒然とした盛り上がりを見せる中、「えーっと、バンパイヤの話だったかしらね」という低ーいテンションでの観劇となりましたが、何か?


宝塚歌劇花組公演
ミュージカル・ゴシック 「ポーの一族」
原作: 萩尾望都
脚本・演出: 小池修一郎
出演: 明日海りお  柚香光  仙名彩世  高翔みず希  瀬戸かずや  
鳳月杏  水美舞斗  城妃美伶  華優希/一樹千尋  飛鳥裕 ほか 

2018年1月16日(火) 11:00am 宝塚大劇場 2階4列上手/
2月1日(木) 11:00am 1階6列センター
(上演時間: 3時間/休憩 30分)


少年のまま永遠の時を生きる運命を背負わされたバンパネラ(吸血鬼)エドガーが、14歳から年をとらないまま様々な時代、場所を生き続け200年以上の時と場所が交錯する物語。

今回の舞台では物語の時代は大きく分けて2つ。
まずは、1754年スコッティ村。
普通の子どもだったエドガーがいかにしてバンパネラとなったのかが描かれます。

森に捨てられていたところを老ハンナ(高翔みず希)に拾われ屋敷で育てられたエドガー(明日海りお)と妹のメリーベル(華優希)。
やがて一族がバンパネラだと知った村人たちの攻撃によって老ハンナは消滅し、一族にも危機が迫る中、メリーベルを巻き添えにしないことと引き換えにキング・ポー(一樹千尋)によってエドガーはバンパネラにされ一族に加えられてしまいます。
3年後、エドガーと再会したメリーベルは自ら一族に加わることを望み、フランク・ポーツネル男爵(瀬戸かずや)・シーラ(仙名彩世)夫妻を養父母としてエドガーとともに100年の時を旅することになります。

後半の舞台は、1879年 イギリスの港町 ブラックプール。
ホテルブラックプールに滞在する4人は、一族に新しい仲間を加えようと人々を物色しますが、医師 ジャン・クリフォード(鳳月杏)に正体を勘づかれ、メリーベルとシーラ、そしてポーツネル男爵までも消滅してしまいます。
絶望と悲しみに沈むエドガーはセント・ウィンザーの同級生で同じく孤独な心を持つアラン・トワイライト(柚香光)に「きみもおいでよ ひとりではさびしすぎる」と誘ってともに長い旅に出ることになります。



続きがあります
posted by スキップ at 23:16| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

その路の先にあるものは 雪組 「ひかりふる路/SUPER VOYAGER!」


hikarifuru.jpg雪組トップ 望海風斗さん。真彩希帆さんお披露目公演。
ただ今絶賛東京公演中ですが、私が観たのは1ヵ月以上も前の宝塚大劇場です。

宝塚歌劇 雪組公演
ミュージカル 「ひかりふる路 ~革命家、マクシミリアン・ロベスピエール~」
作・演出: 生田大和
レヴュー・スペクタキュラー 「SUPER VOYAGER!」
-希望の海へ-

作・演出: 野口幸作
出演: 望海風斗  真彩希帆  彩風咲奈  梨花ますみ  彩凪翔  朝美絢  永久輝せあ/夏美よう  沙央くらま ほか

2017年11月14日(火) 11:00am 宝塚大劇場 1階27列下手/
12月7日(木) 11:00am 1階4列センター
(上演時間: 3時間/休憩 30分)



「ひかるふる路」

宝塚歌劇の登場人物としては超有名人のマクシミリアン・ロベスピエール。
フランス革命を背景に、「自由・平等・博愛」という理想に燃えた若者が頂点へ上りつめ、恐怖政治へと駆り立てられ仲間を粛清し、自ら破滅する物語。

ルイ十六世の裁判、処刑から始まり、ジロンド派の陰謀によって盟友であるダントン(彩風咲奈)との間に亀裂が生じ、彼を排除して恐怖政治の独裁者へと進んで行くロベスピエール(望海風斗)。
それと平行して、革命で家族や婚約者を殺され、ロベスピエールに殺意を抱いてパリへやってきた貴族の娘・マリー=アンヌ(真彩希帆)との運命的な恋が描かれています。
フランク・ワイルドホーン全曲書き下ろし、という、「歌えるトップコンビ」にこの上ない贅沢な作品。
聴き応えのある楽曲を望海さん、真彩さんが歌いあげて耳福。


続きがあります
posted by スキップ at 23:40| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年01月22日

It all began tonight 宙組 「WEST SIDE STORY」


wss.jpg宙組新トップスター 真風涼帆さん・星風まどかさんのプレお披露目公演。

この公演は今年7月~8月 梅田芸術劇場での上演も予定されていて、「大阪に来るまでガマン」するつもりででした。
ところが、「アニータ: 和希そら」とキャスト発表されて、「それ絶対観たい!」となり、別箱公演なので梅田でそらくんがアニータやるって保証はないじゃない、と。
その時点で各種先行は終わっていましたので、一般発売で気合入れてチケット取りました。
(実際に観た後は「そらくんアニータ続投」を確信していますが。)


宝塚歌劇宙組公演
MUSICAL 「WEST SIDE STORY」
原案: ジェローム・ロビンス
脚本: アーサー・ロレンツ 
音楽: レナード・バーンスタイン   作詞: スティーブン・ソンドハイム
(オリジナルプロダクション 演出・振付: ジェローム・ロビンス )
演出・振付: ジョシュア・ベルガッセ   演出補・訳詞: 稲葉太地
出演: 真風涼帆  星風まどか  芹香斗亜  寿つかさ  松風輝  蒼羽りく  
桜木みなと  和希そら  瑠風輝   夢白あや/英真なおき ほか

2018年1月17日(水) 11:00am 東京国際フォーラム ホールC 
2階10列(1列目)センター (上演時間: 2時間55分/休憩 25分)
  


「ウエストサイド物語」の映画は何度か観ていて、楽曲もすべて知ってる!と言える曲揃い。
I like to be in America Okay by me in America の「America」や「Tonight」なんて原語でフルコーラス歌えそうな勢いです。
そういえば「映像全編観ながら音楽部分を生のフルオーケストラで演奏」というのも佐渡裕さん指揮で観たぞ、と検索したら、2012年9月でした(感想はこちら)。

宝塚歌劇では1968年に月・雪組合同で上演され、1998年 月組、1999年 星組と再演されて今回が4演目です。

その宝塚版を含めて舞台で観るのは今回が初めて。
全体的な印象として「映画をそのままうまく舞台に乗せている」と思ったのですが、よく考えたら、先にブロードウェイのミュージカル(1957年初演)があって、それを映画化されたのが1961年なので、映画の方が「舞台をそのままうまく映画化している」ということになりますね。

幕開けのオーケストラのOvertureから、ニューヨーク ウエストサイドの午後5時。
ジェッツとシャークスの面々が指を鳴らして踊り始めたら背中がゾクゾクしました。
本当にあの「ウエストサイド物語」の世界が目の前で展開されるのですから。

映画から抜け出して来たような、飾りのないシンプルなデニムにヒールのない普通のスニーカーを履いて踊る宙組男役たちのカッコいいこと。
決闘へ向かう時の Tonight の迫力。
高架下のフェンス超え。すごいな、あれ。どんな身体能力してるんだか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

僕に命を返して  宙組 「不滅の棘」


fumetsu.jpg愛月ひかるさん 二度目の主演公演にして初めての東上付き別箱主演。
演じるのは348歳(!)の男。


宝塚歌劇 宙組公演
ロマンス 「不滅の棘」
原作: カレル・チャペック   翻訳: 田才益夫
脚本・演出: 木村信司
出演: 愛月ひかる  美風舞良  純矢ちとせ  澄輝さやと  凛城きら  留依蒔世  遥羽らら  華妃まいあ  ほか

2018年1月10日(水) 4:00pm シアター・ドラマシティ 17列センター
(上演時間: 2時間30分/休憩 25分)



チェコの作家カレル・チャペックの戯曲「マクロプロス事件」をベースに主役を女性から男性に置き換え、2003年 花組 春野寿美礼さん主演で上演された作品・・・ということですが、初演は観ていなくて、もちろん原作も読んだことはなく、全くの初見です。

16世紀の神聖ローマ皇帝ルドルフ二世の侍医であった父が皇帝の依頼で完成させた不老不死の薬を自分の息子であるエリイ(愛月ひかる)に飲ませ、永遠の命を得たエリイは300年以上も若さと美しさを保ったままそれぞれの時代を名前を変え、職業を変えながら生き続ける・・・という物語。


描かれるのは3つの時代。
1603年 ギリシャ・クレタ島。
父が殺された後、18歳のエリィが不老不死の薬を飲まされていたことを知って、「僕はもう人間じゃない。父さん、僕に命を返して!」と叫ぶ冒頭のシーンが切ない。その後の物語もエリイの生き方も、このニヒリズムに支配されているように感じました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年12月27日

ヅカ納めは今年も 「タカラヅカスペシャル 2017」


tspecial2017.jpg専科と各組スターが勢ぞろいする年に一度のお楽しみ「タカラヅカスペシャル」。
今年は「モン・パリ」誕生90周年ということで、よりレビュー色の濃い舞台となりました。
とても楽しかったけれど、やはり一度では目が足りませんワ。


「タカラヅカスペシャル2017
ジュテーム・レビュー -モン・パリ誕生90周年-」

監修: 石田昌也
構成・演出: 中村一徳  藤井大介  齋藤吉正
出演: 
専科: 轟 悠  華形ひかる  星条海斗  沙央くらま  
花組: 明日海りお  瀬戸かずや  鳳月杏  仙名彩世  水美舞斗  柚香光 ほか    
月組: 珠城りょう  美弥るりか  宇月颯  愛希れいか  月城かなと  暁千星 ほか
雪組: 望海風斗  彩凪翔  彩風咲奈  朝美絢  永久輝せあ  真彩希帆 ほか
宙組: 真風涼帆  澄輝さやと  愛月ひかる  芹香斗亜  桜木みなと  星風まどか ほか

2017年12月21日(木) 6:00pm 梅田芸術劇場メインホール 2階1列センター
(上演時間: 2時間15分/休憩 30分)




◆ オープニング&プロローグ

オープニングでスクリーンに次々映し出される映像が今年の各組の舞台だと星組の紅ゆずるさんが映った時に気づく(遅っ)。
そして幕が開くと轟さん中心にトップスターがセンターに並んで出演者勢ぞろい。
煌びやかで華やかでまぶしくて、この時点テンションMax

「ボンジュール宝塚」に始まって、シャンソンのメドレーが続き、「幸福を売る人」で客席降り。
2階の最前列だったため、4列目と5列目に来てくれたスターさんたちは振り返ってもよく見えず
海乃美月さんは把握しましたので97期あたりが来てたのかな。永久輝せあさんもいたかしら?
私の席からちょうど真下あたりの1階席中通路でやたら丁寧かつ気前よく手を差し出して握手したりハイタッチしている人がいるなぁと見たら瀬戸かずやさんでした。オトコマエ!

轟さん+トップ4人が残ってトーク。
轟さんに「今年はどんな年でしたか?」と聞かれて、それぞれ今年の公演を振り返りながらもみんな「充実した1年でした」とお行儀のよいお答え。
パリの曲が続いたことから、「パリに行ったことがある人?」という轟さんの問いかけに珠城さんだけ行ったことなくて何となく仲間はずれっぽい雰囲気に。
それにもめげず、「街にはパンの匂いがして・・」と妄想膨らませる珠城さん。
トップになったのは真風さんの方が後輩ですが、そこは年功序列のタカラヅカ。
大きな体で下級生キャラの珠城さん、可愛かったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:37| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする

2017年12月14日

仔猫でジゴロ 月組 「Arkadia -アルカディア-」


arkadia.jpg「ありちゃん カワイイ」と、いつも月組公演をご一緒するお姉さまがたに評判の高い月組の御曹司 暁千星くん。
もちろん私も大好きでずっと注目しています・・というか、注目していなくてもありちゃんは群舞でもすぐ目に入ってくるくらい華があります・・が、「ありちゃんはいつ大人(のオトコ)になるんだろう」とずっと思っていました。
「1789」でフェルゼンやった時も、「激情」でエスカミリオやった時も、「All for One」でポルトスやった時も。

やっと会えたよ、ちょっぴり大人なありちゃんに。


宝塚歌劇 月組公演 「Arkadia -アルカディア-」
作・演出: 樫畑亜依子
出演: 暁千星  美園さくら  光月るう  夏月都  白雪さち花  
貴澄隼人  晴音アキ  輝生かなで  風間柚乃  結愛かれん ほか
 
2017年12月7日(木) 2:30pm 宝塚バウホール 9列上手
(上演時間 2時間30分/休憩 25分)



物語: 1970年代のフランス。
雨の中、行く宛もなく道端に倒れ込んでいた青年は、ナイトクラブ「アルカディア」の花形ダンサーであるダリア(美園さくら)に拾われ、家に泊めてもらってミネット(暁千星)と名付けられてアルカディアでで働くようになります。やがてダンスの才能を見い出され、トップダンサーとなりますが・・・。


宝塚のオリジナル作品って基本あて書きですが、これはまさしく「暁千星のために作品」という感じ。
ダンサー 暁千星と、少年っぽさを残すありちゃんの魅力を織り交ぜたミネットの成長物語になっていました。
物語としては、ミネットの出生の秘密・・というか母親との確執や母親とミネットの実の父、そしてその父と今の妻との関係などが明らかになるあたりから「どんな人間ドラマだよ」という雰囲気になって、そんな中で人間として成長するミネットとダリアの恋物語もあり、と結構盛りだくさんで、おもしろかったけれど特に二幕はいささか急ぎ足感がありました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:40| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする