2013年05月25日

三大ミュージカルプリンスコンサート StarS 大千秋楽

StarS.jpg本当ならこの週末は東京遠征の予定だったのですが、外せない仕事が入ってしまってやむなく日曜日日帰りに変更。
仕事は午前中に終わる予定なのでぽっかり空いた土曜日の午後。
中日劇場公演をご覧になったみんみんさんがとっても楽しかったとおっしゃっていて、興味はあったものの遠征と重なっているからと最初から度外視していたこの公演に俄然興味が湧いたのが1週間前。
が、人気あるのね~、プリンスさんたち。大阪は1回公演、しかも大千秋楽とあって超チケ難。何度もあきらめかけましたが、幸運なことに昨日の夜になってやっとチケットが手に入り・・・。

三大ミュージカルプリンスコンサート StarS
構成・演出: 小林香
音楽監督: かみむら周平
振付: SHUN
出演: 井上芳雄  浦井健治  山崎育三郎

2013年5月25日(土) 1:00pm NHK大阪ホール 2階M6列上手


評判通り、本当に楽しかったムード
私はそんなにミュージカルを観る方でもなく、3人のうち誰のファンという訳でもありませんが、このコンサート、行けてよかったと心から思います。
もっと3人の舞台を観たいと思いましたもの。「僕たち3人が集まったことから、ミュージカルを知ってもらうきっかけになればと思って始めたこと」という策略?にまんまとハマりました(笑)。

今日がこのツアーの大千秋楽なので、これまでにもたくさんレポが上がっていると思いますが、千秋楽スペシャルと思われるものは以下の4点 +1(笑)。続きを読む
posted by スキップ at 22:38| Comment(6) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2013年05月17日

あっこちゃんが歌うきよしちゃん 「矢野顕子、忌野清志郎を歌うツアー2013」

akkokiyoshi.jpg場内が暗くなると、舞台上のスクリーンに流れる映像。
それがスクリーンであることすら気づいていなかった私は不意を打たれました。
そこに、あっこちゃんのライブにゲストで登場し、派手なマントを脱いでニコニコ顔で「ひとつだけ」をデュエットする忌野清志郎。
♪悲しい気分の時も 僕のこと すぐに呼び出してほしいよ ねぇお願い~  とあっこちゃんのピアノで歌う清志郎。
知らず知らず涙があふれてきました。そんなオープニング。


矢野顕子、忌野清志郎を歌うツアー2013 <ピアノ弾き語り>
ゲスト: 奥田民生

2013年5月11日(土) 6:00pm フェスティバルホール 1階7列センター



その「ひとつだけ」が終わる頃、あっこちゃんが登場して、映像に生のピアノの音を重ねる。そしてそのまま続いて「誇り高く生きよう」。
♪わけもなく 涙ぐむのは 君のこと 想ってるから 悲しい涙じゃない あったかい気持ち
清志郎さんが紡ぎ出した愛に満ちた言葉を、澄んだ声と綺麗なピアノで歌うあっこちゃん。
切なくて美しくてやさしい時間。

去年の「さとがえるコンサート」でも「誇り高く生きよう」を歌って、今回のアルバムとツアーのことを話していたあっこちゃん。
「清志郎さんの曲は、あの声、ヴォーカルも含めて全部忌野清志郎になっちゃうけど、詩とか曲とか、コンポーザーとしての忌野清志郎のすばらしさを知っていただきたくて」とあの時にもおっしゃっていた通り、いわゆる“代表曲”ではない曲ばかりの清志郎の名曲の数々。続きを読む
posted by スキップ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

さとがえるコンサート2012 あっこちゃん、みっちゃんと清志郎ちゃん

satogaeru12.jpg傷つくことはとても痛いけど
傷つくことは怖くはないんだ
激しい雨が降る夜は
晴れた朝の空をかくしてる
ぼくの傷を見るなよ ぼくにあやまるなよ

こんな歌い出しで始まったコンサート。
最初のこの曲の歌詞を聴いていて涙がにじんできました。これが「クリームシチュー」だとサビの部分に来るまで気づかなかった。
音楽って、それを聴く時の気持ちでずい分印象変わるんだな。


矢野顕子さとがえるコンサート2012 ~清水ミチコとともに~
2012年12月7日(金) 7:00pm NHK大阪ホール 1階C1列センター


3年前の矢野顕子リサイタルにゲスト出演したことがある清水ミチコさん(その時のことは「サンケイホールブリーゼ」という会場名まで覚えてるとおっしゃっていました)ですが、今回は本格的参戦でがっつり共演。1/3があっこちゃんソロ、2/3を二人で、という感じです。あっこちゃんの曲をもっと、という向きには少し物足りないかもしれませんが、実に楽しいコンサートでした。続きを読む
posted by スキップ at 23:33| Comment(2) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

30万人のフロイデ♪

daiku30th.jpg


歌声、笑顔 そして涙。

2年前に参加した時、「体調とか仕事や家庭のあれこれとか、いろんなことが何とかなって、ちゃんとあの場に立てたことに感謝の気持ちでいっぱい。そして、そんな諸々が一万人分なのだから、それはもうキセキのような時間の集まりです」とこのブログに書いたのですが、先日の佐渡裕レッスンで、佐渡さんがまさしくそれと同じことをおっしゃって、「今年は30回目だから、30万通りの思いの集まり」という言葉をかみしめつつ、幸せなキセキの時間を過ごしてきました。

「10000人の第9 歌のある星へ」
2012年12月2日(日) 3:00pm 大阪城ホール

30回記念ということで、祝祭的な雰囲気だったのですが、オープニングで小倉智昭さんのナレーションに重ねて過去30回の映像がモニターで流れると本当に時の流れを感じました。
ベルリンの壁崩壊も、阪神大震災も、そして昨年の東日本大震災も、この30年の間に起こったことです。実は第1回目に出場したことがある私。若かったし完全に物見遊山でほとんど覚えていないのですが、ゲストが宝塚歌劇団だったと知って(完璧に忘れていた)、その頃からご縁があったのね~と妙なところで関心したり(笑)。
1999年(第17回)。それまでの山本直純さんからバトンを受け継いだ指揮者・佐渡裕さんの映像が映し出された時にはその面影の若さに、午前中のゲネプロでは私たち合唱団からどよめきが起こりました。続きを読む
posted by スキップ at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2012年11月28日

僕は音の色が見える

IMG_6312.jpg今日は「一万人の第九」 佐渡裕レッスンでした。
私が「一万人の第九」に出場しようと思ったきっかけは、「佐渡さんの指揮で歌えるなんて」だったので、このレッスンは私にとってmust行事。
いろんな仕事ほっぽって、レッスン会場の兵庫県立芸術文化センターに行ってきました。

以前はもう少し少人数でのレッスンだったのですが、超多忙な佐渡さんですからそんなに回数が取れないと思われ、今回はかなりのクラスの合同レッスン。
兵芸大ホールで約2,000名の参加だったとか。これだけも結構大きなコンサートなのですが、本番はこれの5倍ですから、やはりケタ外れの人数です。

昨日の朝、ヨーロッパから帰国されたばかりという佐渡さん。ますますスリムになられた印象です。
1時間のレッスンで、合唱部分を1回通すのが目一杯なのですが、その時々に止めておっしゃっるご指導やお話が、とても示唆に富んでいたりユーモアにあふれていたり。「ここは笑って」とか「もっとシュパシュパポ~ンと弾けるように」とか、ほんとに時間があっという間に過ぎて、もっともっとレッスン受けていたいという気持ちになります。

「1万人の人にはそれぞれの喜びや悲しみがあって、それは1万通り。もっと言えば、今回が30回目なので30万通りの思いがある訳です。」
という言葉が心に響きます。
佐渡さんは、「僕は音の色が見えるんです」とおっしゃっていました。
第九のメイン Mのフレーズ Freude, schoner Gotterfunken~ のところは、まさに「歓喜」で、キラキラ金色ぴかぴか(新しい)の輝く色が。
そんな色が見えるように歌って欲しいと。

私は佐渡さんのように音楽の神様に祝福された人間ではないけれど、いろいろあった今年の思い、いっぱい込めて、12月2日は心おきなくフロイデ♪したいと思います。

画像は兵芸のクリスマスツリー&イルミネーション。
クリスマスももうすぐです。


本番まであと4日 あっという間だったな のごくらく地獄度 わーい(嬉しい顔) ふらふら (total 1022 わーい(嬉しい顔) vs 1028 ふらふら)
posted by スキップ at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2012年11月25日

今年の悪いことみんな大阪城ホールに・・・

daiku2012.jpg9月9日に始まった「1万人の第九コンサート」のレッスン、今日が最終日でした。今回は1度も欠席せず完走。何だかあっと言う間だったな。
これで残すところは、来週の佐渡裕レッスンと本番前日の総合リハーサル、そして12月2日の本番のみとなりました。

今日のレッスンでは最後に富岡健先生から、ベートーベンがいかにこの第九に思いを込めて、苦悩の果てに歓喜の歌へと昇華させていったかというお話を、その時々の小節のピアノ伴奏とともにレクチャーしてくださり、「たとえどんなに苦しいことがあっても、それを乗り越えて歓喜の歌に辿り着くんです」というお話を聴いていて、お気楽そうにしていますが実はこのところプライベートで相当凹んでいる不肖スキップ、泣いてしまいました。

だけど、「さぁ、ここが皆さん立つところですよ」と全員で立ち上がって合唱を通し、~ Gotter funken!と最後のパートが終わった後の締めくくりのメロディは「ベートーベンから皆さんへの花火だと思います」と、ほんとに花火が打ち上げられているような演奏のピアノを聴き、「イヤなことがあった人も今年の悪いことはみんな大阪城ホールに置いてきましょう」という明るい言葉に救われた思い。

よーし。
大阪城ホールには申し訳ないけれど、12月2日には、今年のイヤなこと、ひとつ残らず置いて参りますわよ。



おお 友よ この調べではない
もっと快い 歓びい満ちた調べを 歌いはじめよう のごくらく度 わーい(嬉しい顔) (total 1021 わーい(嬉しい顔) vs 1027 ふらふら)
posted by スキップ at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする