2019年04月18日

Ken’s Bar 20th Anniversary Special !! vol.4


kensbar.jpg

会場をバーに見立て、お酒やソフトドリンクとともに店主の歌を楽しむという平井堅さんのコンセプトライブ Ken’s Bar
1998年5月にスタートして昨年20周年を迎えました。

ずーっと行ってみたいと思っていましたがなかなかご縁がなく、やーっと今回初潜入。
今回のツアーは開店20周年スペシャル企画のラストで、この大阪城ホールを皮切りに、三重、徳島とまわって5月22日に東京の日本武道館でファイナルを迎えるというもの。
そのツアー初日でした。


Ken’s Bar 20th Anniversary Special !! vol.4
2019年4月12日(金) 7:00pm 大阪城ホール スタンドCブロック6列
(ライブ時間: 2時間50分/休憩 30分)



いや~、想像以上に楽しかった!!

私はかなり昔から平井堅さんが好きですが、特に積極的に聴きに行くということではなくてCDは1枚も持っていませんし、ライブも今回のKen’s Barが初めてという、とてもライトなファンです(ファンと言えるのか?)。
それでも実際にあの歌声をナマで聴いて、切ない歌詞に涙出そうになったり、達者なMCに笑いころげたり、本当に楽しく、極上の時間を過ごしました。
テーブル席はファンクラブ会員のみの抽選と知って、FC入会を真剣に検討しているくらいです(←)


image2 (5).jpg


セットリスト
Stage Ⅰ
1. half of me
2. 僕の心をつくってよ
3. Affair
4. カムフラージュ
5. 鍵穴
6. すきすきソング
7. 桔梗が丘
8. 瞳をとじて

Stage Ⅱ
9. 哀歌 (エレジー)
10. ガラスの十代
11. 思いがかさなるその前に
12. STAR
13. いてもたっても
14. 告白
15. KISS OF LIFE
16. POP STAR

Encore
17. 魔法って言っていいかな?
18. Love Love Love



続きがあります
posted by スキップ at 23:21| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

とっても楽しいバーンスタイン集 「佐渡 裕 音楽の贈りもの ~We love L.B.」


welove.jpg1918年8月に生まれたレナード・バーンスタインは昨年が生誕100周年ということで、世界各地で上演、演奏されてきたバーンスタイン生誕100周年の掉尾を飾る演奏会。

“バーンスタインの最後の愛弟子”といわれる佐渡裕さんが自ら選曲されたバーンスタイン傑作集のコンサートです。


バーンスタイン生誕100年 
佐渡 裕 音楽の贈りもの ~We love L.B.
指揮: 佐渡裕  
管弦楽: 兵庫芸術文化センター管弦楽団
ソプラノ: 小林沙羅  メゾ・ソプラノ: 清水華澄  バリトン: 大山大輔

2019年4月7日(日) 2:00pm 兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール 
1階A列センター  (上演時間: 2時間20分/休憩 20分)



オープニングは佐渡さんがお一人で登場されて、開口一番 「今日は朝から芦屋マラソン走ってきたんです。3キロですけどね、娘と。3キロでもなかなかしんどいんですよ」
佐渡さんがマラソンされるとは存じ上げませんでしたが、演奏会の前に3キロ走るなんて、タフだなぁ。

バーンスタインのエピソードやこの日演奏される曲目の紹介などを楽しくお話されて開演です。


Ⅰ.「音楽なんて大嫌い!」-5つの子どもの歌
1. あたしの名前はバーバラ
2. 木製は7つの月を持つの
3. 音楽なんて大嫌い!
4. 大きいインディアンと小さいインディアン
5. あたしだって人間なんだから


この5曲は清水華澄さんの歌と白石准さんのピアノで。

若かりしバーンスタインのルームメイトが、絶えず鳴り響くピアノと歌にうんざりして “I hate music!” (音楽なんて大嫌い!)と叫んだことから着想された曲で歌詞もバーンスタイン作。英語の歌詞で字幕がつくのですが、「音楽は大嫌い、でも歌は好き」というふうに可愛らしい歌詞がついてました。

歌う清水華澄さんがとても表情豊か。
「大きいインディアンと小さいインディアン」の時には「ここでクイズを出します。大きいインディアンと小さいインディアンがいたけど大きいインディアンは小さいインディアンのお父さんじゃないの。じゃあ誰?4小節で答えて」
・・・客席からは4小節目に「お母さん」という声。
「さすがです。答えられなかったら『ボーッと生きてんじゃねぇよ!』と言おうと思ったの」ですってw


続きがあります
posted by スキップ at 22:52| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

愛おしい時間  柚希礼音ディナーショー 「REON / GO ON!!」


image2.jpg

柚希礼音さんが1999年に宝塚音楽学校を卒業して初舞台を踏んでから今年で20年。
その芸歴20周年を記念したディナーショー。
ファンへの愛にあふれたプログラムで、まるで夢のような時間を過ごしました。


REON YUZUKI 20th ANNIVERSARY DINNER SHOW
「REON / GO ON!!」
演出: 稲葉太地
出演: 柚希礼音  夢咲ねね  水田航生  南風里名  稀鳥まりや

2019年3月28日(木) ディナー 18:00-/ショー 19:30-21:00
ホテル阪急インターナショナル 「紫苑」


お食事編はこちら


20年の軌跡を振り返る構成なので、宝塚時代の曲が大半を占める訳ですが、トップになってからの曲ばかりで、さすがに全部知っている(・・というか全部歌える)曲揃いでした。
とはいえ、宝塚を卒業して4年を経てのディナーショーなので、もっと“今”寄りのショーになると思いきや、オープニングから男役全開で、「え?これ、4年前に観たディナーショー?」と思えたくらい現役時代そのままのカッコよさと低音ボイス。今すぐ宝塚の舞台に立てそう・・・というより、この4年間の女優としての経験値がプラスされて、より包容力も色気も増して、一層オトコマエなシビれるステージを見せてくれました。

それなのにドレスに着替えての卒業してからの曲は声も歌い方も、表情までもガラリと変わって一気に女優に。
本当に、何て人なんでしょ。


reongoon.jpgセットリスト
1. COPACABANA
2. オーシャンズ11 Remix
3. Celebrity/Are you ready? (Celebrity)
4. 君はどこに (THE SCARLET PIMPERNEL)
5. 蒼穹の彼方 (太王四神記 Ver.Ⅱ)
6. 希望の瞳 (太王四神記 Ver.Ⅱ)
7. 翼なき荒鷲 (眠らない男・ナポレオン)
8. ル・ポァゾン (ル・ポァゾン 愛の媚薬)
9. Étoile de TAKARAZUKA (Étoile de TAKARAZUKA)
10. パッショネイト! (パッショネイト宝塚!)
11. アマール・アマール (ノバ・ボザ・ノバ)
12. 太陽のごとく輝け (太陽王)
13. Da Troppo Tempo (BOLERO)
14. 幸せ (激情)
15. 俺の海 (黒豹の如く)
16. DD Diamond!! (Dear Diamond!!)
17. 愛と青春の旅だち (愛と青春の旅だち)/水田航生・夢咲ねね
18. ZEROTOPIA (ZEROTOPIA)
19. クジラの歌 (バイオハザード)
20. この命の最期に (マタ・ハリ)
21. 道 (REON JACK 3)/映像
22. エメ AIMER (ロミオとジュリエット)
23. 燃え尽きぬ愛 (パッショネイト宝塚!)



好きな曲ばかりで1曲ずつ書いていたらとんでもないことになりそうですので、特に印象的な曲をいくつか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

矢野顕子 さとがえるコンサート2018


satogaeru2018.jpg毎年12月のお楽しみ。
矢野顕子さんのさとがえるコンサート。
今年は全国5か所で開催されますが、11月28日にリリースされたコラボアルバムの参加アーティストの中から各会場ごとに違ったゲストが発表されました。

大阪は大貫妙子さん。
「わぉ!楽しみ~♪」となりました。
(他会場のゲストラインナップは、三鷹と仙台が松崎ナオさん、
名古屋がYUKIさん、東京が奥田民生さんと細美武士さん)


矢野顕子 さとがえるコンサート2018
出演: 矢野顕子(vo. pf.)
佐橋佳幸(g)  小原礼(b)  林立夫(ds)
ゲスト: 大貫妙子

2018年12月4日(火) 7:00pm サンケイホールブリーゼ 1階G列センター
(演奏時間: 2時間20分/休憩 20分)



すごーく楽しかった!
さとがえるコンサートは毎年楽しいに決まっているのですが、今年のさとがえるはここ数年の中でも断トツに好きでした。

最初に矢野さんがステージに登場して下手のピアノを少し奏でて、「on guitar 佐橋佳幸!」と紹介された佐橋さんが上手に登場して、そのギターと短いセッションして、それからon drums 林立夫! on bass 小原礼! と一人ずつ増えて音がどんどん折り重なって、ホール中に彩りに満ちた世界が広がっていくようなオープニング、素敵だったな。

まるで楽器のように響く矢野さんの歌声、旋律が生きもののようなピアノ、そこに加わる“百戦錬磨の”ギターとベースとドラム。
本当に贅沢な時間でした。
これまでのさとがえるコンサートを見渡しても、このバンドメンバーの組合せは初めてだと思うのですが、何ていうかとてもバランスがよくて、矢野さんの歌声や楽曲とも相性抜群で、いつまでも聴いていたい感じ。そして折々に繰り出される超絶技巧にカッコイイ~とシビレたりも。


続きがあります
posted by スキップ at 22:29| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

虹色の道が広がる 「REON JACK 3」


reonjack3.jpgこの公演が発表された時、うれしい反面、昨年の「REON JACK 2」(レポ)があまりにすばらしかったので、果たしてあれを超えるものができるのか、楽しいけれどちょっぴりがっかり、なんてことになりはしないか些か不安でした。
が、そんな気持ちも期待もすべて REON にJACKされたよねー。


柚希礼音ソロコンサート 「REON JACK 3」 
音楽プロデューサー: 本間昭光
ステージング: 大村俊介(SHUN)
振付: 大村俊介(SHUN)  辻本知彦  YOSHIE  Cristian&Nao
出演: 柚希礼音  大貫勇輔 大村俊介(SHUN) YOSHIE クリスティアン・ロペス
DANCERS: 井出恵理子  周平  砂塚健斗  丹羽麻由美  吉岡理土
BAND MEMBERS: NAOTO (Vi/Band Master)  楠瀬タクヤ (Dr)   二家本亮介 (Ba)  山本陽介 (Gt)  野崎泰弘 (Key)  足立賢明 (Mani)   MARU(Cho)

2018年11月8日(木) 1:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階15列センター/
11月10日(土) 1:00pm 1階9列上手/11月11日(日) 1:00pm 2階1列下手
(上演時間: 2時間+α)



「REON JACK 2」と同じメンバー(上野水香さんを除く)、同じミュージシャンが揃った奇跡のようなコンサート。
2の進化形というより、「REON JACK」のまた新しい一面を見せてくれたという趣き。
MCで柚希さんもおっしゃっていましたが、「前回よりもさらに多くの場面に出ていただいた」4人とのコラボはもちろん、柚希さん抜きのシーンも見どころたっぷり。
ダンスも、クラシックやタンゴ、ジャズ、ストリート系にコンテンポラリーと盛りだくさんで、これはもうコンサートというより、洗練されショーアップされたエンターテインメントステージでした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:47| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

ボイスメモ初起動 (柚希さんのおかげ)


本日は「REON JACK 3」大阪公演初日でした。
ガマンして東京公演に行かなかったので、ほんと、待ってた。
そして、待った甲斐あって、とても楽しくカッコイイ柚希さんを堪能できるコンサートでした。


REON JACK といえばいつも数々のグッズが販売されて、日頃グッズ類にはさほど興味ないワタクシではありますが、柚希さんのものとなるとそういう訳にもいかず(^^ゞ


今回とても楽しかったのはこちら。


image2 (2).jpg

image1.jpg


37card

電話でボイスメッセージが届くトレカですって。
まぁ、世の中いろいろと進化しているのね。


東京公演前にチラッと見ていたのですが、どういうことかよくわからず、説明もあまりちゃんと読ます、とりあえず今日買って帰って先ほどやってみたら、「何これ、たのし~」となりました。


1.カードに記載の電話番号を自分の携帯の連絡先に登録する
2.電話番号に電話して、やはりカードに記載のシークレットコードを入力して電話を切る
3.すぐに携帯に電話がかかってきて出ると、「もしもし 柚希礼音です」とカワイイ声が


写真とメッセージは日替わりで全7種類。
これ、全部ほしくなるやつです(笑)。


宝塚時代にも会で公演終了後にメッセージ聴けるのありましたが、あの進化系かな。
今日のメッセージがあんまりかわいくて、電話では1回きりしか聴けませんが、WEBなら何度でも聴けるということで、何回も繰り返して聴いた挙句、スマホに残しておきたいと、これまで一度も使ったことがないiPhoneのボイスメモを初めて起動。四苦八苦して録音しましたとさ。

これでボイスメモの使い方覚えたワ(←今ごろ)。
ほんと、柚希さんのおかげでいろんなこと、勉強になります。



これ、全部ほしくなるやつ~(再び) のごくらく地獄度   (total 1977 vs 1981 )



posted by スキップ at 23:10| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする