2017年10月21日

名曲名演奏名指揮に聴き惚れる 「佐渡裕指揮 ケルン放送交響楽団」


sadokoln.jpg♪ジャジャジャジャ~ン という印象的なメロディで、クラシックには門外漢の不肖スキップでも口ずさめるくらい有名なベートーヴェンの「運命」。
コンサートの生演奏でまだ聴いたことがなくて、機会があれば聴いてみたいと思っていました。
それが、佐渡裕さんの指揮で、ドイツの名門オーケストラ ケルン放送交響楽団の演奏とあれば、ますます聴いてみたいというものでしょう。

今回の日本ツアー 初日です。


佐渡裕指揮 ケルン放送交響楽団
ワーグナー: ジークフリート牧歌
シューベルト: 交響曲第7番「未完成」
ベートーヴェン: 交響曲第5番「運命」
Encore
モーツァルト: 歌劇「フィガロの結婚」序曲

2017年10月21日(土) 2:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
KOBELCO大ホール 4階4C列上手 (演奏時間 2時間/休憩 20分)



1曲目の「ジークフリート牧歌」はプログラム見た時、「知らない曲だわ」と思ったのですが、演奏が始まると聴いたことのある旋律でした。
ケルン放送交響楽団は70名くらいの編成でしたが、この曲の時は何席が空席があったので、フルオーケストラのための曲ではないのかな。
ワーグナーが息子のジークフリートのために作曲した曲。やさしい調べでした。

シューベルトの「未完成」を最初に聴いたのは多分中学校の音楽の時間だったと思います。
この曲をテーマにしたレポートの課題があったので、結構聴きこんだ記憶があって、その頃のことを少し思い出しました。
今回、チケット代ケチって 節約して4階席から聴きましたので、ブワッと前面から迫ってくるような圧は感じなかったのですが、何ていうのでしょう、静かに湧き上がってくるような響きでした。どれかの楽器、誰かの演奏が突出することなく、全体でとても美しいメロディを紡ぎだす、これぞオーケストラなのだと思いました。
特に第2楽章、切なくてステキだったな。

続きがあります
posted by スキップ at 22:50| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2017年10月04日

サウンド三銃士  矢野顕子トリオ


image1 (4).jpg毎年夏のお楽しみ 矢野顕子トリオ。
今年は秋にやってきましたがもちろん楽しさは変わりません。

AKIKO YANO TRIO
featuring WILL LEE & CHRIS PARKER

出演: 矢野顕子(p, vo)  ウィル・リー(b)  クリス・パーカー(ds)

2017年9月28日(木) 9:30pm Billboard LIVE Osaka



今年の大阪は1日だけの開催で2ステージ。
あっこちゃんは白地に黒で木や華の幾何学っぽい模様の入ったロングドレスで登場です。
相変わらず満面の笑顔。


SETLIST
1. ちんさぐの花
2. Soft Landing
3. Welcome to Jupiter
4. Godzilla vs Mothra
5. Someday We’ll All Be Free
6. All The Bones Are White
7. Whole Lotta Love
8. ラーメンたべたい
Encore
1.
2. ひとつだけ



沖縄民謡「ちんさぐの花」からスタート。
あっこちゃんの声って沖縄民謡によく合うよなぁと改めて思いました。
2曲目の「Soft Landing」は11月にリリースされる新しいアルバムのタイトル曲ですが、この夏オンエアされたNHKドラマの主題歌だったのかな?とてもやさしい歌詞で、聴いていて心まで溶けていきそうでした。

闇に甘えてしまいそうな夜
あなたの苦労 心に浮かべ 歩き出した
Ah がんばった あなたの笑顔 はなさなかった
Ah 願うのは 抱きとめるから やわらかな着地

昨年から登場した「Godzilla vs Mothra」を今年も。
「ゴジラは何度か甦っているようですが、モスラはどうしているのでしょう?」と。
今回は「キングギドラも少し採り入れました」とおっしゃっていましたが、ゴジラのテーマから「モスラーや モスラー」という曲に移ってキングギドラ?へと、エフェクターも使っているとはいえ、ピアノ、ベース、ドラムだけとは思えない重層的な演奏が繰り広げられます。すごく楽しい。


続きがあります
posted by スキップ at 22:51| Comment(0) | music | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

さらなる高みへ 「REON JACK 2」 大千穐楽


rj2final.jpg

柚希礼音さんのソロコンサート「REON JACK 2」
大阪・横浜・福岡と駆け抜けた11ステージ。
そのファイナル公演。
ほんっとっ、すばらしかったです。


柚希礼音ソロコンサート 「REON JACK 2」 大千穐楽
音楽プロデューサー: 本間昭光
ステージング: 大村俊介(SHUN)
振付: 大村俊介(SHUN)  YOSHIE  原田薫  Cristian & Nao
出演: 柚希礼音  YOSHIE  大貫勇輔  大村俊介(SHUN) クリスティアン・ロペス
阿部雄大  岩﨑浩太郎  神谷直樹  周平  山下銀次  HACHI  矢野祐子
BAND MEMBERS: NAOTO (Vi/Band Master)  楠瀬タクヤ (Dr)   二家本亮介 (Ba)  山本陽介 (Gt)  野崎泰弘 (Key)  足立賢明 (Mani)   MARU(Cho)

2017年4月20日(木) 1:30pm 福岡市民会館 1階6列センター



仕事の都合でパシフィコ横浜公演には行けませんでしたので、梅田の千穐楽(3/26)以来1ヵ月近くぶりでしたが、全然そんな感覚しなかったのは、「REONISM」を常にヘビロテしているからかな。
福岡市民会館は初めて行く会場でしたが、西鉄福岡(天神)駅から歩く間もグッズのTシャツ着てる人がいたり関西弁が聞こえてきたり、「おお、同志よ!」っと心強かったです。
本当に大好きなコンサートで書きたいことは尽きないのですが、今回は千穐楽のみに絞ったレポを。


梅田公演(レポ&セットリストはこちら)との変更点は

・上野水香さんのところにYOSHIEさんが入って、YOSHIEさんソロ→YOSHIE・柚希 コラボ
・「希望の空」の後、トークコーナーの前にリクエスト曲「僕は怖い」(with 大貫勇輔)

の2ヵ所


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

I've been jacked AGAIN 「REON JACK 2」


rj2.jpg「REON JACK」から1年。

「今回はよりクールにアーティスティックに、『挑戦』をテーマにした」という柚希礼音さんのセカンドコンサート。
その言葉通り、よくも悪くも宝塚時代の延長感のあった前回とは全く雰囲気の異なるスタイリッシュでハイクオリテイのシビれるコンサートでした。


柚希礼音ソロコンサート 「REON JACK 2」 
音楽プロデューサー: 本間昭光
ステージング: 大村俊介(SHUN)
振付: 大村俊介(SHUN)  YOSHIE  原田薫  高岸直樹(東京バレエ団特別団員)  Cristian & Nao
出演: 柚希礼音  上野水香  大貫勇輔  大村俊介(SHUN) クリスティアン・ロペス
 阿部雄大  岩﨑浩太郎  神谷直樹  周平  山下銀次  HACHI  矢野祐子
BAND MEMBERS: NAOTO (Vi/Band Master)  楠瀬タクヤ (Dr)   二家本亮介 (Ba)  山本陽介 (Gt)  野崎泰弘 (Key)  足立賢明 (Mani)   真部裕 (Vi/3.26のみ)  MARU(Cho)

2017年3月23日(木) 6:30pm 梅田芸術劇場メインホール 1階22列センター/
3月25日(土) 5:00pm 3階3列上手/3月26日(日) 12:30pm 1階15列下手
(上演時間 2時間10分)



冒頭の「Maybe if」に始まって「希望の空」まで1時間30分はほぼMCなしで、上野水香さんのソロやバンドメンバー紹介、Dancers Showcaseなどを除いて柚希さんが歌いっ放し、踊りっ放し、というステージ。
衣装も髪型もメイクもとてもスタイリッシュ。

上野水香さんはじめスペシャルなゲストダンサーズとのコラボはどのシーンもまばたきする間ももどかしいくらい。
飽きることなく何度でも観られるし何度でも観たい、と思いました。

カーテンコール?となった時に公演Tシャツにデニム、オレンジのスニーカーというグッとカジュアルスタイルで現れた柚希さんとゲストのトーク、「REON JACK」の振りとかけ声の練習、そしてノリノリの2曲、大フィナーレまで40分という(笑)。

”いつものちえちゃん”を最後のワンコーナーに集約して、本編はひたすらクールにカッコよく、響き渡るヴォーカルと超絶ダンス、スペシャルゲストとのコラボレーションに酔いしれるというステージングがとても成功していると感じました。


SET LIST (ちょっと順番自信ないところあり)
1. Maybe if
2. 太陽を射る者
3. Two Snakes feat.NAOTO (with 大村俊介)
4. 楽園
5. Love U
6. Witch's Mirror 
7. タンゴ (with ロペス・大貫勇輔)
8. リベルタンゴ (with 上野水香)
9. オブリビオン (上野水香ソロ)
10. Feeling good (ロペス・大貫勇輔・大村俊介)
11. タンゴ (with ロベス)
12. 夜空に眠るまで
13. TATTOO     
14. 僕は何を探してるんだろう? (with 大貫勇輔)
15. 希望の空

16. Yes! 世界に魔法が降り注ぐ
17. REON JACK



続きがあります
posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

音楽のことだけ考えて生きていたあの頃 「さとがえるコンサート2016 矢野顕子+TIN PAN」


satogaeru2016.jpg「さとがえるコンサート」が来ると今年ももう終わりだなと感じる季節の風物詩のようになってきました。

その「さとがえるコンサート」を矢野顕子さんがTIN PAN と一緒になるようになって3年目。
最初の年は「TIN PANと!?」「チケット取れるのかな」と浮足立った客席もずい分落ち着きを見せ・・・というか、もうこんなユニットのような気さえしてきました。


矢野顕子 40th Anniversary
「さとがえるコンサート2016  矢野顕子+TIN PAN」
出演: 矢野顕子(pf,vo)
TIN PAN: 細野晴臣(b)  林立夫(ds)  鈴木茂(g)

2016年12月16日(金) 7:00pm サンケイホールブリーゼ 1階K列センター



オープニングは矢野顕子さん一人で弾き語り。
いきなり「ひとつだけ」が聞えてきてテンションあがります。
本当にこの曲大好き。
続いて「電話線」。歌声もさることながら、ピアノのタッチ、カッコいいなぁ。

ここでTIN PAN の3人を呼び込んで、ここからはずっと一緒に。
矢野顕子さんは今年がソロデビュー40周年ということで、過去を振り返る機会があったのか、今年は特にTIN PAN と一緒にやれる喜び、楽しさが湧き立っているように感じました。

終盤のMCで若い頃を振り返り、「音楽のことばかり考えて・・・というか音楽のことしか考えないで生きていた頃」と言いながら、「このメンバーといるとすぐにあの頃に戻れます」と微笑んでいたあっこちゃん。
才能に恵まれ、その才能を信じて好きな道を真っ直ぐ進むことができるなんて、ほんの一握りの人間にしか許されないことだとまぶしく感じ羨ましくも思いましたが、この日のステージ上にはそんな人ばかり4人もいたのでした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

ハッピー with サプライズ  「矢野顕子トリオ」


IMG_3234.jpg毎年夏のお楽しみ 矢野顕子トリオ。
2012年にトリオとして大阪初登場の時から毎年聴きに来ていて、
今年で5回目です。

トリオのメンバーはずっと変わらず、同じ曲も出てきますが、毎年新鮮な驚きがあって楽しい。
個々のテクニックもさることながら、トリオとしての演奏、互いの才能を認め合って仲良さそうな雰囲気は
いつも私たちをハッピーにしてくれます。


AKIKO YANO TRIO
featuring WILL LEE & CHRIS PARKER

出演: 矢野顕子(p, vo)  ウィル・リー(b)  クリス・パーカー(ds)

2016年8月14日(日) 7:30pm Billboard LIVE Osaka



相変わらず、去年の夏の続きのように、ひょいとステージに現れるウィルとクリス。
最初の年に転んじゃったあっこちゃんが、2年目からは係の方にエスコートされて登場するのもお約束です。
今年はパッションピンクのワンピに赤のレギンスを合わせていらっしゃいました。
心なしか少しほっそりされたような。

今年は矢野顕子さんデビュー40周年のアニバーサリーイヤーということで、秋には記念のALL TIME BEST ALBUM (「矢野山脈」というタイトル)も発売されるそうですが、セットリストはそれほど40周年を意識したものではないようでした。


SET LIST
1. そりゃムリだ
2. 自転車でおいで
3. Georgy Porgy
4. Rockin' Pneumonia and the Boogie Woogie Flu~Firecracker
   ~Rockin' Pneumonia and the Boogie Woogie Flu
5. やめるわけにゃいかないわ
6. ゴジラのテーマ ~ モスラの歌
7. ラーメン食べたい
Encore
8. ひとつだけ
9. 在広東少年
10. いもむしごろごろ



続きがあります
posted by スキップ at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | music | 更新情報をチェックする