2019年03月03日

写真の向こうの真実 「チャイメリカ」


chimerica.jpg

物語の始まりと同じように、スクリーンに大きく映し出された4台の戦車とその前にぽつんと立つ一人の男性。
白いシャツを着た写真の「戦車男」に、実在の戦車男の後ろ姿が重なっていき、その姿を包み込むように静かに流れるベートーヴェンの第九 第三楽章。
その真実の厳しさと旋律のやさしさ、そして戦車男の切なさに涙がぶわっとあふれました。


世田谷パブリックシアター×パソナグループ
「CHIMERICA 」 (チャイメリカ)
作: ルーシー・カークウッド
演出: 栗山民也
翻訳: 小田島則子
美術: 二村周作 
照明: 服部 基 
音響: 井上正弘 
映像: 上田大樹
出演: 田中圭  満島真之介  倉科カナ  眞島秀和  
瀬戸さおり  池岡亮介  増子倭文江  大鷹明良 ほか

2019年3月2日(土) 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 1階G列センター
(上演時間: 3時間10分/休憩 15分)



客電が落ち暗転の中、カシャッとシャッター音が響いて舞台の大スクリーンに映し出される1枚の写真。
隊列して進む4台の戦車。その前にぽつりと立つ、白いシャツを着て買物袋を持った一人の男性。
天安門事件を象徴する、「無名の反逆者」として有名になった写真です。
「え?天安門事件の話なの?」とその時気づく(←)・・・いつものことながら予習しないにもほどがある)。

ちなみに「チャイメリカ」は CHINA + AMERICA
「中国化した米国」を意味する造語だということはいくら何でも知っていましたよ(と言い訳しておきます)。


1989年6月4日。
19歳のアメリカ人カメラマン ジョー・スコフィールド(田中圭)はホテルの窓から「戦車男」の写真を撮影して一躍名をあげます。
それから23年後。2012年。
アメリカはオバマ大統領が再選を目指す大統領選挙の年。
北京を訪れたジョーは旧友のヂァン・リン(満島真之介)と再会し、「戦車男は生きていてニューヨークにいる」と聞き、同僚の記者 メル(石橋徹郎)とともにその行方を捜し始めます。一方、北京では大気汚染が深刻さを増し、それを告発しようとするヂァン・リンは次第に追い詰められていき・・・。


1989年と2012年
中国とアメリカ
北京とニューヨーク
時空を行き来しながらシームレスに展開する物語。


続きがあります
posted by スキップ at 22:35| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

贖罪そして魂の浄化 「罪と罰」


crimeandpunishment.jpgイギリスの演出家 フィリップ・ブリーンさんが「地獄のオルフェウス」(2015)以来、4年ぶりに三浦春馬くんとタッグを組む舞台。

挑むのは19世紀ロシアの作家 ドストエフスキーの代表作。
「地獄の・・」の春馬くん、とても好きでしたので楽しみにしていました。


Bunkamura30周年記念
シアターコクーン・オンレパートリー2019 
「罪と罰」
原作: フョードル・ドストエフスキー
上演台本・演出: フィリップ・ブリーン
翻訳: 木内宏昌
美術・衣裳: マックス・ジョーンズ
出演: 三浦春馬  大島優子  南沢奈央  松田慎也  
真那胡敬二  山路和弘  立石涼子  勝村政信  麻実れい ほか

2019年2月13日(水) 1:00pm 森ノ宮ピロティホール F列センター
(上演時間: 3時間30分/休憩 20分)



物語の舞台は帝政ロシアの首都 サントペテルブルク。
貧乏ながら頭脳明晰な青年ラスコリニコフ(三浦春馬)は自分を「特別な人間」とし、「人類が救われ、その行為が必要ならば特別な人間は殺人を犯す権利がある」という独自の論理を持っており、その理論に従って強欲な質屋と居合わせた義妹リザヴェータを殺害します。しかし、罪の意識から激しく動揺し、幻覚に悩まされる中、国家捜査官 ポルフィーリ(勝村政信)はラスコリニコフを殺人犯と疑い、追い詰めていきます。ラスコリニコフは貧しい家族のため自己犠牲で娼婦となったソーニャ(大島優子)の揺るぎない信仰心に触れ、ついに自らの罪を告白します・・・。


野田秀樹さんの「贋作 罪と罰」は観たことありますが、オリジナルの「罪と罰」を舞台で観るのは実は初めて。
休憩はさんで3時間30分の舞台にほぼ出ずっぱりで膨大な量の台詞をこなす三浦春馬くんはじめ役者さんたちも大変だと思いますが、観る方も心身ともに消耗する作品・・というのがまずは第一印象。
ずい分昔に読んだことがある原作をほぼそのまま戯曲化されていますので物語の流れはわかっているものの、登場人物を把握して、膨大で難解な台詞を聴くのにとても集中したせいか終演した時には疲労困憊でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:45| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

父と娘の物語 「糸井版 摂州合邦辻」


gappo.jpgパ~パ パ~パ
娘よ~
パ~パ パ~パ 抱きしめ~て

幼い玉手(お辻)と父 合邦道心の歌が耳に蘇ります。
夕暮れ時に仲良く手をつないで歩く父と娘。
穏やかな笑顔、二人を包む温かい陽の光まで目に浮かぶよう。


ロームシアター京都 レパートリーの創造
木ノ下歌舞伎 「糸井版 摂州合邦辻」
作: 菅専助  若竹笛躬
監修・補綴・上演台本: 木ノ下裕一
上演台本・演出・音楽: 糸井幸之介
音楽監修: manzo
振付: 北尾亘
出演: 内田慈  田川隼嗣  土居志央梨  大石将弘  金子岳憲  
伊東沙保  西田夏奈子  武谷公雄  石田迪子  飛田大輔  山森大輔

2019年2月11日(月) 3:00pm ロームシアター京都 サウスホール 1階1列センター
(上演時間: 2時間15分)



物語: 元は武士でありながら讒言によって浪人し、出家して清貧の暮らしをする合邦道心(武谷公雄)の娘お辻(内田慈)は河内の大名高安家に腰元奉公し、奥方亡きあと後添えに望まれて玉手御前と呼ばれていましたが、義理の息子 俊徳丸(田川隼嗣)に許されぬ恋慕の情を寄せていました。異母兄の次郎丸(大石将弘)から疎まれていた俊徳丸は原因不明の業病にかかり盲目となってしまい、許嫁の浅香姫(土居志央梨)を残して出奔します。四天王寺で再会した二人は合邦道心に助けられ、彼の庵室に身を寄せます。そこへ、俊徳丸のあとを追って玉手御前が実家である合邦庵室にやってきます・・・。


柱が林立する舞台。
女性同志の争いから間に入った男性が片方の女性を刺す、という場面がいきなり展開されますが、すぐに立ち上がって、役者さんたちが舞台上を行き交いながら歌います。

ダンボールのマイホーム 枕は少年ジャンプ  とか
ストロングゼロ コンビニで買って  とか
最後の客をお見送りして バスタブ 湯を抜く ソープ嬢  
・・・といった、現代の世相そのものの歌詞
この曲がいつまで続くの?と思うくらい長かったのですが、時折、最初のシーンが挟み込まれて、「ああ、あれ、合邦道心が玉手を手にかける場面だったんだ。もう一人の女の人は浅香姫なのか」と気づきました(遅い💦)。

幼き日の次郎丸・俊徳丸・浅香姫のかわいらしい三角関係
高安家へ奉公に出るお辻
高安家に後妻に入ることとなり、上司にあたる羽曳野とともに両親に挨拶に来るお辻
そして幼いころの父と娘
・・・オリジナルのストーリーに、こうだったであろう、なイマジネーションの部分を織り交ぜた展開。


続きがあります
posted by スキップ at 23:07| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年02月09日

エロ・グロ・ブラック 「マニアック」


maniac.jpg「ちょっとブラックで危ない笑いがつまったものをやりたい」と古田新太さんと青木豪さんが意気投合して実現した企画。
「ちょっと」とは言い難いダークな笑いと、不道徳さと、エロ・グロ・ブラックの3拍子揃った舞台・・・何だかこんなの観たの久しぶりな感じ。


パルコ・プロデュース 2019
音楽劇 「マニアック」
作・演出:青木豪
音楽: 浅草ジンタ
出演: 安田章大  古田新太  成海璃子  
堀内敬子  小松和重  山本カナコ  宮崎秋人  
山崎静代  頼経明子  浅野和之 ほか
2019年1月24日(木) 1:30pm 森ノ宮ピロティホール E列センター
(上演時間: 2時間30分/休憩 15分)



とある町の山の上にある木々が生い茂った病院が舞台。
院長の八猪(やずま)不二男(古田新太)は人当たりの良い柔和な人物と見せかけて、実はロボットと人体の融合による新しい医療の可能性を夢見て、秘密裏に入院患者を利用して人体改造実験を行うという狂気をはらんだ人物でした。そこへ院長が溺愛する一人娘のメイ(成海璃子)が帰って来ます。メイも医者ですが大量の血を見るとどうしようもなくなるある秘密を抱えています。病院の庭の手入れに訪れていた植木屋の犬塚アキラ(安田章大)はメイと出会い、ひと目で恋に落ちてしまいます・・・。

アキラとメイの恋とメイを自分の管理下に置きたい院長の3人を中心に、いろいろな人が入り乱れる物語。

人が人を食いちぎったり、内臓が出てきたりでグロ要素満載の一幕、そこにエロ(というか下ネタか?)が加わった二幕という感じでしょうか。
観ていてあまり気持ちのいい話ではありませんが、展開としては一応筋道通っていますし、ラスト近くに明かされるメイの秘密には「おお!」となった部分もあります。
八猪院長が「レ・ミゼラブル」について、「貧乏なのに汚なくない。梅毒なのに鼻取れてない。貧乏人の話なのにチケット代高い」と言っていて、それが古田さんなのか青木さんなのかのレミゼ観なのね、と笑ってしまったり。


続きがあります
posted by スキップ at 17:27| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年02月08日

まだわからないの? 「スリル・ミー」


thrillme.jpg2011年に初演以来、キャストを変えて繰り返し上演されている人気作。
これまでご縁がなくて観ることができず今回初見。
自分で観ていないものは解説や劇評にも近づかない派ですので、登場人物が2人という以外はストーリーも全く知りませんでした。

今回のキャストは

成河×福士誠治
松下洸平×柿澤勇人

という2組の組合せ。
両方観るのがいいのは重々承知ですが、スケジュールの都合上そういう訳にもいかず、さてどちらを観ましょうとなった時に、ストーリーを知らないのでこの役にはこの人が合うんじゃないかといった先入観は全くなく、「この4人の中で誰が一番観たいか」と自分の心に問うたところ、答えは「カッキー」。
ということで、松下洸平×柿澤勇人ペアで観ることにしました。
後で知ったのですが、2011年初演時のペアの1組だったようです。


ミュージカル 「スリル・ミー」 Thrill me
原作・音楽・脚本: STEPHEN DOLGINOFF
演出:: 栗山民也
翻訳・訳詞: 松田直行
出演: 松下洸平  柿澤勇人
ピアノ演奏: 朴勝哲
2019年1月19日(土) 7:00pm サンケイホールブリーゼ 1階D列下手
(上演時間: 100分)



image1.jpg


開演数分前から咳ひとつも憚られるように静まり返る客席。
みんなこれから目の前で繰り広げられることを固唾をのんで見守る雰囲気です。


そこへ登場したのは「私」(松下洸平)
仮釈放請求審理委員会で54歳の「私」が、34年前、「彼」(柿澤勇人)とともに引き起こした残忍な事件について語り始めます。


続きがあります
posted by スキップ at 23:36| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

If I could reach  「オン・ユア・フィート!」


onyourfeet.jpg

グロリア・エステファン&エミリオ・エステファン夫妻の半生と音楽を基にしたジュークボックス・ミュージカル。
2015年にシカゴとブロードウェイで初演され、今回が日本初上陸です。

グロリア・エステファンといえば「Conga」や「1- 2- 3」、アトランタオリンピックのテーマソングにもなった「Reach」くらいしか知りませんでしたが、グロリアを演じる朝夏まなとさんを観てみたくて。


ミュージカル 「オン・ユア・フィート!」
脚本: アレクサンダー・ディネラリス
音楽・歌詞・編曲: グロリア・エステファン  エミリオ・エステファン
翻訳・訳詞・演出: 上田一豪
振付: TAKAHIRO  藤林美沙  金光進陪
出演: 朝夏まなと  渡辺大輔  青野紗穂  
栗原英雄  久野綾希子 一路真輝 ほか
2019年1月17日(木) 6:00pm シアター・ドラマシティ 8列センター
(上演時間: 2時間45分/休憩 20分)



キューバ移民の両親のもとアメリカのマイアミで暮らすグロリア一家。
グロリアは心理学を専攻し語学も堪能な優秀な大学生でしたが、ベトナム戦争で重い障害を負った父(栗原英雄)の代わりに働く母(一路真輝)を助けて父や妹の世話に追われ、大好きな歌の才能を発揮できずにいました。そんなある日、グロリアは祖母(久野綾希子)の後押しでエミリオ・エステファン(渡辺大輔)のバンド マイアミ・ラテン・ボーイズに加わることになります。仕事上のパートナーとしてだけでなく、人間同士としても次第に惹かれ合うグロリアとエミリオ。一方、グロリアが音楽の道に進むことに反対していた母は娘と絶縁。そんな時、グロリアは交通事故で脊髄付近の複雑骨折という重傷を負い、もう歩けないかもしれないという危機にさらされます・・・。


会場に入ったら、ペンライト売場に長蛇の列ができていて(しかもその時点で正規の8色のものは完売していて簡易ペンライトが売られていた模様)、「え?!ペンライト?・・・これってもしかして私の苦手なヤツ?」といやな予感が漂う・・・そこで思い出しました。そうだこういうの、ジュークボックス・ミュージカルっていうんだった(←遅っ)。

それでも、客席も一緒になってペンライト振ってノリノリ、というのはフィナーレだけで恐れていたほどのことはなく、ドラマの中にライブシーンやダンスをバランスよく散りばめられ、ラテンミュージックに乗って楽しい作品に仕上がっていました。

ジュークボックスミュージカルといえば既存の曲を各場面にはめ込むスタイルですが、この作品も全編にグロリア・エステファンのナンバーが散りばめられていて、かつ、各ナンバーがそのために書き下ろされたかのようにハマっていました。
「1- 2- 3」がダンスレッスンでテンポをとるシーン(ダンスお得意の朝夏さんが下手に踊るシーンがまた・・(^^)で流れてほほぅとなったり。
結婚を決めたグロリアにお父さんが歌う曲が ストーリーに本当にぴったりで、この曲だけはこのミュージカルのオリジナルなのかな?と思っていたら、やはりこれもグロリアの「When Someone Comes Into Your Life」だと後で知りました。


続きがあります
posted by スキップ at 21:38| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする