2020年01月25日

風吹き抜ける青空の下 「風博士」


kazehakase.jpg近代日本文学へのリスペクトを込めて名作戯曲や文学作品、作家をモチーフに新作戯曲を生み出そうというコンセプトから始まったシス・カンパニーの日本文学シアター。

6作目は坂口安吾の「風博士」。
といっても小説をそのまま舞台化するというのではなく、そこから着想を得て、北村想さん独特のユーモアを湛えて紡ぐ新しい物語です。


シス・カンパニー公演
日本文学シアター Vol. 6 【坂口安吾】
「風博士」
作: 北村想 
演出: 寺十吾
音楽: 坂本弘道 
美術: 松井るみ  照明: 服部基  衣装: 前田文子
出演: 中井貴一  段田安則  吉田羊  趣里  林遣都  
松澤一之  内藤裕志  大久保祥太郎  渡辺えり

2020年1月11日(土) 6:30pm 森ノ宮ピロティホール B列センター
(上演時間: 1時間50分)



物語の舞台は第二次世界大戦終戦間近の大陸のどこか(多分満州あたり)。
この地でピー屋(軍専用の女郎屋)の主人を生業とする「風博士」ことフーさん(中井貴一)。
彼はかつて軍で風船爆弾を研究する科学者でした。
梅花(渡辺えり)や元新橋芸者で“フーさんの追っかけ”鶯(吉田羊)が働くこの店のフーさんのフーさんのもとに、広瀬大尉(段田安則)が、爆撃で両親と兄を亡くたショックからおかしくなってしまったサチ子(趣里)を連れて来て、預かってほしいと頼みます。
ある日、フーさんの店で酔いつぶれた堂島曹長(松澤一之)を迎えに来た初年兵のスガシマ(林遣都)はサチ子と次第に心を通わせるようになります・・・。


「この作家はやたらと役者に歌を歌わせるんだ」とフーさんが言う通り、歌がふんだんに織り込まれて、さながら音楽劇の様相。そこに笑いもたくさん散りばめられています。
舞台上手下手両方に縦にスクリーンが設置され、「一、青空」といった章のタイトルや歌詞も字幕で流される演出。

舞台となっているピー屋はいわゆる慰安所で堕ちた女たちが行き着く地獄のような場所で、戦況はとても暗い。
「戦うこと以外、他の人生は選べなかった」とスガシマが歌うように、戦争の理不尽さも人々の苦しみも滲む重い物語ですが、悲壮感を全面に出す訳でも、取り立てて美化する訳でもなく、恨みがましいことを言ったり全否定するというのでもない・・・でも戦争が生み出す悲劇やその道が間違っていることはきちんと伝わる、過酷な戦時下ながら青空のもと「風」が吹き抜けるような舞台。

広瀬大尉と梅花が爆撃を避けた蔵の中、互いのふるさとの良さを語って、「あんな小さな町に爆弾なんか落ちっこないよね」と言うその町が広島と長崎というあたり、何気ない会話の中に「その時」がすぐそこに来ていることが胸に迫って、「北村想さん、あざといな」と思いながらまんまと術中にハマったり。


続きがあります
posted by スキップ at 23:29| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

待ってたよー! 「劇団朱雀復活公演」


sujakufukkatsu1.JPG劇団朱雀復活。
2015年2月に解散した時、正直なところまた復活することがあるとは考えていませんでしたので、今回の復活にはとても驚きましたし、太一くんにとって、やはり「朱雀」はかけがえのない大切な場所であり、愛するホームなんだなと改めて思いました。


劇団朱雀復活公演
総合プロデュース・演出: 早乙女太一
脚本: 中島かずき  横内謙介  早乙女太一 
振付: 早乙女太一  関根アヤノ  
出演: 早乙女太一  早乙女友貴  富岡晃一郎  久保田創  安田桃太郎  
岩崎祐也  関根アヤノ  鈴花あゆみ  鈴花奈々  蓮城まこと/葵陽之介
喜矢武豊  木村了  山崎銀之丞 ほか

2020年1月4日(土) 6:30pm サンケイホールブリーゼ 1階R列下手/
1月5日(日) 1:00pm 1階I列上手
(上演時間: 3時間15分/休憩 15分・25分)



解散前ラストに観た「TAICHI SAOTOME ~ALL JAPAN TOUR~2014」と同様、

一部: 女形舞踊ショー
二部: 日替り芝居
三部: 舞踊ショー

という構成。

二部のお芝居は
中島かずき脚本 「火のないところに男は立たねえ」
横内謙介脚本  「安兵衛駆けつけ・高田馬場の決闘」
早乙女太一脚色 「遠州森の石松 馬鹿は死ななきゃ治らない」
の中から当日発表されるというもので、私が観た日は
1/4 「遠州森の石松 馬鹿は死ななきゃ治らない」
1/5 「安兵衛駆けつけ・高田馬場の決闘」
でした。
どちらもおもしろかったけれど、かずきさんの作品も観たかったな。


sujaku1.jpg


続きがあります
posted by スキップ at 20:56| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年01月08日

歌は愛や喜びのために歌うもの 「ファントム~もうひとつのオペラ座の怪人~」


phantom2019.jpg梅芸の最初のエスカレーター上がったところ(まだ劇場ロビーではない)に観客にまじってパラソルさして笑顔を振りまくドレスの貴婦人が2人。ロビーまでのエスカレーターに乗って、「あらぁ、動く~!」なんてこともおっしゃっていました。

ロビーは街灯やシャンデリアでいつもとは違った雰囲気。
人だかりが出来た中ではおじさんパリジャンがオルガン演奏する傍らで少年がお客さんの靴磨き。
客席ではパリ市民がパンフレットを売り、劇場案内係さんたちはペラ座の制服着用。

極めつけは開演前アナウンスで、ルドゥ警部(神尾佑)「パリ警察は皆様の安全をお守りします」。
開演前から観客を巻き込む演出で一気にパリ オペラ座の世界へ。


ミュージカル 「ファントム~もうひとつのオペラ座の怪人~」
原作: Gaston Leroux
脚本: Arthur Kopit
演出: 城田優
作詞・作曲: Maury Yeston
美術・衣裳: Tom Rogers
出演: 城田優  愛希れいか  廣瀬友祐  エリアンナ  
エハラマサヒロ  佐藤玲  神尾佑  岡田浩暉 ほか

2019年12月12日(木) 6:00pm 梅田芸術劇場 1階12列下手
(上演時間: 3時間5分/休憩 25分)



phantomcast1.jpeg

エリック(少年も)、クリスティーヌ、シャンドンがWキャストなのですが、ちゃぴちゃん(愛希れいか)のクリスティーヌありきで友人にチケットお願いしたら、このキャストとなりました。
演出は主演も兼ねる城田優さん。


続きがあります
posted by スキップ at 23:38| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年12月21日

不穏と不条理と混沌と 「ドクター・ホフマンのサナトリウム〜カフカ第4の長編〜」


drhoffmann.jpg「失踪者」「審判」「城」といういずれも未完の長編小説を遺して1924年に40歳で早世した作家 フランツ・カフカ.、
カフカを敬愛するケラリーノ・サンドロヴィッチさんが、「カフカの4作目の長編小説の遺稿が発見されたとしたら・・・」という発想から描いた物語。
タイトルの「ドクター・ホフマンのサナトリウム」は、カフカが最後の数ヵ月を過ごした療養所の名前だそうです。


「ドクター・ホフマンのサナトリウム 〜カフカ第4の長編〜」
作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
美術: 松井るみ  照明: 関口裕二
音楽: 水越佳一  振付: 小野寺修二  映像:上田大樹
音楽: 鈴木光介
演奏: 鈴木光介(Tp) 向島ゆり子/高橋香織(Vn) 伏見蛍(Gt) 関根真理(Per)
出演: 多部未華子  瀬戸康史  音尾琢真  大倉孝二  村川絵梨  
犬山イヌコ  緒川たまき  渡辺いっけい  麻実れい ほか

2019年11月30日(土) 5:30pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階F列(5列目)センター  (上演時間: 3時間30分/休憩 15分)



幕開きは列車の中。
出兵間近の婚約者ラバン(瀬戸康史)と旅する途中ではぐれてしまったカーヤ(多部未華子)は、ラバンの戦死を信じることができず、真実を確かめるべく戦地に向かい・・・というシーンから始まりますが、実はこれはカフカが書いた「第4の長編」の中のお話。
カフカが晩年、公園で散歩中にぬいぐるみを探す少女と出会ったエピソードがあって、当時4歳だった少女が100歳となった老女(麻実れい)を祖母に持つブロッホ(渡辺いっけい)は、カフカの長編未発表原稿を手に入れ、出版社に売ろうとしますが、親友(大倉孝二)とともにカフカが生きていた時代に迷い込んでしまいます・・・。


カフカの小説の中の世界と2019年の現実世界、そしてカフカ最晩年の1923年のドイツ-3つの世界が時空を交錯して描かれます。
くるくると入れ替わりながら展開し、次第に影響し合っていく混沌とした3つの世界。
役者さんもそれぞれの世界で役を兼ねることになりますが、計算しつくされた緻密な脚本、構成と演出で、観ている方は自分が今どこにいるのか混乱することなく心地よくその世界に浸ることができます。
そして、物語全体を覆う、ひたひたと何かが迫りくるような不穏な空気感。

物語としては、カーヤが次々と不条理な出来事に翻弄されながら旅するカフカの作品世界が、様々な人々に出会ったり、ミステリアスな展開もあってやはり惹きつけられました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:49| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年12月15日

これは僕の物語だ 「終わりのない」


owarinonai.jpgホメロスの「オデュッセイア」といえばトロイア戦争の英雄オデュッセウス(トロイの木馬を考案してギリシアを勝利に導いた人ね)の故郷への凱旋の長く苦難の旅を描いた叙事詩ですが、イキウメの前川知大さんがこの「オデュッセイア」に着想を得た新作。

主人公は18歳の男子高校生。
舞台は現代の日本のキャンプ場、ではなく・・・。


世田谷パブリックシアター+エッチビイ 「終わりのない」
脚本・演出: 前川知大
原典: ホメロス 「オデュッセイア」
監修: 野村萬斎
美術: 土岐研一   照明: 佐藤啓   音楽: かみむら周平
出演: 山田裕貴  安井順平  浜田信也  盛隆二  森下創  
大窪人衛  奈緒  清水葉月  村岡希美  仲村トオル

2019年11月23日(土) 5:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階H列下手   (上演時間: 2時間)



オープニング 暗転があけると舞台天井から人が吊り下がっていてまずは驚きます。
どこか浮遊感のあるその姿は、「吊られている」のではなく、「水の中で溺れている」のだとわかるのにそれほど時間はかかりません。

川端悠理(山田裕貴)は9歳の時に海で溺れた経験のある、引きこもりがちの高校3年生。
有名なプロダイバーである父・士郎(仲村トオル)、物理学者の母親・楊(村岡希美)に幼馴染の春喜(大窪人衛)とりさ(清水葉月)を加えた5人で訪れた湖畔のキャンプ場で両親から離婚を切り出され、ショックと孤独感に苛まれて湖で泳ごうとして溺れ、意識を失います。
目を覚ますと、そこは32世紀の宇宙船 オデュッセウスの中。
アンドロイドのダン(浜田信也)から、君は人類の移住先を探すこの調査チームの一員 ユーリだと告げられます。混乱した悠理は宇宙へと逃げ出し、ブラックホールの向こうにある地球そっくりの星にたどり着きます。そこでは少数の人類(森下創)が何とか生きのびていました・・・。

少し傾斜のかかった円形のステージ。
そこが小道具や照明、そして時折放つ光で、キャンプ場から宇宙船の中、そして見知らぬ星へと、悠理とともに時空を超えて自在に行き来します。
SFの顔をしていて、とてもメッセージ性の強い作品。


続きがあります
posted by スキップ at 23:17| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年12月12日

後に続く者を信じて走れ 「組曲虐殺」


kumikyoku2019.JPG愛の綱を肩に希望を目指して走る人よ
いつも駆け足で森を駆け抜けて
山を駆け登り、崖を駆け降りて
海を掻き分けて、雲にしがみつき
後に続く者を信じて走れ 

井上芳雄くん@小林多喜二が瞳に涙いっぱい溜めて歌う ♪あとに続く者を信じて走れ〜 に心揺さぶられる。
それは多喜二の言葉であるとともに、これが最期の戯曲となった井上ひさしさんの思いが重なるよう。


こまつ座&ホリプロ 「組曲虐殺」
脚本: 井上ひさし 
演出: 栗山民也 
音楽: 小曽根真
美術: 伊藤雅子   照明: 服部 基
音響: 山本浩一   衣裳: 前田文子
出演: 井上芳雄  上白石萌音  神野三鈴  
   土屋佑壱  山本龍二  高畑淳子  
ピアノ演奏: 小曽根真

2019年11月9日(土) 5:30pm シアター・ドラマシティ 3列上手
(上演時間: 3時間15分/休憩 15分)



井上ひさしさん没後10年のメモリアルイヤーの掉尾を飾る作品。
2009年初演、2012年に再演された井上ひさしさん最後の戯曲です。
昭和5年5月から昭和8年2月まで、言葉の力で社会を変えようとしたプロレタリア作家 小林多喜二が治安維持法など時の趨勢に追い詰められ、29歳で拷問死するまでを描いています。

前回(大阪公演は2013年1月)観てとても印象深く、再演されることがあれば絶対また観たいと思っていました。
初演、再演は同じキャストで、今回は2人がキャスト変更されての上演です。
田口瀧子: 石原さとみ → 上白石萌音
山本正:  山崎一 → 土屋佑壱

2013年1月に観た感想はこちら


事のなりゆきを知らずに観た6年前とはまた違って、いろんな台詞、場面が心に刺さります。
瀧子ちゃんの「小林多喜二くん 絶望するな!」の背中バァーンで涙ぶわっとあふれたり。

続きがあります
posted by スキップ at 00:00| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする