2019年05月30日

1+1は2であると言えること 「良い子はみんなご褒美がもらえる」


yoiko.jpg反体制分子は精神的に狂っているのだから病院で治療するか抹殺するしかないという社会。

「自分自身に正直に生きるということは 1+1は2 であると言えることだ」というアレクサンドルの言葉が胸に響きます。


俳優とオーケストラのための戯曲
「良い子はみんなご褒美がもらえる」
作: トム・ストッパード
作曲: アンドレ・プレヴィン
翻訳: 常田景子
演出: ウィル・タケット
指揮: ヤニック・パジェ
出演: 堤真一  橋本良亮  小手伸也  シム・ウンギョン  外山誠二  斉藤由貴
川合ロン  鈴木奈菜  田中美甫  中西彩加  中林舞  松尾望  宮河愛一郎

2019年5月11日(土) 5:00pm フェスティバルホール 1階2列センター
(上演時間: 1時間15分)



舞台上手下手に二階建てのパイプセット。
中央に4段ほどの階段が設えられ、その向こうに指揮者と35人のオーケストラ。
6人のアンサンブルが民衆だったり体制側の軍人だったり、シーンによって変わる役割をダンスで表現する抽象的な舞台。

トム・ストッパードさんの作品は何作か観たことありますが、真っ先に浮かぶのは「アルカディア」
あの難解だけど繊細な世界観が好きだったのでこの作品も楽しみにしていたのですが、さらに難解だったなー。


舞台は1970年代のとある独裁国家(ソビエトと思われる)の精神病院の一室。
体制への誹謗罪で捕えられた政治犯 アレクサンドル・イワノフ(堤真一)と、自分はオーケストラを連れているという妄想に囚われた男 アレクサンドル・イワノフ(橋本良亮)が同室になります。
この2人に、バイオリン奏者でもある医師(小手伸也)、アレクサンドルの息子サーシャ(シム・ウンギョン)と教師(斉藤由貴)がからんで物語は進みます。信念を貫くためにハンストをして抵抗するアレクサンドルに手を焼いた大佐(外山誠二)は・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 21:15| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

20世紀に乾杯! 「ピカソとアインシュタイン」


piccaso1.jpg  piccaso.jpg

舞台はパリのバー ラパン・アジール。
時は1904年 20世紀が始まったばかり。
1905年 「特殊相対性理論」を発表したアルベルト・アインシュタイン
1907年 「アヴィニョンの娘たち」を描いたパブロ・ピカソ
この若き天才2人が、もし本当に出会っていたら?という物語。


「ピカソとアインシュタイン ~星降る夜の奇跡~」
作: スティーヴ・マーティン
演出: ランダル・アーニー
翻訳: 香坂隆史
ドラマターグ・演出補: 池内美奈子
美術: 伊藤雅子
照明: 日下靖順
出演: 岡本健一  川平慈英  村井良大  三浦翔平  
水上京香  吉見一豊  間宮啓行  香寿たつき  松澤一之

2019年5月12日(日) 5:30pm 森ノ宮ピロティホール F列上手
(上演時間: 1時間30分)



1997年と2000年に岡本健一さん、川平慈英さん主演で上演された作品の19年ぶりの再演だとか。
「奇しくも日本が平成から新元号に変わる、時代の幕開けに本作が上演」とフライヤーに書いてありました。ふむふむ 20世紀初頭と日本の新元号をかけたのか(何で?←心の声)


今回の配役は
ROSE  ピカソ:岡本健一  アインシュタイン:川平慈英  
      シュメンディマン:村井良大  訪問者:三浦翔平
BLUE  ピカソ:三浦翔平  アインシュタイン:村井良大  
      シュメンディマン:川平慈英  訪問者:岡本健一

という2パターン。
岡本健一さんが演じるピカソが観たかったのでROSEの方をチョイスしました。


モンマルトルに現存するラパン・アジールのつくり込んだ舞台装置。
このバーの店内だけで進む物語は、いかにもいかにも翻訳劇な雰囲気のウィットに富んだ会話のやり取りで進みます。

主人フレディ(間宮啓行)とその恋人でウェイトレスのジェルメーヌ(香寿たつき)をはじめ、店に集う人々-老人のギャストン(松澤一之)、画商のサゴ(吉見一豊)、発明家シュメンディマン(村井良大)、そして物理学者を目指す青年 アインシュタイン(川平慈英)はみんなひと癖ある人々。
そこへ美しい娘 シュザンヌ(水上京香)が一夜を共にした若い画家を探してやってきます。シュザンヌは彼が描いたデッサンを持っていましたが、現れた当の本人ピカソ(岡本健一)は女たらしで彼女のことをすっかり忘れ、また彼女を口説き始めます・・・といった展開の中、やがて自分たちが求める真理について語り合い始めるピカソとアインシュタイン。
芸術と物理学、道は違っていても2人はこの新しい20世紀を自分たちが切り拓く、と意気投合します。そこへ未来からの訪問者(三浦翔平/どう見てもエルビス・プレスリーなんだけど)が現れて2人を祝福。「20世紀に乾杯!」と、ともに祝杯をあげるとあたり一面星降る夜に・・・。

といった会話劇のちファンタジーな展開。


続きがあります
posted by スキップ at 23:23| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

JUST BE WHO YOU WANT TO BE 「キンキーブーツ」


kinkyboots.jpg

「他人をありのまま受け入れて」
「誰に?いつから?」
「やってみて。いつでも、誰にでもよ」

ドンとローラの会話に込められたこの作品のメッセージ。

他人をありのまま受け入れるということは自分自身もありのまま受け入れるということ。
JUST BE WHO YOU WANT TO BE


ブロードウェイミュージカル 「キンキーブーツ」  Kinky Boots
脚本・歌詞: ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞: シンディ・ローパー
演出・振付: ジェリー・ミッチェル
日本版演出協力・上演台本: 岸谷五朗
訳詞: 森雪之丞
出演: 小池徹平  三浦春馬  ソニン  玉置成実  勝矢  ひのあらた  
飯野めぐみ  白木美貴子  施鐘泰  森川次朗  佐久間雄生 ほか

2019年5月22日(木) 2:00pm オリックス劇場 1階14列センター
(上演時間: 2時間25分/休憩 25分)



物語: イギリス ノーザンプトンで代々続く靴工場 Price & Sonの息子チャーリー(小池徹平)は父の急死で工場を継ぎますが、大手取引先からの契約解除で工場は経営難。そんな時、ロンドンでドラァグクイーンのローラ(三浦春馬)と出会います。ローラたちがショーで男性の体重を支えるようにできていないブーツを履いて踊っていることからインスピレーションを得て、工場をドラァグクイーンのブーツ専門工場として再生させる過程でチャーリー自身も自分と異なる者たちや自分自身も受け容れる軌跡が描かれます。


2013年にブロードウェイで初演されたミュージカル。
2016年日本初演。
その時もチケットを取ろうとしていたのですがどうしてもスケジュールが合わず断念。開幕するととても評判がよくてやっぱり観ればよかったぁと後悔したものです。
3年を経て同じキャストで再演ということで、とても楽しみにしていました。
実際に観て、そりゃこれ評判いいはずだワ、となりました。


楽しい!
ダンスも歌もたっぷり。
シリアスな場面もありながら、センスよくショーアップされた舞台。
歌詞もメロディも挑戦的で魅力的なシンディ・ローパーの楽曲。
華やかでパンチ効いていて彩鮮やかな衣装。
華やかなドラァグクイーン、ひたむきな靴工場の従業員。
もちろん役者さんたちすばらしい。


実話に基づいた作品ということですが、物語しては奇をてらったところはなくて、出会い→同調→葛藤→決別→和解&ハッピーエンドという流れで、こうなるんだろうなというふうに進みます。
チャーリーとローラの友情、二人それぞれが抱える父親への葛藤、そして社会的マイノリティ(と思われている人たち)と周囲の問題を扱っていてメッセージも込められているのですが、押しつけがましさも説教臭くもありません。
シリアスなシーンも華やかなショーも、場面場面が歌やダンスで彩られてショーアップされ、盛り上がったり心に染みたり。


続きがあります
posted by スキップ at 21:37| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年05月05日

知らない人でいこう 出会い直そう  「世界は一人」


sekai.jpg知らない人でいこう 出会い直そう
お互い ちょっとした嘘を背負って 出会い直そう
知らない人でいこう 出会い直そう
知っていたお互いの諸々 全て忘れて 出会い直そう

この切ない歌詞と旋律が今も耳に残ります。


そんなふうに出会い直すことができたら、どんなに幸せだろう。
でも、海の底に積み重なった汚泥が消え去ることはないし、汚染された水が澄むことは二度とないんだ。


パルコ・プロデュース  「世界は一人」
作・演出: 岩井秀人
音楽: 前野健太
出演: 松尾スズキ  松たか子  瑛太  
平田敦子  菅原永二  平原テツ  古川琴音
演奏: 前野健太と世界は一人
    (Vo,Gt. 前野健太  B. 種石幸也  Pf. 佐山こうた  Drs. 小宮山純平)

2019年3月30日(土) 6:00pm シアター・ドラマシティ 8列下手
(上演時間: 2時間15分)



ハイバイの岩井秀人さんが、シンガー・ソングライターの前野健太さんと組んで初めて手がけた音楽劇。
かつて製鉄業で栄え、今はうらぶれた北九州の海辺の町で育った3人の幼なじみの辛い人生を辿る物語です。
鉄パイプの枠組みだけの舞台装置を役者さんたちが回しながら、物語は過去と現在が交錯して進みます。


ガキ大将的存在だった良平(瑛太)は、宿泊教室でおねしょをした布団を気弱な吾郎(松尾スズキ)のしたことにして誤魔化しますが、「お前がおねしょしたこと知ってるぞ」という差出人不明の手紙を受け取って引きこもりとなってしまいます。

裕福な家庭ながら母親にネグレクトされて育った美子<みこ>(松たか子)は友人に誘われてやった盗みがバレて補導され、精神を病んで自宅マンションの5階から飛び降り自殺を図りますが死に切れず寝たきりとなります。数年後、奇跡的に意識が回復して退院した時には母はマンションを売り払い行方不明となっていました。

両親に愛されて育った吾郎ですが、祖母の介護をきっかけに家庭は崩壊し、東京へ出た吾郎はお人好しで気弱な性格が災いして、人を騙したり陥れたりして稼ぐような悪徳ブローカーの仕事に手を染めてしまいます。

ある日東京で偶然再会した吾郎と美子は互いに知らない人のふりをして会話し、一夜を共にします。
やがて結婚して地元に戻った二人に藍(平田敦子)という娘が生まれますが、美子が溺愛して過干渉となり、藍は外の世界を激しく怖がるようになります。
そんな折、引きこもり立ち直りつつあった良平が藍を誘拐して・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 23:13| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

大人が書いた大人のためのファンタジー 「十二番目の天使」


jyunibanme.jpg全世界で著作が3600万部以上読まれている作家オグ・マンディーノの代表作を世界初の舞台化。
・・・という情報しか知らず、原作も読んだことがなければ、オグ・マンディーノがどんな作家かも知りませんでした。
一幕終わった幕間に少し調べてみたら、「世界中で最も多くの読者をもつ自己啓発書作家」とあって、「あー、自己啓発ね」となりました。


「十二番目の天使」
原案・原作:オグ・マンディーノ
翻訳: 坂本貢一
劇作・脚本: 笹部博司
演出: 鵜山仁
出演: 井上芳雄  栗山千明  六角精児  
木野花  辻萬長  大西統眞  城野立樹

2019年4月29日(月) 12:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階K列下手  (上演時間: 2時間20分/休憩 20分)



物語: 若くしてビジネスで大きな成功をおさめたジョン・ハーディング(井上)は故郷の英雄として迎えられ、幸せの絶頂の中、突然、妻のサリー(栗山千明)と息子のリック(大西統眞)を交通事故で亡くしてしまいます。
最愛の家族を失い、生きる意味を見い出せなくなって絶望のあまり命を絶とうとするジョンのもとへ、幼馴染のビル(六角精児)が訪ねてきます。ビルは地元のリトルリーグのチーム監督を引き受けてくれるよう、ジョンに頼みに来たのでした。そのチーム“エンジェルス”の監督を引き受けたジョンは、ティモシー(大西統眞二役)という少年と出会います。ティモシーは体が小さく、バッティングも守備も下手でしたが、決してあきらめることなくいつも前向きに練習に励んでいました。そんなティモシーにリックの姿を重ねたジョンは、チームの練習とは別に個人練習をつけることを提案し・・・。

「絶望の淵に立った男に、秘密を抱えた少年が示す生きるための勇気を描いた、愛と再生の物語」
ティモシーの
「僕は、絶対、絶対、絶対、絶対、あきらめない!」
「毎日、毎日、あらゆる面で、僕はどんどん良くなっているんです」
という言葉が繰り返し出てきて、何て説教臭い台詞なんだと思って聴いていましたので、「自己啓発」という言葉にとても合点がいった次第です。


続きがあります
posted by スキップ at 22:58| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

愛おしき愚かな人間たち 「プラトーノフ」


platonov.jpg森新太郎さんがチェーホフの作品を演出するシリーズの第1作に選んだのは、チェーホフが18歳の時に書いて死後発見されたと言われる幻の戯曲。
原作通りに上演すれば9時間に及ぶということであまり上演される機会のない作品なのだとか。
「かもめ」をはじめチェーホフの作品は何本も観ていますが、この作品は初見でした。


森新太郎 チェーホフシリーズ 第1弾
「プラトーノフ」
作: アントン・チェーホフ
翻訳: 目黒条
脚色: デイヴィッド・ヘア
演出: 森新太郎
美術: 二村周作
出演: 藤原竜也  高岡早紀  比嘉愛未  前田亜季  中別府葵  近藤公園  
尾関陸  小林正寛  佐藤誓  石田圭祐  浅利陽介  神保悟志  西岡德馬

2019年3月21日(木) 12:00pm シアター・ドラマシティ 1列上手
(上演時間: 2時間50分/休憩 15分)



物語の舞台は19世紀末のロシア。
将軍の未亡人アンナ(高岡早紀)の屋敷にはさまざまな人が集まってきます。その中にはアンナに恋心を抱くポルフィリ(神保悟志)などもいましたが、アンナが秘かに想いを寄せるのは妻子ある小学校教師プラトーノフ(藤原竜也)でした。プラトーノフの妻サーシャ(前田亜季)の弟で医者のニコライ(浅利陽介)が恋焦がれる大学生のマリヤ(中別府葵)もプラトーノフに惹かれていて、アンナの義理の息子セルゲイ(近藤公園)が結婚したばかりの新妻ソフィア(比嘉愛未)までもプラトーノフのかつての恋人でした。

喜劇色の強くアハハと笑わせながら、愛やお金といった欲望とままならない現実に翻弄される人間の悲哀がじわじわ心に染み入ってくる作品。
妻に安心感を求めながら周りの女たちにもなびくクズ男と自意識が強く身勝手な女たち。
愚かな人間の業が何とも愛おしい。
藤原竜也くんのまたひと皮むけたような破滅男っぷりが突き抜けていました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:27| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする