2018年07月14日

劇場は夢を見るゆりかご  その 「夢の裂け目」 を考えるところ


yumenosakeme.jpg劇場は 夢を見るなつかしいゆりかご 
その夢の 真実を考えるところ 
その夢の裂け目を考える ところ


ラストで歌われるこの曲が心に響きます。
劇場に行くことは夢みること=非日常 を求めてしまいがちですが、楽しく夢みられる面だけでなく、その裏なのか奥なのかにある真実を、その夢の裂け目をちゃんと見なさいと、井上ひさしさんの声が聞こえてくるようでした。


新国立劇場開場20周年記念公演
「夢の裂け目」
作:井上ひさし
演出:栗山民也
出演: 段田安則  唯月ふうか  保坂知寿  木場勝己  
高田聖子  吉沢梨絵  上山竜治  玉置玲央  佐藤誓
音楽: クルト・ヴァイル  宇野誠一郎
音楽監督: 久米大作
演奏: 朴勝哲  佐藤桃  熊谷太輔  山口宗真

2018年6月28日(木) 1:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階C列(2列目)上手   (上演時間: 3時間/休憩 15分)



子どものころ、お祭りの縁日に紙芝居が来ていて、おじさんから買う水あめが大好きで、割り箸についた水あめをねりねりしながら観たなぁとか、私が通っていた小学校では、6年生が1年生の教室にやって来て紙芝居を上演してくれる、という時間があって、毎週(?)いろんな紙芝居観たなとか、「紙芝居」で思い出すのはそんなことですが、いずれも遠い昔のおぼろげな記憶。

これはそれよりさらにさかのぼった時代の、紙芝居屋の親方が主人公の物語。


物語の舞台は昭和21年の東京の下町 根津。
紙芝居屋の親方 天声こと田中留吉(段田安則)はある日突然GHQから東京裁判に検察側の証人として出廷を命じられ、民間検事局の川口ミドリ(保坂知寿)ら口述書を取られます。家族や周囲の人々を巻き込んで「極東国際軍事法廷証人心得」を脚本がわりに予行演習をして、当日は戦犯である東条英機らの前で無事証言を済ませた天声は、東京裁判の持つ構造に重大なカラクリがあることに気づきます・・・東京裁判の仕組みは天声がつくった紙芝居「「満月狸ばやし」と同じ筋書きなのではないか・・・それを紙芝居の上演で声高に喧伝し始めた天声は再度GHQから呼び出され・・・。


井上ひさしさんが新国立劇場に書き下ろした「東京裁判三部作」の1作目で2001年に初演された作品ということですが、初見です。
ちなみに他の2作(「夢の泪」「夢の痂」)も観たことがなくて、井上ひさしさんの作品、まだまだ観ていないものがたくさんあるなと思いました。

井上流・重喜劇ということですがいつも通り、というかいつも以上に「音楽劇」という印象。
3月に観た「シャンハイムーン」が井上ひさしさんの戯曲にしては珍しく歌も踊りもなく完全ストプレだったのと対照的です。

音楽は生演奏で、張り出したステージ前方の床が切り抜かれオケピのようになっていて、ピアノ、パーカッション、サックスなどのバンドが開演前から演奏を始めていました。
jazzyなメロディに日本語の歌詞が乗って、歌うまさん揃いで耳に心地よい。
「あれ?これ、『三文オペラ』の曲?!」と思っていたら、音楽にクルト・ヴァイルがクレジットされていることに終演後気づきました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:33| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年07月06日

公正さなんてこんなもの 「ハングマン」


hangmen.jpg開演直前。
聞こえてくるBGMに覚えがあって「シナーマン」だと気づく。

「シナーマン」は宝塚ファンなら誰でも知っている名作ショー「ノバ・ボサ・ノバ」のクライマックスで主人公ソールが歌い上げる曲。
リオのカルナバルを描いたショーに使われた曲をどうしてイングランドが舞台のお芝居に?と考えながら聴いていて、そうか、この曲の原題は"Sinnerman" つまり「罪人」だと思い至りました。

「罪人」ね・・・。


「ハングマン」  HANGMEN
作: マーティン・マクドナー
翻訳: 小川絵梨子
演出: 長塚圭史
美術: 二村周作  照明: 笠原俊幸
出演: 田中哲司  秋山菜津子  大東駿介  宮崎吐夢  大森博史  長塚圭史  
市川しんぺー  谷川昭一朗  村上航  富田望生  三上市朗  羽場裕一

2018年6月16日(土) 1:00pm ロームシアター京都 サウスホール 1階A列上手
(上演時間: 2時間45分/休憩 15分)


アフタートークのレポはこちら


1963年 イングランドの刑務所。
ハングマン(絞首刑執行人)のハリー(田中哲司)は、連続婦女暴行殺人犯 ヘネシー(村上航)の刑を執行しようとしています。ヘネシーは冤罪を訴え激しく抵抗しますが、ハリーは「死刑を決めたのは俺じゃねぇ!裁判所だ!」と聞く耳を持ちません。「せめてピアポイント(三上市朗)を呼べ!」と叫ぶヘネシー。
・・・ピアポイントは実在の絞首刑執行人だそうですが、絞首刑執行人が有名って、日本では考えられないなと思った次第。

舞台は変わって1965年 イングランド北西部の田舎町オールダム。
ハリーは妻アリス(秋山菜津子)とパブを営んでいます。常連客たちがいつもと変わらずビールを飲む中、新聞記者のクレッグ(長塚圭史)は、絞首刑廃止について最後のハングマンであるハリーにインタビューします。そこへ見慣れない若いロンドン訛りの男ムーニー(大東駿介)がやって来て、不思議な存在感と不穏な空気を漂わせます。
翌日、再び店に現れるムーニー。ハリーの娘シャーリー(富田望生)に近づいて一緒に出かける約束をします。夜になっても帰って来ないシャーリーを両親が心配する中、ハリーのかつての助手シド(宮崎吐夢)が店に現れ、「2年前のヘネシーの事件は実は冤罪で、連続婦女殺人犯は他にいる」と訴えます。ハリーはムーニーのことが思い当たり・・・。


1963年にハリーが執行した絞首刑が鍵となっていますが、物語の真骨頂は絞首刑、ひいては死刑制度の廃止の是非そのものより、地域社会の閉鎖性やそのコミュニティで暮らす人々の閉塞感といったものにより重心が置かれているように感じました。
そんな中、 絞首刑廃止後も自身の仕事に誇りを持ち続ける、自信家で尊大な絞首刑執行人ハリーが、一度ならず二度までも無実の人間を“絞首刑”にしてしまうというシニカルでブラックユーモア・・・ユーモアというにはかなり後味が悪かったですが。


続きがあります
posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

「ハングマン」 アフタートーク


image1 (9).jpg当初別の日に観るつもりだったのが急遽予定変更してチケット取り直したのが公演の4日前でしたので、会場に着くまでアフタートークがあるとは知らず、「ラッキー」となりました。
終演後、舞台上ではなくホワイエで開催されるというのも初めての経験。


「ハングマン」  アフタートーク
登壇者: 長塚圭史  大東駿介  富田望生
2018年6月16日(土) 3:55-4:35pm
ロームシアター京都 サウスホールホワイエ



ホワイエにこんなふうに並べられた椅子。
このロープの前に通常ホワイエの窓際に置かれたスツールが50脚くらい並べられていて、座れない人は立って観るという感じ。
舞台を最前列で観ていたのでホワイエには出遅れるなぁ(客席一番後ろから出たところがホワイエ)と覚悟してのんびり出たら、まだ誰もスツールに座っていなくて、「何で??」と思いながらちゃっかり最前列センターに座りました。


image2 (5).jpg

向かって左から、長塚圭史さん、大東駿介くん、富田望生ちゃんでした。
トークが始まる前にはもちろんこの柵は撤去されて、大東くんが目の前数10センチの距離。
かえって緊張しましたワ。いやしかし、大東くん、色白美肌。

白いシャツにボロルック風の穴のあいた白ジャケット、黒のガウチョパンツ、素足に黒サンダルで金髪の大東くんは、背が低くて座席に届きにくそうだった富田さんの椅子を下げてあげたり、それが低過ぎてまた上げてみたり、今度は自分の椅子を高く上げて「後ろの人見えないから」と口パクで言ったりと茶目っけたっぷり。やわらかな関西弁も素敵でした。


ロームシアターの方の進行で始まったアフタートーク。
マイクがハウリングしてしまうのでナマ声でスタートとなりました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:31| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

タイトルは問題提起 「凸し凹る」


凸凹.jpg森山未來くん好きとしては「談ス」シリーズは2014年の初演から気になっていました。
でもなぁ、ダンス・・特にコンテンポラリーなんて、観てもよくわからないしなぁ、と腰が引けてこれまで避け気味。

第三弾となる今回も見送るつもりでチケットは取っていなかったのですが、別のお芝居を観に行った兵芸で、サイドながら最前列の一番センターブロック寄りの席が出ていて、そりゃ出来心で買ってしまうというものでしょうよ。
(兵芸は通常、左右のサイドブロックはB列から始まってA列はないので、追加席が販売になったものと思われます。)


談ス・シリーズ 第三弾
「凸し
 凹る」

構成: 大植真太郎 
振付・出演: 大植真太郎  森山未來  平原慎太郎

2018年5月27日(日)  3:00pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール 1階A列下手  (上演時間: 60分)



開演前
「俺です」と始まるアナウンス。
ラストの方でわかったのですが、平原慎太郎さんだった模様。
携帯電話の電源を切る、録音、撮影は禁止などいつもの前説をユーモラスに。
「カビやキノコの栄養体を構成する糸状の細胞列を何というでしょう」
・・・へ?菌糸かな?(←ここでこのワード思いついた自分エライ、と自画自賛)。
「菌糸です」
次の質問の答えが「近視」その次も・・・「あー、『禁止』にかけてあるのね」とここでわかる。
「問題です。この公演タイトルは何と読むでしょう?」 で開演です。


続きがあります
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

「髑髏城の七人」 5 season 総括


image1 (2).jpg

2017年3月30日に開幕して、2018年5月31日にて大千穐楽を迎える「髑髏城の七人」。
1年2カ月・・・あっという間だったような気もしますが、小栗旬くんの捨之介を観たことが遠い昔のようにも感じます。
Season 花から始まって、鳥 風 月 そして極。5シーズンのスキップ的総括。



まずは観劇回数とアップしたレポの本数。

dokurototal.JPG


尻すぼみ感アリアリ(笑)。

この企画が発表された時、前のめりになって、「花鳥風月 全部観る。千穐楽も全部行って、おせんべい4枚集めるわよ!」(当初は4 Season しか発表されていなかったので)と意気込んでいたワタシ、どこへ?

IHIステージアラウンド東京という劇場が何度行っても好きになれなかったこと(東京の人は「遠い」とおっしゃるけれど、私のような遠征組にとっては東京の劇場はどこも遠いのでそれが問題ではない)や、昨年後半は諸般の事情でやむなく観劇取りやめざるを得なかったということもありましたが、最大の理由は「もうおなかいっぱい」かな。

「花鳥風月の4パターンで。それぞれ設定や脚本、キャストも変えて上演」ということでしたが、キャストが変わるのは当然として、設定が大幅に変わったのは「鳥」と、番外編の「極」だけで、他の3 Seasonは特に大きな乖離はないように思いました・・・しいていえば「風」の捨天 一人二役復活が目を引いたくらい。

もちろん新しいキャストで新鮮な発見や驚きがあったり、その役者さんにあて書きされた脚本や演出の細かな変化は楽しめましたが、大筋として「髑髏城」なのですから、役替りで同じ作品を何度もリピートしているような感覚で、さすがに飽きるわな(^^ゞ

とはいえ、たとえば「アカドクロ」や「アオドクロ」なら、何度でも観たい!と思いましたし、作品は違いますが、「朧の森に棲む鬼」を松竹座で上演した時なんて「毎日通ってもいい」というくらいの勢いでしたので、やはり作品やキャストの求心力が私の中でそこまで燃え上がらなかったということになるでしょうか。


そんな 5 seasonの「髑髏城の七人」 独断と個人的好みで選んだ my best



続きがあります
posted by スキップ at 23:27| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2018年05月27日

豊洲髑髏城伝説 これにて幕 「修羅天魔〜髑髏城の七人 Season 極」


shuratemmaposter.jpgポリシーに反して先にライブビューイングを観てしまいましたが、遅ればせながら舞台も観てまいりました。

ONWARD presents
劇団☆新感線 「修羅天魔〜髑髏城の七人 Season 極」
作: 中島かずき 
演出: いのうえひでのり
美術: 堀尾幸男  照明: 原田保  
衣裳: GROUP色  竹田団吾
音楽: 岡崎司  松﨑雄一  作詞:デーモン閣下
出演: 天海祐希  福士誠治  竜星涼  清水くるみ  
右近健一  河野まさと  逆木圭一郎  村木よし子  
吉田メタル  保坂エマ  川原正嗣  原慎一郎
三宅弘城  山本亨  梶原善  古田新太 ほか

2018年5月9日(水) 2:00pm IHIステージアラウンド東京 8列センター
(上演時間: 3時間40分/休憩 20分)



内容についてはライブビューイングの感想(こちら)にほぼ書きましたので省略。
印象的には初見の時とそれほど変わりありませんでした。


「もう一つの『髑髏城の七人』」と銘打った作品。
「そう来たか!」と思ったり、「あのシーンないの?」だったり、逆に、「そこ残すんだ・・」だったり。
極楽太夫を主演に置いて天魔王との愛憎を描く、という設定は新鮮ではありましたが、どうしても「髑髏城」ベースで観てしまって、私の中の「髑髏城の七人」がよくも悪くも邪魔をした、というのが、この作品にノリ切れなかった最大の理由かな。
全く初見だったら印象も違ったかもしれません。これまでの「髑髏城」の記憶を一旦消去して観てみたかったです。

せっかく天海祐希さんと古田新太さんががっぷり四つに組んでの愛憎劇というのなら(「薔薇サム」があったけれど)、「髑髏城」にしばられず、完全新作で観たかったなというのが正直なところです。


続きがあります
posted by スキップ at 23:46| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする