2017年12月11日

ドラマチックに非ず 「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」


rosencrantz.jpgトム・ストッパードが1966年に発表した戯曲。
彼の戯曲の中で最も有名な作品の一つと言われています。

学生時代に原書、翻訳取りまぜてシェイクスピアの全作品を読んだことは以前にも書きましたが、その頃、「ハムレット」とともにこの戯曲も読んだことがあります。
ですが、正直のところとても読み辛くて、全くおもしろさがわかりませんでした。

だから、ずいぶん前(調べたら1997年でした)、鵜山仁さん演出、ローゼンクランツ: 古田新太、ギルデンスターン: 生瀬勝久、旅芸人一座の座長: 加納幸和という豪華キャストで上演された時も何となく尻込みしてしまって観に行かなかったことを今でも後悔しています。


シスカンパニー公演 「ローゼンクランツとギルデンスターンは死んだ」
作: トム・ストッパード
翻訳・演出: 小川絵梨子
出演: 生田斗真  菅田将暉  林遣都  半海一晃  
安西慎太郎   松澤一之  立石涼子  小野武彦  ほか

2017年11月23日(木) 7:00pm 世田谷パブリックシアター 1階C列(最前列)センター
(上演時間 2時間30分/休憩 10分・10分)



開演前。
舞台上で大道具さんがあちこちで何やら作業している風。
「この人たちも出演者なのかしらね」と思っていると、やがて彼らが中央にある衝立を運び去るとその陰から現れたのはローゼンクランツとギルデンスターン。
地面に座り込んでコインゲームに興じています。

これが何度やっても表が出て、ずっとローゼンクランツが勝ち続けるあたりからすでに不条理の香りが・・・。

デンマーク王子 ハムレット(林遣都)が正気を失ったらしいと、彼の義父である国王クローディアス(小野武彦)から呼び出され、真偽を探るよう言い渡される学友のローゼンクランツとギルデンスターン。
その使命は果たせず、訳もわからないままハムレットと共に船で英国に向かうことになりますが、「ハムレットを殺せ」と記されたイングランド王への手紙はすり替えられていました・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 23:50| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年12月10日

愛を知った宇宙人 「散歩する侵略者」


sanpo.jpgイキウメの代表作とされる作品。
2005年に初演されて4演目ですが私は今回初見でした。

前川知大さんお得意の、日常にヒタヒタと入り込んでくるような少し不思議なSFホラー。
少しずつ謎が解けていく物語をとてもおもしろく観ながら、「この物語はどこに帰着するんだろう」とずっと思っていました。
そして、ラスト。
目の前の展開に、もう胸がいっぱい。周りは涙ぬぐう人続出。もちろん私も。ヤラレました。前川さん、お見事です。


「散歩する侵略者」
作・演出: 前川知大 
美術: 土岐研一   照明: 原田保 
出演: 浜田信也  安井順平  盛隆二  大窪人衛  森下創  
内田慈  松岡依都美  板垣雄亮  天野はな  栩原楽人  

2017年11月25日(土) 1:00pm ABCホール A列センター
(上演時間 2時間10分)



日本海に面した小さな町。
夜店で売っているようなビニール袋に入れた金魚を持って海を眺める裸足の男がジャーナリストの桜井(安井順平)と出会うところから物語は始まります。
男の名は加瀬真治(浜田信也)。3日間失踪の後まるで別人のようになって、脳の障害と診断されて妻の鳴海(内田慈)や彼女の姉夫婦(松岡依都美・板垣雄亮)に見守られ、毎日散歩に出かけて少しずつ元の自分を取り戻していくようにも見えました。
一方、同じ町で凄惨な一家心中事件が起こる中、桜井は、天野真(大窪人衛)という高校生と知り合います・・・。

という物語。
・・・と見せておいて実は「宇宙人」が侵略してくる話。
地球を侵略するために、まずは事前に情報収集するメンバーを送り込んできたのでした。
名前を一応「宇宙人」としている彼らは実体を持たず、生き物の体に入り込みます。脳ごと乗っ取っているので記憶はそのままで言葉も普通に話せます。が、言葉が意味する「概念」がわからないため、地球人からその「概念」を学び取ります。
たとえば「家族」、たとえば「所有」、たとえば「禁止」。
その概念を宇宙人に吸い取られた人間はその概念を失ってしまうのでした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:44| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

Dear Daddy Long Legs 「ダディ・ロング・レッグズ」 


daddy2017.jpg井上芳雄くんジャーヴィス、坂本真綾さんジルーシャ 2人のライフワークのようなミュージカル。
2012年に初演されて今回が4演目。新演出だそうです。


ミュージカル 「ダディ・ロング・レッグズ」 
 足ながおじさんより
原作: ジーン・ウェブスター
音楽・作詞: ポール・ゴードン
翻訳・訳詞: 今井麻緒子
脚本・演出: ジョン・ケアード
出演: 井上芳雄/ジャーヴィス  坂本真綾/ジルーシャ

2017年12月1日(金) 6:30pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 1階E列上手
(上演時間 2時間20分/休憩 20分)



前回2014年に観た時に感想はたっぷり書いていて、しかも我ながらよく書けている(自画自賛)ので、こちらを。
その時 会場で買った今井麻緒子さん翻訳の原作の感想も書いています(こちら)。

なので詳しい感想は控えますが、「客席中を優しさと愛で包み込んだミュージカル」と評されていますが、本当にその通り。
何度観ても、あのラストの幸福感には自然と笑顔になります。


新演出については、正直のところ変わったとこがよくわかりませんでした(^^ゞ
感触的には、よりジャーヴィスが人間的になったというか、「ダディ・ロング・レッグズ」でいるより「ジャーヴィス」の素顔を見せる部分がより大きかったかなという印象です。
気難しくて皮肉屋な人物の部分は薄められていて、若くて悩み多きジャーヴィスがより前面に出ていた感じ。
ジャーヴィスの悩み、好奇心、恋する高揚感、ジェラシー、真実を告げることへの怯え、ふり絞る勇気・・・そんなあれこれがよりリアルに感じられてとても愛おしい。

元々「足ながおじさん」はジルーシャの手紙だけで綴られた物語なのでそこに、たとえば書斎で悶々とするジャーヴィスは描かれていなくて、それを2人の物語に再構成してみせたところがこの脚本・演出のすばらしいさであり、ジャーヴィスを演じる井上芳雄さんの存在がその脚本をより際立たせているのですが、それがより強調された演出になっていたのかなとも思います。


続きがあります
posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

極は極楽の「極」 それはすでに「髑髏城の七人」ではない


やーっと情報公開された 劇団☆新感線 「髑髏城の七人 Season 極」

shuratenma.jpg

「修羅天魔 ~髑髏城の七人 Season 極」
作: 中島かずき/演出: いのうえひでのり
出演: 天海祐希  福士誠治  竜星涼  清水くるみ  
三宅弘城  山本亨  梶原善治  古田新太 ほか
2018年3月17日(土)-5月31日(木) IHIステージアラウンド東京



花鳥風月の後、「極」があると発表された時、「ごく」と読み仮名つけられていたにもかかわらず、「それって極みってことじゃない?」「極めつけの髑髏城ってことだよね」という観測が乱れ飛びました。
私もそう思っていて、きっと最後に古田新太が極めつけの一人二役見せてくれるはず、と期待していたのでした。

「天海祐希さんが出る」という噂も根強くあって、だから今回の発表でもそれほど驚きはなかったものの、天海さん主演と聞いて最初に思ったのは「へ?!何の役?」・・・主役が極楽太夫とはね。
Season 極の「極」は極楽太夫の「極」という訳ですか。


「修羅の道を行く極楽太夫と天魔王の愛憎劇」ということで「修羅天魔」というカッコいいサブタイトルがついています。
極楽太夫のキャラクターもこれまでとは違っているそうで、「スナイパーで凄腕の狙撃手」というのは殺陣がお得意とは言えない天海さんを考慮してのことでしょうか。
中島かずきさんは「スピンオフでもアレンジでもなく、完全新作の、もうひとつの『髑髏城の七人』の物語です」とおっしゃっていますが、捨之介も蘭兵衛も出ない「髑髏城」は果たして「髑髏城の七人」といえるのか?というのが個人的な感触。
夢三郎とかいう新キャラも加わるらしいですが。


「信長がキーワードになる」という物語自体はとても興味そそられますし、ビジュアルも超ステキ。
「阿修羅城の瞳」や「朧の森に棲む鬼」で描かれた大人の男女の愛憎劇も大好物で期待も高まります。
・・・なので、あえて「髑髏城の七人」にこだわらず、もうタイトル「修羅天魔」でいいじゃん。


チケ取り考えると頭イタイ の地獄度 (total 1838 vs 1842 )

posted by スキップ at 22:58| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

この世に思いを絶って死ね 「リチャード三世」


richardⅢ.jpg物語の終盤 ひとり玉座にすわり、ぶつぶつと何ごとが呟くリチャード。
彼を取り囲む城壁模様の幕がぞわ~っという感じで動き始めゆっくり上がると、いくつもの扉。
この扉から、リチャードに殺された亡霊たちが一斉に現れ、マイクを持って歌うのです。

♪血と罪 罪に目覚め この世に思いを絶って死ね


沈められたバスタブから濡れたまま現れるクラレンスも
ゴミ袋に入った自分の首を下げたヘイスティングスも
ヨーク公とエドワード、2人の小さな王子たちも


今でも 
♪この世に思いを絶って死ね この世に思いを絶って死ね
のリフレインが耳に残っています。

あー、”Despair, and die!” だったのか、と気づいたのは終演後でした。
小田島雄志さん訳だと「絶望して死ね」
「この世に思いを絶って死ね」は木下順二さんの訳ですって。


「リチャード三世」
作: ウィリアム・シェイクスピア 
翻訳: 木下順二
演出・上演台本: シルヴィウ・プルカレーテ
演出補: 谷賢一
出演: 佐々木蔵之介  手塚とおる  今井朋彦  植本純米  長谷川朝晴  山中崇  山口馬木也  河内大和  土屋佑壱  浜田学  櫻井章喜  八十田勇一  阿南健治  有薗芳記  壤晴彦  渡辺美佐子/子役(Wキャスト) 松本拓海  小薬英斗  石田星空 ・ 兒玉拓真  塙智成  福島歩友

2017年11月4日(土) 6:00pm 森ノ宮ピロティホール B列(最前列)センター
(上演時間 2時間35分/休憩 15分)



佐々木蔵之介さんでシェイクスピアといえば、「マクベス」(2015年)が記憶に新しいところですが、あの作品に負けず劣らず、この「リチャード三世」もかなり斬新。
両作品とも外国の演出家+演出補 谷賢一さんという組合せ。


幕があがると城壁模様の垂れ幕に囲まれた部屋。
中央に横長のテーブルがあって、白いシャツ、黒いパンツ、顔には白塗りをほどこした男たちがシャンパングラス片手にホーンセクションの生演奏に合わせて体を揺らしています。
「あ、馬木也さんだ。やっぱ色っぽいな」「今井さん、あんなところにいる」・・と楽しみながら観ていたら、「今やわれらが不満の冬は去り~」といういい声が聞こえてきて、「あ、『リチャード三世』の台詞だ!」と思ったら目の前に蔵之介さんがすっくと立っていました。
そうして、クラレンスが手錠をかけられ連れて行かれるところから物語が始まります。


続きがあります
posted by スキップ at 22:28| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

ビリーは希望  「ビリー・エリオット」 大千穐楽


billy2.jpg


誇りを抱いて歩け 力強く
冷たい地の底へと 我らともにいざ行こう


ロイヤルバレエスクールへと旅立つビリー
ヘッドランプをつけて送り出す炭鉱夫たち
ストライキに敗れた彼らが、ビリーへの別れを込めて歌い、再び炭鉱へと潜って行く。
心に誇りを持って。

彼らにとって、ビリーはその頭上のライトのように、希望だったんだ。
炭鉱夫たちばかりでなく、ビリーの父のジャッキーにも、兄のトニーにも
ウィルキンソン先生やバレエ教室の女の子たちにも
そして、炭鉱の町に残る親友のマイケルにとっても
ビリーは希望。

Once We Were Kings というこの場面で号泣。

誇りを抱いて歩け 力強く と繰り返し歌うジャッキーやトニーや炭鉱夫たちの、それこそ力強い歌声が、ビリーに希望を託しながらも自分たちの誇りは失わない、と宣言しているようで。

というか、一幕でも二幕でも、それまでにも散々泣いたのですが。

ビリーが初めてピルエットで回った時
お母さんからの手紙
持って行きようのない怒りを爆発させる Angry Dance
オールダービリーと踊るスワンレイク
僕はもう自由 と歌い踊る Electricity

一つひとつ どの場面も宝石のように輝いていて愛おしい。


ミュージカル 「ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~」
脚本・歌詞: リー・ホール 
演出: スティーヴン・ダルドリー
音楽: エルトン・ジョン 
振付: ピーター・ダーリング
翻訳: 常田景子  訳詞: 高橋亜子 
出演: 前田晴翔  吉田鋼太郎  柚希礼音  久野綾希子  
藤岡正明  小林正寛  栗山廉  山口れん ほか

2017年11月4日(土) 12:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階13列下手
(上演時間 2時間55分/休憩 20分)



1回目の感想はこちら


billyraku.jpg


「ビリー・エリオット」 本日126公演目。
大千穐楽でした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:45| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする