2020年07月12日

演劇配信の新しい形 「『未練の幽霊と怪物』の上演の幽霊」 @KAAT Youtubeチャンネル


miren.jpg

「上演の予定がなくなった演劇は、幽霊になるのでしょうか?
あなたのオンライン環境に、「未練の幽霊と怪物」の上演の幽霊を出没させてみたいと思っています。」
と岡田利規さん(作・演出)。


私もチケットを取っていて、全公演中止をとても残念に思っていた公演。
カンパニーは中止が発表された後も来るべき未来の上演に向けて一度も直接会うことなく、それぞれのリモート環境下でワークショップやリハーサルを行ってきたのだとか。
そのクリエイションの一部を演奏付きのリーディング形式でオンライン配信。
ライブではありませんが、定められた2日間2回だけの無料配信でアーカイブもなしという潔さ。


「『未練の幽霊と怪物』の上演の幽霊」
『挫波(ザハ)』『敦賀(もんじゅ)』(の一部)
作・演出: 岡田利規
音楽監督・演奏: 内橋和久
出演: 森山未來  片桐はいり  栗原類  石橋静河  太田信吾/七尾旅人(謡手)
アフタートーク: 岡田利規  白井晃/進行 鈴木理映子

2020年6月27日(土) 4:00pm KAAT Youtubeチャンネル
(本編80分+アフタートーク)



今では巷にあふれているリモート配信とは一線を画して、細部にまでこだわり、とても凝っていてアーティスティック。
ひとつの作品として完成されていて、映像作品としても成り立つ、演劇配信の新しい形です。
内容は途中までだし難解で理解できない部分もありましたが、映像含めてとても刺激的で示唆に富んだ作品。
これ、やっぱり舞台で観たかったなぁと思いました。

配信開始時間少し前から映し出されるのは道路に面した一面の窓際に置かれた木製の机。
小型のスピーカーが置かれています。壁には今月のカレンダー。
外の道は人が行き来したり車が通ったりしていました。

開始時間になると机の上に写真立てくらいの、大きさが違う紙製のパネルが3つ並べられ、そこに役者さんの映像を個々に投影する形。
進行につれて窓の外は日暮れて次第に暗くなって時の流れが感じられます。

能の上演形式にのっとった舞台ということでしたが、今回のクリエイションは、どちらも能で言う後ジテが登場する前の部分までの上映でした。


「挫波(ザハ)」
日本の新国立競技場の国際コンペを勝ち取りながら理不尽な理由で白紙撤回され、その後亡くなってしまったイラク出身の建築家 ザハ・ハディドの物語
 ワキ(観光客):太田信吾/シテ(日本の建築家):森山未來/アイ(近所の人):片桐はいり/
歌:七尾旅人/演奏:内橋和久 

 「敦賀(もんじゅ)」
1985年の着工以来1兆円を超す巨額の資金が投じられながら一度も正式稼動することなく廃炉の道を辿る高速増殖炉「もんじゅ」の物語。
 ワキ(旅行者):栗原類/シテ(波打ち際の女):石橋静河/アイ(近所の人):片桐はいり/歌:七尾旅人


夢幻能形式と言われるもので、どちらのお話も、縁の場所を訪ねたワキ(観光客、旅行者)が、シテ(亡くなった失意の建築家の化身、擬人化された廃炉発電所)の回想と地元の人の話を聞くまで。
基本リーディング形式ですが、森山未來くんや石橋静河さんはダンスもあって、小さなパネルの中で動きが見えにくいのが残念なくらい。
内橋和久さんの音楽と演奏、語りにも似た七尾旅人さんの歌唱もとてもよかったです。

本来は、「東京オリンピックを目前に控えた日本」で上演されることを前提として構想された作品ということですが、先の見えないコロナ禍、その中で演劇や芸術のあり方、捉えられ方、開催自体が危ぶまれるオリンピックなどの状況がこの2つの物語と一層シンクロする印象。
ザハの一件にしてももんじゅにしても、都合の悪いことはうやむやにして「ないもの」とする傾向が見え隠れする政権のあり方が、今のコロナの対応にも重なるようでうすら寒さも感じます。

後ジテの登場する後半も観てみたかったし、何より舞台で観たかったな~と思いました(再び)。


アフタートーク
作・演出の岡田利規さんとKAAT芸術監督の白井晃さんの聴き応えたっぷりのアフタートーク。

芸術家肌のお二人のトークは私には難解な部分も多く、文章にまとめるのが難しいのですが、「テーブル(机)が能舞台」という発言があって、「そうだったのか!」と気づいたりも(遅い)。
白井さんは「映像の人物が小さい。あとでアップになるかと思っていたけどなかった」とおっしゃったのを聞いてぶんぶん首を縦に振った不肖スキップでございました。
「パソコン持ち出して外の環境で2度、駅のホームと環八の歩道橋の上で観たら、忘れてはいけない日常のことがより増強された」とも話していらして、窓の外の風景が映り込んでいるのも「日常」から離れないという意図があったのかなと思いました。


この公演は今年は中止になりましたが、延期して実現される予定とのこと。
楽しみに待ちたいと思います。
 



一度では拾いきれない部分もあったので日曜日にもう一度観たかったけど無理だったのよ のごくらく地獄度 (total 2115 vs 2122 )


posted by スキップ at 23:11| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年05月23日

原作を読んでから観るということ 「1984」


1984.jpeg去年どころか、2年前のちょうど今ごろ観た舞台です。
設定は違っていても、この作品に描かれる閉塞感がコロナ禍の今の世界と重なるような気がして、書きかけたまま放置していた感想を引っ張り出してきました。

ジョージ・オーウェルの「1984年」舞台化作品。
2014年にロンドンで初演、2017年に上演されたブロードウェイ版は拷問シーンの過激な演出で気絶したり途中退出する人が続出したと話題になりました。今回の上演は小川絵梨子さん演出によるロンドン版です。


「1984」
原作: ジョージ・オーウェル
脚本: ロバート・アイク  ダンカン・マクミラン
翻訳: 平川大作
演出: 小川絵梨子
美術: 二村周作   照明: 佐藤啓   映像: 栗山聡之
出演: 井上芳雄  ともさかりえ  森下能幸  宮地雅子  
山口翔悟  神農直隆  武子太郎  曽我部洋士  堀元宗一朗 ほか

2018年5月16日(水) 1:30pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 1階C列上手
(上演時間: 2時間)



1984年。
1950年代に発生した核戦争によって、世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアの3つの超大国により分割統治されており、その3国間で絶え間なく戦争が繰り返されていました。オセアニアでは言葉、記憶、行動、そして思考など全てが統制され、市民は"ビッグブラザー"を頂点とする党によって、常に全ての行動が監視されていました。真実省の役人 ウィンストン・スミス(井上芳雄)は、ノートに自分の考えを書いて整理するという、発覚すれば死刑となる行為に手を染め、やがて党への不信感をつのらせます。同じ考えを持つジュリア(ともさかりえ)と行動をともにするようになったウィンストンはある日、高級官僚オブライエン(神農直隆)と出会い、彼から反政府地下組織の指導者 エマニュエル・ゴールドスタインが書いたとされる禁書を渡されます・・・。


「『1984年』もう読んだ?」
「オーウェルの『1984年』持ってる?」
と友人たちの間で話題になって「今読むべき書物」のような位置づけになったのは学生時代だったでしょうか。
原作はその頃に読んでいて成り行きも結末も知っている、でも細かいところは忘れている・・・ということで、私にしては珍しく原作を再読しての参戦です。

それが悪い方に出たなぁというのが観終わった後の最初の感想。

一つには、原作のヒリヒリするような緊張感がこの舞台からは感じられなかったこと。
もう一つは、「これ、原作知らない人が観てわかるのかな?」と思ったことです。
つまり、自分がもし原作を読まないで観たら、多分理解できなかったんじゃないかな、と。


続きがあります
posted by スキップ at 23:37| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年05月17日

マシュー・ボーンの「白鳥の湖」 @MEET ME AT THE OPERA


swanlake .JPG

今の時期は、日本の演劇や古典芸能ばかりでなく、海外のミュージカルやオペラなど舞台作品もフリーで映像を視聴できる機会に恵まれてありがたいことです。そんな中、私が俄然食いついたのがこちら。


swanlake2.jpgMatthew Bourne’s Swan Lake, 2012
Music by Pyotr Ilyich Tchaikovsky
Directed and Choreographed by Matthew Bourne
New scenario by Matthew Bourne
Directed for Screen by Ross MacGibbon
Cast:
Richard Winsor: The Swan / The Stranger
Dominic North: The Prince
Nina Goldman: The Queen
Steve Kirkham: The Press Secretary
Madelaine Brennan: The Girlfriend
Joseph Vaughan: The Young Prince
New Adventures Dance Company

Recorded live in 2012 at Sadler’s Wells Theatre, London
(上演時間: 2時間)



白鳥を男性が踊る・・・マシュー・ボーンの「白鳥の湖」といえば、何度も来日公演が開催されていて、そのたびに「観たい」と思いながら公演期間が短いこともあってなかなかスケジュールが合わず(2003年にはフェスティバルホールで公演があったことを後で知りました💦)。シネマ版も上映されましたが、「まずはナマの舞台観てからよ」とガマンしていました。でもそんなこと言っていたら本当に観られなくなると今回のことで改めて感じましたので、思い切って観ることにしたのでした。


楽曲はチャイコフスキーですが、ストーリーはバレエで知っているのとは別物。
母親である女王からの愛に飢えて育ち、母に認めてもらえないガールフレンドとの写真をパパラッチに撮られてた王子は絶望して公園の池で入水自殺を図ろうとしますが、そこで出会った白鳥たちの群れの中で、ひときわ猛々しく美しいザ・スワンに一目惚れして生きる意欲を取り戻します。
ある夜のパーティーにザ・スワンそっくりのザ・ストレンジャーが現れ、会場の女性たちを次々虜にしていき、ついに女王までも・・・。王子は動揺してパニックになり、銃を取り出しますが、結局取り押さえられ、病人扱いされて軟禁状態となります。そこに再び白鳥たちが現れ、王子を攻撃しはじめます。ザ・スワンは必死で彼を守ろうとしますが・・・。

ザ・スワンに恋する王子。
マザコンで公務にうんざりしているとか、母である女王との確執とか、現代的なアレンジがおもしろい。
オリジナルの「白鳥の湖」では白鳥(オデット)と黒鳥(オディール)は一人二役で同じバレリーナが踊りますがが、その設定もうまく翻案されていて、ちゃんと黒鳥(ザ・ストレンジャー)が一人二役で登場、しかもスリリングでセクシー。


続きがあります
posted by スキップ at 15:40| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

「12人の優しい日本人」を聴く・・・いや、観る


12nin1.jpg


この企画の情報を知ったのは4月29日。
近藤芳正さんのこのツイートでした。


12nin (2).JPG

『拡散希望』とありましたので、すぐにリツイートしましたが、自分自身を含めて演劇好きの人たちがずんっ!と前のめりになるのが見えるようでした。


「12人の優しい日本人を読む会」
~よう久しぶり! オンラインで繋がろうぜ~

作: 三谷幸喜
演出: 冨坂友 (アガリスクエンターテイメント)
管理人: 妻鹿ありか (Prayers Studio)
発起人: 近藤芳正
出演: 甲本雅裕(1号)  相島一之(2号)  小林隆 (3号)  阿南健治 (4号)  
吉田羊(5号)  近藤芳正(6号)  梶原善(7号)  妻鹿ありか (8号)  
西村まさ彦 (9号)  宮地雅子(10号)  野仲イサオ(11号)  渡部朋彦(12号)  
小原雅人 (守衛)/三谷幸喜

2020年5月6日(水)  14:00-15:28 (前半)/18:00-18:59 (後半)


公式サイトはこちら


三谷幸喜さんが東京サンシャインボーイズ時代に書き下ろして1990年に初演された「12人の優しい日本人」をリモートで読み合わせ、それをYouTube Liveで生配信するという企画です。
しかも、1992年東京サンシャインボーイズ上演版のオリジナルキャストを中心に招集して、というもの。



数ある三谷さんの名作の中でもこの作品選んだ近藤さんの慧眼 本当に凄いな。
こんなにこの企画に合った演劇ほかに思い当たらない。  tweeted at 3:50pm on May 6, 2020

↑ これ、前半観終わった時点での私のツイートです。
これに尽きる。


もともと1つの部屋の中で12人が卓を囲んで協議し完結するというシチュエーションドラマで、みんな座っている設定だから大きな動きもないのでリーディングに向いている上に、今のこの状況だからこそなzoomというツールを使って、画面を12分割して12人がきれいに画面に収まるところまで計算されたようで、ほんと、このためのホンなの?と思えるくらい。

しかも!

全員がリーディングなんていう水準を遥かに凌駕した息の合ったすばらしい芝居を見せてくださるのです。
まるで陪審員室が目の前に浮かび上がるよう。
開演前からライブならではの緊張感やドキドキもあって、久しぶりに「ナマのお芝居を観ている」感覚でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:06| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年04月19日

REONといっしょにファンミーティング 「REON JCAK3」DVD鑑賞会


reontoissho1.JPG reontoissho2.JPG

昨夜 柚希礼音さんのインスタグラム ストーリーにこの告知がアップされまして
トーゼン私は93%に入ることになります。

同じ時間に動画配信やDVDを観て、LINEやtwitterで盛り上がる上映会もよく開催されていますが、出演者ご本人様と一緒に観られるなんて、こんなうれしく楽しいことある?



reonjack3dvd2.jpg.jpeg

1時30分くらいからTVの前でDVDセットしてスタンバイ。



reontoissho3.JPG reontoissho4.JPG

10分前から柚希さんのインスタストーリーでカウントダウンが始まり
2時きっかりに鑑賞会スタート!


続きがあります
posted by スキップ at 22:24| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年03月28日

Bittersweet 「ボディガード」


bodyguard.jpg  bodyguard2.jpg

右の画像でお姫様抱っこされているの柚希レイチェルなの


ケビン・コスナー&ホイットニー・ヒューストン主演で1992年に公開されて大ヒットした映画「ボディガード」 私も大好きでした。
この映画がミュージカル化されて、柚希礼音さんが新妻聖子さんとともにW主演するという情報が公開された時、めちゃテンション上がったものです。

心待ちにしていた初日(3/19)が中止となり、続いて3連休(3/20-22)も中止が発表され、3月24日にようやく初日を迎えた公演。
3月26日にやーっと観られた、と思っていたら、この週末はまた公演中止。結局大阪は予定されていた13公演中5公演のみの上演となり、私も1回しか観られませんでした(涙)。
4月3日開幕予定の東京公演も、先行きはまったく不透明ですが、1回でも多く上演できて、1人でも多くの方に観ていただけますように。


bodyguard3.jpg.jpegミュージカル「ボディガード」日本キャスト版
原作: ローレンス・カスダン
   (ワーナー・ブラザース映画「ボディガード」)
脚本: アレクサンダー・ディネラリス
訳詞: 森雪之丞   翻訳: 阿部のぞみ
編曲: クリス・イーガン
演出・振付: ジョシュア・ベルガッセ
美術: 二村周作   照明: 勝柴次朗   
衣装: 十川ヒロコ  
出演: 柚希礼音  大谷亮平  AKANE LIV  
佐賀龍彦  水田航生  大山真志  福長里恩  
内場勝則 ほか

2020年3月26日(木) 1:30pm 梅田芸術劇場 
1階10列センター  (上演時間: 2時間35分/休憩25分)



ホイットニーの楽曲やショーアップされたダンス場面もふんだんに盛り込まれた華やかなミュージカル。
ライブ&ショーの場面は衣装も華やかでダンスは迫力たっぷりで見ごたえ聴きごたえ十分。
この部分だけでも何度も観たいくらい。

レイチェルの姉 ニッキーが「妹への嫉妬心から見知らぬ男にレイチェル殺害を依頼した」という部分が「ストーカーからの手紙に一度だけレイチェルになりすまして返事を書いた」と改変されている以外はほぼ映画と同じ設定とストーリーでした。

映画でファンに囲まれたレイチェルをフランクがお姫様抱っこして救出するシーンもちゃんと再現されていて、ひょ~っとなりました。
ラスト近くでレイチェルをかばって銃弾を受け倒れたフランクを「この人、私のボディガードなのっ!」とレイチェルが叫ぶシーンが映画そのままで、ここでも

お姫様抱っこの場面は、レイチェルのライブと迫りくる不気味なストーカーを対比させる形で描いていて、照明の効果とともに演出が冴え渡っていました。
ファンに取り囲まれて華やかなステージを展開するレイチェルがストップモーションになるたびにストーカーが階段の上、途中、ステージ傍へとひたひたと近づいて来て、そこに心拍音のような効果音が重なって、結末がわかっていても緊張感が漲り、まるで映像を観ているようなシーンになっていました。

あの♪エンダ~~ こと I WILL ALWAYS LOVE YOU はラストにレイチェルがフルコーラス聴かせてくれますが、劇中では結構意外な使い方されていました・・・まさかフランクのエンダ~が聴けるとはね。


続きがあります
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする