2020年11月25日

「ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~」 キャスト編


4回観たキャストはこちら。
かわいいと評判だった中村海流くんのビリーを観られなかったのは残念だったのと、4人のマイケル、3人のデビーのうち一人ずつ観ていませんが、大人のダブルキャストはコンプリート。
みんな違っていて、みんなすばらしかったな。


cast20201101.jpeg cast20201106.jpeg
      11月1日              11月6日

cast20201113.jpeg cast20201114.jpeg
      11月13日             11月14日


ミュージカル 「ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~」
脚本・歌詞: リー・ホール 
演出: スティーヴン・ダルドリー
音楽: エルトン・ジョン 
振付: ピーター・ダーリング
美術: イアン・マックニール
翻訳: 常田景子  訳詞:高橋亜子 

2020年11月1日(日) 12:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階9列(6列目)センター/
11月6日(金) 1:30pm 3階2列センター/11月13日(金) 5:30pm 1階14列下手/
11月14日(土) 12:00pm 1階24列センター
(上演時間 3時間/休憩 25分)



本編の感想はこちら
「ウィルキンソントーク ディスタンスVer.」のレポはこちら
2017年初演の感想はこちらこちら



■ ビリー

もう誰がいいとかどこがいいとかは超越していて、みんな本当にすばらしい。
バレエはもちろん、タップやコンテンポラリーダンス、器械体操、そして、演技に歌。
少年たちのポテンシャル、計り知れない。
3年前にとても驚いたことが、3年の時を経てまた別の少年たちでまた目の前で繰り広げられるなんて。

川口調くんはとても表情豊か。
これまでにも舞台やTV出演の経験があるということで、4人の中では一番演技がお得意だったのかな。
やんちゃな男の子感があふれていて、明るくて負けん気が強くていかにも生意気盛りで手のかかかる可愛い末っ子といった風情でした。

利田太一くんは長い手足がとてもしなやかでバレエシーンがとても美しい。ピルエットもとても綺麗でした。
演技が細やかで、例えばおばあちゃんのミートパイをごみ箱に捨てる時、さも臭いもののようにすごく手を伸ばして自分の身体から離して捨てていたのが印象的でした(私が観る限り他のビリーはここ、わりとあっさりしていた)。
歌は他のビリーに比べると少し声が低い印象で、少年から青年への過渡期が感じられて、「このビリーを観られるのは今だけ」感が強い。上演できて、太一くんがビリーとして舞台に立てて本当によかったと改めて思いました。

渡部出日寿くんはバレエ界のサラブレッドということでバレエが美しいとは聞いていましたが想像以上でした。
バレエ教室のレッスンでアラベスクやる時、ウィルキンソン先生が「オルゴールの人形のように」と言いますが、本当に人形のように全くブレない体幹に驚き。Solidarity ラストのアラセゴンターンからのピルエットなんて綺麗なまま何回転しているの?というくらい。ゆったりした動きばかりでなく、Angry Danceの憤りが爆発する激しいタップダンスにも圧倒されました。


千秋楽カーテンコールには4人のビリーが揃って登場。
鳴りやまない拍手に最後は幕前に4人だけで出て来てくれたのですが、ニコニコ手をふる川口調くん、利田太一くん、「もうそろそろ(終わり)かな?」という表情で幕の方を見る中村海流くん、「ありがとうございましたっ!」と客席に向かって言う渡部出日寿くん(この日のビリー)と、4人4様、かわいかったです。


続きがあります
posted by スキップ at 22:03| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年11月24日

未来への希望と沈みゆく世界 「ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~」


billyelliot2020.jpg当初開幕が予定されていた7月8月の公演が中止になった時、自分が観劇できないかもしれないということよりも、4人のビリー(とマイケル)たちのことを思って心が痛みました。
初演(2017年)の千秋楽カーテンコールでのお父さん役 吉田鋼太郎さんの言葉が心に刻まれていたから。
「晴翔(この日のビリー役 前田晴翔くん)はもうビリーはできません。声変わりして背も高くなって・・・。」

そう、今ビリーをやる子たちに「次」はない。
1511名の中から約1年間にわたる厳しいオーディションを経て、ずっとレッスンを積んできた2代目ビリーの4人。
どうか彼らを舞台に立たせてと祈らずにはいられませんでした。
9月11日に東京でオープニング公演が始まり、11月14日に大阪で大千秋楽を迎えることができたこと、本当によかったと心から思いました。


ミュージカル 「ビリー・エリオット ~リトル・ダンサー~」
脚本・歌詞: リー・ホール 
演出: スティーヴン・ダルドリー
音楽: エルトン・ジョン 
振付: ピーター・ダーリング
美術: イアン・マックニール
翻訳: 常田景子  訳詞:高橋亜子 
出演: 川口調  利田太一  中村海流  渡部出日寿
益岡徹  橋本さとし  安蘭けい  柚希礼音  根岸季衣  
阿知波悟美  中河内雅貴  中井智彦  大貫勇輔  永野亮比己 ほか

2020年11月1日(日) 12:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階9列(6列目)センター/
11月6日(金) 1:30pm 3階2列センター/11月13日(金) 5:30pm 1階14列下手/
11月14日(土) 12:00pm 1階24列センター
(上演時間 3時間/休憩 25分)



「ウィルキンソントーク ディスタンスVer.」のレポはこちら
2017年初演の感想はこちらこちら


物語の舞台は1984年、イングランド北部の炭鉱町イージントン。
サッチャー政権による炭鉱の閉山計画に反対する労働者たちがストライキを続けるこの町で暮らす12歳の少年ビリーは幼い頃に母を亡くし、炭鉱労働者の父ジャッキー、兄のトニーと祖母の4人暮らし。
父に言われて通っているボクシングジムで偶然、バレエと出会ったビリーは踊る喜びに目覚め、彼の才能を見出したウィルキンソン先生の勧めでロイヤルバレエスクールを目指します。父のジャッキーはこれを知って激怒し・・・。


スティーヴン・ダルドリーが2000年に監督した映画「Billy Elliot」(邦題 リトル・ダンサー)の舞台版で映画と同じくリー・ホールが脚本、ダルドリー自身が演出するミュージカル。曲はエルトン・ジョン。
2005年にロンドンで開幕したミュージカル。2017年の日本初演から3年ぶりの再演です。


ビリーの成長物語であり未来へとつながる成功の物語なのですが、それと同時に、深い地の底で働く炭鉱労働者たちの闘いを描いていて、バレエダンサーを夢見て前へ進み出す少年と、終焉を迎えようとしている炭鉱の町の人々を鮮やかに対比する脚本、演出が本当にすばらしい。

それを象徴するシーンがラスト。

続きがあります
posted by スキップ at 23:40| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年11月16日

大地真央☆花總まり初共演  「おかしな二人」


okashinafutari2020.JPGニール・サイモンの代表作の一つ「おかしな二人」。
1965年にブロードウェイで演され、1985年には女性バージョンも発表されました。
日本でも数々上演されている作品で、宝塚歌劇版(2011年 轟悠さん主演)をはじめこれまで何度も観ていますが、大地真央さんと花總まりさん初共演ということでこれは観てみたい!となりました。

時代も組も違いますが、男役、娘役のトップスターとしてともに活躍したお二人。
月組「ピガール狂騒曲」」でクリーンヒットを放った宝塚歌劇団の原田諒先生が演出、衣装も宝塚の有村淳先生、本編終了後には歌とダンスのフィナーレつき、と“宝塚み”ある舞台となりました。


「おかしな二人」
作: ニール・サイモン
潤色・演出: 原田諒(宝塚歌劇団)
翻訳: 伊藤美代子
美術: 松井るみ   
音楽: 玉麻尚一  衣装: 有村淳(宝塚歌劇団)
出演: 大地真央  花總まり  シルビア・グラブ  宮地雅子  
平田敦子  山崎静代  渡辺大輔  芋洗坂係長

2020年11月6日(金) 1:00pm シアター・ドラマシティ 6列下手
(上演時間: 2時間50分/休憩 30分)



物語の舞台は1970年代のニューヨーク・マンハッタンにあるオリーブ(大地真央)のアパート。離婚して一人暮らしのオリーブは不精な性格で部屋は荒れ放題に散らかっていますが、女友達が毎日のように集まっては、ゲームやおしゃべりで盛り上がっています。そこへ、夫から急に離婚を切り出されたフローレンス(花總まり)がやって来ます。オリーブは行くあてもなく傷心のフローレンスに人生を変えてみたらと自分の部屋に住むことを提案、二人の同居生活が始まりますが、フローレンスは潔癖症できれい好き、正反対の性格の二人は衝突を繰り返し・・・。


マンハッタンの夜景が見えるアパートの一室は脱ぎ散らかされた衣服や片付けられない本、新聞などであふれ返っていますが、ポップでカラフルで何だか楽しそう。これを見ただけで、この部屋の主オリーブが「とてもすぼら」だけど「細かいことは気にせず」「楽しく生きている」ことがわかります。


続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年11月10日

真っ白な闇 「見えない/見える」ことについての考察


mienaimieru.jpg2017年に東京藝術大学 球形ホールで4公演だけ上演された森山未來くんの朗読パフォーマンス。
7都市、38公演の全国ツアーとして再演です。
初演の時、観たいけれど無理~💦とあきらめていた作品を観られる奇跡に感謝。


「見えない/見える」ことについての考察
演出・振付・出演: 森山未來
キュレーション: 長谷川祐子
テキスト: ジョゼ・サラマーゴ 「白の闇」  
      モーリス・ブランショ「白日の狂気」
共同振付: 大宮大奨  照明: 藤本隆行  音響: 中原楽
映像: 粟津一郎  舞台監督: 尾崎聡

2020年10月30日(金) 4:00pm フェニーチェ堺 大スタジオ 2列センター(全席自由席)
(上演時間: 1時間20分/休憩 15分)



公演内容について私の言葉で表現するのはとても難しく、以下は公式サイトからの引用。

私たちが本当に見ているものは何なのか。この問いの答えを見つけるとき、選び取ることの大切さに気づくことができるでしょう。パフォーマンス《見えない / 見える ことについての考察》は声と残像、そして森山未來の身体を通して私たちに語りかけてきます。
《見えない / 見える ことについての考察》はノーベル文学賞作家ジョセフ・サラマーゴの『白の闇』という小説から着想を得たテキストのリーディングを中心としたパフォーマンスです。ある日人々が突然視力を失う、それはいわゆる「黒い闇」ではなく、ミルクのように圧倒的な白い闇なのです。人々はパニックに陥り、弱者と強者の立場が入れ替わるなどの混乱がおきます。最後は視力を取り戻すものの、この体験を通して彼らは、見えることと見えないことの境界をリセットし、不確かな現代の中で本当に見なければならないものについて再考するのです。

この『白の闇』に、モーリス・ブランショ作の『白日の狂気』がメタテキストとして絡まってきます。これは強い光で視覚を失いそうになること、すべてが見えすぎることによってかえって見えなくなることを比喩的に語っています。明滅する光の残像の中に浮かび上がる森山未來の身体と、透徹した声で読まれる2つのテキストの響き合いは、未知のヴィジョンへと観客を誘っていきます。
(初演時概要より引用/キュレーター・長谷川祐子)

そして2020年、当たり前の日常を失い、新しい生活を築くこととなった我々に「本当に見ること」について問いかけます。



mienaimieru2.jpg.jpeg

入場時に配られたイヤホンガイド。


mienaimieru4.jpg.jpeg

会場入口のサイネージ。
ポスターと同じなのですが、少し雰囲気違いますね。


続きがあります
posted by スキップ at 23:08| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年11月07日

Wウィルキンソン先生トーク @ビリー・エリオット


wilkinsontalk.jpg

10月30日に大阪公演初日を迎えた「ビリー・エリオット」ですが、このイベントが発表されたのは10月29日。
多分チケット売れ行が芳しくない公演のテコ入れのためだと思われますが、「とうこさんとちえちゃんのトーク!!」と前のめりになったものの、この日はドラマシティで「おかしな二人」観劇予定。
「無理~」と一旦はあきらめたものの、11月1日にビリー観劇していて、やっぱり同じ建物の上と下にいてお二人の貴重なトーク聴けないなんて切ない・・・と思い直し、「おかしな二人」の方が開演時間30分早いこともあって、うまくいけば二幕途中から観られるじゃんと一番お安いB席買ってはしごしましたが何か?


「ビリー・エリオット」 大阪公演来場者5万人突破記念
「ウィルキンソントーク ディスタンスVer.」
登壇者: 安蘭けい  柚希礼音
司会: 松井愛(MBSアナウンサー)
2020年11月6日(金) 16:35-16:55 梅田芸術劇場メインホール 3階2列センター



会場に入るとビリーのオーディション Electricity を歌い踊るシーンでした。
途中から入ったのにすぐに物語世界に惹き込まれて、父ちゃんの「あいつ、俺の息子なんです」に涙ぽろぽろ。
この作品を3階から観るのは初めてで、フィナーレのビリーとバレエガールズ、炭鉱夫たちのタップのフォーメーションの美しさに気づいたり。短い時間ながら楽しめました。
そして、お楽しみのトークショー。


billytred.JPG billytblack.JPG

安蘭けいさんば赤、柚希礼音さんは黒のビリーTシャツで登場。↑これね。
とうこさんは舞台を終えたばかりでメイクもそのまま、ボトムはデニムに紫のスパッツ。
ちえちゃんもデニムに黒のニーハイブーツでした。2人とも超絶スタイルいい!

とうこさん、ちえちゃんの順に下手から登場して、とうこさんはそのまま進んで上手袖に入ろうとして「いやいやいや」とちえちゃんに止められるという出オチです(笑)。


続きがあります
posted by スキップ at 22:20| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

朗読劇の枠を超越した舞台 「ハロルドとモード」


haroldandmaude.jpg黒柳徹子さんがかねてよりモード役を熱望していたという作品。朗読劇という形での上演です。
1971年に公開されたアメリカ映画「ハロルドとモード/少年は虹を渡る」をもとにした作品で、映画と同じくコリン・ヒギンズの脚本。これまでにも何度か舞台化されているということですが、私のアンテナには全く引っかかれず、もちろん映画も観たことがなくて初見でした。


「ハロルドとモード」
作: コリン・ヒギンズ
上演台本・演出: G2
音楽: 荻野清子  美術: 伊藤雅子  照明:沢田祐二 
衣装: 十川ヒロコ  黒柳徹子衣装:大 野美智子
出演: 黒柳徹子  生田斗真  趣里  浜田信也  相島一之  秋本奈緒美
演奏: 荻野清子

2020年10月15日(木) 2:00pm シアター・ドラマシティ 5列センター
(上演時間: 1時間40分)



物語: 狂言自殺を繰り返す愛に飢えた19歳の少年 ハロルド(生田斗真)は、ある日、他人のお葬式に参列した教会で、モード(黒柳徹子)という破天荒な79歳の女性と出会います。何度か偶然の出会いを重ねるうち、ハロルドはモードから生きることの楽しさを学び、次第にそのパワフルな生き方に惹かれていきます。周囲の人々が二人の交際に反対する中、ハロルドは、モードの80歳の誕生日パーティーを開き、プロポーズしようと・・・。


「朗読劇の枠を越え、ビジュアル演出や生の音楽演奏などを駆使し、上質のエンターティンメントに仕上げます」というG2さんの言葉どおり、朗読劇というよりまるでワンシチュエーションの演劇を観るような感覚でした。

荻野清子さんの奏でるピアノの生演奏とともに幕が開くと、舞台には横一列に長いテーブルと椅子が6脚。
一つずつデザインが違う椅子の横には、メイクして衣装に身を包み、きちんと拵えをした6人の役者さんたちが立っています。
もうこの時点でわぁ~♪となってワクワク。


続きがあります
posted by スキップ at 18:09| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする