2019年06月09日

母なるふるさと 「まほろば」


mahoroba.jpg「すばらしい場所」「住みやすい場所」という意味の古語「まほろば」

この言葉を聞いて真っ先に思い浮かぶのは、
倭(やまと)は 国のまほろば たたなづく青垣 山隠れる 倭しうるはし   という短歌。
次に、♪ あおによし 平城山(ならやま)の空に満月~   というさだまさしさんの楽曲。

どちらも奈良のイメージですが、この物語の舞台は長崎。
開演前、ロビーで聞こえてきたアナウンスがちょっと訛っていて、「あれ?地方出身の新人さんかな?」と思っていたのですが、劇場内での上演前諸注意のアナウンスは完全に方言(長崎弁?)で、「あー、そういうこと」となりました。

2008年に蓬莱竜太さんが新国立劇場に書き下ろして岸田國士戯曲賞を受賞した作品。
初演、再演の演出は栗山民也さんでしたが、今回は劇団チョコレートケーキの日澤雄介さん。キャストも一新しての再々演です。


「まほろば」
作: 蓬莱竜太
演出: 日澤雄介
美術: 土岐研一
出演: 高橋惠子  早霧せいな  中村ゆり  生越千晴  安生悠璃菜  三田和代

2019年4月24日(水) 11:30am シアター・ドラマシティ 7列下手
(上演時間: 2時間)



祭ばやしが聞える田舎町。地元の名家として知られた藤木家の客間が舞台。
親類が集まる宴会の準備に忙しく働きながら、本家の嫁として跡取りとなる男子を産まなかったことを悔い、娘たちに希望を託す母 ヒロコ(高橋惠子)
東京に出て仕事が忙しく婚期が遅れていていまだ独身。祭を前に突然帰郷した長女ミドリ(早霧せいな)
元ヤンで父親不明の娘を産み、今なお実家暮らしでミドリと喧嘩ばかりしている次女 キョウコ(中村ゆり)
キョウコの娘でこれまた突然帰ってきたユリア(生越千晴)
認知症気味ながらすべてをゆったり見守りおっとり構える姑のタマエ(三田和代)
見知らぬ近所の女の子 マオ(安生悠璃菜)

女ばかり6人で展開される物語。


続きがあります
posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年06月02日

差し出す手の不気味さ 「クラッシャー女中」


crusher.jpg根本宗子さんが「皆、シンデレラがやりたい。」(2017)に続いてM&Oplaysとタッグを組んだ公演の第2弾。
前作を観ていませんので、これが私のねもしゅーデビューです。


M&Oplaysプロデュース 「クラッシャー女中」
作・演出: 根本宗子
美術: 原田愛
出演: 麻生久美子  中村倫也  趣里  
佐藤真弓  根本宗子  田村健太郎  西田尚美

2019年4月20日(土) 5:00pm 
シアター・ドラマシティ 4列センター (上演時間: 2時間20分)



ポップでカラフルな舞台装置。
開演時間になると、「あら?そろそろ始まるのかしら?」という声が聞こえ、根本宗子さん、趣里さん、田村健太郎さんが登場。
椅子を動かしたり、テーブルを運んだり、カーテンを取り付けたり、と働き始めます。

「あ、まだお芝居始まっていないんで」と根本さん。「皆さん携帯の電源とか音の出るもの、今の内に切って下さいねー」と開演前の諸注意を。
「この後、義則って役の人が現れたら、そこからお芝居開始なんです」
と言って、しばらくそのままセットに座って3人で雑談。
あー、こういう感じなんだ、と思っているところへ中村倫也くん登場して開演です。


物語: 世界的画家 小笠原義一の息子・義則(中村倫也)は父亡き後、人気デザイナーとして成功を手にし、息子を溺愛する母親 和紗(西田尚美)、2人の女中(佐藤真弓・根本宗子)、義則の幼なじみで小笠原家の養子となった華鹿男(カカオ/田村健太郎)とともに大きなお屋敷で暮らしていました。
そこへ、義則がひと目ぼれした女性 ノエル(趣里)が婚約者としてこの屋敷にやって来ます。彼女はゆみ子(麻生久美子)という女中を伴っていました。この2人が現れたことで、隠された真実が次々とあらわになり・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 22:54| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

あなたに出会う前に戻れたら 「空ばかり見ていた」


sorabakari.jpg「この人の舞台は無条件に観たい」と思っている役者さんが何人かいて、その中のひとりが森田剛くん。
「もうお別れしました」と決めている演出家が何人かいて、岩松了さんはそのうちのひとり。

岩松了さんの作・演出で森田剛くんにあて書きした舞台ならどうなの?と散々逡巡して自分の心に問うてみた結果、「森田剛くんの舞台なら観たい」が勝利を収めまして、観に行くことにしました。


Bunkamura30周年記念
シアターコクーン・オンレパートリー2019
「空ばかり見ていた」
作・演出: 岩松了
美術: 愛甲悦子
照明: 沢田祐二
出演: 森田剛  勝地涼  平岩紙  筒井真理子  宮下今日子  新名基浩  
大友律  髙橋里恩  三村和敬  二ノ宮隆太郎  豊原功補  村上淳

2019年4月6日(土) 6:30pm 森ノ宮ピロティホール W列下手
(上演時間: 2時間50分/休憩 20分)



物語の舞台は政府軍と反政府軍による内戦が繰り広げられているらしい現代の日本。
山奥にある小学校の廃校跡をアジトにする反政府軍は戦闘で仲間を失い、残っているのは7人。
反政府軍の兵士 多岐川秋生(森田剛)は尊敬するリーダー吉田満(村上淳)の妹 リン(平岩 紙)と恋人同士ですが、ある日、秋生の留守中にリンが暴漢に襲われるという事件が起こります。リンの怪我は大事には至らず回復に向かいますが、命の保証のない日々の中、秋生は結婚に踏み切ることができません。内戦の行方が見通せず苛立ちがつのる兵士たちに、捕虜になった政府軍の兵士カワグチ(豊原功補)、生命保険会社の外交員 田中(筒井真理子)、さらには頻繁に息子を訪ねてくる兵士の母 登美子(宮下今日子)などが絡んで物語は展開します。


「反政府軍のアジト」という設定を事前に知っていて、その上でイメージしていたのとは違った作品でした。
上空をヘリコプターが舞う音が聞こえてはいるもの、リアルな戦闘は遠い場所で起こっているらしく、司令部も遠い街にあるようです。兵士たちに死と直面しているような危機感はさほど感じられなくて、何気ない日常生活が描かれていきます。


続きがあります
posted by スキップ at 22:56| Comment(2) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

1+1は2であると言えること 「良い子はみんなご褒美がもらえる」


yoiko.jpg反体制分子は精神的に狂っているのだから病院で治療するか抹殺するしかないという社会。

「自分自身に正直に生きるということは 1+1は2 であると言えることだ」というアレクサンドルの言葉が胸に響きます。


俳優とオーケストラのための戯曲
「良い子はみんなご褒美がもらえる」
作: トム・ストッパード
作曲: アンドレ・プレヴィン
翻訳: 常田景子
演出: ウィル・タケット
指揮: ヤニック・パジェ
出演: 堤真一  橋本良亮  小手伸也  シム・ウンギョン  外山誠二  斉藤由貴
川合ロン  鈴木奈菜  田中美甫  中西彩加  中林舞  松尾望  宮河愛一郎

2019年5月11日(土) 5:00pm フェスティバルホール 1階2列センター
(上演時間: 1時間15分)



舞台上手下手に二階建てのパイプセット。
中央に4段ほどの階段が設えられ、その向こうに指揮者と35人のオーケストラ。
6人のアンサンブルが民衆だったり体制側の軍人だったり、シーンによって変わる役割をダンスで表現する抽象的な舞台。

トム・ストッパードさんの作品は何作か観たことありますが、真っ先に浮かぶのは「アルカディア」
あの難解だけど繊細な世界観が好きだったのでこの作品も楽しみにしていたのですが、さらに難解だったなー。


舞台は1970年代のとある独裁国家(ソビエトと思われる)の精神病院の一室。
体制への誹謗罪で捕えられた政治犯 アレクサンドル・イワノフ(堤真一)と、自分はオーケストラを連れているという妄想に囚われた男 アレクサンドル・イワノフ(橋本良亮)が同室になります。
この2人に、バイオリン奏者でもある医師(小手伸也)、アレクサンドルの息子サーシャ(シム・ウンギョン)と教師(斉藤由貴)がからんで物語は進みます。信念を貫くためにハンストをして抵抗するアレクサンドルに手を焼いた大佐(外山誠二)は・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 21:15| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

20世紀に乾杯! 「ピカソとアインシュタイン」


piccaso1.jpg  piccaso.jpg

舞台はパリのバー ラパン・アジール。
時は1904年 20世紀が始まったばかり。
1905年 「特殊相対性理論」を発表したアルベルト・アインシュタイン
1907年 「アヴィニョンの娘たち」を描いたパブロ・ピカソ
この若き天才2人が、もし本当に出会っていたら?という物語。


「ピカソとアインシュタイン ~星降る夜の奇跡~」
作: スティーヴ・マーティン
演出: ランダル・アーニー
翻訳: 香坂隆史
ドラマターグ・演出補: 池内美奈子
美術: 伊藤雅子
照明: 日下靖順
出演: 岡本健一  川平慈英  村井良大  三浦翔平  
水上京香  吉見一豊  間宮啓行  香寿たつき  松澤一之

2019年5月12日(日) 5:30pm 森ノ宮ピロティホール F列上手
(上演時間: 1時間30分)



1997年と2000年に岡本健一さん、川平慈英さん主演で上演された作品の19年ぶりの再演だとか。
「奇しくも日本が平成から新元号に変わる、時代の幕開けに本作が上演」とフライヤーに書いてありました。ふむふむ 20世紀初頭と日本の新元号をかけたのか(何で?←心の声)


今回の配役は
ROSE  ピカソ:岡本健一  アインシュタイン:川平慈英  
      シュメンディマン:村井良大  訪問者:三浦翔平
BLUE  ピカソ:三浦翔平  アインシュタイン:村井良大  
      シュメンディマン:川平慈英  訪問者:岡本健一

という2パターン。
岡本健一さんが演じるピカソが観たかったのでROSEの方をチョイスしました。


モンマルトルに現存するラパン・アジールのつくり込んだ舞台装置。
このバーの店内だけで進む物語は、いかにもいかにも翻訳劇な雰囲気のウィットに富んだ会話のやり取りで進みます。

主人フレディ(間宮啓行)とその恋人でウェイトレスのジェルメーヌ(香寿たつき)をはじめ、店に集う人々-老人のギャストン(松澤一之)、画商のサゴ(吉見一豊)、発明家シュメンディマン(村井良大)、そして物理学者を目指す青年 アインシュタイン(川平慈英)はみんなひと癖ある人々。
そこへ美しい娘 シュザンヌ(水上京香)が一夜を共にした若い画家を探してやってきます。シュザンヌは彼が描いたデッサンを持っていましたが、現れた当の本人ピカソ(岡本健一)は女たらしで彼女のことをすっかり忘れ、また彼女を口説き始めます・・・といった展開の中、やがて自分たちが求める真理について語り合い始めるピカソとアインシュタイン。
芸術と物理学、道は違っていても2人はこの新しい20世紀を自分たちが切り拓く、と意気投合します。そこへ未来からの訪問者(三浦翔平/どう見てもエルビス・プレスリーなんだけど)が現れて2人を祝福。「20世紀に乾杯!」と、ともに祝杯をあげるとあたり一面星降る夜に・・・。

といった会話劇のちファンタジーな展開。


続きがあります
posted by スキップ at 23:23| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2019年05月26日

JUST BE WHO YOU WANT TO BE 「キンキーブーツ」


kinkyboots.jpg

「他人をありのまま受け入れて」
「誰に?いつから?」
「やってみて。いつでも、誰にでもよ」

ドンとローラの会話に込められたこの作品のメッセージ。

他人をありのまま受け入れるということは自分自身もありのまま受け入れるということ。
JUST BE WHO YOU WANT TO BE


ブロードウェイミュージカル 「キンキーブーツ」  Kinky Boots
脚本・歌詞: ハーヴェイ・ファイアスタイン
音楽・作詞: シンディ・ローパー
演出・振付: ジェリー・ミッチェル
日本版演出協力・上演台本: 岸谷五朗
訳詞: 森雪之丞
出演: 小池徹平  三浦春馬  ソニン  玉置成実  勝矢  ひのあらた  
飯野めぐみ  白木美貴子  施鐘泰  森川次朗  佐久間雄生 ほか

2019年5月22日(木) 2:00pm オリックス劇場 1階14列センター
(上演時間: 2時間25分/休憩 25分)



物語: イギリス ノーザンプトンで代々続く靴工場 Price & Sonの息子チャーリー(小池徹平)は父の急死で工場を継ぎますが、大手取引先からの契約解除で工場は経営難。そんな時、ロンドンでドラァグクイーンのローラ(三浦春馬)と出会います。ローラたちがショーで男性の体重を支えるようにできていないブーツを履いて踊っていることからインスピレーションを得て、工場をドラァグクイーンのブーツ専門工場として再生させる過程でチャーリー自身も自分と異なる者たちや自分自身も受け容れる軌跡が描かれます。


2013年にブロードウェイで初演されたミュージカル。
2016年日本初演。
その時もチケットを取ろうとしていたのですがどうしてもスケジュールが合わず断念。開幕するととても評判がよくてやっぱり観ればよかったぁと後悔したものです。
3年を経て同じキャストで再演ということで、とても楽しみにしていました。
実際に観て、そりゃこれ評判いいはずだワ、となりました。


楽しい!
ダンスも歌もたっぷり。
シリアスな場面もありながら、センスよくショーアップされた舞台。
歌詞もメロディも挑戦的で魅力的なシンディ・ローパーの楽曲。
華やかでパンチ効いていて彩鮮やかな衣装。
華やかなドラァグクイーン、ひたむきな靴工場の従業員。
もちろん役者さんたちすばらしい。


実話に基づいた作品ということですが、物語しては奇をてらったところはなくて、出会い→同調→葛藤→決別→和解&ハッピーエンドという流れで、こうなるんだろうなというふうに進みます。
チャーリーとローラの友情、二人それぞれが抱える父親への葛藤、そして社会的マイノリティ(と思われている人たち)と周囲の問題を扱っていてメッセージも込められているのですが、押しつけがましさも説教臭くもありません。
シリアスなシーンも華やかなショーも、場面場面が歌やダンスで彩られてショーアップされ、盛り上がったり心に染みたり。


続きがあります
posted by スキップ at 21:37| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする