2017年08月13日

どうやって彼を見つけよう 「OTHER DESERT CITIES」


otherdesert.jpg寺島しのぶさん、麻実れいさん、佐藤オリエさんの共演というだけで観たくなる舞台。
そこに中嶋しゅうさんが加わって・・・と楽しみにしていたのに、あんなことになるなんて。


「OTHER DESERT CITIES」
作: ジョン・ロビン・ベイツ 
台本: 早船歌江子 
演出: 熊林弘高 
美術: 島次郎
出演: 寺島しのぶ  中村蒼  麻実れい  斎藤歩  佐藤オリエ

2017年7月31日(月) 1:00pm シアター・ドラマシティ 1列下手
(上演時間 2時間30分)



物語: 2004年のクリスマスイブ。カリフォルニア州パームスプリングスのワイエス家に娘のブルック(寺島しのぶ)が帰郷し、久しぶりに出版する予定の自らの作品について、「これは小説じゃない。回想録なの」と宣言します。
ブルックは、敬愛する兄ヘンリーが自殺した原因は両親(斎藤歩・ 佐藤オリエ)にあると考え、それを告発しようとしているのでした。それを阻止しようとする両親と激しく対立するブルック。弟トリップ(中村蒼)、アル中の叔母シルダ(麻実れい・・こんな役多いよね~。そして上手い!)を巻き込みながら、やがて語られる真実は・・・。


本箱だったりテーブルや暖炉など見立てられた白い箱がいくつか積み重ねられたり並べられたりするだけのシンプルでスタイリッシュな舞台装置。
客席最前列の真ん中の席が空席になっていて、そこにブルックが、物語の終盤にはトリップが座り、舞台を見つめるという演出。
ブルックの寺島しのぶさんが時折舞台下手に立ち、また客席で台本のト書きを読んだりも。

2004年といえばイラク戦争真っ最中で、9.11(2001年)の記憶も新しく、父親のライマンは共和党の実力者という設定。
政治的な台詞も数多く出てきますが、基本的には病んだ家族の再生の物語。
しかも結末はちょっと寓話っぽい・・と感じたのは私だけかな。映画「ゴールデンスランバー」が心に浮かびました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:44| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年08月01日

劇団☆新感線 「髑髏城の七人」 Season 鳥 ライブビューイング


torilv.jpg


5月15日に Season 花で劇団☆新感線史上初のライブビューイングやった時、この後4シーズンともやる気だな、と思っていたら案の定(笑)。
Season 鳥は舞台もとても楽しかったし、まだこの後2回観る予定もありますが、この際ライビュも制覇しておきましょうということで。
にしても、毎回月曜日なのね、ライビュ。

ONWARD presents 劇団☆新感線 「髑髏城の七人」
Season 鳥 Produced by TBS  ライブビューイング

2017年7月31日(月) 6:30pm なんばパークスシネマ スクリーン7
(上映時間 3時間30分)



舞台を観た感想はこちら



Season 花のライビュ観た時の感想(こちら)に、「カメラワークやアングルはそれほど凝っているとはいえない・・・」と書いたのですが、今回は結構進化していた印象です。

舞台をストレートにとらえるばかりでなく、表情のアップにもそれなりの意図があるように感じました。
2回目ということもあって初回の反省点を活かしたのかスタッフの技量なのか定かではありませんが、昼夜ともに観た友人が「ソワレの方がカメラワークよかった」と言っていましたので、スタッフによっても違いがあるのでしょうか。
髑髏城で沙霧が捨之介に斬りかかった時、じっと座っているサダヲ捨之介が目をつぶっている映像には「ほぅ」と思いました。ここの捨之介は客席に背を向けているので、いくらオペラグラス駆使しても決して観ることはできない表情です。

先日、シネマ歌舞伎「阿弖流為」を観た時、舞台挨拶で染五郎さんが、「舞台ですとお客様はそれぞれの視点で自由にご覧いただけますが、映像の場合は『ここを見てください』という視点でナビのように進みます」とおっしゃっていたのを改めて実感しました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:26| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年07月25日

ロベール・トマ 二度目なのにヤラレタ! 「罠」


wana.jpg2009年に加藤和樹さん初主演作として上演され翌年再演。
今回が7年ぶり三度目の上演ということですが、私は初見でした。

「ラストまで犯人が分からない・・・謎が謎を呼ぶ推理劇の決定版!」というキャッチコピー。
「演劇界のヒッチコック」と呼ばれたロベール・トマの名作サスペンス劇です。

「罠」
作: ロベール・トマ   訳: 平田綾子   
演出: 深作健太
美術: 朝倉摂
出演: 加藤和樹  白石美帆  渡部秀  初風緑  山口馬木也  筒井道隆

2017年7月15日(土) 5:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階F列センター  (上演時間 2時間)



物語は新婚3ヵ月のカップルが滞在するフランス郊外の山荘の一室で展開します。
妻のエリザベートが行方不明になり、夫のダニエル(加藤和樹)はカンタン警部(筒井道隆)に捜索を依頼しますがなかなか見つかりません。
そこへ、マクシマン神父(渡部秀)に付き添われて戻って来たエリザベート(白石美帆)は全く見知らぬ別人でした。ダニエルは、激しく抵抗しますが状況証拠は彼女が妻だと裏付けるものばかり。ただ一人真実を証明してくれるはずの絵描きメルルーシュ(山口馬木也)も殺されてしまい、ダニエルは精神的に疲弊しエリザベートとマクシマンにより病院へ送られることになって・・・。


これ、雰囲気が昨年観た「一人二役」に似てるなぁ似てるなぁ、と思いながら観ていました。
メルルーシュを除いて周りの人たちが全部共犯っぽいところとか、主役が陥れられてじわじわ精神的に追い詰められていくところとか、同じ展開じゃんと思っていて、ふと気づきました。
あの作品もロベール・トマだったことに。


続きがあります
posted by スキップ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

ギャツビーだけどギャツビーじゃない 「グレート・ギャツビー」


gatsby.jpg井上芳雄さん主演でこの作品を上演すると発表になった時かなり話題沸騰で、その他のキャストの情報公開まで時間がかかったこともあってか「デイジーは誰だ?」的な憶測でネット上が賑わっていたことも、今となっては懐かしい。


ミュージカル 「グレート・ギャツビー」
原作: F・スコット・フィッツジェラルド
音楽: リチャード・オベラッカー
脚本・演出: 小池修一郎
音楽監督: 太田健
振付: 桜木涼介
美術: 松井るみ
出演: 井上芳雄  夢咲ねね  広瀬友祐  畠中洋  蒼乃夕妃  AKANE LIV  
田代万里生  本間ひとし  渚あき  イ・ギトン  音花ゆり ほか

2017年7月5日(水) 1:00pm 梅田芸術劇場メインホール 1階7列(4列目)下手
(上演時間 2時間50分)


物語: 舞台は1920年代のアメリカ・ニューヨーク。禁酒法の時代。
謎多き大富豪・ギャツビー(井上芳雄)の邸宅の隣に引っ越して来たニック(田代万里生)は、夜ごと行われるギャツビー邸のパーティに招かれます。ニックのまたいとこ・デイジー(夢咲ねね)は、裕福な家の息子トム(広瀬友祐)と結婚し一児の母となっていますが、トムにはマートル(蒼乃夕妃)という愛人がいて夫婦関係はぎくしゃくしていました。そのデイジーこそ、ギャツビーが5年前に別れた忘れられない恋人でした。やがてニックの手引きで二人は再開し・・・。


始まりはプールサイド。
バスローブ姿のギャツビーが登場。それを脱いで水着になった(この時代の水着を芳雄くんが着ているの見てちょっと笑いそうになっちゃったんだけど)途端に銃声が響いてギャツビーがプールに転落。
映し出された水面が血で真っ赤に染まっていく・・・というオープンニング。
ギャツビーの死から回想に入っていく展開です。

1991年に今作と同じ小池修一郎さん脚本・演出、杜けあきさん主演で宝塚歌劇で上演、2008年には瀬奈じゅんさんのギャツビーで再演されていますが、どちらも観ておらず、小池先生演出版は今回初見。
「デイジーを思い続けるギャツビーの一途な愛の物語」という印象です。
ビジュアルもとても綺麗。
王道の純愛悲劇をザ・プリンスの井上芳雄が演じているに尽きる、とでも言いましょうか。


gatsby2.jpg




続きがあります
posted by スキップ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年07月19日

天の采配 「子午線の祀り」


shigosen.jpgとても興味があって観たいと思っていた舞台。
昨年のリーディング公演にも何とか行けないかと画策してみたのですが叶わず。
今回もスケジュールが合わず一度はあきらめたのですが、当初7月3日に「髑髏城の七人」を観た後、そのまま旅行に出る予定だったのが諸般の事情により中止となり、それならせっかく東京にいるのだからもう1本、と探したところ「『子午線の祀り』プレビューやってるじゃん!」とテンションあがりました。

が、チケットはすでに完売。
”大人の手段”を使おうにもそもそもマーケットに出るチケットの数が少なく、ピンポイントの日程ではなかなか見つからずにいてあきらめかけていたところ、世田谷パブリックシアターから「補助席発売」のお知らせが
「やはり神様は私にこの舞台を観ろとおっしゃってくださっている」と張り切って発売時間にアクセスしたところ戻り?が出たのか完売だったS席が買えたというおまけつきです。


世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演
「子午線の祀り」
作: 木下順二 
演出: 野村萬斎 
音楽: 武満徹  
美術: 松井るみ  照明: 服部基   衣裳: 半田悦子
出演: 野村萬斎  成河  村田雄浩  若村麻由美  河原崎國太郎  
嵐市太郎  星智也  今井朋彦 ほか

2017年7月3日(月) 6:30pm 世田谷パブリックシアター 1階M列(9列目)上手
(上演時間 3時間50分)



「平家物語」に題材をとった木下順二さんの叙事詩劇。
平知盛を主人公に、源義経を対照させて、一ノ谷の戦いで源氏に敗れた平家が屋島を経て壇ノ浦で滅亡するまでの葛藤を、天の視点から壮大なスケールで描いた作品です。
1979年に宇野重吉さん総合演出で初演されたそうですが、今回は2004年-2005年の観世榮夫さん演出版で知盛を演じた野村萬斎さんが演出も手掛けた舞台。


物語: 兄 平宗盛(河原崎国太郎)に代わり平家を指揮する知盛(野村萬斎)は、主戦論を唱える四国の豪族 阿波民部重能(村田雄浩)と対立していました。一方、源氏方でも、源義経(成河)と兄頼朝から遣わされた目付役の梶原景時(今井朋彦)の間に軋轢が生じていました。
平家の滅亡を予感しながらも後白河法皇の過酷な要求を拒絶し、徹底抗戦の道を選ぶ知盛。
ついに源平両軍は壇の浦の決戦の日を迎え・・・。


続きがあります
posted by スキップ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする

2017年07月16日

That's 新感線 「髑髏城の七人」 Season 鳥


seasontori1.jpgオープニングの無界屋のシーンで極楽太夫率いるべっぴんさんたちが歌い踊るのを観て、「これよ これよ~」と胸踊りました。
いのうえ歌舞伎もRXもおポンチも、ぜーんぶひっくるめて、「これが新感線」「新感線はこうでなくっちゃ」を見せていただいた感じです。

派手で楽しくてそれでいてドラマはしっかり立ち上がり。
キャストが違うとはいえ同じホンをこうも変えてくるなんて。
中島かずき&いのうえひでのり おそるべし!


ONWARD presents
劇団☆新感線 「髑髏城の七人」 Season 鳥 
Produced by TBS 
作: 中島かずき
演出: いのうえひでのり
美術: 堀尾幸男   照明: 原田保 
衣装: 堂本教子   音楽: 岡崎司   作詞: 森雪之丞
振付: MIKIKO 
殺陣指導: 田尻茂一  川原正嗣   アクション監督:  川原正嗣 
映像: 上田大樹 
劇中歌: 神田沙也加  滝和祥  金子鉄心(笛)
出演: 阿部サダヲ  森山未来  早乙女太一  松雪泰子  粟根まこと  福田転球  
少路勇介  清水葉月  梶原善  池田成志  右近健一  山本カナコ  村木仁 ほか

2017年7月3日(月) 1:00pm IHIステージアラウンド東京 10列センター
(上演時間 3時間30分)

Season 花 の感想はこちら (      


歌やダンスの他にSeason 花ともこれまでの髑髏城とも違っていた点は
・捨之介に天魔王を憎む明確な意志(そこに至る理由)があること
・天魔王が蘭兵衛こと蘭丸への、ひいては信長への屈折した思いを明言したこと
だと思います。

外枠の部分では、兵庫に息子がいた、なんていうのもありますが。
そして歌&ダンスが加わった分、カットされているシーンが散見。
冒頭の沙霧を助ける場面に兵庫&荒武者隊が登場しないとか、天魔王が捨之介に夢見酒をしみ込ませた鎧・仮面をつける場面はあっさりなくなっていました。

歌では松雪泰子さんの活躍が目立っていました。
右近健一さんや山本カナコさんの歌声を聴いているといかにも新感線の公演を観ているという気分になりますし、「劇団員も歌えるキャスト揃えてきたな」とも思います。
末來くんも夢見酒のシーンで相変わらず素敵なヴォーカル聴かせてくれていました。
カッチョイイダンスも披露してくれていましたが、もう少し観たかったな。
太一くんは歌わず・・・歌えるのに。蘭兵衛のキャラ的にNGだったのかな?


続きがあります
posted by スキップ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする