2020年07月03日

どうしても若い方々と話したいと会社にお願いした 「歌舞伎家話」第四回


kabukiyawa4.JPG

毎回楽しみにしている歌舞伎家話。
第四回は市川中車さんがホストで、中車さんが「一番気兼ねなく話せるお三方」とおっしゃる若手三人をゲストに迎えて。
お家も違っていて意外な組み合わせにも思えましたが、「どうしても若い方々と話したいと会社にお願いして実現した」とおっしゃっていました。


「歌舞伎家話」第四回
出演: 市川中車  坂東巳之助  中村米吉  中村児太郎
2020年6月23日(火) 8:00pm配信開始 (約75分)



前半は「ステイホーム中何してる」的な話や(私にとってあまり興味ない)昆虫の話題で、「今回は今イチだな・・・」と思っていたのですが、過去の共演舞台のお話あたりから俄然おもしろくなりました。

その前半の「何してる?」の中では、児太郎くんの「楽器をよくさわりました」が印象的。
「そんな気がしました。三曲やっぱりお稽古してらしたのね」と米吉くん。
児太郎くんに話を振ったのも米吉くん。「児太郎さんはどうしていらっしゃるの?お休みの間」と、とても綺麗な言葉遣いで。
児太郎くんは、「(役について)父と話したり、昔の映像も公演中だと見てただけだったのが細かいところまで見られる」「(阿古屋の)三曲はどの人も稽古するので楽器がすべてではない」と芸に対するストイックさが言葉の端々に。

児太郎くんは会話の中で中車さんのことを時々「照之さん」と呼ぶことがあって、本当に親しさが感じられました。
大河ドラマ「西郷どん」に孝明天皇役で出演された時、中車さんが「ついて行ってあげる」と収録スタジオに一緒に来てくれたそう。「香川照之といえば誰でも知っている俳優が『かばん持ちで来てます』と言ってくれて・・・」と感激の面持ち。これを聞いて中車さんが「僕も泣きそう」と。


興味深かったのは、「今までで一番苦しかった舞台・印象に残る舞台」

巳之助くん: 今年の浅草歌舞伎 「仮名手本忠臣蔵」七段目 の平右衛門
松嶋屋のおじさまにあんなに密に・・・今は違う意味になっちゃったけど・・・教えていただけたのは初めて。

中車さん: 右團次襲名披露興行の「義賢最期」は僕が一番苦しかった舞台のひとつ
出番終わって演舞場の屋上で吸引しながら高速道路眺めてた。

「照之さんがとうふ買いのおむらやった時も」と児太郎くん。
2015年 十二月大歌舞伎「妹背山婦女庭訓」で中車さんが初めて女形を演った公演のことですね。
「すごく努力しました。持てる時間すべて稽古した。朝9時に入って稽古して、「赤い陣羽織」終わって4階で稽古して、降りてきて顔するという毎日」
「玉三郎さんがこれをご覧になって、『お前の時の八汐は決まったね』とおっしゃっていました」と児太郎くん。

―中車さん、何でも器用にこなすイメージですが、影ではやはり血の滲むような努力をされているのだと改めて感じ入りました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:17| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

弔辞は読ましていただきます 「歌舞伎家話」第三回


kabukiyawa3.JPG

歌舞伎家話 3回目は松本幸四郎さんと市川猿之助さん。
一応、幸四郎さんがホストということになるのかな?


歌舞伎夜話特別編 「歌舞伎家話」第三回
出演: 松本幸四郎  市川猿之助
2020年6月14日(日) 8:00pm配信開始 (約105分)



このお二人は先日読了でアップした「染五郎の超訳的歌舞伎」の巻末でも対談されていますが、他の歌舞伎役者さんとは少し違った関係性を感じます。連帯感というか同志感というか、性格も芸のタイプも嗜好も違っているのに、どこかでしっかり通じ合っているというか。
今回の「家話」でもそれを強く感じたのですが、最も印象的だったのは


◆節目節目に

初めて共演した舞台からこれまでのいろいろを振り返る中で猿之助さんの発言。
「節目節目にいていただくから・・・」
「だから弔辞は読ましていただきます。葬儀委員長も勤めさせていただきますよ」
これに対して幸四郎さんは「え?僕が先に逝くの?心配で逝けないよ」
猿之助さんは「一緒の日だったら大変だろうね」


この発言に至る「節目節目」をいくつかご紹介。
・最初に会ったのは国立劇場の「供奴」 1991年8月
 幸四郎さん18歳、猿之助さんは16歳で高校1年生。
 から、年齢の話に。
 お二人は3歳違いですが、「猿之助さんより年上ですか?」と時々驚かれるという幸四郎さんに対して、「それは絶対ない」と断言する猿之助さん。若さには自信があるよう。
幸四郎さんと同級生は獅童さんや愛之助さんがいるけど、自分は同い年の人はいないとおっしゃっていました。

→ そうそう、その同い年の3人で松竹座の二月花形歌舞伎(「大當り伏見の富くじ」初演の時)やったんだよね~」と懐かしく思い出しました。

・「三国一夜物語」は回る亀の上に上がって舞台稽古で吐いたという猿之助さん(笑)。

・猿之助さんが「四の切」を本興行としては初めて明治座でやった時はぜひにと幸四郎さんに義経をお願いした。
→ 2011年5月の明治座花形歌舞伎ですね。当時は亀治郎さんと染五郎さん。あの時が私の明治座デビューでした(感想はこちら)。
 
「はじめのときにいられてうれしい」と幸四郎さん。
「いやいや、いていただけないと」と猿之助さん。

猿之助さん「四の切」は明治座公演に先立って、「亀治郎の会」で演じるにあたり猿翁さんに習いに行ったところ、「え?あんたやってなかった?」と言われたそうです。


続きがあります
posted by スキップ at 13:44| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2020年06月07日

同じ時代に生まれてきたことを誇りに思う 「歌舞伎家話 第二回」


kabukiyawa2 .JPG

楽しかった前回の歌舞伎家話からあーっという間に1週間が過ぎて、やってきました第2回。
次週の第3回(松本幸四郎さん、市川猿之助さん)も発表されて、しばらく継続する企画のようです。


歌舞伎夜話特別編 「歌舞伎家話」第二回
出演: 尾上松也  中村七之助  小栗旬

2020年6月5日(金) 8:00pm配信開始 (約70分)



第一回のゲストだった松也くんがホストとして「同世代の友人と語り合いたい」と仲のよい七之助くんと小栗旬くんをゲストに迎えた第二回目。
歌舞伎ばかりでなく、新感線やミュージカル、ストプレの話まで、この3人ならではのトークはバラエティに富んでいて楽しかったです。

3人の共通の友人である生田斗真くんの結婚が公表された日でもあり、「斗真おめでとう!」と3人の笑顔の祝福で始まりました。

小栗旬くんを七之助くんたちと結びつけたのは七之助くんの親友でもある松本潤くんですが、それよりずっと以前の23、4歳のころ、旬くんは藤原竜也くんに「お前は絶対歌舞伎を観に行くべきだ」と言われて観に行ったのだそう。竜也くんといえばもちろん勘九郎さんの親友で、このあたり、勘七兄弟の華やかな人脈の凄さを改めて感じました。

そんな旬くんが言ってくれた忘れられない言葉を挙げたのは松也くん。
コクーン歌舞伎「三人吉三」(2014年)を観に行った旬くんが、「波ちゃん(七之助くん)と俺(松也くん)と勘九郎さんと同じ時代に生まれてきたことを誇りに思う」と言ってくれたのだそうです。

それに対して旬くんは「RED」を観に来てくれた波ちゃんが
「すごくいい芝居。旬はこの芝居、誇りに思った方がいいよ」と言ったエピソードを披露。

「三人吉三」は上七之助くんが「決まったよ」と松也くんに電話をくれたのも忘れられないのだとか。
松也くんは初日終演後の乾杯の挨拶で泣いたそうです。
「いつも『あの人、泣いてる』とか思う方なのに、あんなに感極まったのは後にも先にも初めて。主演の3人に選んでもらって本当にうれしかった」と。
そうそう、あの時、「お坊 松也くん?抜擢だなぁ」と驚いたものでした。
お稽古も大変で、前日まで串田さんからいろいろ変更が入り、初日の朝、通し稽古→記者会見→夜 初日開演だったそう。


続きがあります
posted by スキップ at 23:06| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2020年05月31日

今度歌舞伎座に立つ時は 「歌舞伎家話 第一回」


kabukiyawa1 .jpg

歌舞伎俳優をゲストに迎えて歌舞伎座ギャラリーで不定期に開催されているトークイベント「歌舞伎夜話」。
その特別編がオンライン配信されることになって、第一回目のホストが松本幸四郎さん・・・とくれば「そんなの、観るに決まってるー!」です。


calendar.jpeg

こんなふうに「529 8:00pm」とメモしてカレンダーに貼っていたにもかかわらず、なぜか9時開始と思い込んでいていささか出遅れましたが、ライブで楽しく視聴しました。見逃した冒頭部分はアーカイブで。


歌舞伎夜話特別編 「歌舞伎家話」 第一回
出演: 松本幸四郎  尾上松也(ゲスト)

2020年5月29日(金) 8:00pm配信開始 (約1時間)



幸四郎さん曰く、テーマは「凄艶」(すごつや)ということでしたが、凄艶だったかどうかはともかく、楽しいトークでした。
ホストである幸四郎さんがゲストに松也くんを迎えて・・・というより、相変わらずマイペースでフリーダムに話す幸四郎さんに松也くんが気を遣いながら合わせる、といった雰囲気。

幸四郎さんと松也くんのトークといえば5年前の博多座 バレンタイン KABUKI NIGHT 思い出します
あの時も松也くん、フリーダムな幸四郎(当時染五郎)さんをちゃんとフォローしつつツッコミもしっかりの「できる子」ぶり発揮してました。2人でラッスンゴレライ(懐かし)やったり、楽しかったな(レポはこちら)。


お二人ともご自宅からの配信でしたが、幸四郎さんの後ろの壁には何だか小さな角型のものがたくさん貼ってあって、松也くんが「それは何ですか?」と聞くと、ミニチュアの歌舞伎セット。
冒頭のプロモーション画像でも前に並べていらっしゃいますね。

松也くんはこの状況になってアロマキャンドルに凝っているということでキャンドルの灯りの中で妖しげな雰囲気。アロマキャンドルのよさを力説されていましたが、幸四郎さんはあまり興味がなさそうで、「ただ聞いてるだけって表情やめてもらえます?」と松也くんにツッコまれていましたw


◆ 三谷かぶき
昨年6月に上演された三谷かぶき「月光露針路日本 風雲児たち」のお話で、10月に公開されるシネマ歌舞伎の予告編動画が流れました。1年前かぁ・・・すでに懐かしい。
犬ぞりの場面は三谷さん案では当初 馬10頭の予定だったとか。
それを犬に変更するにあたって「振付のあづみれいかさん」という幸四郎さんの発言がありましたので「あの(宝塚OGの)あづみれいかさん?」と昨気になって年の筋書調べてみましたが、振付はどなたかわからず。
あれこれ調べる中で、麻乃佳世さんのFacebookにこんな一文を発見。
・・・二幕の最後に、犬ぞりのシーンがあるのですが、ワンちゃん達の動きを、振り付けさせて頂き、ワンちゃん達がいとおしく・・・
あのシーンに宝塚OGさんがかかわっていらしたとは。


◆ 劇団☆新感線
松也さんが昨年「メタルマクベス」に主演した劇団☆新感線のお話も楽しかったです。
「新感線はカッコいいね!とおもしろいね!の連続」と幸四郎さん。
幸四郎さんが「阿修羅城の瞳」で初めて新感線の舞台に出た時、殺陣の稽古で「歌舞伎だと一人斬るとバーッと倒れてくれるけど、新感線は一人ずつ斬ってくれと言われて・・・」。
また、新橋演舞場の揚幕さんが演出のいのうえひでのりさんに「花道はいつも走って出入りしなくてもいいんですよ」と言われて、それに対していのうえさんが、「でも走りたくなるじゃん、あんなまっすぐな道」とおっしゃったそうです。
「確かに新感線はほぼ100% 花道は走ってますよね」と松也くん。
歌舞伎では花道を悠然と引っ込むことが多く、「逆に歌舞伎以外の友人から、よくあんなにゆっくり歩けるよね」と言われるのだとか。


続きがあります
posted by スキップ at 12:04| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2020年05月09日

3月歌舞伎公演 「義経千本桜」 @国立劇場公式YouTubeチャンネル


kokuritsu202003.JPG歌舞伎の三大狂言のひとつ「義経千本桜」を通し上演、しかも、佐藤忠信(源九郎狐)、平知盛、いがみの権太という3人の主人公を尾上菊之助さんが一人で“三役完演”、さらにはご子息 丑之助くんもご出演で親子共演という話題の公演。

「観たいけど、3月は歌舞伎座あるし、南座『オグリ』も役替わりだから2回行かなあかんし、その他も予定パツパツで無理~💦」とチケット取っていなかったのですが(結局全部中止になったけれど)、こうして映像で観ることができるのはうれしくもあり複雑な思いでもあります。


国立劇場 令和2年3月歌舞伎公演(小劇場)
通し狂言「義経千本桜」
Aプロ: 伏見稲荷鳥居前の場/渡海屋の場/大物浦の場
Bプロ: 下市村椎の木の場/下市村竹藪小金吾討死の場/下市村釣瓶鮓屋の場
Cプロ: 道行初音旅/河連法眼館の場
出演: 尾上菊之助  中村鴈治郎  坂東亀蔵  中村梅枝  
中村萬太郎  中村米吉  尾上丑之助  中村寿治郎  市村橘太郎  
上村吉弥  河原崎権十郎  市村萬次郎  市川團蔵  中村時蔵 ほか



歌舞伎で「義経千本桜」の通しを観たのは、2016年6月の歌舞伎座以来です。
あの時も三部制で、一部に「鳥居前」がなくて「所作事 時鳥花有里」がついていた以外は今回のA~Cプロとほぼ同じ構成。
知盛:市川染五郎(現 松本幸四郎)権太:松本幸四郎(現 松本白鸚)源九郎狐:市川猿之助 と3人が演じ分けた主人公を、A・B・Cプロを1日で通す日がなかったとはいえ、今回の菊之助さんが「三役完演」することがどれほど大変なことだったか想像に難くありません。
菊之助さんも万全の準備をして臨まれたと拝察いたしますので、公演中止はご本人にとっても本当に残念なことだったでしょう。


まずは「菊之助さんすごーい」というのが率直な感想。
本当に「三役完演」だ。


続きがあります
posted by スキップ at 22:38| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2020年05月05日

三月大歌舞伎 「沼津」 @松竹チャンネル


昨年9月の「秀山祭」。体調不良で休演された吉右衛門さんの代役を幸四郎さんが開演1時間半前に決まって初役で勤め、3日間見事にやり遂げたことで話題になりました。
白鸚さんがインタビューでそのことに触れられ(こちら
・本人には言わないけれど、度胸、覚悟、本当によくやった、と感心したこと
・今回の演目と配役を決める際、ご自身から松竹側に「沼津」はどうですか?とおっしゃったこと
・普段「一世一代」という言葉を使わない白鸚さんが「今回だけは使おうかと」考えられたこと
・それは幸四郎さんの心意気に対する親としてのささやかなご褒美という思いがあること


kabukiza202003yoru.jpgこの記事を読んで、元々観るつもりでしたが、「これは絶対観なければ」と固く心に誓ったものでした。
実際、初日から9日間が中止になった時にはあきらめ切れず、終盤に再度チケット取り直したくらい(結局全公演中止となってしまいましたが)。
だから、こうして映像でも観られることはうれしい反面、やっぱりナマの舞台で観たかったという思いも一層強いです。


三月大歌舞伎  夜の部 「伊賀越道中双六 沼津」
出演: 松本幸四郎  片岡孝太郎  中村吉之丞  
坂東彌十郎  松本白鸚 ほか
2020年3月20日 歌舞伎座にて収録
(上演時間: 1時間49分)



東海道を旅する呉服屋十兵衛(幸四郎)は、沼津のはずれで出会った雲助の平作(白鸚)から頼み込まれ荷物を持たせますが、年老いた平作の足取りはおぼつかず怪我を負ってしまい、十兵衛が印籠の妙薬で手当てをします。先を急ぐ十兵衛でしたが、平作の娘お米(孝太郎)に一目惚れして平作の家に立ち寄ることに。その夜、お米が印籠を盗もうとしたことから、十兵衛は平作こそが自分の実の父親だと気づきますが・・・。


さて、その十兵衛と平作。
前半は、若々しい十兵衛と足元もおぼつかない平作のやりとりがとても楽しく微笑ましい。
幸四郎さんの十兵衛はやわらかくて色気もある二枚目ぶり。
白鸚さんは平作初役ですが、想像した以上に平作でした。
ヨレヨレなのですが(笑)、その中に気骨がにじみ出て、年恰好からも幸四郎さん十兵衛との親子感が自然。

この二人が客席通路を歩いてアドリブを入れたり、客席をいじったりするのがこの演目の前半の見どころとなっていますが、誰もいない客席を歩く姿はやはり切ないです。
幸四郎さん十兵衛は道を逸れて「綺麗な人見るとすぐそっち行く」と平作にツッコまれたり、カメラにどんどん近づいて「お地蔵さん」にご挨拶されたりしていましたが、本当ならここで笑いや拍手が起こったんだろうなぁと思ったり。品のよいユーモアのセンスがあってアドリブも達者な幸四郎さんなので、きっと楽しい場面になったことでしょう。

前半がそんなふうにほのぼののどかなので、後半の悲劇がより一層際立ちます。
多分ずっと実の親に会いたいと願っていたであろう十兵衛。
その親にやっと会えたのも束の間、自分とは仇筋という因縁に名乗ることもできず旅立ち、自分を追って来て目の前で死んでいく平作にせめてものはなむけ「股五郎が落付く先は九州相良、九州相良」の声が悲痛に響きます。
市井の親子のドラマですが、会いたいと願い、会ったことで悲劇が起こるという皮肉に胸が詰まります。
父と息子の情愛と深い絆も感じられ、とても心に沁みるラストでした。


これまで何度も観た「沼津」ですが、こんなに台詞を一言一句漏らさず聴いたのは初めてではないかと思うくらい。←
それは映像の効用かもしれませんが、それでもやはり舞台で観たかったという思いが残ります。




近い将来 必ず座組で上演されると信じています のごくらく地獄度 (total 2094 vs 2103 )


posted by スキップ at 22:39| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする