2019年11月17日

シネマ歌舞伎 「女殺油地獄」


aburanojigoku.jpg松本幸四郎さんが「大阪松竹座でやるならこれを」と昨年の襲名披露興行で唯一こだわったとおっしゃっていた演目。
2001年博多座で初役を勤めて以来、「夏の大阪でこの演目をやるのが最終目標」だったそうです。
そして、「こういうドラマ性のある作品こそシネマ歌舞伎になり得るのではないか」とシネマ歌舞伎で撮ることも強く希望されたのだそうです。


シネマ歌舞伎第34弾 「女殺油地獄」
原作: 近松門左衛門 
監修: 片岡仁左衛門(舞台公演)
監督: 井上昌典
出演: 松本幸四郎  市川猿之助  市川中車  市川高麗蔵  
中村歌昇  中村壱太郎  大谷廣太郎  片岡松之助  嵐橘三郎  
澤村宗之助  坂東竹三郎  中村鴈治郎  中村又五郎  中村歌六 ほか
(2018年7月 大阪松竹座公演)

2019年11月13日(水) 12:20pm なんばパークスシネマ シアター8
(上映時間: 103分)



昨年7月 松竹座で3回観た感想はこちら


エンドロールに「収録・編集協力 松本幸四郎」とクレジットされていました。
幸四郎さんのこだわりと思い入れが随所に現れたシネマ歌舞伎。

今回シネマ歌舞伎にするにあたって、公演本番ばかりでなく、観客の入っていない舞台稽古でも撮影されたり、殺しの場面はカメラマンが舞台上に上がって撮ったり、ほかの場面でも客席にレールを設置したり、舞台上のカメラの台数を増やしたりと、これまでのシネマ歌舞伎にはない仕上がりになっているのだそうです。
幸四郎さんのシネマ歌舞伎に対する考え方は、「いわゆる劇場中継ではなく、映画館のスクリーンで観る作品として成立するものでありたい。」ということなのだとか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:04| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

奇跡のような『船弁慶』 「源平の雅」


genpeinomiyabi.jpg公益財団法人関西・大阪21世紀協会の上方文化芸能振興事業の一環として開催された公演。
この情報を知ったのは8月半ばのことでしたが、「えっ!?幸四郎さんの『船弁慶』? 観るっ!!」と即決でした。


日本の文化に親しむ 「源平の雅」
企画: 阪口純久
構成・演出: 藤間勘十郎
2019年10月17日(木) 12:30 国立文楽劇場 
1列センター



一、半能 橋弁慶
出演: 武蔵坊弁慶: 浦田保親  牛若丸: 味方慧 ほか
笛: 杉市和  小鼓: 吉阪一郎  大鼓: 河村大
(上演時間: 20分)


もともと能楽の演目ですが、「橋弁慶」をお能で拝見するのは実はこれが初めて。
半能なのでいきなり牛若丸と弁慶の出会いの場面から入ります。

二人とも面をつけない直面でした。
稚児の拵えの牛若丸がリアル子供さんで、「そうだ、お能では牛若丸は子方の役だった」と思い出した次第。
味方慧くんは小学校高学年くらいかな、キビキビ動いて台詞もしっかり。
弁慶は観世流の浦田保親さん。僧兵の装束でいかにも屈強そう。
リアルに体格の違いもあって、事実こうだったのかなといにしえの古都に思いを馳せました。

まるで夜空を切り裂くような笛、カーンと高く響く大鼓の音色にも聴き惚れました。


続きがあります
posted by スキップ at 14:31| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

九月花形歌舞伎 「東海道四谷怪談」


yotsuyakaidan201909.jpg関西では26年ぶりの上演となる「東海道四谷怪談」。
結構よく観ている気がするのですが、全部東京でしたか。
直近に観たのは2017年の「晴の会」ですが、あれは自主公演だからカウントされないのね。

中村七之助さんが初役でお岩・与茂七・小平の三役に挑みます。


南座開場記念 九月花形歌舞伎
通し狂言 東海道四谷怪談
序 幕 浅草観音額堂の場/按摩宅悦内の場/
     浅草観音裏地蔵前の場/同 田圃の場
二幕目  雑司ヶ谷四ッ谷町伊右衛門浪宅の場/
    伊藤喜兵衛内の場/元の伊右衛門浪宅の場
三幕目 砂村隠亡掘の場
大 詰 蛇山庵室の場

作: 四世鶴屋南北
監修: 坂東玉三郎
補綴: 竹柴徳太朗
出演: 片岡愛之助  中村七之助  市川中車  中村壱太郎  
中村歌女之丞  中村鶴松  片岡千次郎  片岡亀蔵  市村萬次郎 ほか

2019年9月22日(日) 11:00am 京都南座 3階1列センター
(上演時間: 4時間/幕間 30分・20分)



坂東玉三郎さん監修。
戸板返しや提灯抜け、早替りといった「四谷怪談」につきもののケレンはもちろんありつつ、奇をてらったところがなくて、これまで観た数々の「四谷怪談」の中でも結構正統派の印象を受けました。

幽霊やホラーといったイメージが強い「四谷怪談」ですが、お岩という女性の純粋さゆえの悲劇・・・とても切なく哀しい情念と因果の物語だと思っています。
そのあたりがとても丁寧に描かれていました。


七之助さん入魂のお岩。
内からにじみ出る儚さ、健気さ、それらを覆ってしまうような怒りと怨念。お岩の持つ表裏一体の情念を見事に描出。
二幕 「元の伊右衛門浪宅の場」。
夫である伊右衛門に騙された無念、「これがわたしの顔かいな」という悲痛な叫び、髪梳き・・・凄まじいほどに鬼気迫る場面に客席中が静まり返っていました。顔は醜く変貌していますが、えも言われぬ色気を醸し出すお岩さん。伊右衛門に不義をしろと言われて不承不承といったテイの宅悦がついその気になってしまうのもむべなるかな。

宅悦は千次郎さん。抜擢だと思いますが、さすが日頃の精進が表れて上手い。


続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年09月23日

濃密充実 「秀山祭九月大歌舞伎 夜の部」


shuzansai201909.jpg今年の秀山祭 夜の部は「勧進帳」の弁慶が
奇数日: 仁左衛門さん
偶数日: 幸四郎さん   の日替り。
もちろんどちらも観たいのはヤマヤマですが、なかなかそうは参りません。
ということで、沈思熟考の末、「仁左衛門さんの弁慶はこれが最後かもしれないし、ましてや仁左衛門さんの弁慶で幸四郎さんが富樫を勤めるなんて、多分この先二度とないこと」と考え、奇数日を観ることにしました。

中村吉右衛門さんが体調不良のため9月16日から休演。
心配でしたが、「きっちー、頼むで」と心の中で応援(?)した甲斐あって、この日から無事復帰されました。


秀山祭九月大歌舞伎 夜の部
2019年9月19日(木) 4:30pm 歌舞伎座 1階6列下手




一、 菅原伝授手習鑑 寺子屋
出演: 中村吉右衛門  中村福助  尾上菊之助  中村児太郎  
中村鷹之資  嵐橘三郎  中村又五郎  松本幸四郎 ほか
(上演時間: 1時間23分)



terakoya201909.jpg


今、歌舞伎で観られる最高の「寺子屋」のひとつではないかと思います。
吉右衛門さんの松王丸はもとより、幸四郎さんの源蔵、菊之助さんの千代、児太郎さんの戸浪ががっぷり四つに組み、緊迫感に満ちた濃密な世界をつくり出してくれました。
さらには、又五郎さんの玄蕃、鷹之資くんの涎くりと役者が揃い、丑之助くんの菅秀才に福助さんの園生の前という豪華配役です。


続きがあります
posted by スキップ at 21:22| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年09月18日

若さも才気も野心も 「第五回 研の會」


kennokai2019.jpg

尾上右近くんの自主公演「研の會」。
毎年楽しみに拝見していますが、2015年に始まって第五回となる今回、初めて京都でも開催されました。


尾上右近自主公演 「第五回 研の會」
2019年8月29日(木) 12:00pm 春秋座 12列下手



一、 弁天娘女男白浪
   浜松屋見世先より稲瀬川勢揃いまで
作: 河竹黙阿弥
監修: 尾上菊五郎
出演: 尾上右近  坂東彦三郎  市川九團次  中村梅丸  市川福太郎  
市川新十郎  坂東亀三郎  市村橘太郎  片岡市蔵  市川團蔵
(上演時間: 1時間10分)


音羽屋さんのお家芸「弁天娘女男白波」。
4、5歳の頃に、ツラネのせりふをまるまる暗記していたという右近くんにとっても思い入れの深い演目なのだとか。
女形はもちろん立役も演じることの多い右近くんに弁天小僧はぴったりと思っていました。

最初に右近くんの声であらすじのナレーションが入ります。
歌舞伎ファンなら知っている内容ですが、もちろん初めての人もいる訳で、より舞台を楽しんでもらおうという心遣い。


憧れのお役をやれる喜びに満ちあふれているような弁天。
若くてとんがっていて、イキイキとして。
花道に現れる武家娘の美しさは申し分なく、見顕しからは口跡よい台詞が響き渡っていて、そのあたりはもう少し緩急がほしいとか、色気も・・と思わないではありませんが、
少年が大人になる道のりで見せる危うさ、そしてその一瞬の輝きを感じさせる弁天でした。


続きがあります
posted by スキップ at 23:09| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年09月11日

花形狂言2019 THE LAST HANAGATA


hanagata2019.jpg2006年に結成された茂山千五郎家の若手5人(茂山千五郎・宗彦・茂・逸平・千之丞)による花形狂言。
兵芸での公演は2012年から。
ほぼ毎年楽しみに拝見していますが、今年が LAST HANAGATA。

2016年に正邦さんが千五郎を、昨年は童司さん千之丞を襲名したこともあって、若手という意味合いも含む「花形」という名前での活動は一旦終了、ということのようです。
でも、この日に新しいユニット名発表だったの~。


花形狂言2019 THE LAST HANAGATA
出演: 茂山千五郎  茂山宗彦  茂山茂  茂山逸平  茂山千之丞/
島田洋海  中村壱太郎 (友情出演)

2019年8月24日(土) 5:00pm 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール 
1階E列センター  (上演時間: 2時間/休憩 15分)



「BLACK & WHITE」 ~歌舞伎十八番 「鳴神」より~
歌舞伎でおなじみ 「鳴神」の後日談。
白雲坊(千之丞)と黒雲坊(逸平)が空を見上げては「やまぬな~」と話しています。
雲の絶間姫が結界のしめ縄を切って竜神を解き放ち、やっと雨が降り始めたのはよかったものの、それから3ヵ月間ずっと雨続き。上人は引きこもりになり、下界への道は雨のため閉ざされ、備蓄の食糧も底をついて明日の食べ物にも事欠くほどになっているのでした。そこへ、しめ縄を結びなおしに雲の絶間姫がやってきて・・・。

この演目は2013年にも観ていて、その時、雲の絶間姫を演じたわかぎゑふさんがかなり強烈なインパクトだったのですが、今回の絶間姫はなーんと中村壱太郎くん!壱太郎くんのご出演は事前に知りませんでしたので、とてもびっくり&喜


続きがあります
posted by スキップ at 22:32| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする