2018年02月22日

二月大歌舞伎 夜の部


201802kabukiza.jpg高麗屋三代襲名披露 二か月連続興行の2ヵ月目。
今月は出演する役者さんの数が新しい歌舞伎座のお披露目興行以来の大人数なのだとか(口上での幸四郎さん談)。

当初2月8日(木)に昼夜通しで、と考えていたのですが、「七段目」の平右衛門、お軽の役替りが発表されて「どちらか一方しか観られないならそりゃ奇数日でしょ」と予定変更。
夜の部から拝見することと相成りましてございまする。


歌舞伎座百三十年
松本幸四郎改め 二代目 松本白鸚
市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎
松本金太郎改め 八代目 市川染五郎  襲名披露
二月大歌舞伎 夜の部


2018年2月7日(水) 4:30pm 歌舞伎座 1階1列センター



一、一谷嫩軍記 熊谷陣屋
出演: 松本幸四郎  中村魁春  中村雀右衛門  中村芝翫  中村歌昇  
中村萬太郎  坂東巳之助  中村隼人  中村鴈治郎  市川左團次  尾上菊五郎 ほか
(上演時間: 1時間25分)



201802kumagai.jpg


熊谷直実のmy top 2といえば仁左衛門さんと吉右衛門さんですが、染五郎時代の幸四郎さんの直実も観たことあるぞ、と調べてみたら2010年5月の新橋演舞場 五月花形歌舞伎でした。
そうそう、旧歌舞伎座が建て替えのため閉場した翌月だったなぁと懐かしく思い出しました。
もう8年も前なのかぁ~と感慨深いのと同時に「藤の方:尾上松也」にオドロキ。
当時、吉右衛門さんの熊谷を「なぞるだけで精一杯」とおっしゃっていた染五郎さん。
ひと回りもふた回りも大きくなって幸四郎さんとしての「熊谷陣屋」です。


続きがあります
posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

三代同時襲名記念特別展 「高麗屋のコリャイイや」


image1 (12).jpg


2月の上京は1泊2日結構ツメツメであまり時間のゆとりがなかったのですが、
高麗屋贔屓としては時間をやり繰りしてでもこの特別展は行くってもんでしょ。


三代同時襲名記念特別展 「高麗屋のコリャイイや」
歌舞伎座ギャラリー


白鸚さん、幸四郎さん、染五郎くんそれぞれが一月の襲名披露公演で演じた「寺子屋」の松王丸、「勧進帳」の弁慶、義経の自筆の画や書、白鸚さんの弁慶の衣装、染五郎くんの「婦人画報」連載の原画や高麗屋箱、幸四郎さんの趣味の品々など見どころたっぷりでとても楽しい展示でした。



image2 (8).jpg

会場に入るとこれがど~ん。
話題の幸四郎さん「車引」松王丸の等身大フィギュア。押隈つき。
襲名披露狂言のポスター撮影時に海洋堂さんが360度撮影してリアルに再現したものだそうですが、いや~、ほんとよくできていました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:50| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

2月7日は初午祭


hatsuuma1.jpg

幸四郎夫人の園子さんがInstagramにアップされていた三代のお稲荷さんの行灯(こちら)が、歌舞伎稲荷大明神にも祀られていると聞いて、私も写真撮りたいと、2月7日 歌舞伎座夜の部 一幕目終演後の幕間に外に出てお稲荷様に行ってみました。
すると、何やらご参拝の行列ができていて、しかもその行列は歌舞伎座の中から続いているのでした。

「何?」と思って歌舞伎座の中に戻り、ロビー上手側に行ってみると、



image1 (5).jpg

おー、今日は初午だったのね。
そういえば、歌舞伎座では初午や二の午でおしるこがふるまわれているのを以前 twitterで見かけた記憶が。
幕間も半分以上過ぎていたのでどうしようかと迷ったのですが、係の方が「だいじょうぶですよ」とおっしゃってくださったので、並んでみました。

お稲荷様にお参りをすませるとまた歌舞伎座の中へ戻ってくる通路がちゃんとできていて、戻った入口では御神酒とおしるこがふるまわれました。

image2 (4).jpg

「お酒?」と言って御神酒はご遠慮される方も多かったですが、もちろん私は一気飲み。
おしるこもおいしくいただきました。
節分の豆まきのことをすっかり失念していて「何でワタシ、2月3日にしなかったんだろ」と少し悔んでいたのですが、そんなこともすっかり忘れて、お稲荷様のご褒美いただいた気分でした。



image2 (3).jpg image1 (3).jpg

歌舞伎稲荷大明神 翌日にお昼にも立ち寄ってみたのですが、夜の幻想的な雰囲気とは全く別の顔でした。


園子夫人がInstagramにも書いていらっしゃったように、二月は歌舞伎座内のあちこちや木挽町広場にも地口行灯が飾られていていつもと違った雰囲気。一つひとつ見るのも楽しいです。


image1 (2).jpg image2 (2).jpg



歌舞伎座は舞台のほかにもお楽しみがいっぱい のごくらく度 (total 1872 vs 1877 )




posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

めでたや 「初春文楽公演」 第1部


初春と咲甫太夫さん改め 六代目竹本織太夫さんの襲名披露が重なったおめでたい公演。
さらには、八代目竹本綱太夫 五十回忌追善でもあります。

昨年、チケット取っていたのに観に行けなかった公演の中に文楽が3回もあって、なぜか文楽と相性がよくない不肖スキップ。
「あら、文楽劇場、なんだか久しぶり」と思ったら、2016年の錦秋公演以来でした(うめだ文楽とかは観たけれど)。


初春文楽公演 第1部 
2018年1月25日(木) 11:00am 国立文楽劇場 1列センター



image2 (2).jpg  image2 (4).jpg

初春公演恒例のにらみ鯛と東大寺の狭川普文別当の絵馬。
私の席からは右の画像のような目線(ズームなし)。


花競四季寿(はなくらべしきのことぶき)  
万才・鷺娘
太夫: 豊竹睦太夫  竹本津國太夫  豊竹咲寿太夫  竹本小住太夫  竹本文字栄太夫
三味線: 鶴澤清友  野澤喜一朗  鶴澤清丈  野澤錦吾  鶴澤燕二郎
人形: 吉田玉勢  桐竹紋臣  吉田文昇 
(上演時間: 21分)


初春らしくおめでたい「万才」と冬にぴったりの「鷺娘」を続けて。
「鷺娘」は雪の舞い散る中、白い着物から薄いピンク色の着物に引き抜きがあって(人形:吉田文昇)「ひょ~」と驚き。
歌舞伎でも観たことのある舞踊ですが、文楽のお人形って、ほんと、人間ができることは何でも全部できるのね。

足元にたくさんの雪が舞い降りてきたのですが、休憩から戻るときれいになくなっていたのでお掃除されたのかと思っていたら「後ろの席の人たちがいっぱい拾いに来た」と隣席のおじさまが教えてくださいました。
ま、私も何枚かいただきましたけれども。


続きがあります
posted by スキップ at 23:03| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

阿弖流為オフ


ateruibr.jpg歌舞伎NEXT 「阿弖流為」のBlu-ray・DVDが発売された1月10日。
TwitterやInstagramを通じて、またリアルでも仲良くしていただいているぶんさんの、「大阪でデュアルプロジェクター観られるところで阿弖流為オフ会やるぞーって言ったら何人ぐらい来てくれるかしら」というつぶやきに「ハイッ!」と手を挙げた人がすぐに4人集まって、即実行が決まり、日程調整も場所の予約もみんなへの連絡もBlu-ray持ってくるのもぜーんぶ ぶんさんがやってくれて、本日、5名のオフ会でした。

まずは私が持参した新感線版「アテルイ」DVDのさわりの部分を観ていただいて、「染ちゃん若いよね~」「堤さんもカッコいいよね~」とウォーミングアップ。
2002年上演なので16年前。そりゃ若いし、少しとんがってる感もある阿弖流為がまたカッコいいんだ



そしていよいよ本編。

image1 (9).jpg

梅田の某カラオケボックスなのですが、壁二面の大画面にこんなふうにBlu-rayの映像がデュアルに映し出されます。


image2 (2).jpg

立烏帽子もデュアルで。


舞台7回観て、シネマ歌舞伎も2回観た「阿弖流為」ですが、何度観ても楽しいし切ない。
映画館のスクリーンほどではないにしてもすごく近い大画面で迫力満点。
阿弖流為や田村麻呂が登場すると「ひゃ~」とか「カッコイイ~」とか声に出したり、みんなであれこれ話しながら観るの、とても楽しかったです。


image1 (2).jpg

阿弖流為と田村麻呂が両花道で対峙して初めて自分の名を名乗り合う場面。
何度観ても泣ける。


それぞれ贔屓が違えば着眼点も違っていて、また新しい発見があったり。
「わが名を問うか、阿弖流為」から始まる荒覇吐覚醒の場面。
「私は森であり、山であり、この日高見の国である」からの「神とは口惜しいのう」「蝦夷の長も口惜しいわ」「口ばっかり」まではみんな黙って画面を注視。
七之助さん荒覇吐の神々しさよ。

合間には、配役日程が発表されたばかりの松竹座「ワンピース」をはじめ「阿弖流為」以外の歌舞伎や他の舞台、役者さんの話など、お話は尽きず、画面観たりしゃべったり飲んだり忙しい



カラオケボックスに4時間入り浸り の地獄度 (total 1867 vs 1870 )


posted by スキップ at 23:27| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

新春浅草歌舞伎 第2部


asakkusa2018.jpgすごーく積極的に観たいというほどではないけれど、いつも興味はある浅草歌舞伎。
昨年は松竹座で二月に花形歌舞伎があるからと浅草はパスしましたので2年ぶりです。

新春浅草歌舞伎 第2部
2018年1月17日(水) 3:00pm 浅草公会堂 
3階ふ列センター


お年玉〈年始ご挨拶〉
中村種之助


すぐ次に出番があるので白塗りのお顔での登場です。
ハキハキきっちりお行儀よく、演目の解説などを。
「この説明で足りなければ、ロビーにはプログラムもございます」としっかり販促もして、「お客様にお願いしたいのは携帯電話の電源を切ることだけ」と(笑)。


一、操り三番叟
出演: 中村種之助  中村隼人  中村梅丸  中村錦之助
(上演時間: 30分)


「操り三番叟」は三番叟の中でも好きな演目で、これまでいろんな人の踊りを観ましたが、踊り巧者の種之助くんの三番叟もさぞかしよかろう、と期待していました。
若々しくキレのある踊りで操られぶりも巧み。ふわりと飛び上がるところなんて、軽々していて音もたてずに着地(というのか?)していました。
キリリとしたイケメンの梅丸くん後見との息もぴったり。
ラスト、三番叟があげた片足をゆらゆらさせるイメージがあるのですが、種之助くんは静止したままでした。
お家によって型た違うのかしら。

翁が中村錦之助さん、千歳を中村隼人くんという、史上最強?の美形翁千歳。
美しい2人の優雅な動き。は~、清められたワ、な眼福の一幕でした。


続きがあります
posted by スキップ at 22:57| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする