2020年01月02日

切ない愛おしいまた会いたい 「蝙蝠の安さん」


201912yasusan.jpg

松本幸四郎さんがチャップリンの「街の灯」を歌舞伎化した「蝙蝠の安さん」を12月に上演すると情報公開された時、「あ、その話、前に聞いた!」と思い当たりました。
自分のブログ検索してみると、2007年3月 「チャップリン国際シンポジウム」でチャップリンのお孫さんと対談された時でした(こちら)。
あの時、チャップリンのお孫さんのチャーリーさんに正式に上演許可をいただいた作品。
幸四郎さんってば本当に有言実行の人です。

あれから12年過ぎましたが、幸四郎さんがおっしゃるところによると、今年はチャップリン生誕130周年で、チャップリンのご命日の12月25日にも上演。花売り娘お花を演じる坂東新悟さんのお祖父様・坂東好太郎さんは「蝙蝠の安さん」という映画に出演されていたという巡り合わせは計画してできることではなく、まさに「今が上演する時」だったそうです。


国立劇場12月歌舞伎公演 
チャールズ・チャップリン生誕130年
チャールズ・チャップリン=原作「街の灯」より
「蝙蝠の安さん」
脚色: 木村錦花
補綴: 国立劇場文芸研究会
脚本考証: 大野裕之
演出: 大和田文雄
美術: 国立劇場美術係
出演: 松本幸四郎  坂東新悟  市川猿弥  大谷廣太郎  
澤村宗之助  上村吉弥  大谷友右衛門 ほか

2019年12月22日(日) 1:55pm 国立劇場大劇場 1階2列下手
(上演時間: 1時間35分)



映画「街の灯」は多分高校生くらいの時に観たことがあります。
その頃よくチャップリンの映画を観ていましたので、「街の灯」と「ライムライト」がごちゃ混ぜになりがちだったのですが、舞台観ているうちにそうそう!と思い出しました。

ストーリーはほぼ「街の灯」そのままを日本の江戸時代に置き換えた感じ。
「蝙蝠の安さん」は、歌舞伎「与話情浮名横櫛」に登場する「蝙蝠安」に見立てられています。
風来坊の蝙蝠の安さん(幸四郎)は、橋の上で出会った盲目の花売り娘お花(新悟)の目の治療費のため奮闘して手に入れたお金を渡します。やがて目が見えるようになったお花のもとを安さんが訪ねますが・・・。


とてもよかったです。
結末は知っているはずなのにラストは切なくて、花道に佇む安さんが愛おしくて、涙がじわりとあふれました。


序幕 映画で記念碑の序幕式は大仏のお披露目
お花が安さんをお金持ちと勘違いするところ、映画のタクシーが駕籠に
ボクシングの試合は賭け相撲
といった具合に一つひとつ丁寧に日本に置き換えられています。
黒御簾から三味線で「街の灯」が流れてきた時にはうわぁ~という気分になりました。少し後の場面では笛でも演奏されていて、何とも哀愁を帯びた調べでした。

続きがあります
posted by スキップ at 21:29| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年12月20日

新作歌舞伎 「風の谷のナウシカ」


kabukinausicaa.jpg宮崎駿さんが1982年(昭和57)に連載開始して13年をかけて完結した大作漫画。
1984年(昭和59)には宮崎駿さんご自身の監督で映画化もされています(単行本全7巻のうち2巻目まで)。
そのどちらも未読未見。絵本だけの予習で、配役もナウシカの菊之助さん、クシャナの七之助さん以外は把握せず、些か不安を抱えて臨みました。



あの壮大な世界観を理解できたかどうかはさておいて、ストーリーや登場人物に混乱することはなく、舞台作品として、歌舞伎の演目として、とても楽しくおもしろく観ることができました。


新作歌舞伎 「風の谷のナウシカ」
昼の部:  序幕  青き衣の者、金色の野に立つ/二幕目  悪魔の法の復活/
三幕目   白き魔女、血の道を征く
夜の部:  四幕目  大海嘯/五幕目  巨神兵の覚醒/
六幕目  浄化の森/大詰  シュワの墓所の秘密
原作: 宮崎駿
脚本: 丹羽圭子  戸部和久
演出: G2
協力: スタジオジブリ
美術: 中嶋正留  照明: 千原悦子  音楽: 杵屋巳太郎
作曲: 新内多賀太夫  振付: 尾上菊之丞
衣装: 松本勇  映像: 上田大樹
出演: 尾上菊之助  中村七之助  尾上松也  中村歌昇  坂東巳之助  尾上右近  中村種之助  中村米吉  中村芝のぶ  市村橘太郎  嵐橘三郎  片岡亀蔵  
河原崎権十郎  市村萬次郎  中村錦之助  中村又五郎  中村歌六 ほか
声の出演: 市川中車  中村吉右衛門  

2019年12月18日(水) 11:00am 新橋演舞場 1階3列下手/
4:30pm 1階4列センター
(上演時間: 昼 3時間35分/幕間 35分・20分  夜 4時間/幕間 35分・20分・10分)



あらすじを書くととてつもなく長くなるので省略。
大枠としては、「火の7日間」と呼ばれる戦争を経て産業文明が滅び、大地のほとんどが、瘴気(しょうき)という毒を発する森 腐海に覆われた世界で、トルメキア王国と土鬼(ドルク)諸侯国連合帝国の戦争が激化する中、トルメキアと古くから盟約を結ぶ辺境の小国「風の谷」の族長の娘 ナウシカが立ち上がる、という物語です。

「火の7日間」やその後の汚染された世界はもちろん核戦争を連想させますし、世界が荒廃してもなお止むことのない国と国、人間同士の争いや「巨神兵」の復活などとても意味深。
文明の破壊と再生、自然への畏怖と敬意、戦争に対する批判と共生への道など、他の作品にも共通する宮崎駿さんの世界観が脈打つ物語。

余談になりますが、王蟲の台詞に「全であり個、個であり全」というのがあって、「それ、この間『終わりのない』の感想に書いたやつ!」とハッとなったのですが、後で調べたら、ナウシカの名前は「オデュッセイア」に登場する王女ナウシカアー Nausicaä から取ったということ。「終わりのない」の原典はその「オデュッセイア」。こういう演劇的世界観の繋がり、ゾクゾクします。


nausicaa.jpeg


続きがあります
posted by スキップ at 23:44| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年12月13日

ざっくり予習  「風の谷のナウシカ」


nausicaa.jpeg

私は基本的に舞台を観る時に予習や下調べはしない派。
事前にあらすじも読みませんし、劇評や他の人の感想、つぶやきもできるだけシャットダウンして、まっさらな状態で観たい方です。




「風の谷のナウシカ」ですよ。


ジブリ作品といえば、きちんと観たことがあるのは「千と千尋の神隠し」だけという不肖スキップ。
ナウシカが人の名前ということもおぼろげに知っていた程度です。



観た人から漏れ聞くところによると「予習必須」「登場人物だけでも頭に入れておいた方がいい」という声。
うーん、これはいくら何でも予習した方がいいのかも・・・と不安になる。

だがしかし

原作本7巻読むなんて気力も時間もなくてとても無理。
何だか細かい字がぎっしりとかいう噂も聞きますし。
少し前にオンエアされた映画を録画したものがありますが、それは予習には too much のような気もします・・・量的にというよりイメージが刷り込まれ過ぎるという意味で。

そこで

先日図書館に行った時に「そうだ!」と思い立って児童書コーナーへ。
ありましたわよ、絵本。
「これ、大人でも借りられますか?」とお聞きしたら問題ないということで連れて帰ってきました。
そしてもう読んだ(笑)。
だって上下2冊一気に読んでも15分くらいだったもん。



nausicaa2 - コピー.jpeg

nausicaa1.jpeg

こんな感じでとってもわかりやすく書かれています。
まぁ、観劇にあたってどこまで役に立つかわかりませんが、少なくとも王蟲や巨神兵というワードは把握しました(そこ?)




Wiki ちょっと覗いてみたら情報ぎっしりすぎてクラクラして閉じたよね。今不安しかない の地獄度 (total 2044 vs 2047 )


posted by スキップ at 23:44| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

シネマ歌舞伎 「女殺油地獄」


aburanojigoku.jpg松本幸四郎さんが「大阪松竹座でやるならこれを」と昨年の襲名披露興行で唯一こだわったとおっしゃっていた演目。
2001年博多座で初役を勤めて以来、「夏の大阪でこの演目をやるのが最終目標」だったそうです。
そして、「こういうドラマ性のある作品こそシネマ歌舞伎になり得るのではないか」とシネマ歌舞伎で撮ることも強く希望されたのだそうです。


シネマ歌舞伎第34弾 「女殺油地獄」
原作: 近松門左衛門 
監修: 片岡仁左衛門(舞台公演)
監督: 井上昌典
出演: 松本幸四郎  市川猿之助  市川中車  市川高麗蔵  
中村歌昇  中村壱太郎  大谷廣太郎  片岡松之助  嵐橘三郎  
澤村宗之助  坂東竹三郎  中村鴈治郎  中村又五郎  中村歌六 ほか
(2018年7月 大阪松竹座公演)

2019年11月13日(水) 12:20pm なんばパークスシネマ シアター8
(上映時間: 103分)



昨年7月 松竹座で3回観た感想はこちら


エンドロールに「収録・編集協力 松本幸四郎」とクレジットされていました。
幸四郎さんのこだわりと思い入れが随所に現れたシネマ歌舞伎。

今回シネマ歌舞伎にするにあたって、公演本番ばかりでなく、観客の入っていない舞台稽古でも撮影されたり、殺しの場面はカメラマンが舞台上に上がって撮ったり、ほかの場面でも客席にレールを設置したり、舞台上のカメラの台数を増やしたりと、これまでのシネマ歌舞伎にはない仕上がりになっているのだそうです。
幸四郎さんのシネマ歌舞伎に対する考え方は、「いわゆる劇場中継ではなく、映画館のスクリーンで観る作品として成立するものでありたい。」ということなのだとか。


続きがあります
posted by スキップ at 23:04| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

奇跡のような『船弁慶』 「源平の雅」


genpeinomiyabi.jpg公益財団法人関西・大阪21世紀協会の上方文化芸能振興事業の一環として開催された公演。
この情報を知ったのは8月半ばのことでしたが、「えっ!?幸四郎さんの『船弁慶』? 観るっ!!」と即決でした。


日本の文化に親しむ 「源平の雅」
企画: 阪口純久
構成・演出: 藤間勘十郎
2019年10月17日(木) 12:30 国立文楽劇場 
1列センター



一、半能 橋弁慶
出演: 武蔵坊弁慶: 浦田保親  牛若丸: 味方慧 ほか
笛: 杉市和  小鼓: 吉阪一郎  大鼓: 河村大
(上演時間: 20分)


もともと能楽の演目ですが、「橋弁慶」をお能で拝見するのは実はこれが初めて。
半能なのでいきなり牛若丸と弁慶の出会いの場面から入ります。

二人とも面をつけない直面でした。
稚児の拵えの牛若丸がリアル子供さんで、「そうだ、お能では牛若丸は子方の役だった」と思い出した次第。
味方慧くんは小学校高学年くらいかな、キビキビ動いて台詞もしっかり。
弁慶は観世流の浦田保親さん。僧兵の装束でいかにも屈強そう。
リアルに体格の違いもあって、事実こうだったのかなといにしえの古都に思いを馳せました。

まるで夜空を切り裂くような笛、カーンと高く響く大鼓の音色にも聴き惚れました。


続きがあります
posted by スキップ at 14:31| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする

2019年09月28日

九月花形歌舞伎 「東海道四谷怪談」


yotsuyakaidan201909.jpg関西では26年ぶりの上演となる「東海道四谷怪談」。
結構よく観ている気がするのですが、全部東京でしたか。
直近に観たのは2017年の「晴の会」ですが、あれは自主公演だからカウントされないのね。

中村七之助さんが初役でお岩・与茂七・小平の三役に挑みます。


南座開場記念 九月花形歌舞伎
通し狂言 東海道四谷怪談
序 幕 浅草観音額堂の場/按摩宅悦内の場/
     浅草観音裏地蔵前の場/同 田圃の場
二幕目  雑司ヶ谷四ッ谷町伊右衛門浪宅の場/
    伊藤喜兵衛内の場/元の伊右衛門浪宅の場
三幕目 砂村隠亡掘の場
大 詰 蛇山庵室の場

作: 四世鶴屋南北
監修: 坂東玉三郎
補綴: 竹柴徳太朗
出演: 片岡愛之助  中村七之助  市川中車  中村壱太郎  
中村歌女之丞  中村鶴松  片岡千次郎  片岡亀蔵  市村萬次郎 ほか

2019年9月22日(日) 11:00am 京都南座 3階1列センター
(上演時間: 4時間/幕間 30分・20分)



坂東玉三郎さん監修。
戸板返しや提灯抜け、早替りといった「四谷怪談」につきもののケレンはもちろんありつつ、奇をてらったところがなくて、これまで観た数々の「四谷怪談」の中でも結構正統派の印象を受けました。

幽霊やホラーといったイメージが強い「四谷怪談」ですが、お岩という女性の純粋さゆえの悲劇・・・とても切なく哀しい情念と因果の物語だと思っています。
そのあたりがとても丁寧に描かれていました。


七之助さん入魂のお岩。
内からにじみ出る儚さ、健気さ、それらを覆ってしまうような怒りと怨念。お岩の持つ表裏一体の情念を見事に描出。
二幕 「元の伊右衛門浪宅の場」。
夫である伊右衛門に騙された無念、「これがわたしの顔かいな」という悲痛な叫び、髪梳き・・・凄まじいほどに鬼気迫る場面に客席中が静まり返っていました。顔は醜く変貌していますが、えも言われぬ色気を醸し出すお岩さん。伊右衛門に不義をしろと言われて不承不承といったテイの宅悦がついその気になってしまうのもむべなるかな。

宅悦は千次郎さん。抜擢だと思いますが、さすが日頃の精進が表れて上手い。


続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする