2017年12月13日

近くて遠い京都


image1.jpg

本日は吉例顔見世興行を観に京都へ。
南座が改修中のため、顔見世は昨年は先斗町歌舞練場、
今年はロームシアター京都での開催です。

ロームシアターのある岡崎界隈は平安神宮を中心に公園や美術館もあって街じゅうが観光地という京都の中でもポピュラーな観光スポットの一つ。
とはいえ、よほどのことがない限り平安神宮へ行くことなんてないよね~と思いながら地下鉄東山駅から歩いていて、この朱塗りの鳥居が本当にニョキッという感じで見えてきたら、ちょっとテンションあがりました(^^ゞ

年中いつでも人気の京都ですが、隣府(互いに県ではない)に住んでいるのに私はさほど興味なくて(←)遠くからわざわざ観光に訪れる人には申し訳ないと思いつつ、精神的にも物理的にも京都は近くて遠いところなのでした。
♪五番街は近いけれど とても遠いところ~ が急に頭グルグル(「五番街のマリーへ」古ッ)


image2.jpg

こちらは昼夜の間にいただいた「海老天卵とじ稲庭うどん」
顔見世といえば南座のお隣の松葉で「ゆば豆腐あんかけそば」
をいただくのがお約束だったワタクシ。
ここはやっぱ麺でしょ、とロームシアターに向かう途中の神宮道で
見つけておいたお店(「大明神總本舗」というお店)にダッシュしたのでした。



寒くても忙しくても食にはどん欲 の地獄度 (total 1848 vs 1852 )


posted by スキップ at 23:04| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2017年10月08日

吉野ぶらり


image4 (2).jpg

吉野に着いてから潅頂会まで少し時間があったので、ぶらぶらお散歩しました。
この日は雨の予報でしたが、散歩している間は風は強かったものの時折陽がさすくらいのお天気で、いざ蔵王堂へ籠るとなった頃に雨がパラつき始めるという、晴れ女(でもない?)の本領発揮です。

冒頭の画像は来る時、電車の中から見えた吉野川。
この流れが久我之助と雛鳥を隔てていたのね、と思って胸がきゅんとなりました。
歌舞伎や文楽を観るようになる前は「吉野川」と聞いても特に何の感概もなかったのに。
本当に、昔はものを思はざりけりでしたワ。


image3.jpg

吉野駅に到着。
さてケーブルに、と思ったらみんなバスの方へ行きます。
事前に何も調べていなくて、知らなかったのよ、ケーブルが運休していることを。
それでも、この時はまだ平日だからかな?と思っていたのですが、5月ごろからずっと運休しているらしい。
その間、代行バスが運行しています。



続きがあります
posted by スキップ at 21:12| Comment(2) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

ついに乗りました! 青の交響曲


image2 (6).jpg

今回の吉野行きのもう一つの目的: 青の交響曲に乗ること

昨年9月にデビューした近鉄電車の観光特急 青の交響曲(シンフォニー)
「『上質な大人旅』にふさわしい癒しと寛ぎをお届けする新たなコンセプトの観光特急」
なのだとか。
大阪 阿倍野橋-吉野間を1日2往復しています。
次に吉野に行く時は絶対これに乗ろうと決めていました。



image3 (6).jpg

とはいうものの、1ヵ月前から発売なのをうっかり忘れていて、
あ!と気づいてネット予約見てみたところ行きの列車はすでに満席。
やむなく帰りに乗車することに。


続きがあります
posted by スキップ at 22:48| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

金剛蔵王権現さまとご縁をいただく 金峯山寺 「千人潅頂会」


senninkanjo.jpg2012年の10月「文楽奉納参拝」で初めて金峯山寺の金剛蔵王権現さまにお目にかかってひと目ぼれして以来、あの青い権現さまが大好き。
特別御開帳があるたびに「行きたいなぁ」と思いながらなかなか予定が合わず、5年も過ぎてしまいました。

今年の6月、駅でこのチラシを見つけた時には「」「絶対行く」と即行申し込んだのでした。

総本山金峯山寺  千人潅頂会

仏様とご縁を結び守護仏を得仏することができるという厳粛な儀式である「灌頂」。
金峯山寺で4ぶりに執行される千人潅頂会では剛蔵王権現さまとご縁を結んでいただけるのです。

10月2日から9日まで、10回設定されていて1,000人なので1回あたり100人ということになりますが、この日は平日ということもあってか80人強でした。
若いお坊さんの吹くほら貝とともに一人ずつ蔵王堂の中に入ります。
蔵王堂の中が「秘密曼荼羅道場」となって、権現さまとご縁を結ばせていただくのでした。


image1 (9).jpg


続きがあります
posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2017年05月06日

新緑のシャワー @真如堂


kt9.jpg

本日はワタクシ的にこのGWのメインエベント 六盛で開催された松本幸四郎さん、市川染五郎さんの歌舞伎サロンに行ってきました。

せっかく京都まで行くことだし、新緑の美しい季節でもありますので、その前にどこかに寄り道しましょ、と考えたのですが、観光客で混雑しているメジャーな場所は避けたいし、道路の混雑状況がわからず移動時間が読めないので(←タクシー移動前提) 六盛のある岡崎エリアからあまり離れたくない・・・と思案して、「そうだ。真如堂があるじゃないか!」と思いつきました。
この季節に訪れたことはないのですが、秋の紅葉が有名なところですので、今は青紅葉が綺麗なはず、駅から遠くてアクセス不便だからあまり観光客もいないはず、と。

もう、ここを選んだ自分をほめてやりたいですね。
山門をくぐるなり鮮やかな青紅葉がこれでもかというくらい目に飛び込んできて、ずっと新緑のシャワーを浴びている気分。
なにやら行事とかでお庭が非公開だったのは残念でしたが、境内には私を含めても7~8人しか人はいなくて、凛とした静謐な雰囲気の中、緑の中をゆったり歩くだけでも心洗われる思いでした。


kt7.jpg kt11.jpg



帰り道にはお隣の金戒光明寺にも。
こちらは2011年に早乙女太一くんの朗読活劇 Recita Calda「六月は深紅の薔薇 沖田総司 をどしゃぶりの雨の中、凍えながら観た場所。
お訪ねするのはそれ以来だったのですが、本堂の前に立つとあの時の記憶と感動がありありと甦ってきたのでした。


kt1.jpg



太一くん、またレチタ・カルダやってくれないかなぁ ←そこ? のごくらく地獄度 (total 1206 vs 1212 )




posted by スキップ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする

2017年05月05日

Stardust Wedding Parade


wp9.jpg

「スターダストウェディングパレード」って、かつて私の友人が自分の結婚式・披露宴につけたサブタイトルなのですが、彼女は覚えているかしら。

先日、リッツ・カールトン大阪の「ストロベリーコレクション」に行った際、ご挨拶させていただいた総支配人の方に「今日はブライダルフェアもやっていますので、よろしければ後でどうぞ」とご案内いただきました。
リップサービスとは思いつつ、近頃ではプライベートはおろか会社の周りの人たちもすっかり年齢層が上がって結婚式とは縁遠くなってしまった不肖スキップ。
こんな機会でもないとブライダルフェアに行くことなんてないから・・と若いカップルや幸せそうな母娘にまじってちょっと覗き見るつもりが、そこには夢のような世界が広がっていたのでした。



wp26.jpg

wp17.jpg

wp5.jpg

メインステージというか、いわゆる高砂席。
お花の色やアレンジでずい分雰囲気が変わります。



続きがあります
posted by スキップ at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとおでかけ | 更新情報をチェックする