2007年04月14日

Do ひこみ

hikomi.jpg 4月7日からスタートして今夜2回目を迎える「ホレゆけ!スタア☆大作戦」
                            (注・音の出るサイトです)

予習するつもりでHP見てみたら、「池田タレントプロモーション」のコーナーに池田社長(古田新太)のブログがあるのを発見!
黒田マネージャー(生瀬勝久)のももちろんあります。

オカマの池田社長ってば、昔はDo ひこみっていう名前のアイドルで全盛期の伊丹幸雄くらいの人気があったのだとか。そこはかとない影の気配は、苦い過去のせいだったのね~(?)


♪青い麦ばた~け~って、誰も知らんっちゅうねんの地獄度 ふらふら (total 199 わーい(嬉しい顔) vs 198 ふらふら)
posted by スキップ at 03:36| Comment(14) | TrackBack(2) | TV | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

ファイト~っ いっぱぁぁっつ 達也くん!

先ほどTVニュースで、「リポビタンD新しいCMキャラクターにあのアイドルが・・・」と思わせぶりのテロップが流れました。「きっと達也くんだわ」と思ってたら・・・ビンゴ ひらめき

TOKIOの山口達也くんリポDの15代目CMキャラクターとしてケイン・コスギとコンビで出演することになったのだそうです。恥ずかしながら告白すると、達也くんはジャニーズの中で私のお気に入りベスト3のひとり。アイドルだけど体育会系で、ずっと前には24時間TVでマラソン走ってたし、サーフィンも得意だし、ぴったりですね。ご本人もずっとこのCMやりたかったのですって。ちらりと流れたCMはこれまでのものとは少し違ってさわやかイメージでした。


7代目は真田広之だったのごくらく度 わーい(嬉しい顔) (total 191 わーい(嬉しい顔) vs 192 ふらふら)
posted by スキップ at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | 更新情報をチェックする

2007年03月08日

お楽しみは続々と

horeyuke.jpgお楽しみその①
古田新太&生瀬勝久の新番組TV
「ホレゆけ!スタア☆大作戦」

芸能事務所を舞台に、オカマ社長・古田新太とマネジャー・生瀬勝久が、「写真週刊誌にキスシーンを撮られた」などのネタかマジか不透明な?ゲストの悩みに答えていくシチュエーションコメディですって。

4月7日スタート、土曜深夜 1:55 初回のみ深夜 2:25 読売テレビ
Daily Sports online


お楽しみその②
松尾スズキ演出のミュージカル「キャバレー」
松雪泰子主演 MC役は阿部サダヲ! 10月 東京 名古屋 11月 大阪
これまでより笑いとエロスを強調・・・なのだとか。
SANSPO.COM

松雪泰子がサリーって意外な気がしないでもないですが、大好きな女優さんなのでとっても楽しみ。MCがサダヲちゃんなのも期待大グッド(上向き矢印)

朧去りとも楽しみはつきまじのごくらく度 わーい(嬉しい顔) (total 187 わーい(嬉しい顔) vs 187 ふらふら)
posted by スキップ at 23:22| Comment(10) | TrackBack(1) | TV | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

だけど元気が出ちゃう パチンコだもん

TVから流れてきたるんるんアタックゥ アタックゥ~ なーんばぁわぁ~んるんるんっていうメロディと懐かしい鮎原こずえちゃんのお顔(上戸彩ちゃん版ではなく、アニメの方です)・・・が発した言葉にぶっとびましたがく〜(落胆した顔)

「だけど、涙が出ちゃう 女の子だもん。 だけど、元気が出ちゃう パチンコだもん。」

ぱちんこアタックNo.1 っていう新しい機種のCFでした。“冬ソナ”といい“水戸黄門”といい“美空ひばりさん”といい、とどまるところを知らぬパチンコ産業 恐るべしダッシュ(走り出すさま)


次にパチンコ台になるのは何?の地獄度 ふらふら (total 170 わーい(嬉しい顔) vs 171 ふらふら)
posted by スキップ at 01:41| Comment(4) | TrackBack(0) | TV | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

めちゃイケに河野まさとさんが

昨夜(11/18)オンエアの「めちゃ2 イケてるッ!」劇団☆新感線河野まさとさんが出演されていました。

この日は、めちゃイケ10周年記念で、過去に番組に出演したレギュラーそれぞれにまつわる人々と10年ぶりに再会するという企画。河野さんは1997年の放送で、光浦靖子さんが愛を告白した相手(その時のオンエアは見ていないのですが)としての再登場でした。

舞台ではいつもはじけた演技を見せてくれるまさとさんも、めちゃイケのにぎやかなレギュラー陣におされてか緊張のためかちょっとおとなし目。照れる姿も何だかカワイイ雰囲気でした。


河野まさと38歳独身、でも彼女ありのごくらく度 わーい(嬉しい顔)   (total 141 わーい(嬉しい顔) vs 142 ふらふら)
posted by スキップ at 03:52| Comment(1) | TrackBack(0) | TV | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

義の人

大石静さんの脚本はさすがツボを心得ていて、泣かされることしばしばの大河ドラマ『功名が辻』

今夜は登場の時から注目していた中村橋之助演じる石田三成最期の巻でした。石田三成といえば、豊臣秀吉の忠臣ながら周りから妬まれ、また、理に適い過ぎて人望がないというイメージでしたが、脚本もさることながら、橋之助さんの演技がすばらしくて、三成の秀吉に対する変わらぬ忠誠心や、その信念を貫こうとするあまりの苦悩がよく伝わってきて、三成をすごく応援したい気持ちになりました。

自分をかくまってくれた領民に罪が及ぶのを気遣い、「そなたの義にわしも義で応えたい」というセリフとこの時の三成の何とも言えない表情のアップにぼとぼと落涙たらーっ(汗) 
橋之助さん、別の局で主演している秀吉役も好評と聞きますが、さもありなんです。

今回の大河ドラマは、この三成といい、坂東三津五郎演じた明智光秀といい、ともすれば敵役で片付けられる役にも温かい目を向け、短い出番ながらも彼らの考え方や人生を描いているところが物語に厚みを加えていて、このあたりが支持される所以なのかなと改めて思いました。


三成死すとものごくらく度 わーい(嬉しい顔) (total 139 わーい(嬉しい顔) vs 139 ふらふら)
posted by スキップ at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | 更新情報をチェックする