2007年12月11日

幌を背負った武田信繁

たくさんの人が寄ってたかって一人の人間を攻撃する、というのに私は甚だヨワイ(まぁ、そんなシーンが大好きという人もそんなにいないかもしれませんが)。
「朧の森に棲む鬼」のライの最期しかり、「カリギュラ」しかり。
そして、12月9日放映のNHK大河ドラマ「風林火山」

諸事情により途中から観たこの回。
すでに川中島で武田軍劣勢の模様。兄・信玄に「これより上杉の本陣に攻め入りまする」と上申する弟・信繁。背中に幌を背負っています。

猫<心の声>(そんなもん背負ってたら、いくさ場で目立ってしゃーないがな)

「その幌が必ずやそなたを守護してくれようぞ」と神妙にのたまう信玄。

進軍の途中、馬から降りて家臣に、
「命を取られるのは惜しくないが、この幌を取られるのは何とも口惜しい。これを信豊に届けてくれ。」と差し出す信繁。家臣が「それは聞けませぬ。お供しとうございます。」と言うところを「後生じゃ」と無理に託します。ここで、「後に息子の信豊は、信繁の形見のこの幌を背負って長篠の戦いに出陣したといいます」とナレーションが入ります。

かくして信繁は敵陣に突っ込み、大勢に囲まれて壮絶な最期を遂げるのですが、このあたりすでに大泣きたらーっ(汗) さらに幼少時からの傳役・諸角虎定(加藤武)が「信繁様をお守りせねば~」と後を追うに至っては、涙で画面が見えないほどもうやだ〜(悲しい顔) (忠義の年寄りが死ぬのにもとてもヨワイ)。
「風林火山」では、板垣信方(千葉真一)の最期でも泣かされたましたが、ここへ来てまたこんなに涙するとは。

10:00pmからBSで初めからもう一度見てみると、あの幌は、母の大井夫人の形見の着物に信玄が、自分は大将だから共に闘うことはできないが、いつも弟を守るつもりで自ら字を書いたものだと知り、再び涙たらーっ(汗)

それにしても信繁をやっているこの役者さん、知らない人だけど、目ヂカラがあり、面差しも何となく亀治郎さんに似ていて、いい弟だなぁ、と調べてみたら、嘉島典俊さん
かつての芸名は白龍光洋、片桐光洋。俗称チビ玉。

えっ、チビ玉exclamation×2 もうこんなに大きくなったのっ目


次週いよいよ決戦川中島のごくらく度 わーい(嬉しい顔) (total 276 わーい(嬉しい顔) vs 274 ふらふら)
posted by スキップ at 02:59| Comment(8) | TrackBack(0) | TV | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

ずっと劇団員やった

毎度おなじみ「ホレスタ」

昨夜のゲストは話題になった羽野晶紀ちゃんでした。
相変わらず可愛いかったです。

まだオンエアされていないエリアもあり、ネタバレになっちゃうから詳しい内容は控えるとして、
とても心に響いたエピソードをひとつ;

晶紀ちゃんが一から出直すつもりで劇団☆新感線に行った時のこと、
「また劇団に入れてください」
という晶紀ちゃんに、
「お前はずっと劇団員やったで」
と答えたといういのうえひでのりさん。
カッコイ~イ!!


晶紀ちゃんのやわらかな関西弁、久しぶりのごくらく度 わーい(嬉しい顔) (total 269 わーい(嬉しい顔) vs 270 ふらふら)
posted by スキップ at 17:14| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

エール

昨夜の「ホレゆけ!スタア☆大作戦」(ゲストは井上芳雄さん)のとある場面。

古田 犬 「“なにわのキョンキョン”とかいうのが一番キライやねん、オレ。
      雑誌載っとるの見たらゲソ~っしとったわ。」

生瀬 猫 「まぁまぁ、家元問題はさておき・・・。」

これ、ふるちんなりのエールだと思います。晶紀ちゃんへの。


テレビも舞台も待ってるよ、晶紀ちゃんのごくらく度 わーい(嬉しい顔) (total 268 わーい(嬉しい顔) vs 265 ふらふら)
posted by スキップ at 06:21| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

テレビあるから

TVの話題が続きますが、11/10放送の『ホレゆけ!スタア☆大作戦』のゲストは「猫のホテル」の池田鉄洋だったのですが、来年の新感線プロデュースいのうえ歌舞伎☆號『IZO』に出演するにあたり、「古田さんと一緒にやれるって楽しみにしてたのに、古田さん出ないんですよ。」と言うのに答えて、「出ない。テレビあるから。」とキッパリ言い切っていた古田新太。「カネをとった訳やね。」と生瀬勝久にツッコまれても、「そう!」ってこれまた断言してケラケラ笑っていました。

そのテレビの仕事というのはこちらのドラマと思われます。
『佐々木夫妻の仁義なき戦い』 (来年1月スタート TBS 日曜9:00pm)

稲垣吾郎・小雪主演の“性格が真逆の弁護士夫婦の知略を尽くした?“離婚戦争”を描くオリジナル脚本のラブコメディー”で、ふるちんの演じる役どころは「小雪の親友でゲイのマッサージ師」なのだとか。

この日曜9時枠でゲイといえば、昨年の『誰よりもママを愛す』で阿部サダヲが演じたコワかわいいピンコちゃんが記憶に新しいところですが、ふるちんだって池田社長といい、『下北サンデーズ』の下馬さんといい、おカマ(?)キャラはお手のものだから、どんなゲイぶりを見せてくれるか、楽しみですね。


それでもやっぱり舞台のふるちんが観たいの地獄度 ふらふら (total 265 わーい(嬉しい顔) vs 265 ふらふら)
posted by スキップ at 00:10| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

テロリストにヤラレタ!

岡田准一&堤真一主演のドラマ「SP」。「GO」の直木賞作家・金城一紀が初めて脚本を手がけた作品であり、第1回(11/3)は深夜ドラマ史上最高視聴率を獲得したことでも話題になりましたが、主演の二人のカッコよさはもちろん、テンポのよいストーリー展開や独特のカメラワークで、なかなか見応えあるドラマです。

11月10日オンエアの第2回は、検査入院した元首相を狙うテロリストのストーリー。主演の二人がビッグネームなだけに、対する犯人もそれなりの存在感ある人じゃないとね~と思いながら画面を眺めていると、見た目いかにもっていう6人のテロリスト達の中に、一人インテリ然とした、白いシャツをスラリと着こなした人物を発見-北村有起哉でした。

口調はあくまで静かで無表情、笑わないクールなテロリスト。細身のスーツに身をつつみ、ブルーグレーのサングラスをかけて病院に乗り込み、こめかみに拳銃をつきつけられた看護師長に向かって、「お前が死んでも加藤(元首相)は悲しまないぞ。お前の家族は悲しむがな。」とクールに言い放つ・・・うっ、ヤラレタ、カッコイイ揺れるハート

1話完結でなく、11/17、24と続く模様。今回ご覧にならなかった方も、クールなテロリストの熱い闘いをどうぞお見逃しなく(笑)。


「欲望という名の電車」のスタンリーも楽しみ~のごくらく度 わーい(嬉しい顔) (total 265 わーい(嬉しい顔) vs 264 ふらふら)
posted by スキップ at 01:19| Comment(9) | TrackBack(0) | TV | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

世界りくじょだヨン

raiyon.jpg関西圏以外の方はあまりご存知ないと思いますが、TBSの関西でのネット局・毎日放送(MBS)は4チャンネル。で、マスコットキャラクターはこのらいよんチャンです。4chを見ていると、このらいよんチャンがしばしば登場するのですが、今の彼(?)のイチ押しは何と言っても25日開幕の世界陸上らしく、♪オオサカ燃え燃え せかいりくじょだヨン とよく歌っています。これがなかなか耳について、「世界陸上」の文字を見るとつい「せかいりくじょだヨン!」と心でつぶやいてしまう私。

今日は会社帰りの地下鉄の中で首からIDカード下げて揃いのポロシャツにジャージという、選手と思しき外人さん達が車両内で写真撮っているところに遭遇しましたが、その姿を見て私が「せかいりくじょだヨン♪」とつぶやいたのは言うまでもありません。

中学1年の時、体力測定の持久走で前半からとばし過ぎてキモチ悪くなってもどして途中リタイアがく〜(落胆した顔)して以来、中・高と何かと理由をつけて(早い話が仮病つかって)ずっと持久走をサボリ続けた私は、特に長距離を走るアスリートにはただただひれ伏すばかりです。明日(もう今日だけど)、まだ私が爆睡しているであろう早朝にスタートする男子マラソンランナーに、栄光が訪れますように!


9日間通し券¥200,000なり~の地獄度 ふらふら (total 237 わーい(嬉しい顔) vs 242 ふらふら)
posted by スキップ at 01:14| Comment(2) | TrackBack(0) | TV | 更新情報をチェックする