2016年07月31日

レアンドロのプール @金沢21世紀美術館


IMG_5027.jpg

金沢でもう1ヵ所行ってみたいところ・・・それは金沢21世紀美術館でした。
特にあのレアンドロ作の「スイミングプール」をこの目で見て、体験してみたかったのです。

金沢21世紀美術館
金沢市広坂1丁目2-1

開館は2004年ということですのでもう12年前ですが、私が金沢に何度か行った頃には
まだなくて、今回初めてでした。
芝生の敷地内に円形のガラス張りの建物があって、入館料のいらないフリースペースが多く、
明るく開放的でこのエリア自体が大きな公園のようです。
レアンドロのプールもフリースペース内にありますが、プールの中に入るのは有料ゾーンになります。



IMG_3303.jpg

これ、一見すると普通のプールみたいですが



IMG_7432.jpg

覗いてみるとプールの底に人が



IMG_4434.jpg

IMG_5061.jpg

プールの中から見上げるとこんな感じ。
もちろん水はないのですが、ここにいると自分がプールの底にいるような不思議な感覚で
ずっといたいような気持になりました。



IMG_4933.jpg IMG_6938.jpg

美術館なので他にもいろんな展示物が楽しめます。
左の布作品は人と比べて大きさがわかるでしょうか。右のスニーカーは粘土でできていてオドロキ。



時間があればもう少しゆっくり観たかったのだけど のごくらく地獄度 (total 1605 vs 1608 )


posted by スキップ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | 更新情報をチェックする

2016年07月30日

ひがし茶屋街ぶらり


IMG_0983.jpg

金沢でおいしいお鮨をいただいた「みつ川」はひがし茶屋街にあります。
木虫籠(きむすこ)と呼ばれる美しい出格子がある古い街並みが残り、
昔の花街の面影を残す、金沢でも有数の観光スポット。

こちらの画像は、このひがし茶屋街の入口あたりから撮ったショット。
ガイドブックや雑誌の金沢特集にもよく登場するアングルです。


IMG_2806.jpg

こちらもよく写真に登場する柳の木。
皆さん入れ替わり立ち替わり、この前で記念撮影していらっしゃいました。

この古い街並みの中に文化財として指定されている建物、カフェやレストラン、
お土産屋さんなどが続いています。
ずい分前にも訪れたことがあるのですが、あの頃はもっと素朴で、
街全体がこんなふうに観光地として整備されていなかった印象。


IMG_6399.jpg

メインストリートから一筋入ると人通りもまばらでとても静か。
こちらの方が昔の面影そのままかもしれません。
たまたま通ったところ、この通りにくるみやさんというお店があって、
カワイイてぬぐいとくるみの佃煮買ったのですが、後で有名なお店だと知りました。


続きがあります
posted by スキップ at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

金沢を選んで正解!


IMG_0213.jpg

本日は日帰りで金沢に行ってきました。

松竹大歌舞伎の巡業を観るのが目的だったのですが、6月30日から始まったこの巡業は東コースで、7月31日まで27か所をまわりますが、関西には来てくれず(涙)。
日程と場所的に、浜松、春日井、そして金沢が私の行ける候補で、その中から金沢を選んだのは、会場の石川県立音楽堂 邦楽ホールがステキだったことと、「金沢には他にお楽しみもたくさんある」ことから。

目論見通り、おいしいお鮨をいただいて、ひがし茶屋街散歩して、買物して、以前から興味あった金沢21世紀美術館にも行って、歌舞伎で締めくくるという、盛りだくさんで楽しい1日を過ごしました。
やっぱり金沢を選んで正解だったワ、と自画自賛。

冒頭の画像は夜の金沢駅。
傘をイメージしたというガラス製のもてなしドームが広がり、奥に鼓門がチラリと見えます。

松竹大歌舞伎のご挨拶で染五郎さんもおっしゃっていましたが、金沢駅は「世界で最も美しい駅 14選」に日本でただ一つ選ばれたのだとか。

IMG_2532.jpg  IMG_6442.jpg

こちらが金沢といえば・・よく映像や写真にも登場する鼓をイメージした鼓門のデイ&ナイト。
金沢を訪れるのは初めてではありませんが、もう何10年ぶり?というくらいで、まだこんな駅になる前でしたので、金沢駅に降り立ってこの鼓門を正面から見た時はちょっとテンション上がりました。


できれば今度は泊まりがけでゆっくり行きたい のごくらく地獄度 (total 1600 vs 1601 )


posted by スキップ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

高野山 One day trip  乗り物編


IMG_9006.jpg

今回高野山に行くにあたり、絶対これに乗りたいと思っていたのがこちら

天空

南海電車の橋本-極楽橋間を走る特別列車です。
このワンビュー座席に座ってみたくて。

南海なんば駅から急行で橋本まで。
多分河内長野から先に乗ったことなかったので、この急行の旅も結構楽しかったです。
列車が進むに従って緑が深くなっていく景色。
そうして橋本駅に到着して、いよいよ天空に乗車です。



IMG_6363.jpg IMG_9751.jpg

この車両見るだけでテンション上がります。
指定席は1号車と2号車のみで、それ以降の自由席は南海電車の普通の車両でした(笑)。


IMG_7662.jpg

こちらが座席。
事前にHPで見たまんまです。



続きがあります
posted by スキップ at 11:09| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

お大師様とともにある場所 高野山


午後からはもう一方の聖地 壇上伽藍へ。
金剛峯寺を中心とするこのエリアは観光客も多く、奥之院とはまた違った雰囲気。
それでも「弘法大師のいらっしゃるところ」ということで、町中喫煙も禁止ですしゴミひとつ落ちていません。


IMG_9070.jpg

まずは腹ごしらえということで、予約していた宿坊 天徳院へ。
金剛峯寺のすぐ近くなのですが、門前はこんな凛とした佇まいで、誰もいないし
「当院の庭園は非公開です」なんて立札あるし、
「ほんとにここかしら?」と思いながらしばしウロウロしましたが、思い切って入ってみました。


IMG_4633.jpg

玄関前ではこんな鮮やかな緑がお出迎え。


IMG_4360.jpg

食事は宿坊としてつかっているらしきお部屋に用意されていました。


IMG_2696.jpg  IMG_5522.jpg

窓の外には一般には非公開というお庭が広がって、落ち着く空間です。


続きがあります
posted by スキップ at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | 更新情報をチェックする

2016年05月05日

人々の祈りの道 奥之院参道


IMG_1638.jpg

一の橋から御廟へと続く奥之院参道は、高い杉木立が続く神聖な雰囲気の中、
両側に20万基ともいわれる墓石群、慰霊碑や供養塔などが並んでいます。
奥之院は、死後魂がやってくる「他界」と信じられていて、弘法大師のそばで眠りたいと
願った人たちが墓石を作らせたことによって現在の参道が出来上がったのだとか。
民族や宗教の違いに関わらず全てを受け入れる寛容さは、高野山が1200年継承してきた
精神であり、その魅力となっているそうです。

一般の人々の墓石とともに、戦没者の慰霊碑、阪神淡路大震災、東日本大震災の慰霊塔や
法然上人、親鸞聖人といった僧侶、織田信長、豊臣秀吉、明智光秀、武田信玄や上杉謙信など戦国武将の墓石も点在しています。


IMG_1330.jpg  IMG_5598.jpg

武田信玄公・勝頼公が並んで眠る墓所。 
そして上杉謙信公・景勝公の霊屋はまるで川中島のように道をはさんだ反対側に。



IMG_1304.jpg

初代市川團十郎さんの墓所。
画像ではわかりにくいですが、ここだけ美しい花々で彩られていました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | 更新情報をチェックする