2018年08月23日

oasi 再び


image1 (9).jpg

夏恒例の学生時代の友人との「生きているのを確かめ合う会」。
今年は友人のお宅にお邪魔した後、彼女の運転する車で久しぶりにこちらへ。


oasi
富田林市富田林町3-13
tel: 0721-21-3078


古民家らしい格子戸欄間の向こうに綺麗な緑を眺める、前回と同じテーブルに通されて、「前に来たの、どれくらい前だったかなぁ」と自分のブログ検索したら、2015年4月でした。
その時のレポはこちら

もう3年も経つのねぇ。
時の流れはあっという間のようでいて、この3年の間にはそれぞれいろいろありました私たち。
それでもこうして、3年前と変わりなく3人集まって、おいしいお料理とワインをいただいて、あれこれ語り合える幸せに乾杯



image1 (8).jpg

まずはキリリと冷えた泡で乾杯。
黒ごまのグリッシーニとともに。
これはお約束。



image2 (11).jpg

「4皿の物語」とサブタイトルのついたランチメニューの最初のお皿がこちら
antipasto ~農産物の恵み~ 

公式サイトにも書かれていますが、こちらのレストランのコンセプトは、シェフの故郷である南河内への“郷土愛”。
シェフがつくるお料理はすべて、シェフ自身で収穫に行ける範囲の食材で構成されています。
しかも、その季節に自然にとれるもので。

目にも鮮やかなこちらのお皿の一つひとつの野菜がくっきり味が違っておいしくて、知らない野菜のことも教えていただいたり、食べていて本当に幸せな気分になります。



image1 (4).jpg  image1 (3).jpg

大阪ナスを使ったパスタ
メインは大和肉鶏のグリル ツルムラサキ添え、焼きナスのソース
このソース、本当に焼きナスの味がして、なのにちゃんとソースで、オドロキのお味でした。



image2 (10).jpg  image2 (8).jpg

タイミングを見計らって熱々でサーブされる自家製パンは
じゃがいものパンと新生姜のチャバッタ
どちらもとてもおいしくて、おなかが許せばもっといただきたかったです。



image2 (5).jpg  image1 (2).jpg

ドルチェはまくわうりのパンナコッタ
いや~、これがまたこれまで食べたパンナコッタの中でベストかもというおいしさでした。
食後はカモミールティをいただきました。
(それまでにワインを散々飲んでいますが、何か?)


3年前とちっとも変らない美貌のやさしいマダムと、最後に少しお顔を見せてくださるお髭が素敵なシェフ。
とても温かい雰囲気の中、旬の食材を丁寧に手をかけたお料理、おいしいワイン。
まるで時の流れが止まったような古民家の雰囲気も相まって、とてもくつろいだ時間を過ごしました。



もっと近かったら毎月でも行きたい のごくらく度 (total 1954 vs 1956 )






posted by スキップ at 23:24| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

7月限定! 白波そば @道頓堀今井


image1 (6).jpg

7月27日 松竹座七月大歌舞伎 千穐楽を通しで観劇した際、
昼夜の間にこちらをいただきました。


道頓堀今井 7月の季節そば 「白波そば」


道頓堀今井さんには月替わりで季節そばが登場するのですが、7月は鱧の冷たいおそば。
「千穐楽のお祝いよ!」とばかりに奮発して(←)点心つき。
もうすっかり8月で、7月限定のおそばなんて、今さら感ありありですが。

ぷりっぷりの活け鱧のおとしはもちろんのこと、キンキンに冷えた鰹と昆布のお出汁が
何ともいえぬおいしさで、ごくごくイケちゃいます。


image2 (8).jpg

そしてこの点心がひと品ずつ、オドロキのおいしさ。
どれ一つとして手を抜いていない、いつまでも食べていられるワ、というお味です。
特に左上の黄色いのがお気に入り・・・何というお料理かわからないが・・・
とうもろこしが入っていました。


image1 (4).jpg  image2 (4).jpg

デザートは何種類かの中からチョイスできるのですが、迷わず氷わらびを選びました。
単品で召し上がる方もいらっしゃるほどの人気スイーツ。
かき氷の中にわらび餅。
きなことかき氷って不思議なマッチングで、これまた最後までゴクゴク。


道頓堀今井といえばついきつねうどんに走ってしまいがちですが、
大変結構なものをいただきました。ごちそうさまでした。



毎年7月の恒例にしたい のごくらく度 (total 1945 vs 1950 )



posted by スキップ at 23:05| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

次はフレンチフライですって 「DRIED FRIET」 @AND THE FRIET


いつも東京の流行をいち早く届けてくれる私の東京コンシェルジュ ファザコンサリーちゃん。
先日、幸四郎さんのディナーショーでご一緒した京都で、こんなお土産をいただきました。
サリーちゃんいつもありがとう


広尾で行列ができる大人気のフレンチフライ専門店
AND THE FRIET の「DRIED FRIET」です。



image1 (8).jpg  

image2 (9).jpg

ボックスもショッパーもファミリーの顔と後ろ姿が描かれていてとても凝っていて楽しい。
文字までちゃんと反転してるし。


PREMIUM SALT
HERBS AND GORGONZOLA
BLACK TRUFFLE SALT
ANCHOVY AND GARLIC
HONEY SALT AND BUTTER

の5種類セット(サリーちゃん太っ腹!)


広尾のそのお店のことは何かでチラリと見た記憶があります。
(確か去年、名古屋にもオープンしたはず。でも関西にはまだない。)
が、こんなポテトスナックも出しているとは知りませんでした。
ポテト好き、かつスナック菓子好き(←こどもかっ!)のスキップのための商品のようではありませんか。



image1 (7).jpg

まずはBLACK TRUFFLE SALTをいただきました。
口に入れた瞬間、黒トリュフの香りがふわりと広がります。

ポテトは結構大きめで、じゃがりこよりはかなりポテト寄り、じゃがポックルには少し負けるかしら、という感じ(実はめちゃじゃがポックル派)。


ポテトスナックでこんなにおいしいんだから、やっぱりお店でできたてのフレンチフライ食べてみたくなりました。




煩悩とカロリーの戦いである のごくらく地獄度 (total 1943 vs 1949 )




posted by スキップ at 23:43| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年07月21日

オフ会x2 @松竹座七月大歌舞伎


今月の松竹座は高麗屋さんの襲名披露興行。
やっと大阪に来たよ、と楽しみにお待ちしておりました。

先日のトークショー含めすでに4回行っておりまして(^^ゞ 充実の演目もさることながら、行くたびに誰かに会って盛り上がるという楽しい日々を過ごしております。

そんな中、ちょっとした人数が集まってのオフ会が2件。


まずは 7月7日(土)

この日は夜の部 口上からの参戦で3階席だったのですが、3人の知り合いに遭遇。しかもうち2人は東京から。
終演後、他の場所からも集まったオフ会に急遽まぜていただくことになりました。


image1 (6).jpg

どこに行くかも知らず連れられて着いたところは島之内 一陽
私も何度か行ったことがあって、大好きなお店です。
宝塚歌劇を観てきた、という仲間も加わり、歌舞伎のことばかりでなくヅカ話も炸裂。
大いにしゃべり笑い、歌い(←)、食べて飲んで楽しく午前様となりました。



そして今日 7月21日(土)

image2 (9).jpg

こちらは以前から予定していたもので、東西の高麗屋贔屓さんが集まってのオフ会。
伺ったのは以前もこのメンバー+αで訪れた宗右衛門町のお好み焼だん
ふわっふわのお好み焼きがとてもおいしいお店です。
誰にはばかることなく(?)、幸四郎さんを語り合い、なつかし話を披露したり、これまたしゃべって笑って食べて飲んで、楽しく盛り上がったのでした。


どちらもInstagramにアップした画像ですが、がっついたり話に夢中になったりで撮りこぼしたお料理の写真多数。
こんなふうにおいしく楽しい夜を過ごした7月も、もう終わりだなぁ。



チケット代とエンゲル係数の高い月間である の地獄度 (total 1936 vs 1942 )


posted by スキップ at 23:47| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

おやさいガーデン TIERRA


tierra.jpeg

うめだ阪急でおつかいものをすませたのが11:00amごろ。
会社に戻るとランチタイム前になるので、少し早いけれどランチして帰りましょうと、そうだ!週末のランチタイムはいつも混雑していてまだどのお店にも行ったことがない阪急の祝祭ダイニングに行ってみようじゃないのということになりました。

11:00オープンなのでどのお店も開店したばかりだったのですが、平日とは思えないにぎわいで行列ができているお店もチラホラ。
グリル キャピタル東洋亭なんて、びっくりするくらい長い行列になっていました。
そんな中、伺ったのはこちら。


おやさいガーデン TIERRA (ティエラ)
大阪市北区角田町8-7 阪急うめだ本店13F
tel: 06-6313-1476


うめだ阪急13階にあります。
こちらのお店もみるみるうちに満席になりました。
ほぼ女子(マダム含む)。


tierra2.jpeg

最上階で、なおかつ屋上広場に面した場所にあるので窓からの眺めはこんな感じ。
ビルの中だということを忘れてしまいそうです。
テラス席もあって、春や秋には気持ちよさそう。


こちらは以前このブログにアップしたことがある中津のおやさいバル TIERRAの姉妹店。
能勢町にある専属契約農家から取り寄せたこだわりの野菜がメインのレストランです。



続きがあります
posted by スキップ at 23:12| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年07月08日

高級食パン専門店嵜本 -SAKIMOTO-


image1 (4).jpgグルメの他に「パン」というカテゴリーをつくろうかしら、と思うくらいパンの話題が多いパン好きスキップの拙ブログ。

先日、シアター・ドラマシティへ向かう途中、見慣れぬパン屋さんを発見。
「へぇ、こんなところに新しいパン屋さんできたんだ」と思って上を見てみると、大きく「嵜」の文字。
「え!?ここって嵜本なの?嵜本が梅田にもできたのっ?!」と驚いて店内に吸い込まれたのでした。


高級食パン専門店嵜本 -SAKIMOTO- 
大阪梅田茶屋町店
大阪市北区茶屋町13-3
tel: 06-6147-5515


食パン専門店ブームの昨今ですが、「嵜本」はチーズタルトのPABLOの嵜本将光さんが開発に2年かけて、昨年11月に難波にオープンしたお店。
向かいにはカフェ併設の高級ジャム専門店「アンドジャム(&jam)」もあって、オープン以来大人気で開店前から行列が絶えないと聞いていて、いつになったら並ばずに買えるようになるかなぁと思っていました。
調べたところ、茶屋町店は6月29日にオープンしたばかりで、やはり連日行列ができているらしいのですが、この日は大雨で交通機関も乱れていて早い時間に閉店しているお店も多数ということで(そんな日に観劇に行くってどーなん?自分)、行列は全くなくて店内に先客が3人いるだけでした。

定番の食パンは、「極美ナチュラル食パン」と「極生ミルクバター食パン」の2種類。
さらに曜日限定で、「極葡萄食パン」「黒糖」「マスカルポーネと蜂蜜」「豆腐と和三盆」などがあるそうです。

2斤が基本サイズで900円。
4枚切1枚を専用パッケージで包んだ「28 style」(280円)もあります。



image2 (3).jpg image2.jpg

まずは「極生ミルクバター食パン」 2斤を購入。
ずっしり重みがあります。「嵜」の焼印がね。

卵・乳不使用の「極美」に対してこちらの「極生」は淡路島牛乳と北海道産生クリームにバターやハチミツを贅沢に使っていて水分量が多く、通常のパンの1.3倍の生地ということで、耳までナマでもおいしいもちもちした食感がウリだとか。

生食に向いたおいしいパンですが、個人的な好みからすると少し甘めかな。
近ごろ流行りの食パンは多かれ少なかれみんなこんな感じですな。


茶屋町のお店にはカフェはありませんが、1枚の食パンをトーストして好きなジャム2種類やバター(北海道バターとエシレバター)を塗ってくれるというテイクアウトをやっています。


image1 (3).jpg

よりトーストに向いているという「極美ナチュラル食パン」をチョイスして、ジャムはよくわからない(普段はパンにジャムはつけない)ので、何となく気分で、ピスタチオパールとトルマリンレモンを選び、北海道バターをプラスしていただきました。
まぁ、色彩的にはアレだけど、甘過ぎず(基本的に甘いパンが苦手)、トーストともよく合っておいしかったです。おなかすいてたし。


image2 (4).jpgオリジナルのジャムは名前を見ただけでもおいしそうなものが迷っちゃうくらいたくさんの種類あります。
試食もできるので、ちょっとしたプレゼントやお持たせにもよさそう。






という訳でわが家のフリーザーはただいま食パンで満杯です の地獄度 (total 1932 vs 1937



posted by スキップ at 23:06| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする