2019年03月23日

ようやくデビュー SHAKE SHACK


image2 (2).jpg

SHAKE SHACK 日本最初の店舗が明治神宮外苑にオープンしたのは2015年秋のこと。
お洒落な外観で連日大行列。渡辺直美さんがインスタグラムにアップしたことも話題になりました。
会社の後輩男子がイチ早く東京出張の折に食べてきて「超うまかったっす」と言っていて、興味シンシンでした。
東京国際フォーラムにもお店ができていましたが、なかなか時間がなくて入れず。

昨年6月 大阪1号店が阪神百貨店梅田本店にオープンしたのですが、やはり連日長蛇の列らしいと聞き及び、しばらく行けないなぁと思っていたところ、梅芸やシアタードラマシティの行き帰りに前を通る茶屋町のビルに「SHAKE SHACK Coming Soon!」の表示が

オープンしたのは今年2月ですが、観劇の行き帰りに横目で見ると行列もできていないしそれほど混んでなさそう
・・・ということで、先日ドラマシティに行く前に思い切って入ってみました。
最初にこのお店のことを知ってから苦節3年半。ようやくデビューです。


SHAKE SHACK 茶屋町店
大阪市北区茶屋町15-22
tel: 06-6467-8768

お店のウェブサイトには「店舗の近くには劇場もあるため、観劇の際のTo Goもお勧めです」と書いてありました。
まさにそれです(笑)。


最初でよくわからないので基本の ShackBurgerをオーダー。
チーズバーガーをベースにレタス、トマト、シャックソースをトッピングしたものだそうです。
Friesと呼ばれているポテトも。チーズソーストッピングが食べてみたかったのですが、ちょっとビビってソースなしの方にしました。
季節のレモネードはストロベリー。


image1 (11).jpgオーダーするとこれを渡されて、呼び出し音がなるまで席で待ちます。
フードコートによくあるスタイルですが、デザインはちょっとおしゃれ。


ハンバーガーは、ビーフパティがジューシーで、お肉の味がしっかりしてとてもおいしかったです。
シャックソースもおいしいし、チーズも効いていてレタスやトマトはフレッシュ、バンズはふんわりやわらか。
なるほど人気なのも納得です。
想像していたより小ぶりであっさりイケちゃいました。



image1 (12).jpg  image2 (4).jpg

茶屋町店はツーフロアで、1階はそこそこの混み具合でしたが、2階は私が入店したころは12時前だったこともあってかこんなふうにガラガラ。
大きな窓から外を行く阪急電車を眺めながらのんびりランチを楽しみました。



おいしい高級バーガーはやっぱりお値段も高級 のごくらく地獄度 (total 2031 vs 2032 )


posted by スキップ at 22:22| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

ル シュクレ クールでランチ♪・・・はお預け


大好きなブーランジェリー ル シュクレ クールがランチを始めたという記事を先日某グルメ雑誌で見て、

image1.jpg

こちらがその記事 めちゃおいしそうでしょ?


これは行かねば・・と久しぶりに出かけてきました。
パンは時々買っていますがイートインするのはオープンした3年前以来ではないかしら。


LE SUCRÉ-COEUR (ル シュクレ クール)
大阪市北区堂島浜1丁目2-1 新ダイビル1F
tel: 06-6147-7779


さてさてランチ、何にしましょ、とお店の前まで来たらこの掲示が

image2 (2).jpg

が~ん
ランチしばらくお休みですって。残念っ!
でもすぐ気をとりなおしてパンをイートインすることにしました。



image1 (2).jpg

キッシュは4種類の中から New!と書いてあった「菜の花とホタルイカのキッシュ」
季節感たっぷりでホタルイカの旨みが効いていておいしかったです。
「本日のパン」はバケットにベーコンとマスタード。
ケースの中では1本でしたが、温められて出てきたら2つに切り分けられていて、うれしいお心遣いです。

ドリンクはこれも季節限定の甘夏フレッシュジュースをいただきました。
酸味が効いていてとてもさっぱりしたおいしさ。



image2.jpg

ランチ楽しんでいる間に一緒に注文していたお持ち帰り用のパンドミが焼きあがってきたので、がまんしきれずかじる・・・3年前と全く同じであります。
シュクレのパンドミが私の中で パンドミ of パンドミズ 日本一好きなパンドミなのだ。



image1 (4).jpg

少しご無沙汰している間に店内もテラスも座席が増えていました。
今日は温かく春の陽射しが降り注いで、テラス席もとても気持ちよかったです。




ランチはお預けになったけれど、シュクレのパンはやっぱりおいしい のごくらく地獄度 (total 2029 vs 2030 )



posted by スキップ at 23:25| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

稲庭うどんの七色葛あんかけ @福壽堂秀信 茶寮 季


image1 (12).jpg

本日はオフ。
外出予定の夜まで自宅にひきこもっていたのですが、
ランチは気分転換にぷらぷら歩いてこちらへ。


福壽堂秀信 茶寮 季
大阪市住吉区帝塚山東1-4-12
tel: 06-6671-5840


和菓子の福壽堂秀信 帝塚山本店に併設されている茶寮。
お店の中も行き来できるようになっています。


image2 (6).jpg

店内は照明も落としてあり、昔ながらのとても落ち着いた雰囲気。
季は「とき」と読みますが、お庭をながめながらまるで時間がとまったような空間です。

和のスイーツが基本ですが、「おすすめお昼ごはん」というメニューが2つあって、
「稲庭うどんの七色葛あんかけ」お赤飯つきのセットでいただきました。

具だくさんでやさしい味のおうどん。
稲庭うどんは細めんなのでスルスルいけちゃいます。
とろみ葛としょうがでとても温まりました。
このお赤飯がまたね~。ちゃんとしたところのお赤飯ってほんとにおいしいな。


image2 (4).jpg

平日限定で季節の和菓子がついていて、今日は桜餅でした。
「え?桜餅!」とテンションが上がり、せっかくなので
お抹茶を追加して一緒にいただきました。
ごちそうさまでした。



image1 (4).jpg



いつまでもいられる雰囲気だけど下界へ帰らねばならぬ のごくらく地獄度 (total 2023 vs 2027 )


posted by スキップ at 23:51| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

ザ・ラウンジ&バー @FOUR SEASONS HOTEL KYOTO


image1 (13).jpg

六盛歌舞伎サロンの前には、東国からお越しのファザコンサリーちゃんと久しぶりにお茶をご一緒しました。2016年秋にオープンした時からずっと行ってみたいと思っていたこちらへ。


ザ・ラウンジ&バー
FOUR SEASONS HOTEL KYOTO
京都市東山区妙法院前側町445-3
tel: 075 541 8288


京阪電車七条駅から七条通りを東に10分くらい歩いた場所にあります。
右に三十三間堂、左に国立博物館を見ながら、このあたりに来るのは本当に久しぶりだなぁと思いました。
うぞうすいのわらじやもあって、もう場所もすっかり忘れていたのですが、「あー、ここだったのかぁ。来た来た」と懐かしく思い出しました。その時一緒に来た人の思い出とともに←


ゲートからずーっと竹の生け垣が続いていて、車寄せやエントランスまで結構歩きます。
冒頭の画像はエントランスからゲートの方を写したもの。

ホテルは思ったよりこじんまりしていましたが、2月のせいか七条というロケーションのせいか、混雑することもなく、ゆったり時が流れている印象でした。木や西陣織など和の素材を使ったインテリアの効果もあるでしょうか。


image1 (4).jpg

ロビーを入ったフロアが3階にあたり、レストラン ブラッスリーの向こうに平重盛邸跡とされる「積翠園」を見下ろす形。


image1 (11).jpg

こちらがラウンジ。
シックな色合いで落ち着いた雰囲気。座席の間もゆとりがあっていい感じです。
奥に見えるのがバーカウンター。



image1 (12).jpg image2 (4).jpg

シャンパンにいちごジュースをプラスした「ストロベリーミモザ」をいただきました。
甘酸っぱくてとてもおいしい
入れたての時はもっと泡あわだったのだけど。
つくってくださったのは若いバーテンダーの方でしたが、後でこのカクテルを考案したという濃いお髭が印象的なスペイン人のバーテンダー ラウルさんとも少しお話できて楽しかったです。

右はサリーちゃんのオーダー いちごと抹茶のショートケーキ。
ふんわり軽い口どけで、抹茶の苦みも効いて、こちらもとてもおいしかったです。



少し奥まっていることもあってか、観光地・京都の喧騒とは一線を画す雰囲気の空間。
ラグジュアリーすぎて泊るのは無理としても、次回は食事かアフタヌーンティにトライしてみたいものです。



このホテルに「住んでる」人もいるらしい うらやましすぎる のごくらく地獄度 (total 2021 vs 2024 )



posted by スキップ at 22:48| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年02月22日

至福のごはん @24/7 cafe apartment


image1 (2).jpg

昨日は、久しぶりに CITY BAKERY のプレッツェルクロワッサンが食べたくなって買いに行ったついでにこちらでランチをいただきました。


24/7 cafe apartment  トゥエンティーフォーセブンカフェ アパートメント
大阪市北区大深町4-1 グランフロント大阪 うめきた広場 B1F
tel:06-6377-5777

東京や名古屋にもあるお店ですが、大阪店はグランフロント大阪 うめきた広場の地下1階レストランフロアにあります。THE CITY BAKERY のすぐそば。

店名の 24/7 は “24 hours 7 days”ーいつでも、どなたでもー
みなさまにとって、ちょっぴり特別な場所になりますように、という思いが込められているそうです。


こちらの看板メニュー 「至福のごはん」をいただきました。

15種類の中から好きなおかずを3品選んで
ごはんは黒米をブレンドした玄米か白米のどちらか
プラス赤だしのお味噌汁と京都の藤井茶園から取り寄せたほうじ茶
がセットになっています。これで1,280円。
ごはんとお味噌汁、お茶はおかわり自由です。


・ぷりぷり海老とブロッコリーのチリマヨネーズ
・鹿児島県産茶美豚の生姜焼き
・小松菜と根菜の胡麻生姜和え (冬の小鉢の1品)
をチョイス


image2.jpg

そして激しく迷ってあきらめた「釜揚げしらすと大根おろし」の代わりに
ごはんをしらす卵ごはんに変更していただきました(+180円)。

続きがあります
posted by スキップ at 22:44| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

利久辨當 @志る幸


image2 (6).jpg

三連休ラストデイはロームシアター京都にて木ノ下歌舞伎「糸井版 摂州合邦辻」観劇・・・の前にランチ。
とても空気が冷たく寒い日でしたので温かいものがいただきたいと、思い立ってこちらへ伺いました。


志る幸
京都市下京区西木屋町四条上ル真町100
tel: 075-221-3250


お店の暖簾に「加茂川の西 河原町の東」と書いてありますが、
阪急電車 四条河原町駅、京阪電車 祇園四条駅 どちらからも歩いて5分ほどのところ
木屋町通と河原町通を結ぶ細い路地にあります。

こちらに伺うのは二度目で、最初に訪れたのはン十年前。
学生時代にとてもグルメな友人が連れて来てくれたのでした。
その頃初めて食べた白みそのお味噌汁のおいしさがとても印象に残っていて、いつかまた行きたいなとは思っていたのですが、今日、それを思い出したのも何だか不思議な感覚です。


image1 (13).jpg

お店の中はこんな感じ。
お座敷を取り囲むようにカウンターがあって、さらに後ろに一段高くなった、五条大橋の欄干(手前に写っている)に見立てた席が。
急な思いつきでしたので予約もせずに行ってみましたが、座りやすいこの欄干の席でラッキー。
食べている間にどんどんお客様がやってきてすぐ満席になりました。

席に案内されてすぐに運ばれてきたお茶がとてもおいしくて、「あー、こんなにおいしいお茶を出すお店ならお料理もきっとおいしいだろう」と思いました。


続きがあります
posted by スキップ at 23:23| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする