2018年12月19日

Merry MarieBelle Christmas


image1 (4).jpg

いつもクリスマスシーズンに素敵なスイーツを贈ってくださる方から
今年もひと足早いクリスマスプレゼントが届きました。


CACAO MARKET by MarieBelle
チョコレートボール アソート ボトルです。

ラズベリーのドライフルーツをチョコレートでコーティングしたものや、エスプレッソ味のチョコレートとキャラメルを組み合わせたもの、フレッシュミント味のチョコレートでモルトボールを包んだもの、そしてミルクチョコレートとプレッツェルの塩味が効いたものなど、7種の色とりどりのチョコレートボールがアンティーク風のミルクボトルに入っています。

こちらのチョコレートボール、以前自分で取り寄せたこともある ほどお気に入りで、しかもこんなカワイイミルクボトルが3本も! とテンション上がって上機嫌のクリスマス1週間前の夜でした。



前にも書いたけどおいしすぎてつい食べ過ぎるのが玉にキズ のごくらく地獄度 (total 1994 vs 1996 )

posted by スキップ at 23:04| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

今年もシュトーレンがある幸せ


image1 (2).jpg

一昨年のクリスマスシーズンに素敵なお姉様に教えていただいた BURDIGALA のシュトーレンがとてもおいしくて、昨年は自分で買って友人にもプレゼントして・・という記事を昨年アップしましたが(こちら)、昨年は買うのを忘れていてたまたま見かけて買ったシュトーレン、今年はちゃんと覚えていて、先日ブリーゼに行く前に寄り道して買いました。

友人や自分の分はもちろん、事前にサイトで確認したら、シュトーレンは一応、大阪店限定ということのようですので(オンラインショップでは買えるけど)、近々お目にかかる予定の東京の先輩へのプレゼント用にギフトボックス入りのも買っちゃった!


去年よりさらにおいしい気がするシュトーレン。
ほんとにいつの間にこんなにシュトーレン好きになったのかしら・・・今のところ BURDIGALA のものに限るのですが。
毎日少しずついただくの、ほんと幸せ。


image2 (2).jpg

もうかなり小さくなってしまったけど断面こんな感じです。
どうしてフルーツバスケットに入っているかというご質問はこの際却下。




おいしくてクリスマスを待たずに完食するの確実 のごくらく地獄度 (total 1990 vs 1992 )



posted by スキップ at 23:28| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年11月23日

激混みの京都でのんびりランチ 「つぶら乃」


image1 (11).jpg


東京から南座顔見世興行を観にいらした高麗屋贔屓のお仲間をお迎えして
「南座へようこそ」お食事会。
ランチの部と、夜の部終演後のディナーの部の二部制(笑)だったのですが、
私は今日は観劇予定ではなかったのでランチの部に参加。
アレンジしてくれた関西組のお友達の会社のおじさまが紹介してくださったというこちらで。


つぶら乃
京都市東山区八坂上町368-1-8
tel: 075-741-8248


八坂神社の南門を出て南へ少し歩いたところ、八坂の塔のそばにあります。
このあたり歩くのはとても久しぶりで、知らないお店やプチホテルも増えて興味シンシン。
京都はいつも人がいっぱいですが、今日は3連休の初日で紅葉も見ごろということで、どこも激混みでしたが、お店の中は別世界。外の喧騒がうそのようなおだやかな空間でした。


image2 (4).jpg

1階はテーブル席でしたが私たちが通されたのは2階のお座敷。
ほぼ貸切状態で、心おきなくいろんなおしゃべりに花を咲かせました。



image2 (3).jpg

image1 (7).jpg image1 (6).jpg
image2 (2).jpg image1 (4).jpg


ごま豆腐(結構大きめ)・盛りだくさんの八寸(上の画像)・ぶり大根(絶品!)・
じゃこごはん・手練りわらび餅3種とお抹茶
というコースでした。
京都でこの場所でこの内容で2,500円って破格のお値段です。

丁寧に手をかけられたお料理はどれもとてもやさしいお味でおいしい。
ワタシ、お吸物(お味噌汁)や香の物にも手を抜いていないかでそのお店の良し悪しを計るところがあるのですが、そのあたりも合格だし(何様?)、ぶり大根なんて、ほんっと、イメージ変わるくらいのおいしさでした。


image2.jpg

お店の外に出るとパァーンと八坂の塔が。
この画像からも周囲の混雑ぶりがはかり知れますかしら。



やっぱ京都はええなぁ 混雑さえなければ のごくらく地獄度 (total 1982 vs 1984 )


posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

解禁!


image1.jpg

昨日は、宝塚歌劇月組「エリザベート」東京千秋楽ライブ中継を観て、物語はもちろん、それに続く愛希れいかさんサヨナラショーやご挨拶にも涙をいっぱい流して、のどもカラカラになったところで、別の映画館で同じライビュを観ていた友人とミナミで合流して打ち上げ。

すごく好きという訳でもないのですが、毎年何となく縁起物のような感覚で飲んでいるボジョレーヌーヴォー。
ここはやっぱり飲んでおかないと、と3日遅れで解禁です。

今年のボジョレーは歴史に残る優良年だとか。
お店にある2種類をいただきましたが、両方ともおいしかったです。
どちらかといえば、右のボトルの方がボジョレーとは思えないくらい少し重めで私好み。
(お店の方に言わせると、こちらの方がちょっと高いからおいしいのですって)


Georges Duboeuf BEAUJOLAIS-VILLAGES NOUVEAU Selection Plus 2018
(ジョルジュ デュブッフ ボジョレー ヴィラージュ ヌーヴォー セレクション プリュス 2018)

ですって。
覚えておきましょう(多分忘れるけど)。




写真撮った時は2本ともほぼ空いてるけど3人で飲んだんだってば のごくらく地獄度 (total 1980 vs 1983 )


posted by スキップ at 23:52| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

petit comptoir @ウメシバ


image1 (8).jpg

難波の穴場的エリアだった裏なんばはすっかりメジャーになってしまいましたが、
こちらは梅田の比較的新しいスポット 。
梅田芝田 略してウメシバ。
芝田町って昔からあるエリアですが、グランフロント大阪ができてからこの界隈もずいぶんにぎやかになって、おしゃれなお店も出現中。

その中のひとつ。
今年2月にオープンしたフレンチバルです。


petit comptoir (プティ コントワ)
大阪市北区芝田2-5-6
tel: 06-6292-2636


本当はお初天神にある本店 le comptoir (ル コントワ)の方に行こうと思っていたのですが残念ながら満席で予約が取れず。
それならば、とまだ行ったことがなかった姉妹店のこちらに伺いました。

店名のpetit comptoirはフランス語で「小さなカウンター」という意味だそうです。
まだお店がそんなに多くないウメシバにぽつんと現れる外観は、パリあたりのビストロのよう。
10席くらいのカウンターと立ち飲みもできる小さなテーブルが5卓というこじんまりしたお店です。



image2 (4).jpg image1 (7).jpg

待ち合わせ相手が少し遅れるということでしたので、とりあえず一人泡。
お料理も勝手に注文して待つ(^^ゞ 前菜3種盛りね。



image2 (3).jpg

黒板に書いてある本日のおススメの中から、迷わずこれをオーダーしましたよね。
桃とフルーツトマト・モッツァレラチーズのサラダ
甘くてジューシーな桃とモッツァレラが絶妙なコンビネーション。
おいしかったです。


そうこうしているうちに待ち人も到着し、話ははずむ、ワインもお料理もすすむ。



image2 (2).jpg image1 (4).jpg
image1 (9).jpg image1 (2).jpg

全体的にスモールポーションで小皿料理といった趣き。
ソーセージは白金豚。
キッシュなんて写真撮るより先にがっついて食べてるじゃんね~。
最後のはラザニアです。

どれもワインに合うお料理で少量なのでいろいろ食べられるのがうれしいけれど、ワインがすすんでコマル。



もうすっかり評判になっていて、平日の夜にもかかわらず遅くまでにぎわっていました。
午後3時から飲めるし(←)、カジュアルで使い勝手もよさそうです。




話も盛り上がってあやうく最終電車ギリギリ・・・梅田の飲みは時間感覚要注意ですわ のごくらく地獄度 (total 1961 vs 1963 )


posted by スキップ at 23:16| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

なにわフレンチ Begin


image1 (17).jpg日ごろからSNSで交流させていただいているお友だちに「ご飯いきましょー!」と誘っていただいた土曜日。

もとは歌舞伎を通じて知り合った私たち。
それプラス 伝統芸能全般に造詣深いけど最近ヅカにもハマり気味・劇団四季大好き&ミュージカル好き・歌舞伎もヅカもストプレもな欲張り(←ワタシね)という3人が集まって、言いたい放題よくしゃべりよく食べよく飲んで、楽しい夜となりました。

お友だちが選んでくれたお店はこちら


なにわフレンチ Begin
大阪市中央区東心斎橋2-5-31 月虎51番館4F
tel: 06-6211-1240

入口にはこんな暖簾がかかっていて、フレンチというより居酒屋風(^^ゞ

心斎橋から周防町通りを堺筋の方へ歩いて5分くらいのところにあります。
昔 ヨーロッパ通りと言われていた周防町を歩くのなんて何年ぶりかしら。
ミナミは街も人も、私たちが遊んでいた頃とは様変わりしてしまったけれど、フクハラビルとかばらの木とか、あの頃通ったお店が今もぽつりぽつり残っているのを見ると何だかうれしくなりました。



オープンキッチンのカウンター席とお座敷がありますが今回はカウンターで。
常連と思しき男性のお客様多し。
黒板にその日の食材をつかったメニューが所せましと書いてありましたが、大体の予算と苦手なものをお伝えしておくと、マスターがコースに仕立ててくれるおまかせ方式。
お箸でいただくフレンチです。


image1 (16).jpg

スターターはもちろん泡で。
1本で2杯分というロゼのスパークリングいただきました。
もちろん一人で飲みましたが、何か?



image2 (12).jpg  image2 (11).jpg

サマートリュフぎっしり・・・の下からは黄身の色濃いトロットロたまご


続きがあります
posted by スキップ at 23:38| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする