2019年10月31日

Happy Halloween♪


halloweenafternoon1.jpeg

本日はシアター・ドラマシティにて雪組「ハリウッド・ゴシップ」観劇・・・の後にランチかねたお茶でも、ということになりまして、何食べようと考えた時、そうだ!今日はハロウィンじゃないということで、こちらへ。


ティーラウンジ ファウンテン
大阪市中央区西心斎橋1-3-3
ホテル日航大阪 1階
tel:06-6244-1695


こちらのファウンテンでは季節ごとにアフタヌーンティのメニューが変わります。
9月から今日 10月31日までは「ハロウィンアフタヌーンティセット」というのは聞いていて、Just on Today!じゃない、と。


なかなかテンションあがるビジュアルのメニューは

上段:
・蜘蛛の巣 アールグレイショコラ
・紫芋のモンブラン
・パンナコッタとブラッディラズベリーソース
・墓場のブラウニーと焼きマシュマロ
・タピオカ入りオレンジゼリーと溺れるおばけ
・マドレーヌとかぼちゃクッキー


halloweenafternoon2.jpeg



下段:
・赤キャベツとかぼちゃのサンド
・さつまいもとしめじのタルト
・生ハムと銀杏
・焼きカマンベールチーズのオープンサンド
・スコーン

halloweenafternoon3.jpeg


ビジュアルが凝っているばかりでなく、どれもおいしかったです。
スイーツばかりでなく、サンドイッチやタルトなど、食事系も充実しているのもマル。


halloweenafternoon4.jpeg

この目玉の紫芋はなかなかの迫力でした(^^ゞ



ハロウィンには仮装にも全く興味ありませんが、目にも舌にもおいしいアフタヌーンティいただいて、Happy Halloween♪



おなかいっぱいすぎて夕食ヌキとなりました の地獄度 (total 2026 vs 2029 )

posted by スキップ at 21:27| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年10月30日

出汁キーマ @虹の仏


dashikeema3.jpeg

大阪はここ数年ずっとスパイスカレーブームが続いていて、名店、人気店も多々あります。
こちらもそんな有名店のひとつ。
何度か通りかかったことあるのですが、行列ができていたりお休みだったりしてなかなかご縁がなく、やっと名物 出汁キーマをいただくことができました。


虹の仏
大阪市天王寺区四天王寺1-12-23
tel: 06-6777-4662

地下鉄四天王寺前夕陽ヶ丘駅4番出口すぐそば。
谷町筋沿い、星光学院の向かいにあります。
カレー専門店ではなく、無国籍料理の「食堂」という位置づけです。


この日のカレーは名物の出汁キーマ(マイルド)とあさり(中辛)。
流行りの「あいがけ」はやっていないということで、初めてだし、ここは基本の出汁キーマで。
数種類あるトッピングの中から、手作りらっきょうをチョイス。
「代々受け継がれてきた手作りの味」ですって。


dashikeema1.jpeg

すぐに冒頭の画像のようなフォトジェニックなカレーが出てきました。
「全部まぜて食べてください」と言われたので素直にまぜたらこんなことに。


dashikeema4.jpeg

古代米に豆、青菜、いんげん、ココナッツ粉、ズッキーニ、玉ねぎ、香草などが彩りよく盛り付けられたカレーは口に含むと魚介系のお出汁が効いた和テイストテイスト。
とてもマイルドでサラリとしていておいしいけれどスパイスカレーという印象はあまりなかったです。
辛さがそれほど得意という訳ではありませんが、もう少しスパイシーな方が好きかも。



nijinohotoke.jpeg



次回は「中辛」に挑戦してみよう・・・ってまた行くんかい! のごくらく地獄度 (total 2026 vs 2028 )




posted by スキップ at 22:56| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

ごはん食べ比べ @象印食堂


zojirushi2.jpeg

昨年10月 なんばスカイオ開業と同時にオープンした象印食堂。
開店以来大人気でランチタイムには平日でも行列と聞いていましたが、もう1年も経つし、そろそろ落ち着いたころだろうと思って、1ヵ月前くらいにふらりと行ってみたらとんでもなかった💦

その時は時間もなかったのであきらめて、今回ようやくリベンジ。
次の予定もあって並んで長時間待つことができないので、私にしては珍しく開店時間の25分前くらいに到着したら6番目でした。ちゃんと椅子もあるので待つのも楽ちん。
開店時間(11:00)になって店内に案内されるころには長蛇の列となっていました。


zojirushi7.jpeg象印食堂
大阪市中央区難波五丁目1番60号 
なんばスカイオ6階
tel: 06-6568-9804


ランチメニューの中からいただいたのは「象印御膳」

象印が誇る最高級の圧力IH炊飯ジャー「炎舞炊き」で炊いたご飯が主役の定食です。

「ごはん2種食べ比べ おかわり自由」しかも 鯛茶漬けつき
というのに惹かれたのですが、食べ比べがついていないメニューでもおかわりの時、別の種類を選べるので、ま、どのメニューでも全種類食べようと思えば食べることができます(おなかが許せば)。

この日は、白米 ふつう  象印が考えるおいしさの基準
     白米 もちもち 炊きわけ
     健康応援米 金賞健康米
の3種類でした。


zojirushi3.jpeg

主菜は魚・肉・旬の3品から一つ選びます。
私は「旬」の ゴロゴロ根菜と鶏の照り焼き をチョイス。


続きがあります
posted by スキップ at 22:19| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年10月09日

勇気を出してすみれシチュー食べてみた


sumire.jpeg

宝塚大劇場内レストラン フェリエ に宝塚歌劇105周年記念メニューとして登場した「すみれシチュー」。

すみれ色のシチューに組カラーの5色の付け合わせ。
なんともまずそうな(!)すみれ色に、あの目の覚めるようなブルーの物体は何?と、年初に登場した時、ヅカファンの間でもかなりざわつきました。

宝塚にさほど詳しくはない方に念のため申し添えますと、レストラン フェリエは大劇場内にありますが、宝塚ホテルがやっている、ちゃんとしたレストランです(←)。


興味はあったものの、あの色にビビッてなかなか食べずにいたものの、105周年記念メニューだからもしかしたら来年はなくなるかもしれないと思い、先日思い切って食べてみました。



sumire3.jpeg


・・・フツーにおいしいクリームシチューでした。
あの鮮やかなブルーの物体はうずらの卵。


sumire2.jpeg


食べた後で公式サイトで内容を確認。

・ルー: 紫薩摩芋のピューレで色づけしたホワイトシチュー
・付け合わせ: スパム ・ パプリカ ・ ロマネスコ ・ うずら卵 ・ キドニー ビーンズ
・添え物: 桜漬け ・ コーンピクルス ・ コルニッション ・ 小玉葱 ・ しば漬け




おー、添え物のブルーはらっきょうと思って食べてたゼ(正解は小玉葱) のごくらく地獄度 (total 2117 vs 2118 )





posted by スキップ at 23:58| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年10月07日

秋葡萄 @HIBIKA


image1 - コピー.jpg

「すべての商品が季節限定」という“四季菓子の店” HIBIKA

ヴィタメールやアンテノール同様、EDELWEISS のブランドの一つです。
生ケーキはもちろん、焼き菓子やふきよせなどすべて四季折々に変わって、しかもいずれもビジュアルよしお味よしでうめだ阪急にオープン以来大人気のパティスリー。私も大好き。
自分用はもちろん、ちょっとしたお持たせやお土産にもよく利用していて、季節が変わるたびに伺っています。

秋菓子は9月1日に始まって、11月中ごろまでということで、「そういえば秋になってまだ行ってなかった」と、本日梅田に出たついでに立ち寄ったところ・・・


image2 (002) - コピー.jpg

「秋葡萄」と名づけられたショートケーキに一目ぼれです(冒頭の画像)。
見た瞬間「これ!」と決めたのですが、さらにショーケースを覗くとどれもおいしそうな顔をして私を呼んでいる(^^ゞ
いやしかし、生菓子だから今日中に食べないといけないし、それは無理~と自制心と闘いながら結局誘惑に負けて、もう一つお買い上げ



image2 - コピー.jpg

「秋色」です。
この秋らしいビジュアルもさることながら、これ、キャラメル・ポワールでショコラサブレの上にはアーモンドスポンジと洋梨入りのジュレを包んだショコラキャラメルムース。
もう、私の大好きが全部詰まっている感じ。



image1 (002) - コピー.jpg

秋のケーキは全部で10種類。
もっと早くスタートして11月までに全種類制覇を目指すべきでした。



あ~ おいしかった(2個とも食べたんかーい!) のごくらく地獄度 (total 2116 vs 2117 )


posted by スキップ at 23:22| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2019年09月27日

お蕎麦はもちろん出し巻きも絶品 @はやうち


image2 (4).jpg

いつもお世話になっている整体院は四天王寺の近くにあるのですが、昨日は終わった後、こちらでランチ。
このエリアでは有名なお蕎麦屋さんで、平日でもランチタイムには行列ができるほど。
私が着いた時(木曜日の12時30分くらい)にもお店の前で何人か待っていらっしゃいましたが、ちょうど前のお客様が続けて出られるタイミングで、ラッキーにもすぐに入ることができました。


四天王寺 はやうち
大阪市天王寺区四天王寺1-12-16
tel:06-6773-2858

四天王寺の参道を北へ少し歩いたあたり
地下鉄谷町線 四天王寺前夕陽ヶ丘駅から歩いてすぐのところにあります。
古民家を思わせる趣きのある入り口に白いのれんと大きな「はやうち」の看板が目印です。


まずはお蕎麦を・・・の前に、メニューにあった「出し巻き」に目が吸い寄せられて、でも一人だしなぁと思ってお店の方に「この出し巻きって一人だと食べきれないですかね?」とお尋ねしたところ、「かなり大きいので小もあります」とおっしゃってくださって、「じゃあ小を!」と喜んでオーダーしました。


image1 (5).jpg

じゃん!
卵ぷるぷるでつゆだく、出し巻きとはかくあるべきという(私にとって)理想の出し巻き。
熱々だし、めちゃおいしい!めちゃおいしい!と心の中で何度も言いながらいただきました。
これなら普通サイズでも全然イケましたワ。
この出し巻きが入ったこちらの名物太巻きもあって、次回は絶対これ食べようと心に誓ったのでした。



image2 (5).jpg

おそばは、「細挽きせいろ」と「荒挽き田舎」とを散々迷って、「細挽き」の方をいただきました。
大体皆さん一枚ずつ両方召し上がる方が多いようです。天ぷらせいろも人気でした。

「土山人」ご出身のご主人が繰り出すお蕎麦は、コシがあってのどごしよく美味しくて、口の中で蕎麦の旨味と香りがふわりと広がるよう。
こちらもツルツルあっという間に完食で、何なら荒挽きの方も・・・と思いましたがさすがに自粛しました。


image2.jpg

だって出し巻きの他に「そばチップスとクリームチーズ」も食べたんだもーん(^^ゞ


最初に「お蕎麦は後でお出ししますか?」と聞かれて、「一緒で構いません」とお伝えしていたのですが、ちゃんと出し巻きを食べ終わるタイミングでお蕎麦を出してくださって、お蕎麦をあと少しで食べ終わるかなというところでさっと蕎麦湯が出てくるという、絶妙のサービスでした。店内満席で大忙しだったのに。



image1 (2).jpg

カウンターには日本酒がズラリとならんでいて、夜にはまた夜だけの一品や「そば膳」「そば会席」など魅力的なメニューもあるようですので、またぜひ夜にも伺いたいと思います。




早くも食欲の秋過ぎてコマル のごくらく地獄度 (total 2110 vs 2112 )



posted by スキップ at 22:27| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする