2017年12月06日

好奇心にあふれたイタリアン トムクリオーザ


image1 (2).jpg

ポンテヴェッキオで山根大助シェフの右腕と言われていた浅井努シェフが
2013年に独立開業されたリストランテ。
瞬く間に人気イタリアンとなってとても興味があったもののなかなか行く
機会に恵まれないままだったのですが、なーんと、東京の方にご招待
いただいたお店がこちらでした。


トムクリオーザ
大阪市北区堂島1-2-15
tel: 050-3188-6885

北新地 ANAインターコンチネンタルホテルのすぐ近くの小さなビルの2階にあります。
店名のトムは努さんのトム、クリオーザはイタリア語で好奇心という意味だそうです。
店内にも「好奇心」と書かれた額が飾られていました。著名な方の書かしら。

「イタリアンをベースに日本の四季を重んじ旬を意識した料理」だとか。
カウンター4席とテーブルが2卓のこじんまりとしたお店ながら、
お料理もワインもオドロキの連続でした。


image1 (7).jpg  

鰹のサラダ
いきなりこのお皿出てきて、見た目鮮やかだし野菜たっぷりだし
食べたら鰹おいしいし、でテンションあがりましたよね。


続きがあります
posted by スキップ at 22:53| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

そば切り岳空


image2 (2).jpg

「谷町六丁目にステキなお蕎麦屋さんがあるから」とランチに連れて行っていただいたお店。
今年1月にオープンした新しいお店ですが、すぐに評判の人気店になって、ウェイティングになったり、閉店時間前に終了してしまうことも多々あるそうです。


そば切り岳空
大阪市中央区谷町7-1-54
tel: 06-6773-9478
営業時間: 11:30~14:00 17:30~20:00
(お蕎麦がなくなり次第終了)


image2.jpg地下鉄谷町六丁目駅から歩いて5分位。
空堀商店街の東通り アーケードを抜けたあたりです。
古い町家を改装されたということですが、それと知らなければお蕎麦屋さんとは気づかないようなモダンでシャープな印象の外観です。

L字型の白木のカウンタ−10席のみ。
塗り壁にダウンライトというシックでモダンな内装です。
オトコマエの若いご主人ととってもチャーミングな美人奥様で切り盛りされています。

お蕎麦のメニューはシンプルで、もり蕎麦・おろし蕎麦・鴨せいろ・焼き野菜せいろ・ねぎせいろ の5種類。
基本的にあたたかいものをいただきたかったので、焼き野菜せいろと、こちらの名物でもある炙り〆鯖寿司を。

蕎麦粉はすべて国産の石臼挽き蕎麦粉で毎日開店直前に打っていらっしゃるのだとか。
透明感のある白めのお蕎麦に粒が入って、口に入れるとふわりと蕎麦の香りが広がります。
のどごしのよいお蕎麦と少し濃いめのつけ汁の相性もよく、とてもおいしくいただきました。
これ、一枚盛りにしたのですが、二枚でもあっさりイケちゃいそう。


image1 (5).jpg  image1 (3).jpg

絶品の炙り〆鯖寿司。
そば湯もこんな小じゃれた器で供されます。



image2 (3).jpg

カウンターの向こうには美味しそうな日本酒や蕎麦猪口が棚に飾られていて、前菜三種盛りや蕎麦焼味噌、クリームチーズ味噌漬けといったお酒に合いそうなメニューも並んでいますので、ぜひ夜に一献傾けながらいただきたいお店です。




おなかいっぱいであきらめた出汁巻きもこの次は絶対食べる のごくらく度 (total 1840 vs 1842 )


posted by スキップ at 23:26| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年10月31日

ハッピーハロウィン♪


image1.jpg

本日 10月31日はハロウィン。
若者たちの仮装は年々加熱する一方のような気もします。
たまたま約束が今日で食事に出たミナミも結構な盛り上がりでした。

Trick or Treat にも仮装にも全く興味ない不肖スキップですが、
今日会社の後輩がプレゼントしてくれたこれはうれしかったな。
ありがとう

このブログにも何度かアップしたことがある 松竹堂 のフルーツ餅 
ハロウィンバージョンです。10月限定なのだとか。
これまでフルーツ餅は季節ごとにいただいていましたが、
このハロウィンバージョンは初めてでした。
帰宅して箱開けた時、テンションあがったよね

ハロウィン特別仕様のジャックオランタンは柿、黄色はパイナップル、白はマスカット。
かわいいばかりでなく、安定のおいしさです。



こんなハロウィンなら大歓迎 のごくらく度 (total 1832 vs 1833 )


posted by スキップ at 23:49| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年10月22日

日本一おいしい!?コロッケ  Calbee Potato


image1 (4).jpg揚げものはあまり得意ではなくて、それほど好んで食べる方ではないのですが、家人の「コロッケ食べたい」というリクエストにより「ふーん、コロッケね」とデパ地下物色していて(←自分でつくるという考えは毛頭ない)、「そうだ!ここは阪急。カルビーポテトがあるじゃないか!」と思いつきました。

阪急百貨店うめだ本店にはここでしか買えないというコラボ商品がいくつかありますが、これもその一つ。
「日本一おいしいコロッケを作りたい!」という強い想いを胸に阪急とカルビーがタッグを組んでつくる上げたものだそうです。


Calbee Potato (カルビーポテト)
阪急百貨店うめだ本店 地下1階



今年4月 うめだ阪急惣菜売り場にオープンしたお店。
オープン当初は行列ができていて整理券発行したりしていたようですが、今はフツーに買えます。

北海道産のジャガイモのみを使用したコロッケは、ひと口サイズの「スナックコロッケ」と普通サイズの「ポテトコロッケ」の2種類。

「スナックコロッケ」は北海道産ジャガイモ「トヨシロ」のダイスカットとペーストを混ぜたもの。
直径3センチくらいかしら。
「コンソメパンチ味」「ピザポテト味」「のりしお味」「関西だししょうゆ味」「たこ焼き風味」「ブラックペッパー味」の6種類あって、それぞれ1パック8個入りで390円。
「少しずつ詰め合わせはできないの?」と聞いたらNGで、2種類までならできるということでしたので迷った末に「たこ焼き」と「ブラックペッパー」をチョイス。
どちらもおいしかったです。特にたこ焼き味は今まで食べたことないコロッケ。
ひと口サイズだし、ちょっとしたおやつやビールにも合いそう。


image2.jpg

普通サイズの小判型カルビーポテトコロッケは、熟成させた「北海こがね」をタネに、北海道産小麦で焼き上げたパンをその日のうちにパン粉にしたものを衣に使用したものだとか。
「プレーン」(120円)と「北海道発酵バターコロッケ」(150円)と、さらに最近発売された「北海道十勝清水町で限定生産のブランド牛“十勝若牛”を使った贅沢な味北海道じゃがいもコロッケ」(195円)があって、もちろんこれ買うよね、十勝若牛。

もともとじゃがいも好き、ポテトチップス好きなので今回買った3種類はどれもおいしかったです。
次回は他の味にも挑戦してみたいと思います。
そうそう、10月23日からサッポロポテトバーベQあじが発売されるそうです。



おいしいけど病みつきになるのはちとコマル のごくらく地獄度 (total 1829 vs 1832 )


posted by スキップ at 23:11| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年10月02日

セレブなブランチ @和光ティーサロン


image2.jpg歌舞伎座ギャラリーで「白糸縅碇朱染彩 大物裏合戦」観た後、次の予定まで時間もあるし小腹もすいたし、ということでこちらへ。


和光ティーサロン
東京都中央区銀座4-4-8 和光アネックス2F
tel: 03-5250-3100

和光アネックスの2階にあるティーサロン。
以前お茶に立ち寄ったことはありますが、食事をいただくのは初めてかな。
週末には階段の下まで行列ができていることがあると聞きましたが、さすがに雨模様の平日の11:00 ゆったりとした雰囲気でした。



季節のフルーツパフェが有名で(この時期はぶどうでした)、すごく惹かれたのですが、
他にも、70周年記念のミニケーキプレートにも、フレンチトーストにもオムライスにも
激しく心揺れましたが、大好きなクロックムッシュをいただくことにしました。


image1.jpg

グリュエール、モッツァレラ、ゴーダーという3種のチーズかけて焼いたもの。
チーズたっぷりでかなり濃厚。とてもおいしかったです。



image3.jpg飲み物とアイスクリームのセット。
「むらさきいものアイスかあんずのシャーベットがございます」と言われのが「あんみつ」に聞えて、「むらさきいものあんみつ!?」と思いましたがむらさいきもにしました。
くっきりとむらさきいもの味がして甘過ぎず、おいしいアイスクリームでした。
飲み物は何とかいうハーブティ(記憶が雑(^^ゞ)



銀座の並木路の緑を眺めながらゆったりと時間が流れていくようなサロン。
平日のこんな時間のお客様は私をのぞいて皆セレブ感が漂っていて、少し異空間の雰囲気でした。


次は絶対パフェ食べる~ のごくらく地獄度 (total 1818 vs 1825 )


posted by スキップ at 22:22| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

オトナのビストロ  Le Bonze


image1 (3).jpg image1 (2).jpg 

秀山祭 楽しく打ち出された後は打ち上げよ。
ギリギリまで宿泊できるかどうか(それ以前に上京できるかどうかさえ)ビミョーな状況だったのですが、行ける!となって、直前にもかかわらずファザコンサリーちゃんがステキなお店を見つけてくれました。

Le Bonze (ルボーズ)
東京都中央区銀座4-10-1 銀座AZAビル 3F
tel: 03-5565-3055


歌舞伎座からほど近いビルの3階にあるブラッスリー。
シェフとサービスの女性お2人でやってらっしゃるお店。
店名の「Bonze」はお坊さんの意味で、シェフの青木さんのヘアスタイルが由来だとか。
テーブルが3卓とカウンターというこじんまりしたお店ですが、人気店で直前だったこともあって予約しようとした時には満席ということでした。当日終演後お電話したらお席があいていてラッキーでした。

まずは染五郎さんとしてはラスト秀山祭に泡で乾杯。これお約束。
その後、サリーちゃんは白ワインを、私は赤をいただきました。



image2 (3).jpg image2 (2).jpg image3 (3).jpg image5.jpg

ピクルス・フレンチフライ・大地のサラダ・牛テールごはん
フレンチフライ食べるのなんて何年ぶりかしら、という感じでしたが、こちらの名物ということで。
ハーブ風味の少し変わったフレンチフライでした。
野菜はどれもとてもおいしい。

こちらもこのお店の名物 牛テールごはん。
別々に出てきた牛テールを自分でごはんに乗せていただきます。
とろっとろの牛テール、とてもおいしかったです。



image6.jpg店内の照明は少し暗めでパリの街角にもありそうな大人のビストロといった雰囲気です。
ワインに合いそうなお料理がメニューに並んでいましたが、遅い時間だったため、すでに終了しているものもあって残念な思いをしたのでまたぜひリベンジしたいと思います。





糖質 vs 野菜 night (by ファザコンサリーちゃん) のごくらく地獄度 (total 1817 vs 1824 )




posted by スキップ at 23:37| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする