2018年06月15日

キセキのピアス


image1 (2).jpg

20数年前に香港で買ったピアスです。
画像ではわかりにくいですが、24金とプラチナのバイカラーで、当時の私としてはかなり高価な思い切った買い物でした。

とても気に入って日常使いしていたのですが、時折落としたり紛失したりすることが。
でも、他のピアスは片方なくしたらそのままになることが多いのに、このピアスだけは不思議なことになくすたびにまた戻ってきて、いつしか私の中で「奇跡のピアス」と呼ぶようになりました。

特に印象的だったのは4年位前。
朝、自宅を出る時につけたピアスがオフィスに到着すると耳になくて、1日中凹んでいたところ、夜遅く最寄り駅に帰り着いた時になぜかふと気が向いて反対側のホーム(朝 出発したホーム)に行って何気に足元を見てみたら、夜のライトにきらり~んと光るものを見つけた時には、「やっぱりキセキのピアスだ!」と大喜びしたものです。

ところが、それからしばらくしてまた片方紛失してしまって・・・多分その前からポストが緩んでいたものと思いますが、気づいた時には耳の裏側にポストだけが張り付いているというおかしなことになっていました。
その時はどこを探しても見つからず、奇跡もこれまでかとがっくりしつつあきらめたのでした。

そして今日です。

ジェルネイルが1本取れてしまって、次にサロンに行くまでの応急処置にネイルエナメルしておきましょうとドレッサー横に置いてあるチェストの一番下の「ネイルケアグッズ引き出し」を久しぶりに開けて、どの色にしようか探していると、引き出しの底にきらり~んと光るものが。
一瞬「えっ!?」とわが目を疑いました。
もしかして女々しく取っておいた片方のピアスがここに落ちたの?と思って、今度はそのチェストの一番上の「アクセサリー引き出し」を開けてみたら、ちゃんともう片方がありました。

うわっ、帰ってきたんだ!!

どうしてこんなところに・・・と思わずにはいられませんが、
「やっぱりキセキのピアスだわ」 と笑顔になったのは言うまでもありません。



何年ぶりの再会かしら。今度の旅は長かったわね~ のごくらく地獄度 (total 1923 vs 1929 )



posted by スキップ at 23:13| Comment(2) | diary | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

こんな流行には乗らなくてもよい  ウイルス性胃腸炎


image1 (4).jpg5月13日(日) 朝起きると胃がムカムカ。
どんなに辛いことがあっても苦しくても食欲だけはなくならないのが自慢の不肖スキップにしては非常に珍しいことに何も食べる気が起きません。

他の症状は特にないのですが、とにかくずーっとムカムカ。
時間が経つにつれ腰がどんどん重だるくなってきました。

夕刻、やむなき事情にて2時間ほど外出。
ヘロヘロになって帰宅。
節々が痛いような気もするので、とりあえず葛根湯を飲んで早々に就寝。
・・・が、嘔吐、下痢、腰痛 で1時間おきに目が覚めて、熱は測るたびに上がって38度超。
(平熱低いので少しの熱にもヨワイ)

5月14日(月) 仕事を休んで病院へ。
前夜よりさらにヘロヘロで、診察までの待ち時間の長いこと。
で、やっと診察へ通され症状を話すと先生はあっさり
「ウイルス性胃腸炎ですね。今流行ってるんです。
先週から7割位、こんな症状の患者さんばかりです」

どこで感染したんでしょ。
疲れていたり免疫力が低下していると感染・発症する率が高くなるそうです。そりゃそーだ。
自分ではそんなに疲れている意識ありませんでしたが。

大阪府のHPにも流行状況と注意喚起のページがありました(こちら


2日間 食べものはほとんど何も口にできず。
何て言うんでしょ。全身倦怠というか、とにかく、「しんどい」。

5月15日(火) ほぼ1日中 自宅で寝て過ごす。
口にしたのはお水の他は、はるみ(みかん)とプリン、そしてカルピスソーダ。
(病で弱っている時にはなぜかカルピスが飲みたくなる)

5月16日(水) 隔週でお世話になっている整骨院で整体&鍼灸。
体は少しラクになって食欲ももどってきました。


という訳で本日はようやく出社。何とか通常運行して参りました。
胃腸はそれほど丈夫という訳ではありませんが、ウイルス性胃腸炎に罹患したのは初めて。
この程度の胃腸炎でこんなにツラいんだから、胃や腸に重篤な病を抱えている方の苦しみはいかばかりか、と思いを馳せたのでした。



お陰で2kgやせたけど、こんな流行には乗らなくてよろしい の地獄度 (total 1912 vs 1916 )




posted by スキップ at 22:59| Comment(4) | diary | 更新情報をチェックする

2018年03月13日

春を告げる香り


image1 (2).jpg

たとえば梅の花だったりふきのとうだったり、いかなごのくぎ煮だったり花粉症だったり(笑)、
春の到来を感じるものは人それぞれですが、私は断然こちら・・・沈丁花の香りです。

小学生のころ、仲良しでよく遊びに行った友だち-えっちゃんの家のお庭は、木々があふれてかくれんぼもできるようなとても広いお庭でした。
いつもこのお庭で走り回って遊んでいたのですが、ある時、とても甘くてよい香りが漂ってくるのに気づきました。2人してその香りをたよりにお庭の中を捜し歩いてこの木を発見。
季節はまだ少し寒さの残る春。後で「沈丁花」だと教えられました。

以来、毎年この香りがするようになると「春が来たな」と感じます。

画像はご近所のお宅の門前に咲いていたもの。
少し前からいい香りがするなと思っていたら、もう満開でした。
まるで春が駆け足でやってくるようです。



そして花粉もいっぱいやってくる の地獄度 (total 1886 vs 1890 )

posted by スキップ at 22:18| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする

2018年03月04日

DONE!


image1 (2).jpg本日は午後から自室にこもって確定申告書作成。

私は毎年確定申告するという訳ではないのですが、平成29年度は収入も支出もイレギュラーかつ高額かつ煩雑かつ初めてのケースというのが何件かあって、税理士の先生に相談したり、管轄税務署の申告相談に出向いたり(激混みで1時間位並んで待ったよ💦)しました。

疑問点、不明点さえクリアになれば申告書の作成自体は国税庁ホームページからサクサクできるし自動計算してくれるのでそれほど大変なことではありません・・・が、今回から医療費控除の領収書が提出不要となったといっても明細書を作成するために1件ずつ入力する必要があるから面倒なところは大して変わらないかな。

以前 twitter で流行っていた「△△だん!」という言葉はすっかり陳腐になってしまった感ありますが、ほぼ半日費やして申告書が完成、首尾よく還付となった時は「DONE!」と思いましたわよ。



この週末で今月のマスト案件2つクリア がんばったワタシ のごくらく度 (total 1883 vs 1888 )


posted by スキップ at 22:14| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

神に選ばれし者


yuzuru2018.jpg

スポーツ選手、アーティスト、科学者、小説家、画家、デザイナー、役者・・・自分が好きなこと、やりたいことが明確にあって、その才能に恵まれ、それを発揮する人生を送ることができる人はまさに天賦の才、神様から祝福を受けた人々だと思っています。
それだけでもすばらしいのに、その中でも本当に特別に「神様に選ばれた人」がいると感じていて、その一人が羽生結弦くんです。


羽生くんは神に選ばれし者。
だから、きっと、やってくれると信じていました。

とはいうものの、オリンピックには魔物がいるというし、
いつ誰が転倒してもおかしくないフィギュアスケート。
ましてこれが怪我からの復帰初戦という羽生くん。
昨日のショートプログラムも相当緊張しましたが(←)、今日のフリーは口から心臓が飛び出しそうな思いで息するのも忘れる勢いでTVの前で正座して見ました。
演技の後半は心ふるえて涙がこみあげてきました。


羽生くんの金メダルは、このオリンピックで日本の金メダル第1号で
冬季オリンピック史上1000個目の金メダルなのだとか。

・・・神様、やっぱり決めてたやん。


羽生選手のスケートをナマで初めて観たのは2013年2月の四大陸選手権大会(こちら)。
あの時、練習や演技の後、氷面にそっと手をおいて氷に語りかけているような羽生くんがとても印象的だったのですが、今日のフリー後にもそれをやっていて、まるであの時から今日の姿が約束された未来だったように感じたのでした。


yuzuru201802.jpg


金メダルと決まった瞬間、羽生くんの目にあふれる涙。
強気でならす彼が涙を見せるなんて、ここに至るまでにどれほどのことがあったのだろうと、一緒に涙せずにはいられませんでした。


羽生結弦くん オリンピック二大会連続金メダル、本当に心からおめでとう


posted by スキップ at 22:58| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする

2018年02月03日

節分記


「お正月なんてあったの?」というくらい、時は駆け足で過ぎていきますが、今日は節分。
ニ十四節気の始まりということで、本当の意味で「新しい年が始まった」感満載です。

慌ただしい毎日を過ごしていても、季節の行事は大切にしたい派のわが家。
特に「丸かぶり」(恵方巻きなんて小じゃれた呼び方はしたことありません)が大好きな私としては、これは欠かせないところ。


本当は厄除けのお参りにも伺いたかったところですが、時間がなくて

image1 (3).jpg

びっくり厄除けぜんざい をいただきました。
普通の「厄除けぜんざい」もあったのですが、ここは「びっくり」でしょう、と。
お餅3個、紅白しらたま3個、栗2個入りでボリュームたっぷりでした。


夜 帰宅してからは豆まきもして、丸かぶり。もちろんいわしも食べました。


image2.jpg  image1.jpg

今年は味吉兆の「福寄巻」を奮発。
ちゃんと南南東向いて無言で1本丸かぶりいたしました。



厄除けを口実に食べ過ぎでしょう の地獄度 (total 1871 vs 1874 )



posted by スキップ at 23:08| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする