2021年01月17日

26年目の祈りの朝


20210117 .jpg


2021年1月17日。
阪神淡路大震災が起こった1995年のこの日からずっと時を数えていて、26年目の朝を迎えました。

「いつもと同じ朝を迎えられることが決して当たり前ではない」と一層強く感じる2021年。
26年前にはもちろん、1年前でさえ想像もつかなかった世界に私たちは直面しています。

「あれが最期の別れになるなんて思ってもみないでしょう?」というのは「アナスタシア」のマリア皇太后の言葉ですが、思ってもみないことがいつ起こっても不思議ではない今の世界。

それでも、こうして昨日と同じ朝を迎えることができた幸せと感謝の思いを忘れることなく、1日1日を悔いなく過ごしたいと、改めて心した26年目の祈りの朝です。



posted by スキップ at 22:44| Comment(0) | diary | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください