2019年09月23日

濃密充実 「秀山祭九月大歌舞伎 夜の部」


shuzansai201909.jpg今年の秀山祭 夜の部は「勧進帳」の弁慶が
奇数日: 仁左衛門さん
偶数日: 幸四郎さん   の日替り。
もちろんどちらも観たいのはヤマヤマですが、なかなかそうは参りません。
ということで、沈思熟考の末、「仁左衛門さんの弁慶はこれが最後かもしれないし、ましてや仁左衛門さんの弁慶で幸四郎さんが富樫を勤めるなんて、多分この先二度とないこと」と考え、奇数日を観ることにしました。

中村吉右衛門さんが体調不良のため9月16日から休演。
心配でしたが、「きっちー、頼むで」と心の中で応援(?)した甲斐あって、この日から無事復帰されました。


秀山祭九月大歌舞伎 夜の部
2019年9月19日(木) 4:30pm 歌舞伎座 1階6列下手




一、 菅原伝授手習鑑 寺子屋
出演: 中村吉右衛門  中村福助  尾上菊之助  中村児太郎  
中村鷹之資  嵐橘三郎  中村又五郎  松本幸四郎 ほか
(上演時間: 1時間23分)



terakoya201909.jpg


今、歌舞伎で観られる最高の「寺子屋」のひとつではないかと思います。
吉右衛門さんの松王丸はもとより、幸四郎さんの源蔵、菊之助さんの千代、児太郎さんの戸浪ががっぷり四つに組み、緊迫感に満ちた濃密な世界をつくり出してくれました。
さらには、又五郎さんの玄蕃、鷹之資くんの涎くりと役者が揃い、丑之助くんの菅秀才に福助さんの園生の前という豪華配役です。


菅丞相が彼を敬愛する人々にとっていかに神様のような存在だったかということを、多分今の私たちは本当に実感として理解することはできないのではないかと思っています。
だから、いくら菅丞相への忠義のためとはいえ、見知らぬ他人の子どもを殺してその首を身代わりに差し出すなんて狂気の沙汰としか思えないし、何度観ても、どんな名優や好きな役者さんが演じていても源蔵の気持ちに寄り添うことはできません。
さらには、その子どもの親もそれを承知の上・・・というかむしろそうなるように仕向けるなんて、現実にはあり得ない心情だと思います。

が、それがリアルに感じられ、二組の夫婦の苦悩も葛藤も悲しみも覚悟も伝わってくるのが歌舞伎の凄いところ。
それをこの4人が紡ぎ出してくれたのでした。
小太郎の最期の様子を語る源蔵、それを聞いた松王丸の「笑いましたか・・」のあたりでは涙をこらえることができませんでした。


雪持ちの松に鷹といういでたちが映える吉右衛門さんの松王丸。その大きさ。
本心も内なる葛藤も決して見せない前半と、悲しみをストレートに表す後半の対比が鮮やか。
わが子小太郎の首が討たれる瞬間を耳で聴く、という凄絶な一瞬の何とも形容しがたい表情。
恩義を果たした喜びはありつつ、わが子を失った悲しみが上回っているように見えました。
悲しみに耐えきれず泣く千代を「泣くな」と諌めながら自分自身もたまらなくなって泣き笑いするところ、豪快さの中にえも言われぬ悲哀が滲んでいて、胸が締め付けられる思いでした。

休演明けでしたので、最初の登場の時、籠の中から「ああいや暫く」という声が響いた時には、「あぁ、吉右衛門さん」と胸が熱くなりました。
そうして松王の姿が現れた時は客席じゅうから万雷の拍手に包まれました。

松王丸の妻として凛としながらも、母としての深い情愛、子を失った悲しみを見せた菊之助さんの千代もすばらしかったな。

抑えた芝居の中に大きなものを背負っている重々しさを感じさせる幸四郎さんの源蔵。
苦悩しながらも、いざという時には千代を、松王丸を斬るという覚悟や気迫があふれ出ていましたし、すべてがわかった時後に見せる松王丸、千代への心情が痛いほど。
この座組の中で大健闘の児太郎さんの戸浪との夫婦感もとてもよかったです。

威圧感たっぷりの又五郎さんの玄蕃。
その明るさに救われる思いの鷹之資くんの涎くり。
「かんしゅうさいがやれますように」と七夕の短冊に書いたという願いが叶って、堂々と勤めた丑之助くんの菅秀才。
お体はまた完全ではなくともさすがの位取りを見せてくれた気品ある福助さんの園生の前。

正直なところ、演目としてはあまり得意ではないのですが、物語に深く入り込むことができて、大変充実した大歌舞伎を見せていただきました。



二、歌舞伎十八番の内  勧進帳
出演: 片岡仁左衛門  片岡孝太郎  坂東亀蔵  中村萬太郎  
片岡千之助  松本錦吾  松本幸四郎 ほか
(上演時間: 1時間13分)



kanjincho201909.jpg

仁左衛門さんの弁慶を拝見したのは二度目です。
前回は2008年4月の歌舞伎座。
仁左衛門さんが弁慶を演じられるのは11年ぶりということですので、この時以来ですね。

富樫は勘三郎さん、義経に玉三郎さんという豪華布陣でした。
感想はこちら・・・「このトリオでの「勧進帳」はこれが見納め?」と書いている。それが現実になるなんて(涙)。


その後に、「片岡仁左衛門独演による『 勧進帳』」という、今となっては信じられないような「勧進帳リーディング」という幸せな舞台も拝見(というか拝聴)しています。


さて、仁左衛門さんの弁慶。
情が深く、主君を救いたい思い一途。
知的で重厚なのはもちろん、色気も愛嬌もあるとても魅力的な弁慶でした。

豪胆の中の細心。
静と動の緩急が鮮やかで、一つひとつの型が美しく、目の表情や数珠を絡める指先にまで神経が行き届いた演技。

口跡のよさは相変わらずですが、特に山伏問答のあたりは動きも台詞まわしもテンポがゆったり丁寧なように感じられました。
だから、富樫とのやり取りが、“丁々発止”というのとはいささか違った印象。
昨年来、幸四郎さんの若々しい弁慶ばかり観てきましたので、そのせいもあるかもしれません。
いやしかし、昨年7月松竹座で幸四郎さん弁慶、仁左衛門さん富樫で観た時はそんなふうに感じなかったけどなー、どうなんだ?自分(←)

11年前に観た時にも書きましたが、仁左衛門さんの弁慶の真骨頂は、やはり「判官御手」かな、と。

義経を打擲する際にも弁慶は迷いの片鱗も見せません。その弁慶が関所を通りぬけると一転して、うなだれてまるで消え入りたいと言わんばかりに体を小さくして義経に詫びるのです。本当に義経のことを敬慕していて、義経を守るためのやむにやまれぬ行為だったことが痛いくらいに伝わってきて、そりゃ判官だって御手を取り給うというものです。
 ↑
これこれ。
大きな体を二つに折るようにひれ伏して一期の涙・・・生涯でただ一度の涙を流す弁慶の姿が痛々しくも胸に迫りました。


姿美しく台詞まわしはきっぱり、情感ある幸四郎さんの富樫。
幸四郎さん富樫やる時いつも思いますが、登場時の、あの浅黄色の衣装の拵えの似合いっぷりは天下一品。

「いや、先達の、荒けなし」からの「今は、疑い、晴れ申した。とくとく、いざない、通られよ」と言い放ってからの引っ込みに、富樫もまた命を投げ出す覚悟が見えて、胸が痛い。


今回の座席は6列目の花横だったのですが、登場時に弁慶が真横にお座りになりましてね。
もう、目のやり場にコマル。
観たいのにまぶしい、いや観たい、やっぱり恥ずかしいの逡巡でございました。
そういえば、昨年7月松竹座で幸四郎さんの弁慶観た時もそうだったなぁ。


弁慶の後見に仁三郎さんとともに松十郎さんがいらっしゃるのを発見して、思わずオペラあげてガン見。
亀蔵さん、萬太郎くんといい声の二人に囲まれた四天王の千之助くんもがんばっていました。


延年の舞を終えて花道に出た弁慶は汗だくで、最後の六方はさすがに少しキツそうに見えました。
今回体調を崩された吉右衛門さんもそうですが、10年位前には吉右衛門さんや仁左衛門さんの松王丸も弁慶も、その時々にに観られるものだと思っていた・・・というか、観られなくなるなんて考えたこともありませんでした。
それがそうではないと知ることが多くなった昨今。
今回、仁左衛門さんの弁慶に立ち会えたこと、本当に幸せでした。


三、三世中村歌六 百回忌追善狂言
秀山十種の内 松浦の太鼓
出演: 中村歌六  中村又五郎  中村歌昇  中村種之助  
中村鷹之資  中村吉之丞  中村米吉  中村東蔵 ほか
(上演時間: 1時間12分)



昼の部の「沼津」と夜の部のこちらが三世中村歌六 百回忌追善狂言。
当代の歌六さんはもとより、弟の又五郎さん、それぞれのお子さんたちとご一門総出演です。

歌六さんは本当に「巧い」という言葉がぴったりの、何をやっても達者な役者さんです。
松浦侯は初役ということですが、吉右衛門さんや勘三郎さんのような華やかさや愛すべき無邪気さは望めないものの、ぶんすか怒ったと思えば笑ったり、其角とお縫の会話を何か言いたそうに見つめたり、コロコロ機嫌が変わるお殿様がとても表情豊かでしかも艶やか。
赤穂浪士の討ち入りを知って喜び勇んで助立ちに行くと馬に乗る姿は愛嬌たっぷりで子どものよう。

きりりと名調子で討ち入りの首尾を語る又五郎さんの源吾
可憐な米吉さんのお縫
歌昇さん筆頭に賑々しい5人の近習たち
懐深くやわらかで温かい東蔵さんの其角

こんなに明るく笑って気持ちよく打ち出される「忠臣蔵」って他にないのではないかしら。
しかもこの後、源吾には切腹が待っているというのに。



この夜の部観るだけのために上京しましたが、一片も悔いはない のごくらく度 (total 2109 vs 2110 )


posted by スキップ at 21:22| Comment(0) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください