2019年09月14日

カタルーニャのスパニッシュ @maspi


image2 (9).jpg

気の合うお友だちとの年に何度かの近況報告ディナー。
今回は、この春オープンして何かと話題の茶屋町あるこにあるこちらのお店へ。


スペイン カタルーニャ料理
maspi (マスピ)
大阪市北区芝田1-6-2 茶屋町あるこ
tel: 06-6485-5566


本町にある人気スパニッシュレストラン  ETXOLA (エチョラ)の新展開。
ETXOLAがバスク料理なのに対して、こちらはカタルーニャ地方のお料理。
シェフはカタルーニャご出身のマテウ・ビジャレットさん。

カタルーニャ料理は、「ラード中心のスペイン料理とオリーブオイル中心の地中海料理という二つの料理の要素を併せ持っている」ということですが、正直なところ違いはよくわかりません。
フランスに近いエリアなのでフレンチの影響もあるのかな。


ディナーはコース1種類のみで、前菜・メイン・デザートをいくつかの中からチョイスするプリフィックス。


image2 (8).jpg  image1 (16).jpg

最初にオリーブ、次にタパス
イベリコ生ハムやソブラサーダとマンチェゴチーズのコロッケ
どれも結構しっかり味ですが、乾杯のスパークリングワインによく合っておいしかったです。


image1 (13).jpg  image2 (7).jpg

取り皿お願いしたらみんな柄が違っていてかわいかったです。
魚介のスープ。画像がアレだけど💦とてもおいしかったです。
ここまでがアンティパスト的なもの。


image2 (6).jpg  image1 (12).jpg

前菜は2種類からのチョイスで、私はイワシのサンファイナ(野菜の煮込み)をいただきました。
右は友人の、豚バラとモルシージャ、ジャガイモのマスカラーダとたまご


image1(18).jpg  image2 (5).jpg

塩ダラとカボチャのロースト 黒オリーブのソース
そして、キノコと栗と豚足のごはん
この2品もとてもおいしかったですが、このあたりで結構おなかいっぱいに。


image2 (10).jpg  

最初に泡で乾杯した後は赤ワインをグラスでいただきました。
「ちょっと重めが好き」とリクエストするとこの3本がセレクトされました。


image1 (6).jpg

メインは3種類からのチョイスで全員そろって「佐賀県産黒毛和牛の鉄板焼 根セロリとラタフィアのソース」
やわらかくおいしいお肉で、スモールポーションだったのでおなかいっぱいとか言いながらあっさり完食。



image2 (4).jpg  image1 (15).jpg

デザートに私が選んだのはクレームブリュレ。
ちょっとそうは見えないですよね~。
上下の薄いおせんべいみたいな部分が確かにブリュレでした。
このまま手でつまんでいただきます。


おいしいお料理とワインと、歌舞伎やヅカや四季話で盛り上がり、とても楽しい夜でした。



この日のディナーは私たちの他にあと1組だけ。
まわりのお店はどこも満席なのに、ちょっと心配 のごくらく地獄度 (total 2103 vs 2105 )


posted by スキップ at 23:02| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください