2019年07月11日

祝 結成四十周年 「関西・歌舞伎を愛する会」


image2 (2).jpg

image1 (2).jpg



本日は松竹座に七月大歌舞伎 昼の部を観に行ってきました。

今年は、関西・歌舞伎を愛する会 結成四十周年の記念公演。
本当におめでとうございます。

松竹座のロビーには、「チラシで振り返る四十年」ということで、「関西で歌舞伎を育てる会」という名前で発足した昭和54年(1979) 朝日座での第1回公演から今年の公演まで、自主公演を含めて43枚のチラシが壁一面に並べられていて壮観。


幕間にチラシを1枚ずつ見ていると、感慨深いものがありました。



image1.jpg

これこれ。
私が初めて自分でチケット買って観た歌舞伎。
平成3年(1991) 中座 「怪談乳房榎」

とにかく勘三郎さん(当時 勘九郎さん)がカッコよくて、それまで多分テレビでしか観たことがなかったので、「勘九郎ちゃんってこんな凄いことできる人なんだ!」と強く印象に残っています。
まだ歌舞伎のことをあまりよく知りませんでしたので、本水の演出にもとても衝撃を受けて、早替りのカラクリもわからなくて、あの花道の傘の早替りなんて、「何今の?どうなってるの?!どうなってるのー?!」と何度も同行の友人と言い合ったことを今でもよく覚えています。


image2.jpeg

とびとびに観ていた年もありますが、毎年欠かさず観るようになったのは、平成16年(2004)の市川海老蔵さん襲名披露公演からかなぁ(真ん中の画像)。

その前年(左の画像)は仁左衛門さん いがみの権太の拵えですが、仁左衛門さんの権太は平成23年(2011)年に初めて観たとこのブログに書いていました(こちら)ので、この時は観ていないと思われます。

右の中村勘三郎さん襲名披露公演はよく通って、ついこの間のような気がしますが平成17年(2005)。もう14年も前なのですね(遠い目)。



過去の記憶をたどるのはなつかしくて切ない のごくらく地獄度 (total 2075 vs 2076 )


posted by スキップ at 23:53| Comment(2) | 歌舞伎・伝統芸能 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私も中座で乳房榎を観たことがあります。テレホンカードも買いました(^_^)v
今月の演劇界に澤村藤十郎さんの近影が掲載されていて、お元気そうな姿に懐かしくもあり安堵しました。
Posted by あいらぶけろちゃん at 2019年07月21日 11:50
♪あいらぶけろちゃんさま

あの中座の「怪談乳房榎」は本当に凄かったですね。
もう30年近く前なのに、あの衝撃は忘れられません。

澤村藤十郎さんは松竹座千穐楽の芝居前にご登場とか。
夜の部観る予定ですのでとても楽しみです。
Posted by スキップ at 2019年07月22日 00:30
コメントを書く
コチラをクリックしてください