2019年06月25日

Show must go on, in Tokyo


image1 (15).jpg

本日は東京へ。
公私ともに何かと多忙なこの時期、月に二度も上京するなんてどういう了見なんだ?というお叱りはこの際スルー。

今回は、「絶対千穐楽観る!」と思っていた「六月大歌舞伎 夜の部」がはじめにありきで、もう1本何か組み合わせられるかな~と考えて、「そうだ!『花男』があるじゃないか」と宝塚歌劇「花より男子」を観ることを思いついて、宝塚+歌舞伎という珍しい組み合わせになりました。

赤坂ACTシティの終演が午後4時5分、歌舞伎座夜の部開演が4時30分というなかなかスリリングな時間でしたが、タクシー使わずちゃんと地下鉄乗り継いで移動して開演5分前に着席した私、エライ(←)。


2本はどちらもとても楽しく充実した観劇でした。
画像は歌舞伎座終演後、東銀座駅へ向かうところから見上げた歌舞伎座。
ひとつの芝居の幕がおりて、また新しい芝居が始まる・・・Show must go on だなぁとちょっぴり感傷的になったのは、盛り上がったカーテンコール見届けて歌舞伎座を出ると入る時にかかっていた「本日千穐楽」の幕がもう「本日初日」に変わっていたのを見たせいでしょうか。



それでも Show must go on  のごくらく地獄度 (total 2067 vs 2071 )




posted by スキップ at 23:49| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください