2019年01月18日

銀座しらたまや


今回の上京ではもう一軒、かねてより念願のお店へ。
しらたまやさんのことは2017年のオープン以来、歌舞伎ファンの集まるお店としていろんな方から伺っていました。
昨年9月 東大寺歌舞伎のアフターで女将さんの栗原智子さんとご一緒させていただき、歌舞伎のみならず新感線や他の舞台の話で盛り上がり、「今度はぜひお店へ」というお約束をやっと果たすことができました。

しらたまや
東京都中央区銀座6-2-6 ウエストビル地下2階
tel:050-5243-4420

銀座の中でもかなり日比谷寄りの場所にあります。
私は歌舞伎座帰りではなく初台からでしたので地下鉄日比谷駅で降りました。



image1 (17).jpg

ビルの階段を降りると仁左さん源五兵衛が迎えてくれます。
これだけでテンション上がるよね。


お料理はすべてお任せのコースで、好みやおなかのすき具合で女将さんと相談するのですが、食事なしの「つまみコース」にしようと考えていたところ、「今日のお食事はお雑煮です」と伺って、松の食事コースをいただきました。
おまかせ料理4品・季節のご飯(お雑煮)・お漬物・旬の果物 という3,600円のコースです。



image2 (9).jpgimage1 (15).jpgimage1 (12).jpg
image2 (7).jpgimage1 (14).jpgimage1 (13).jpg

五色なます・ピリ辛たこ酢・ふろふき大根・きりたんぽ鍋・お雑煮
お料理はすべてきちんと手をかけて調理されていてとてもおいしい。


image2 (8).jpg

中でもふろふき大根はひと口食べて思わず「おいしい!」と声が出てしまうおいしさ。
いずれもやさしいお味でスモールポーションだし、おいしいお酒はたくさんあるし、で永遠に食べ続けられそうでした。


image2 (6).jpgimage1 (16).jpg

デザートはデコポン。
お箸置きがいのししだったのですが、これは干支という訳ではなく、歌舞伎のいのししなのだとか。



shiratamaya.jpg

折しも、したたまやさんでは2018年の歌舞伎公演の投票イベントを開催中。
演目・お役(幹部・御曹司とお弟子さん)にそれぞれシールがあって、お店の壁一面に掲示されたチラシや冊子になった配役表に貼るというもので、あれこれ迷いながらシールを貼ったり、カウンターに並んだ常連さんたちとその話は上演中の歌舞伎公演のお話が弾んだり、もちろん女将さんともいろいろお話できて、楽しくおいしい夜でした。




歌舞伎座終演後でも十分いけるのもうれしい のごくらく度 (total 2004 vs 2007 )

posted by スキップ at 23:29| Comment(0) | グルメ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください