2018年12月01日

死にゆく鳥が綺麗な声で歌うように  「修道女たち」


shudojo.jpgケラリーノ・サンドロヴィッチさんが劇団ナイロン100℃とは別に活動しているプロデュースユニットKERA・MAPの第8弾。

「宗教とは無縁な私が聖職者の物語を描きたいと欲するのは何故だろう」とフライヤーに記されたとおり、神を信じ、信仰の中で祈りながら生活を送る修道女たちとそれを取り巻く人々を描く群像劇です。


KERA・MAP#008 「修道女たち」
作・演出: ケラリーノ・サンドロヴィッチ
音楽: 坂本弘道  美術: BOKETA
出演: 鈴木杏  緒川たまき  鈴木浩介 伊勢志摩  
伊藤梨沙子  松永玲子  みのすけ  犬山イヌコ  高橋ひとみ

2018年11月24日(土)12:30pm 兵庫県立芸術文化センター 
阪急中ホール A列センター
(上演時間: 約3時間15分/休憩 15分)



6人の修道女たちが横一列に並んで祈りの歌を歌うところから物語は始まります。
修道女たちは、奇跡を起こした殉教者の聖地とされる山荘へ巡礼の旅に出る準備をしています。彼女たちの会話から、この1年の間に43人の仲間が毒殺されたこと、6人のうち2人は多額の寄付をして修道女になった母と娘であること、この修道院の運営が困窮していることなどが明らかになります。山荘に着いてからも、国王がこの宗教を邪教として弾圧したことから村人は門戸を閉ざし、彼女たちを取り巻く状況の厳しさが伝わってきます。山荘で彼女たちを迎えたのは村の娘 オーネジー(鈴木杏)と彼女に思いを寄せる帰還兵テオ(鈴木浩介)。オーネジーは修道女の一人 シスター・ニンニ(緒川たまき)が大好きで彼女に会えるのを心待ちにしていました・・・。


出発前の修道院に亡くなった修道女の兄が妹の墓参に訪れたものの、別のシスターのお墓に参っていたり
そのシスターが亡霊となって山荘に現れ、シスター・アニドーラ(松永玲子)と恋愛関係だったことが発覚したり
大やけどを負ったシスター・ダルの顔が元通りに戻ったり
オーネジーが小屋番のドルフ(みのすけ)を殺したり(→実は死んでおらず、テオが殺す→も死んでいない)
テオが戦地で噛まれた虫がもとで身体が木になっていったり

・・・と様々な事象が起こりますが、この芝居の白眉は、修道女たちが村人から差し入れられた葡萄酒を飲む場面。


修道女たちを殺さなければ“聖地”である村を焼き払うという国王の命令を隠し、修道女たちを歓待するそぶりを見せる村人たち。
村人からもらったいちじく入りのパンをかじったネズミが大量に死に、次に葡萄酒が差し入れられます。
村人たちの意図を汲み、急いで旅支度をして山荘を出ようとする修道女たちの中、シスター・ノイ(犬山イヌコ)は「私はこの葡萄酒を飲もうと思います」と告げます。

かつて葡萄酒に毒が入っているかもしれないと知っていながら皆が飲むことを止めなかったという深い闇を抱えているシスター・ノイですが、その贖罪のためではなく、神のみこころに従って飲むことを決めたように感じられました。

もし毒が入っていなかったら、村人は自分たちの村が焼き払われるのと引き換えに修道女たちを守ろうとしたことになり
もし毒が入っていたら、修道女たちが死ぬことで、村人たちは救われることになる

そのどちらも救いであり赦しであって、葡萄酒を飲まなければ成し遂げられないものだから。
そうしてオーネジーを含む7人全員が穏やかな笑顔で葡萄酒を飲み、山荘から旅立っていきます。


ここで物語は終わって、果たして葡萄酒には毒が入っていたかどうかは観る者の判断に委ねますというパターンかなと少し思ったのですが、さすがケラさんはそんな終わり方ではなかった。

ほとんど木となってしまったテオとドルフが話しているとこにオーネジーが戻って来て、修道女たちが血を吐いて苦しんでいると叫びます。
ああ、やっぱり・・・。

でもその後。
神に祈るオーネジーの前に轟音とともに「魂の列車」がやってきます。
そこには修道女たちが微笑みを浮かべて乗っていて、ニンニに手招きされたオーネジーもまたその列車に乗って、神のもとへと旅立っていくのでした。

木となってしまい、オーネジーを止めることもできずに一人残るテオ。
自分の欲望のために戦地で仲間を殺した罪を背負い、動くことも自ら命を絶つこともできず、孤独のままこの場所に立ち続けることになるテオ。

村人たちを救い、幸せそうな笑みを浮かべて旅立っていった修道女たちの殉教という救いと、このテオの孤独の厳しさの対照が際立ったラストでした。


皆が葡萄酒を飲む時に修道院長のシスター・マーロウ(伊勢志摩)が蓄音器でかけて大音量で流れる曲が「白鳥の湖」。
「何でこの曲?」と考えながら観ていて、急に Kinki Kidsの「スワンソング」という曲が脳裏に浮かびました。
このブログ記事のタイトル「死にゆく鳥が綺麗な声で歌うように」はその歌詞の一節なのですが、作詞者の松本隆さんが確かそんなことおっしゃってたな、と調べたら、「スワンソングは死ぬ間際の白鳥は最も美しい声で歌うという伝説から生まれた言葉で、人間が一番大事なときもそのような時であり・・・」という発言があって、あぁ、ケラさん、そんな思いを込めた選曲なのかと感じ入った次第です。


キャストは皆さん白塗り風の特殊なメイクをしていて、オープニングでシスターたちが歌う時、緒川たまきさんしかわからなかったという・・(出演者あまり把握してなかったせいもありますが、最前列ど真ん中だったのに)。

ドルフに“白痴”と呼ばれているオーネジーを演じる鈴木杏さんが表情豊かで魅力的。
元より上手い女優さんですが、一時の目をむき口から泡とばしそうな熱演型から少し変わってきた印象。
オーネジーと仲良しでよき理解者でもあるニンニの緒川たまきさんも佇まいがとても好きな女優さん。立ち姿も綺麗。
気が弱くて少し頼りない修道院長 マーロウの伊勢志摩さんと、対照的に冷徹で聡明なシスター・ノイの犬山イヌコさんのコンビもよかったな。特に大人計画では志摩姐さんっていう感じのアネゴな志摩さんとは別人の院長が新鮮でした。


物語のテーマは重く、じわじわと悲劇が忍び寄ってくるような舞台ですが、会話のおもしろさに声をあげて笑う場面もたくさんあって、長さを感じないお芝居でした。

兵庫公演千秋楽(2日間だけだけど)でカーテンコールにはケラさん登場。
マントかケープみたいなものを羽織って舞台奥の山荘のドアからひょいと出てくる姿はまるで物語の登場人物のようでした。



白鳥の歌が聴こえる のごくらく地獄度 (total 1986 vs 1987 )


posted by スキップ at 22:49| Comment(0) | 演劇・ミュージカル | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください