2018年11月26日

たまちゃぴ! 月組 「エリザベート」 東京宝塚劇場千秋楽 ライブ中継


elisabeth20181118.jpg月組「エリザベート」東京千秋楽にして、トップ娘役 愛希れいかさんラストデイ。


宝塚歌劇月組公演
三井住友VISAカード ミュージカル
「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」 
東京宝塚劇場千秋楽 ライブ中継

脚本・歌詞: ミヒャエル・クンツェ
音楽・編曲: シルヴェスター・リーヴァイ
潤色・演出: 小池修一郎
出演: 珠城りょう  愛希れいか  美弥るりか  
憧花ゆりの  光月るう  夏月都  月城かなと  
海乃美月  暁千星  風間柚乃 ほか

2018年11月18日(日) 3:30pm TOHOシネマズなんば スクリーン7
(上映時間: 4時間/休憩 30分)



大劇場の後、東京で1ヵ月の公演を経て、物語に一層深みが増した印象でした。
一人ひとりがとても自然に、だけど色濃く、その役に染まっていました。
大劇場では休演してしまった美弥るりかさんも安定した歌唱。
珠城りょうさんがカーテンコールでおっしゃっていたように、「全員揃って千秋楽を迎えられた」こと、本当によかったです。

映像でアップで観ると劇場では気づかなかった様々なことに気づいたり。
ゾフィーの憧花ゆりのさんがとても表情豊かに細やかに演じていらっしゃったのが印象的でした。
結婚式の翌朝の場面。5時にシシィを起こしに行って、「なにか~?」とシシィが言うと、まるで「行くわよ」とでもいうようににんまり笑って一呼吸おいてから ♪なんて寝坊なの・・と歌い始めたのにはゾクッとしました。


月城かなとさんルキーニ 最後のアドリブ

「今日は千秋楽だから、客席参加型で行くぜ」
「映画館で観ている人も油断するなよ」
「エリザベート終わって欲しくない人ー」 客席拍手
「2人に退団して欲しくない人ー」 客席大拍手
「アドリブが終わって嬉しい人ー?はーい!!!!!」(自分でうれしそうに手を挙げる)


「エリザベート」本編については大劇場で観た感想をアップしました(こちら)ので重複は避けます。
ここでは愛希れいかさんサヨナラショーとカーテンコールについて書いておきます。


愛希れいかサヨナラショー

2012年 男役から娘役へ転向した翌年、研4になったばかりの年に龍真咲さんの相手役として月組トップ娘役となったちゃぴちゃん。
最初のころは「だいじょうぶか、この子」と思ったこともありましたが、努力と精進を重ね、大きく花開いて、まぎれもなく宝塚を代表する娘役の一人として卒業の日を迎えました。

月組組長の憧花ゆりのさんもこの日をもって退団されるということで、司会進行は副組長の光月るうさんが勤められました。
この光月さんの言葉の一つひとつにとても心がこもっていて、この時点ですでにウルウル。
「ちゃぴは月組のアイドルでした」とおっしゃっていました。


愛希れいかサヨナラショー セットリスト

1. いつか(ロミオとジュリエット)
2. 白ばらのひと(ベルサイユのばら)
3. What is love(舞音-MANON-)
4. 神様の裁き(1789~バスティーユの恋人たち~)
5. Dio, come ti amo(カルーセルロンド)/憧花ゆりの
(デュエットダンス  暁千星・叶羽時  風間柚乃・結愛かれん)
6. Love Can’t Happen恋なんて起こらない(グランドホテル)珠城りょうさんデュエダン
7. Dream Girls(アパッショナード)



4曲目までは白いドレスの愛希さんがソロで歌います。

ロミジュリは龍真咲さんとちゃぴちゃんトップお披露目公演なのにロミオが明日海りおさんと役替りでちゃぴちゃん大変だっただろうな、なんて思い出したり、「1789」のマリー・アントワネットは、私が「え?ちゃぴちゃんってこんなに歌うまかったっけ?」と初めて気づいた役でしたので、「神様の裁き」をまた聴くことができてうれしかったです。愛希さんの歌うこの曲と「許されぬ愛」がとても好き・・・「許されぬ愛」は本当はオランプのナンバーだったのを小池先生が愛希さんのためにアントワネットに歌わせた曲だったなぁ。

愛希さんと入れ替わりにで、憧花ゆりのさんが上手花道にセリあがって、銀橋渡りながら「カルーセルロンド」から♪Dio, come ti amoを艶やかな声で聴かせてくれました。
舞台では、暁・叶羽/風間・結愛 2組の若手ペアがデュエットダンス。
これ、ライブ中継なのでもちろん憧花さんにフォーカスされてデュエダンチームはあまり映らないのですが、それでも、遠目に見ても暁さんの風間さんのダンスの力量の差が歴然。暁千星くんはもともとダンスがお得意とはいえ、今グイグイ推されている風間くん、歌やお芝居は心配ないのでダンスの鍛錬がんばっていただきたいです。

月組カラーの黄色のドレスに着替えた愛希さんと珠城りょうさんの♪Love Can’t Happen
「グランドホテル」の場面が脳裏に蘇ってきます。
黄泉の帝王から人間の男に変身した珠城さんのオトコマエっぷりよ。
カフスさわりながら大階段降りてくるあたりななんてゾクゾクしました。

からのデュエットダンス。
長身の二人。今、宝塚で最もダイナミックで美しいデュエットダンスが踊れるカップルだと思います。
このデュエダン、ドレスの裾が美しい弧を描くリフトがもう見られないのは本当にさびしい限りです。
ラスト、珠城さんに駆け寄る愛希さんの弾けるような笑顔。
それを受け止めて、これ以上ないというくらいやさしく包み込む珠城さんの大きな手。
見ているこちらまで幸せになる光景でした。

極上のデュエットダンスに寄り添うように美しく響く陰うたは輝月ゆうまさんと晴音アキさんだったとか。同期愛
「サヨナラショーで何がやりたい?」と聞かれて「デュエダン」と即答したというちゃぴちゃん。
とても幸せそうで、本当によかったね。

ラストは月組生総出で ♪ Dream Girls
最後の方で、センターの愛希さんのところに同期生4人が集まってくる場面があって、みんなとびきりの笑顔なのだけど、こちらの涙腺は崩壊したよね。


退団者ご挨拶では、憧花組長が東宝に初めて出演した時サヨナラ公演だった真琴つばささんの「『今日の反省が明日への希望になる』という言葉が深く心に残り今日までやって来られました」
愛希さんが「初めて大役をいただいて歌った、♪ひとかけらの勇気の『登れない山 渡れない川・・・強い力立ちふさがろうと僕は諦めはしない』はずっと私の応援歌でした」
と、それぞれがずっと心の糧にしてきた言葉をおっしゃったのが印象的でした。

愛希さんへのお花渡しの時に珠城さんが耳元で何かささやいて、愛希さんがうれしそうに笑っていたのですが、後でスカステの映像を繰り返し見て読唇術した人によると、「今日もかわいいよ」って言ってたらしいです。きゃ~


カーテンコール最後は恒例の月組ジャンプ。憧花さんと愛希さんの掛け声で。
珠城さんが「大劇場千秋楽のジャンプは小池先生からダメ出しされました」とちゃんと膝を使ってジャンプをしなければならないと舞台上で屈伸運動する面々。
映像でもチラリと映ったのですが、手をつなぐかつながないか顔を見合わせて相談する美弥るりか・暁千星・蓮つかさの3人→結局手をつないでジャンプしたのはこの3人だけで、終わってから「私たちだけ~?」みたいにまた顔見合わせて大笑いしてたらしい。可愛すぎる。

その後のご挨拶は珠城さんカミカミで、「ダメですね もう」。
トートやるだけでも大変なのにトップとしての重責、相手役の退団、それに代役公演や台風と、とても大変だった公演の緊張の糸が途切れたのでしょう。本当にお疲れさまでした。


鳴り止まぬ拍手に幕前に出てきた珠城さんと愛希さん。
珠 「どう?」
愛 「泣きたくなかったんですけど 泣いてしまいました」
珠 「泣いちゃったね~」

珠 「最後だからちゃんと伝えないと」
愛 「退団発表してから沢山お手紙いただきました。勇気を出して書きましたと言ってくださる方もいて、とても励まされました。本当にありがとうございました」

そして、珠城さんの方を向いて、「ありがとうございました」
「えっ!ワタシ?」 と笑いながら驚く珠城さん。

愛 「お世話になりました。ひょろひょろの予科生の頃から、本当にお世話になりました」
珠 「お世話しました」

珠 「すーさんと月組の舞台観に・・」
愛 (食い気味に)「観ます!」


舞台ではあんなに堂々としていた愛希さんが、すっかり珠城さんと本科・予科時代に戻っている感じでとても可愛らしいし、泣き顔で珠城さんの方を向いている愛希さんを客席の方へ向かせたり、はける時に最後を愛希さんに譲る珠城さんの細やかな心配りと温かい包容力にもグッときました。

愛希さんは珠城さんの相手役として退団できて幸せだったんじゃないかな。
「お世話した」珠城さんだって、若くしてトップになった時、トップ経験のある愛希さんに助けられたこともきっとたくさんあったはず。
たまちゃぴ。本当にいいコンビでした。



旅立ちだけどお別れはいつもさびしい のごくらく地獄度 (total 1983 vs 1986 )


posted by スキップ at 23:05| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください