2018年09月06日

楽し! 「エリザベート展」


elisabethex.jpg本日は宝塚大劇場にて月組「エリザベート」観劇。
1回目のルドルフは暁千星さんで今回は風間柚乃さん。
風間さん 歌もうまいし熱演だったけど、私はやっぱりありちゃんルドルフが好きだーとなりました
・・・といった感想はまた改めるとして、終演後、宝塚歌劇の殿堂で開催中の「エリザベート」展を見てきました。

大人気で入館制限しているとも聞き及び、終演後自分最速で行ったらすぐ入れましたが、その時点で係の方が「最後尾」というプラカード持って待ち構えていらしたので、やはり行列はできるようです。
(ま、12月までやってるから慌てなくてもいいのだけど、やっぱ「エリザベート」上演期間中に見たいじゃん。)



宝塚歌劇の殿堂
第14回企画展「エリザベート展」



image2 (8).jpg

image1 (9).jpg


歌劇の殿堂 通常展示フロアから階段上がってすぐこれ
1996年初演 雪組の一路真輝さんからただ今上演中の月組 珠城りょうさんまで歴代トートがずらり。階段上がってテンションも上がるというものです。


この次のパネルのところから列になっていて、なかなか進まないなぁ~と思っていたら、映像コーナー入場待ちの列でした。
全く予備知識なかったので映像コーナーのことも知らなかったのですが、すぐ入れ替えの時間が来たので入場してちゃっかり2列目センターに着席。途中退席も自由なのですが立ち見の方もいらっしゃいました。

この映像 30分の上演ですが、とても見応えあっておもしろかったです。
「愛と死の輸舞」「最後のダンス」「私だけに」「闇が広がる」など、「エリザベート」の名曲の数々を、現在上演中の月組を除く9回の各組 1996年雪組から2016年宙組まで年代順に映像で歌い継ぐ、という趣向。
9人のトートやシシィ(花總まりさん2回なので8人)の個性や歌唱の違いも興味深く。


image1 (8).jpeg

1996年初演雪組から2018年月組までのキャスト表
(クリックすると拡大しますー拡大しても文字小さくてよく見えませんが自分の備忘用)


今聴いても一路さんや姿月あさとさんの歌唱は群を抜いているな、とか、ルドルフは美形揃いだな、とか、シシィは花總さん別格としてとなみちゃん(白羽ゆり)品があってめちゃ綺麗、とか、あー、そういえばかちゃ(凪七瑠海)大抜擢でシシィやったんだった、とか。
役を変えて何度も出てくる人もいて、極めつけは瀬奈じゅんさん。
2002年花組(春野寿美礼トート)でルキーニやって、2005年月組(彩輝直トート)でシシィやって、2009年月組でトート。主要3役総ナメ。宝塚退団後東宝版でもシシィやってらっしゃるし。

「ルキーニやった人はトップになる」というジンクス通り、歴代ルキーニは錚々たるキャストが揃っていますが、エリザベート暗殺前にトートが渡す(というか落とす)ナイフをしゃがんで受け取る歴代ルキーニの連続映像があって、すごくおもしろかった。あれだけでももう1度見たいくらい。
ハッとしたのは音月桂さんルキーニ。残念ながら舞台観ていないのですが、いや~、あれ評判よかったのワカル。

安蘭けいさんの少年ルドルフが出てきた時にもハッとして、2016年のガラ・コンサートでおっしゃっていた「新人公演のトートの練習してる時、『誰?』  ♪とも~だちさ~ と一人両方やってた」という話を思い出してちょっと笑っちゃいました。

そんなこんなで30分はあっという間に終了。




image1 (11).jpg

歴代トートの衣装の中に紅一点ならぬ白一点。
1996年初演の花總まりさんエリザベートのドレス。綺麗~。


image2 (9).jpeg

有村淳先生の衣装デザイン画
(クリックすると拡大します)


image2 (5).jpg

これもすごく興味深かったです。
今回の珠城さん除く9人のトートのウィッグコレクション。
向かって右から左へと年代順。
色はもちろん、長さもずい分違います。


image2 (6).jpg 

image2 (4).jpg

歴代トートのブーツとか、今回の台本とか
興味はつきません。



おまけ

image1 (3).jpg

月組コーナーに前回公演「カンパニー」のBARBARIANのポスターありました。
あれ、売ればいいのに、と言ってたやつ。


image1 (2).jpg image2 (2).jpg

「BADDY」のタバコ型シャンシャンももちろん手に取ってみたよね。





「宝塚歌劇の殿堂」 友の会会員なら入場料半額で250円 コスパよすぎでしょう のごくらく度 (total 1959 vs 1959 )


posted by スキップ at 23:18| Comment(0) | TAKARAZUKA | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください