2018年07月23日

山笠イブな博多


image1 (14).jpg

六月博多座 昼夜の間には櫛田神社におまいりしました。
(本当なら朝 開演前におまいりすべきところではありますが、「めんたい重」食い気に走ってしまったので・・・

冒頭の画像は以前から気になっていた櫛田神社南門のところにあるやきもち。
いつもちょっとした行列ができていて人気のようです。
おまいりの後、ひとつ買って食べながら博多座に戻りました。
大宰府の梅が枝餅と似た感じのやきもちで、焼きたてあっつあつでした。



etoeho.jpeg

櫛田神社に伺ったらいつも見上げる大好きな干支恵方盤。
ちゃんと今年の恵方 南南東・・のちょっと南寄り を指していました。


櫛田神社といえば博多祇園山笠。
博多の山笠は子どものころ、よく連れて行ってもらったお祭りでもあり、私が住んでいた小さな町には博多祇園山笠で飾られていた山笠のお下がり(?)がやって来てお祭りで飾らたりして、とてもなじみ深いお祭りです。

あわよくば、と思いましたが、残念ながら博多祇園山笠は7月1日から。
街中ではいろいろ準備が進んでいて、さながら山笠イブといった趣でした。



image2 (14).jpg  image1 (16).jpg

櫛田神社の境内ではいつも見ることができる飾り山笠。



image2 (15).jpg  image2 (13).jpg

博多座前のリバレインは浴衣姿の男衆が準備中。
翌日行った博多駅はこんなふうに覆われたままでした。
こんな山笠準備中の時期に博多に行ったのは初めてかもしれません。




いつかまた博多祇園山笠を見に行きたい のごくらく地獄度 (total 1938 vs 1943 )


posted by スキップ at 23:28| Comment(0) | travel | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください